【プレミアリーグ第15節プレビュー】ミッドウィーク開催は2つの強豪対決に注目

2023.12.05 19:00 Tue
ホーム13連勝中のアストン・ビラとシティが激突
Getty Images
ホーム13連勝中のアストン・ビラとシティが激突
先週末に行われた第14節はアーセナルとリバプールがしぶとく勝ち点3を積み上げた一方、マンチェスター・シティがトッテナム相手のドローで痛恨の取りこぼしに。また、ニューカッスルとチェルシーがそれぞれマンチェスター・ユナイテッド、ブライトンとの強豪対決を制している。
PR
ミッドウィーク開催となる今節は、上位浮上へ勝ち点3必須のマンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーの名門対決が最注目カードだ。
7位のユナイテッドは前節、ニューカッスルとの強豪対決で0-1というスコア以上の力の差を見せつけられ、EFLカップでの前回対戦に続く完敗を喫した。共に負傷者の多さや直前にチャンピオンズリーグ(CL)のアウェイゲームを戦った条件は同じだったものの、ホームサポーターの情熱的な後押しを受けたマグパイズに攻守両面で圧倒され、GKオナナの好守などで前半は耐えたものの、後半にFWゴードンに先制ゴールを奪われると、以降はさしたる見せ場を作れずに敗戦。リーグ戦での連勝が「3」でストップした。

DFショーやDFワン=ビサカ、FWホイルンドら一部主力の復帰に新星MFメイヌーの台頭によって一時に比べて選手層の問題は改善傾向にあるが、FWラッシュフォードらの覇気のないプレー、一部で報じられるテン・ハグ監督の求心力低下といったネガティブな部分も目に付きクラブとしてここが踏ん張りどころ。公式戦3試合ぶりのホームゲームに向けてポジティブな要素はあまり見当たらないが、MFブルーノ・フェルナンデスやDFマグワイアらリーダーグループの奮起を期待したい。

一方、10位のチェルシーは前々節に同じニューカッスルに1-4の惨敗を喫したなか、前節はブライトン相手に3-2の勝利。MFギャラガーの退場によって2試合連続で数的不利の戦いを強いられたが、いずれもセットプレーからMFエンソ・フェルナンデスとDFコルウィルにプレミアリーグ初ゴールが生まれ、後半終盤はチーム一丸となった守備で逃げ切った。そのタフな一戦から中2日で臨むアウェイゲームはタフな戦いが予想されるが、サスペンション明けのDFリース・ジェームズとDFククレジャのコンビ、新天地デビューが期待されるMFエンクンクらの復帰を追い風に連勝を飾りたい。
その名門対決と同時刻開催となるアストン・ビラvsマンチェスター・シティも上位争いを左右する重要な一戦だ。

シティは前節、ホームで手負いのトッテナムと対戦。開始早々に先制点を許すも、MFフォーデンのゴールなどで前半の内に逆転に成功。ペースダウンした後半は同点に追いつかれるも、相手のミスを突いてMFグリーリッシュのゴールで勝ち越し。しかし、土壇場で同点に持ち込まれると、最終盤にグリーリッシュの決定的な裏抜けが不可解な主審の判定で阻止される不運もあって3-3のドロー。痛恨の3試合連続ドローによって3位に転落している。

リーグ4連覇に向けてこれ以上の足踏みは許されないが、今回の対戦相手はクラブ記録タイとなるプレミアリーグのホームゲーム13連勝中の4位アストン・ビラが相手となる。さらに、この試合では累積警告によるサスペンションで大黒柱のMFロドリと古巣対戦のグリーリッシュが不在となり、コンディションに問題を抱えるFWドクにも欠場の可能性がある。その厳しい状況のなかでエメリ率いる難敵に勝ち切れるか。

その王者の4試合連続取りこぼしを期待しつつ、勝ち点差を広げたい首位のアーセナルと、2位のリバプールはいずれも下位に沈む昇格組相手の勝ち点3必須の一戦に臨む。

アーセナルは前節、ウォルバーハンプトンに2-1で勝利。今季初のリーグ3連勝を飾った。FWサカとMFウーデゴールの連続ゴールによって前半序盤に2点のリードを得たが、攻めあぐねた後半に1点を返されると、最後は後ろの枚数を増やして専守防衛の展開に。ホームゲームということもあり課題を残したが、昨季から磨きをかける勝負強さを発揮した。

対戦相手のルートンは17位に低迷しているが、ホームゲームではリバプールと引き分け、トッテナムやユナイテッド相手にも善戦している侮れない相手。直近のブレントフォード、ウルブス戦同様に1点差勝負も想定される。ちなみにこの試合はサカにとって通算200試合出場のメモリアルゲームとなるため、公式戦3試合連続ゴールで偉業達成を祝いたい。なお、公式戦2試合連続アシストも、ウルブス戦で左ふくらはぎを痛めて負傷交代のDF冨安健洋の出場に関してはアルテタ監督が前日会見で五分五分の状況だと説明している。

一方、リバプールは最下位のシェフィールド・ユナイテッドとのアウェイゲームに臨む。アンフィールドでフルアムと対戦した前節は壮絶な撃ち合いとなった一戦を4-3で劇的勝利。守護神アリソンの負傷離脱やDFマティプの負傷交代といった影響もあり、決して得点力があるとは言えないフルアムに3ゴールを奪われたが、MFマク・アリスターとMF遠藤航の鮮烈なミドルシュートでの加入後初のリーグ戦ゴールに、DFアレクサンダー=アーノルドの2ゴールと見事な4ゴールを叩き込んでの、らしい勝利となった。今回の試合では守備面をしっかりと修正しつつ、不発に終わったアタッカー陣を含め格下相手にきっちり勝ち切りたい。

なお、対戦相手のブレイズは前節終了後にヘッキングボトム監督の解任が決断されたと報じられており、6日の試合では新指揮官か暫定指揮官の下での戦いになるかもしれない。

シティとのアウェイゲームで連敗を「3」でストップした5位のトッテナムは、トップ4圏内返り咲きを期して9位のウェストハムとのロンドン・ダービーで5試合ぶりの白星を目指す。多くの主力を欠いて臨んだシティ戦では2試合連続ゴールを決めたMFロ・チェルソのハイパフォーマンスや主力と控えのハイブリッド布陣での連携面の向上と多くのポジティブな要素が見受けられた。さらに、ディフェンスリーダーであるDFロメロが3試合のサスペンションから復帰する。ハマーズが非常にタフな相手であることに間違いないが、上位戦線踏みとどまりへ勝ち点3を掴みたい。

MF三笘薫を擁する8位のブライトンは、11位のブレントフォードを相手にバウンスバックの白星を目指す。一部ポジションでターンオーバーを図って臨んだチェルシー戦は前半終盤に得た数的優位を活かし切れず、連勝のチャンスを逃した。それでも、後半序盤に投入された三笘は再三の鋭い仕掛けで局面を打開するなど復帰戦となったAEKアテネ戦に比べて状態を上げており、先発復帰も期待されるビーズ戦では[5-3-2]の堅固な守備を特徴とする相手に攻撃の突破口となる仕事を期待したい。

その他ではチェルシー、ユナイテッドを連破して6位に順位を上げてきたニューカッスルがエバートン相手に今季2度目の3連勝を狙う一戦に注目。負傷明けのFWイサクの安定したパフォーマンスに17歳の新星MFマイリーの台頭で調子を上げるマグパイズだが、ユナイテッド戦では守護神ポープが肩の脱臼で長期離脱を余儀なくされる激震に見舞われた。その代役を担うドゥブラフカは経験豊富な選手ではあるが、今回のトフィーズ戦ではそのパフォーマンスに注目が集まるところだ。

◆プレミアリーグ第15節
▽12/5(火)
《28:30》
ウォルバーハンプトン vs バーンリー
《29:15》
ルートン・タウン vs アーセナル

▽12/6(水)
《28:30》
ブライトン vs ブレントフォード
フルアム vs ノッティンガム・フォレスト
シェフィールド・ユナイテッド vs リバプール
クリスタル・パレス vs ボーンマス
《29:15》
マンチェスター・ユナイテッド vs チェルシー
アストン・ビラ vs マンチェスター・シティ

▽12/7(木)
《28:30》
エバートン vs ニューカッスル
《29:15》
トッテナム vs ウェストハム

PR
関連ニュース

ボクシング転向が噂されたルーニー氏、監督業再開を見据える「もう一度そこに戻りたい」

1月にバーミンガム・シティの監督を解任されたウェイン・ルーニー氏(38)が、監督業再開の願望を明らかにした。 マンチェスター・ユナイテッド、そしてプレミアリーグのレジェンドとして名高いルーニー氏。コーチングキャリアは現役最後のクラブとなったダービー・カウンティで選手兼任監督として歩み出し、その後はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッドでおよそ1年3カ月の間、指揮を執った後、2023年10月から三好康児在籍のバーミンガムで監督を務めたが、全く結果が出せず、就任からわずか83日後に解任の憂き目に遭った。 現在フリーの状態が続いているルーニー氏。一部メディアでボクシング転向の噂が報じられたが、イギリス『BBC』の番組に出演した際、できるだけ早く再びチームを率いたいとの願望を語った。 「将来の目標としては、プレミアリーグで成功することだ。マンチェスター・ユナイテッドや エバートンは夢のような仕事だけど、それはプロセスのひとつだ。次の10年でまでには、一流の地位を獲得したい」 「バーミンガムでのことは残念だったけど、私はファイターだから、もう一度そこに戻りたい。監督というのは、クビになったり、挫折を味わうことも仕事の一部なんだ。私にはこの先どうすべきか考える時間があったからね」 2024.02.29 23:30 Thu

「マーカス、起きるんだ」ラッシュフォードの振る舞いにシアラー氏が苛立ち「もっと頑張る必要があるだろう」

元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏が、マンチェスター・ユナイテッドの同代表FWマーカス・ラッシュフォードが見せる振る舞いを批判した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズン、夜遊び翌日の練習欠席で懲戒処分を受けるなど、何かとメディアを騒がせているラッシュフォード。それでもエリク・テン・ハグ監督からの信頼は変わらず、今シーズン公式戦32試合出場5ゴール6アシストの成績を残している。 そんなラッシュフォードは、28日に行われたFAカップ5回戦のノッティンガム・フォレスト戦でもフル出場。チームは土壇場の決勝ゴールで勝ち抜けたが、9番の位置で起用されたラッシュフォードはゴールもアシストも記録しなかった。 イギリス『BBC』に出演していたシアラー氏は、この試合でラッシュフォードが見せた振る舞いに不満を感じたようだ。倒された際、すぐ立ち上がらない同選手に対して、態度を改善すべきだと指摘している。 「さあマーカス、起きるんだ。そしてアピールのため腕を広げるのをやめなければならない。君はもっと頑張る必要があるだろう」 「時々、私は彼の振る舞いで気に入らないところがある。彼はファンにメッセージを送ろうとしているんだ。『僕のせいではない』というね。だが、ピッチ上での自分の行動に、責任を負うべきだと思う。すぐ起き上がり、プレーを続けてほしい」 「マーカス・ラッシュフォードはまだ、その振る舞いによってファンに正しいメッセージを送るべき時期にあると思っている。だが、今シーズンはそれがあまりできていない。彼はフラストレーションが溜まっているように見える」 2024.02.29 16:55 Thu

「情けないこと」テン・ハグ監督がB・フェルナンデスへのSNS批判をバッサリ、相手の狙いにも言及「フォレストが狙っていた」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、SNS上の批判に言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 28日、FAカップ5回戦でユナイテッドはフォレストとアウェイで対戦した。 試合はフォレストの圧力の前になかなか良い形を作れず、ゴールを奪えないユナイテッドだったが、終了間際の89分にカゼミロが値千金のゴール。0-1で勝利を収め、準々決勝に駒を進めた。 試合後、テン・ハグ監督は1つの問題について言及。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが狙い撃ちされていたと言及した。 「フォレストが彼を狙っているのが見えた。彼には多くのファウルがあり、彼がボールを持った瞬間、ファウルは彼にとても厳しく迫っていた」 B・フェルナンデスは、24日に行われたプレミアリーグ第26節のフルアム戦で負傷。しかし、ユナイテッド加入後にケガで欠場したことはなく、タフガイぶりを発揮。この試合も先発フル出場を果たした。 しかし、フォレスト戦では厳しいマークに遭い、ピッチを去る時には足を引きずる姿も。ただ、それでもカゼミロの劇的ゴールをアシストし勝利に貢献していた。 一方で、SNSでは演技をすると批判の対象に。テン・ハグ監督は、投稿を批判するとともに、B・フェルナンデスは我慢強い選手であると語った。 「ソーシャルメディアでは、彼を批判しているのを目にする。情けないことだ。彼は重傷を負ったが、土曜日もプレーを続け、この試合に出場するために戦った」 「彼は痛みのいき値が非常に高く、昨年のスパーズ戦でも準決勝(ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦)でも同様のことをしていた。それは、彼のリーダーシップを示している」 <span class="paragraph-title">【動画】あえてバウンドさせるトリッッククロス!カゼミロが技ありのヘッドで劇的決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ukFhTfJIKdg";var video_start = 131;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 11:30 Thu

「本当に寂しかった」約4カ月の離脱から復帰しチームも上向き、劇的弾のカゼミロをテン・ハグ監督が称える「リーダーシップの模範」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、ノッティンガム・フォレスト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 28日、FAカップ5回戦でユナイテッドはフォレストとアウェイで対戦した。 試合はフォレストの圧力の前になかなか良い形を作れず、ゴールを奪えないユナイテッドだったが、終了間際の89分にカゼミロが値千金のゴール。0-1で勝利を収め、準々決勝に駒を進めた。 カゼミロの土壇場ゴールについてテン・ハグ監督は振り返り、リーグ戦のフルアム戦でアディショナルタイムに失点して敗れていたことを持ち出し、喜んだ。 「最後に得点するというのは最適なタイミングだ。土曜日(フルアム戦)はアディショナルタイムで敗れた。今日は終了間際に得点でき、良いタイミングでゴールを奪えた」 そのカゼミロは、昨年10月から今年1月まで欠場。2月に入り復帰すると、チームもリーグ戦4連勝と結果を残していた。 この試合でも勝利を呼び込む劇的ゴールを決めたカゼミロに対し、テン・ハグ監督は称賛の言葉を並べた。 「間違いなく、リーダーシップの模範であり、彼は素晴らしい選手だ。彼は我々のためにたくさんのゴールを決めてきてくれたと思う」 「ユナイテッドでのキャリア全体で、これまで以上のゴールを決めた。カゼミロのような選手がチームにいるというのは素晴らしいことだ。なぜなら、10月、11月、12月、1月と、彼がそこにいなくても、彼が我々にとってどれほど重要かがわかるからだ」 「彼はチームの構造、リーダーシップを確立し、それが我々のプレーをより良くしてくれている。我々は彼がいなくて本当に寂しかった。もちろん、彼のボールへのクオリティもだ」 ベスト8に進出したユナイテッドの次の相手はリバプールに決定。ホームでの試合となる中、まずは今週末のマンチェスター・シティとのダービーが大事になるとした。 「今、ホームにリバプールを迎えることになる。素晴らしいドローだ。楽しみにしている」 「ただ、我々はカップを隠さなければならないが、まずはリーグ戦を楽しみにしている。特に最初のゲームは重要だ」 「シティとの試合は、良いゲームになるだろう。そして我々はそこに集中している」 <span class="paragraph-title">【動画】難しいクロスをカゼミロが技ありのヘッドで劇的決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ukFhTfJIKdg";var video_start = 131;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 10:55 Thu

ユナイテッドvsリバプール! FAカップ準々決勝の対戦カード決定!

FAカップ準々決勝の組み合わせ抽選会が行われた。 5回戦では大会連覇を狙うマンチェスター・シティが橋岡大樹を擁するルートン・タウンに6-2の圧勝を収めて突破。さらに、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーが順当に突破を決めた。 また、坂元達裕を擁するコヴェントリー・シティは、ノンリーグで6部のメイドストーン・ユナイテッドに圧勝し、レスター・シティと共にチャンピオンシップ(2部)勢として8強入りを果たした。 注目の準々決勝では、マンチェスター・ユナイテッドと遠藤航を擁するリバプールの名門対決が実現。王者マンチェスター・シティは、今シーズンのEFLカップ3回戦で敗れたニューカッスルとのリベンジマッチに臨む。 残念ながら坂元が離脱中のコヴェントリーはウォルバーハンプトン、チェルシーはレスターと対戦する。 なお、準々決勝は3月16日からの週末に開催予定だ。 ◆FAカップ準々決勝 対戦カード ウォルバーハンプトン vs コヴェントリー(2) マンチェスター・ユナイテッド vs リバプール チェルシー vs レスター・シティ(2) マンチェスター・シティ vs ニューカッスル ※数字は所属カテゴリー 2024.02.29 07:14 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly