レアル・マドリー次期監督候補のデ・ゼルビ、ブライトンとの契約延長に前向き「素晴らしい関係を築けている」

2023.12.06 06:00 Wed
Getty Images
ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督(44)が5日、プレミアリーグ第15節ブレントフォード戦前日会見に臨み、契約延長について触れた。
PR
レアル・マドリーの後任候補に挙がるなど、ブライトンでの手腕が高く評価されているデ・ゼルビ監督。昨季はプレミアリーグで6位となってヨーロッパリーグ出場権を獲得し、今季は主力を引き抜かれた中、プレミアリーグ8位と健闘している。
2026年6月までブライトンとの契約がある中、ステップアップが十分に可能な実績を積み上げているデ・ゼルビ監督だが、ブライトンとの契約延長交渉を開始したと明かした。

「私は常日頃、幸せになるため、楽しむために仕事をしている。ブライトンではそれが可能でとても負い気分なんだ。私は選手、会長、フロント、クラブで働く全ての人たちと素晴らしい関係を築けている。我々は新しい契約について話している。まだ話している段階で完了はしていないよ」

「ブライトンで働けることは光栄なこと。より高いレベルのクラブで指揮を執ろうとは思っていない。私にとって最も重要なことは良いチーム、良い選手たちと真剣に取り組むこと。重要な目標を定め、それに向かっていくことが何より重要なんだ」

PR
関連ニュース

三笘離脱のブライトン、ウルブスにシャットアウト負け【FAカップ】

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは28日、FAカップ5回戦でウォルバーハンプトンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ブライトンのMF三笘薫は負傷欠場となっている。 腰痛により三笘が今季絶望となったブライトンは、ファティ、ブオナノッテ、モデルの3トップで臨んだ。 主力を半数ほど起用してきたウルブスに対し、開始1分過ぎにブライトンは失点する。ベレガルドの突破を許した流れからクロスボールをGKスティールがキャッチし損ねたところをレミナに押し込まれた。 早々に追う展開となったブライトンがボールを持つ展開となる中、29分にもピンチ。イゴールのバックパスが短くなってベレガルドにカットされかけたがGKスティールが何とか飛び出して凌いだ。 ハーフタイムにかけても押し込むブライトンは38分、エストゥピニャンの左クロスをブオナノッテがヘッドで狙うも枠を捉えきれず、1点ビハインドのまま前半を終えた。 迎えた後半、ウェルベックを投入したブライトンが引き続き前がかる中、51分にCKからダンクが際どいヘディングシュートを浴びせるも、カウンターでウルブスに好機を許し牽制される。 その後も押し込むブライトンは終盤の83分にウェルベックが際どいヘディングシュートを放つと、ラストプレーではCKからパワプレーで上がっていたGKスティールがシュートに持ち込む決定機を迎えたが、シュートは枠を捉えきれずタイムアップ。 凌いだウルブスが2018-19以来、5季ぶりのベスト8進出を果たし、2部のコベントリーと対戦することが決まった。 2024.02.29 06:50 Thu

新監督候補をリストアップ中のバイエルン、シャビ・アロンソ招へい失敗なら代替案はブライトン指揮官か

バイエルンが新たな指揮官の候補として、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督(44)をリストアップしているようだ。 今シーズンのブンデスリーガでは、絶好調のレバークーゼンに首位を譲る形となっている2位バイエルン。11日に行われた直接対決も0-3の完敗を喫し、両者の差は現在8ポイントにまで広がっている。 これを受けて、クラブは昨シーズン途中から指揮を執ってきたトーマス・トゥヘル監督が、シーズン終了後に退任すると発表。現在は来シーズン以降の指揮を託せる指揮官探しを続けている。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、バイエルンはレバークーゼンのシャビ・アロンソ監督を最優先候補に設定。しかし、シャビ・アロンソ監督には同じくユルゲン・クロップ監督が今シーズン限りで退団するリバプールも動いており、招へいが成功するかは不透明になっている。 仮にシャビ・アロンソ監督の争奪戦に敗れた際、バイエルンが次善策として注目しているのがデ・ゼルビ監督とのこと。2022年9月にブライトンの指揮官に就任すると、緻密な戦術でクラブに史上初のヨーロッパリーグ(EL)出場権をもたらした手腕を高く評価しているようだ。 ただし、デ・ゼルビ監督もマンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、バルセロナから関心が寄せられる人気銘柄であり、今夏には争奪戦に発展することも予想されている。 2024.02.28 11:50 Wed

今季絶望の三笘薫がSNSで心境 ケガ続きに悔しさも「必ず強くなって戻ってきます」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が自身のインスタグラムに心境を綴った。 ブライトン1年目から公式戦10得点8アシストをマークし、その名を轟かせた元川崎フロンターレのウィンガーは今季も上々のスタートを切ったが、昨年12月に足首を痛めると、アジアカップ参戦も重なって長らく離脱。先週末のプレミアリーグでは腰の問題でメンバーから外れた。 チームを率いるロベルト・デ・ゼルビ監督はその試合が終わって「ミトマがいないのは我々にとって問題」と嘆き節。そして、28日に行われるFAカップ5回戦のウォルバーハンプトン戦に先立っての会見では復帰までに「2~3カ月かかる」とし、このまま今季終了の可能性を打ち明けた。 そのなか、三笘自身もSNSを通じて、英語と日本語でコメント。悔しさとともに、再起を誓った。 「また離脱することになりました。今シーズンは怪我が続いて悔しい気持ちが強いですが、必ず強くなって戻ってきます」 来月3月に迫る北朝鮮代表との北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選2連戦も欠場の様相を呈すことになり、日本代表にとっても痛手となりそうだ。 <span class="paragraph-title">【SNS】ブライトン三笘薫が心境綴る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C324MVhSwgx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C324MVhSwgx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C324MVhSwgx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">三笘薫(@kaoru.m.0520)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.02.28 09:55 Wed

腰痛でエバートン戦欠場の三笘が今季絶望に…デ・ゼルビ監督が明かす「2~3 カ月はかかる」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは27日、日本代表MF三笘薫が腰のケガで今シーズン中の復帰が絶望的になったことを認めた。 プレミアリーグ第25節のシェフィールド・ユナイテッド戦でメイソン・ホルゲイトの悪質なタックルを受けた三笘。その影響かは不明だが、76分に腰痛を理由に途中交代すると、前節のエバートンも同じ理由で欠場していた。 チームを率いるロベルト・デ・ゼルビ監督は、28日行われるウォルバーハンプトン戦に向けた公式会見の場で三笘の今季中の復帰が難しいことを認めた。 「彼は腰を痛めていて、エバートン戦を欠場した。それは深刻な問題だ。(復帰まで)2~3 カ月はかかると思うし、今シーズンは終わりだろう」 今季の三笘はここまで公式戦26試合に出場し3ゴール6アシストを記録していた。 また、これのケガで3月21日と26日に予定される日本代表の北中米W杯アジア2次予選の北朝鮮代表戦への参加も絶望的に。森保ジャパンにとっても三笘の離脱は大きな痛手となる。 2024.02.28 06:45 Wed

三笘薫の状態に指揮官「水曜日にプレーできるかどうか…」、不在を嘆きながらも「彼がいなくても勝利を目指す」と意気込む

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督が、日本代表MF三笘薫の負傷状況に言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 24日、プレミアリーグ第26節でブライトンはエバートンをホームに迎えた。 前節のシェフィールド・ユナイテッド戦ではメイソン・ホルゲイトの悪質なタックルを受けた三笘。その影響かは不明だが、負傷によりエバートン戦を欠場。チームは苦しみながらも、ルイス・ダンクのゴールデなんとか勝ち点1を獲得した。 ケガ人が続出し、苦戦が続いている今シーズンのブライトン。試合後、デ・ゼルビ監督は負傷者が多いことを嘆き、特に三笘を名指しで大きな痛手だったとした。 「言い訳をするのは好きではないが、ケガをした選手がいない状態でプレーすることが多すぎる。それが多くの引き分けの原因になっているのかもしれない」 「三笘がいなければ我々にとっては問題だ」 また、望んでいるのは全ての選手が健康であるということ。三笘は28日に予定されているFAカップ5回戦のウォルバーハンプトン戦も欠場する可能性もあるという。 「私が望むことはただ1つ。全選手がプレーできるようにするということだ。ブライトンにとって、これほど多くの選手なしでプレーすることは難しい。同じレベルの選手が25人もいないのだ」 「三笘が水曜日にプレーできるかどうかはわからないが、彼がいなくても、我々は準備を整えて、勝利を目指すつもりだ。フルアム戦でも、ヨーロッパリーグのローマ戦も同じだった」 2024.02.25 22:02 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly