「ドルトムントに今なお必要不可欠」皇帝バラックが称賛! 34歳フンメルスの好調ぶりがデータにも

2023.12.04 17:45 Mon
観る者を魅了するディフェンダー・フンメルス
Getty Images
観る者を魅了するディフェンダー・フンメルス
ドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルス(34)。好調ぶりがデータにも現れている。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。
PR
ブンデスリーガ屈指の“守る”能力だけでなく、巧みなビルドアップ、美しいロングフィードも持ち味とするモダンなセンターバック・フンメルス。10月には34歳にして約2年ぶりにドイツ代表復帰も果たし、もちろんドルトムントでも今なお主軸として活躍する。
3日には、ブンデス第13節で首位レバークーゼンとの大一番にフル出場。レバークーゼンの公式戦連勝を「14」でストップした一方、1-1のドローにより、ドルトムントは5位後退…

ただ、データサイト『Opta』によると、フンメルス自身はこの一戦で「13」回のクリアを記録。これは今シーズンのドルトムントで最多の数字であり、同クラブの近年を遡っても、この数字に並ぶのは2014-15シーズン第20節・フライブルク戦における、やはりフンメルスだったという。

『スカイ・スポーツ』はこれについて「フンメルスの強力な守備パフォーマンスを示している」と絶賛。また、『DAZN』のコメンテーターを務めるドイツサッカー界のレジェンド、ミヒャエル・バラック氏も色褪せることのない頭脳派DFを称えている。
「フンメルスの危機察知能力、そして味方DFを統率する能力…この2つが上手く組み合わさり、ドルトムントの守備陣は安定した組織を形成している。何より、彼自身がドルトムントにとって今なお必要不可欠な存在であることを示している」

PR
関連ニュース

「とにかくホームで勝つ」1stレグは追いつかれてドローのドルトムント、テルジッチ監督が2ndレグに意気込む「正しいプレーをする必要がある」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、PSV戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 20日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stでドルトムントはアウェイでPSVと対戦した。 2ndレグをホームで戦えるドルトムント。前半にドニエル・マレンのゴールでドルトムントが先制したが、後半にPKを決められ1-1のドローに終わった。 試合後、『Amazon Prime』のインタビューに応じたテルジッチ監督は2ndレグに言及。後半は苦戦を認めながらも、ホームでの勝利を誓った。 「結果は我々がまだ全てを自分たちの手中に収めているようなものだ。ホームゲームで勝つ必要があることは明らかだ」 「ただ、何かを達成したいのであれば、とにかくホームゲームで勝たなければならない」 「前半、我々は良かった。試合では上手くボールを動かすことができた。後半はあまり上手くいかず、PSVの方が明らかに優れていた」 「彼らが今の状況にあるのには、理由がないわけがない。ただ、我々にも次のラウンドに到達する十分なチャンスがあると思う。我々はホームゲームで正しいプレーをする必要がある」 2024.02.21 11:50 Wed

「2点目を奪えず残念…」ドルトムントと引き分けたPSV、ボス監督はドローを悔やむも自信「自分たちのプレーができた」

PSVのピーター・ボス監督が、ドルトムント戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 20日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでPSVはホームにドルトムントを迎えた。 試合は24分に古巣対決となったドニエル・マレンのゴールでドルトムントが先制。しかし、56分にルーク・デ・ヨングのPKでPSVが追いつくと、そのまま1-1の引き分けに終わった。 勝ち越すチャンスもありながら、ドロー止まりだったPSV。ボス監督は、後手に回り、追加点を奪えなかったことを悔やんだ。 「オープンな試合だった。序盤は相手のプレスに苦戦したが、それでもいくつかのビッグチャンスを作ることができた。特に前半はティルマンが良かった。だから、リードを奪えなかったことは残念であり、特に我々がその後、遅れをとってしまったことが残念だった」 「非常に激しい試合だったと思う。相手はあまりカウンターをしてこず、我々は試合をコントロールできていたため、2点目が奪えなかったことが残念だ」 とはいえ、選手たちが見せたパフォーマンスには一定の満足感を示し、ゲームコントロールができたことを称えた。 「チャンピオンズリーグの試合だからと言って、それほど大きな影響はなかった。自分たちが何をしなければならないかは、理解していたと思う」 「まだ、全ての可能性がある。我々は今シーズン、アウェイで結果を出せることを既に示しており、特に今夜、我々がボールを持った時にどうコントロールしたかを見ればわかるだろう」 「我々はプレッシャーの下でも冷静さを保ち、ロングパスにも頼らなかった。プレッシャーの中でも、自分たちのプレーを見せることができた」 2024.02.21 10:35 Wed

レーティング:PSV 1-1 ドルトムント【CL】

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、PSVvsドルトムントが20日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽PSV採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240220_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ベニテス 5.5 マレンのシュートは止められない。防げるものは止めていた DF 3 ティーゼ 5.5 無理に上がらず守備に徹した 22 スハウテン 6.0 本職ボランチもセンターバック起用。パス出しで効いていた 18 ボスカリ 6.0 フュルクルクに対応しつつビルドアップでも良さが出ていた (→オビスポ -) 8 デスト 5.5 前半はマレンの対応に腐心。後半はマレンのポジションチェンジによって解放され攻撃参加で貢献 MF 10 ティルマン 5.5 ボールロストで失点に関与し決定機も逸した。しかしPK獲得で相殺 23 フェールマン 6.0 アンカーの位置で攻守のバランスを保った 34 サイバリ 6.0 ゴール前への絡みでアクセントを付ける (→マウロ・ジュニオール -) FW 11 バカヨコ 5.0 効果的な働きができていなかった 9 L・デ・ヨング 6.0 PKを決め、一仕事した 27 ロサーノ 6.0 PK獲得につながるクロスを入れる。一定の攻め手になった (→ペピ -) 監督 ボス 6.0 押し込んでいただけに勝ち切りたかった ▽ドルトムント採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240220_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 33 マイヤー 6.0 コベルの直前の負傷を受けて急遽先発。安定したセービングを見せた DF 26 リエルソン 5.0 ロサーノの対応に苦慮していた 15 フンメルス 5.0 ジューレのコンディション不良を受けて先発。PK献上 4 N・シュロッターベック 6.0 終始、安定していた。フィードも正確 22 マートセン 5.5 前半はボールロストが目立ったが立て直した MF 21 マレン 6.5 個人技で恩返し弾。攻め手となった (→エズジャン -) 20 ザビッツァー 6.0 11 ロイス 5.5 守備に追われて攻撃面で存在感を出せなかった (→ブラント 5.5) ロイスと大差ない出来 23 ジャン 6.0 ボール奪取からゴールに繋がった。ビルドアップ時にはバックラインに入って組み立てた 10 サンチョ 6.0 キープ力を見せて攻撃の時間を作った (→ヴォルフ -) FW 14 フュルクルク 5.5 前線で起点になりきれず (→ムココ -) 監督 テルジッチ 6.0 敵地で引き分けは悪くない結果 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マレン(ドルトムント) 古巣相手にゴール。守勢の展開の中、個人技でゴールをこじ開けた。 PSV 1-1 ドルトムント 【PSV】 L・デ・ヨング(後11)【PK】 【ドルトムント】 マレン(前24) 2024.02.21 07:00 Wed

マレンの恩返し弾でドルトムントが敵地でPSVにドロー【CL】

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、PSVvsドルトムントが20日に行われ、1-1で引き分けた。 アーセナルやRCランス、セビージャが同居したグループを2勝3分け1敗の2位で通過し、8季ぶりに決勝トーナメントに進出したPSVは、エールディビジで首位を独走する中、L・デ・ヨング、ロサーノ、バカヨコの3トップで臨んだ。 一方、パリ・サンジェルマンやミラン、ニューカッスルが同居した死のグループを首位で通過したドルトムントは、守護神のコベルとジューレがコンディション不良によって欠場となった中、フュルクルクを最前線に、2列目に右からマレン、ロイス、サンチョと並べた。 PSVがハイプレスをかける入りとなった中、16分に決定機。L・デ・ヨングのポストプレーを受けたティルマンがGKと一対一となるもシュートは枠外に。 やや守勢のドルトムントだったが、個人技で先制する。24分、ティルマンからボールを奪った流れで攻め込むと、ボックス右で縦に仕掛けたマレンが豪快にニア天井を打ち抜いた。 失点したPSVだったが、引き続き押し込むと28分、FKからティルマンが際どいヘディングシュートを放てば、40分には好機。バカヨコがディフェンスライン裏を取った流れからティルマンがGK強襲のシュートを浴びせた。 迎えた後半もPSVが押し込む流れとすると、54分にPKを獲得する。ティルマンがロサーノの左クロスを受けてボックス内へ。フンメルスのスライディングタックルを受けてファウルを貰った。このPKをL・デ・ヨングが決め、PSVが同点に持ち込んだ。 失点後、前がかったドルトムントは59分、マレンがボックス左からGK強襲のシュートを浴びせて牽制。 しかし前半半ば以降もPSVが押し込む流れで推移すると、終盤の81分にデストがドリブル突破からGK強襲のシュートを浴びせた。 最終盤にかけては引き分けでも良しとしたドルトムントが1-1で試合を終わらせ、ホームで行われる2ndレグに決着を委ねることになった。 2024.02.21 06:59 Wed

【CLラウンド16プレビュー】死の組首位通過のドルトムント、エールディビジ独走のPSVと激突

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、PSVvsドルトムントが日本時間20日29:00にキックオフされる。死の組を首位で通過したドルトムントが、エールディビジで首位を独走するPSVと激突する一戦だ。 アーセナルやRCランス、セビージャが同居したグループを2勝3分け1敗の2位で通過し、8季ぶりに決勝トーナメントに進出したPSV。エールディビジでは開幕から怒涛の17連勝を達成。ここまで20勝2分けの圧倒的な戦績で2位フェイエノールトに10ポイント差を付けての首位を独走と、絶好調のシーズンを送っている。今季より就任のボス監督は2017-18シーズンにドルトムントの指揮官を務めており古巣対決となる。しかしドルトムント時代は成績不振により半年で解任されていた。古巣相手に意趣返しとなるか。 一方、パリ・サンジェルマンやミラン、ニューカッスルが同居した死のグループを首位で通過したドルトムントは2季連続ラウンド16に進出。厳しいCLの戦いの影響もあってブンデスリーガでは不安定な戦いが続いていたが、MFサンチョ、DFマートセンの加入によって年明け以降、4勝2分けとまずまず好調で4位に浮上している。良好なチーム状態でPSV戦を迎えた。 両クラブは2002-03シーズンのCLグループステージで対戦。ドルトムントが1勝1分けと勝ち越していた。 <div style="text-align:center;">◆PSV◆ 【4-2-3-1】</div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240218_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽予想スタメン GK:ベニテス DF:ティーゼ、ラマーリョ、ボスカリ、デスト MF:フェールマン、スハウテン FW:ロサーノ、ティルマン、ペピ FW:L・デ・ヨング 負傷者:DFベラ=コチャプ、FWラング 出場停止者:なし 2-0で快勝した直近のヘラクレス戦のスタメンを踏襲することが予想される。 <div style="text-align:center;">◆ドルトムント◆ 【4-2-3-1】</div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240218_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽予想スタメン GK:コベル DF:リエルソン、ジューレ、シュロッターベック、マートセン MF:ジャン、ザビッツァー MF:マレン、ブラント、サンチョ FW:フュルクルク 負傷者:MFフェリックス・エンメチャ、FWアラー 出場停止者:なし こちらは直近のヴォルフスブルク戦をコンディション不良により欠場したマレンが先発予想。2列目はロイスやバイノー=ギテンスらの先発も考えられる。 ★注目選手 ◆FWルーク・デ・ヨング(PSV) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240218_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> PSVの注目選手には主砲のL・デ・ヨングを挙げたい。今季エールディビジで19ゴールを挙げているベテランストライカーは、グループステージでは2ゴールをマーク。レベルの高いCLでは決定力を発揮しきれていないが、主将も務める33歳の経験豊富なL・デ・ヨングが、DFシュロッターベック、DFジューレと屈強なセンターバックを揃えるドルトムント守備陣相手に持ち前のストロングヘッダーが炸裂するかがポイントとなる。 ◆FWドニエル・マレン(ドルトムント) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240218_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対するドルトムントの注目選手には古巣対決となるマレンを挙げたい。プロデビューを果たしたPSVでは公式戦116試合55ゴール24アシストと圧巻のスタッツを残した。その後に移籍したドルトムントでも順調にキャリアを積み上げ、在籍3季目となる今季はブンデスリーガで9ゴールと、昨季のゴール数に早くも並んだ。復帰したMFサンチョ、若手で勢いのあるMFバイノー=ギテンスらと共に現ドルトムントにおけるストロポイントであるウインガー勢がPSVを攻略する鍵となりそうだ。 2024.02.20 18:00 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly