札幌が藤枝に期限付き移籍していたMF田中宏武の合流を発表「最後の試合全員で勝ちましょう!!」

2023.12.01 10:25 Fri
©︎J.LEAGUE
北海道コンサドーレ札幌は1日、MF田中宏武(24)のチーム合流を発表した。

田中は2021年に札幌の特別指定選手となり、2022年に立正大学から加入。明治安田生命J1リーグで1試合、YBCルヴァンカップで7試合、天皇杯で2試合に出場していた。
今シーズンもJ1でこそ出番はなかったが、ルヴァンカップで4試合、天皇杯で2試合に出場。シーズン途中に藤枝MYFCへ期限付き移籍していた。

藤枝では、明治安田生命J2リーグで8試合に出場していたが、J2のシーズンも終わり期限付き移籍期間が満了を迎えた。

田中は両クラブを通じてコメントしている。
◆北海道コンサドーレ札幌
「シーズン最終盤のこの時期に合流させていただきました!最後の試合全員で勝ちましょう!!」

◆藤枝MYFC
「半年間たくさんの経験をさせていただき成長することができたと思っています!これからMYFCはもっと大きくなっていくクラブだと思うので、自分もそれに負けないようにここでの経験を活かして頑張っていきます!」

「短い間でしたが、どんな時でも熱く温かい声援をしてくれてありがとうございました!」
関連ニュース

札幌に痛手…高木駿が左ヒザ前十字じん帯断裂で手術、近藤友喜は左ヒラメ筋肉離れ

北海道コンサドーレ札幌は2日、GK高木駿とMF近藤友喜の負傷を報告した。 2月23日のトレーニング中に負傷した高木は左ヒザ前十字じん帯断裂と診断され、札幌市内の病院で手術。明治安田J1リーグ開幕節のアビスパ福岡戦で負傷した近藤の方は左ヒラメ筋肉離れとの診断を受けた。 札幌は2日の第2節でサガン鳥栖と対戦。高木は2試合連続欠場となり、開幕戦で先発した近藤はメンバー外だった。 なお、札幌は鳥栖に0-4で敗れ、開幕から2試合で1分け1敗となっている。 2024.03.02 18:15 Sat

朴一圭が2試合連続PKストップ!両助っ人FW揃い踏みの鳥栖が札幌に4発快勝で今季初勝利【明治安田J1第2節】

2日、明治安田J2第2節のサガン鳥栖vs北海道コンサドーレ札幌が駅前不動産スタジアム行われ、ホームの鳥栖が4-0で勝利を収めた。 開幕節は、アルビレックス新潟戦で逆転負けを喫した鳥栖と、攻勢もアビスパ福岡とゴールレスドローに終わった札幌。鳥栖はホーム2連戦、札幌は九州でのアウェイ2連戦を迎える中で、互いに今季初勝利を目指した。 自陣からのビルドアップで前進する両チームの一戦は、互いにどのように高い位置からはめ込むか、あるいはプレッシングを回避するかという攻防が繰り広げられた。 札幌は13分、鳥栖の中距離ゴールキックを中盤で岡村大八がカットし、こぼれ球を拾った浅野雄也がルーレットから左足のシュート。これは枠の右へそれた。 ビルドアップを引っ掛けられた鳥栖だが、姿勢を貫き、この直後のゴールキックを起点に先制点を奪取。キム・テヒョンのフィードはまたも中盤で阻まれたが、こぼれ球を拾った河原創が左の裏のスペースへ送ると、オフサイドラインギリギリで抜け出したマルセロ・ヒアンが左ポケットから冷静に流し込んだ。 鳥栖は26分にも,パスミスを誘発してヴィニシウス・アラウージョがチャンスを迎えるが、シュートはGKの正面を突く。 対する札幌は、右CKの流れから34分にPKを獲得。VARからの進言とオン・フィールド・レビュー(OFR)の結果、岡村と競り合ったキム・テヒョンのハンドを取り、川俣秀主審はペナルティスポットを指した。 だが、左下を狙った浅野のキックをGK朴一圭がストップ。2試合連続でPKを止めた守護神は、直後のCKからの窮地も救った。 鳥栖のリードで迎えた後半は、CKからのマルセロ・ヒアンのヘッドがGK菅野孝憲の手を抜けるも、札幌はライン上で小林祐希がクリアし、危機を逃れる。53分にも長沼洋一に抜け出されての決定機を馬場晴也がカバーと、望みをつなぐ札幌だったが、56分には中村桐耶が2枚目のイエローカードを受けて退場に。数的不利に陥ってしまう。 すると62分には再びのOFRにより、今度は鳥栖へPKが与えられる。これをヴィニシウス・アラウージョが右隅に沈めてJ1初ゴールをマークし、鳥栖がリードを広げる。 鳥栖はさらに83分、途中出場の富樫敬真がショートカウンターから低弾道の速いクロスで岡村のオウンゴールを誘発し、3点差とすると、追加タイム5分には数的優位を生かしたパスワークから、ボックス手前右の原田亘が右足でネットを揺らし、大量4得点を奪ってのタイムアップ。 鳥栖が本拠地で今季初勝利を飾り、札幌は今季初黒星を喫した。 サガン鳥栖 4-0 北海道コンサドーレ札幌 【鳥栖】 マルセロ・ヒアン(前14) ヴィニシウス・アラウージョ(後19) OG(後38) 原田亘(後45+5) <span class="paragraph-title">【動画】鳥栖のGK朴一圭が開幕戦に続き2試合連続PKストップ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>2試合連続PKストップ<br>\<br><br>鳥栖のGK朴一圭が浅野のPKをストップ<br>開幕戦に続く2試合連続のPKセーブを見せた<br><br>明治安田J1リーグ第2節<br>鳥栖×札幌<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> LIVE配信 <a href="https://t.co/6rHpKSUKD9">pic.twitter.com/6rHpKSUKD9</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1763803510770893213?ref_src=twsrc%5Etfw">March 2, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.02 16:12 Sat

見取り図・盛山さんが小野伸二のトラップに挑戦も、芸人仲間からツッコミの嵐「何してんねん」「できてないって」

お笑いコンビ・見取り図の盛山晋太郎さんが、元日本代表MFの小野伸二氏の技に挑戦している。 サッカー好きとして知られる盛山さん。自身はサッカー未経験ながらもサッカー好き芸人たちを中心とした「もりちゃんずユナイテッド」というチームを結成しており、過去には自身のX(旧ツイッター)に投稿したプレー動画が「上手い」と注目を集めたこともあった。 その盛山さんが27日にXを更新。「憧れるのは自由ですよね。やめません」のコメントとともに、1本のプレー動画を公開している。 動画には、「小野伸二みたいな雰囲気でトラップをしたい盛山」のテロップがつけられており、どうやら昨シーズン限りで現役を引退し、現在は北海道コンサドーレ札幌のO.N.O(One Hokkaido Nexus Organizer/ワンホッカイドウ ネクサス オーガナイザー)に就任している小野氏を真似ようと試みていたようだ。 盛山さんは、正面からの浮き球のパスをノールックで華麗にトラップすることに挑戦。左足のキックにこそ定評のある盛山さんだが、ノールックでのトラップとなるとなかなか難しいようで、小野氏が現役時代に何度も披露していたようなビタ止めトラップは再現することができず。芸人仲間たちからは「何してんねん」、「できてないって」とツッコミの嵐だった。 トラップとは裏腹に表情や動きではプロさながらの雰囲気を醸し出していた盛山さん。その様子には、ファンからも「顔が面白いです」、「成功動画まってます」、「トラップした顔だけはしてますね」、「元気出た」と反響が寄せられていた。 <span class="paragraph-title">【動画】雰囲気だけは出ている盛山さんのトラップ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">憧れるのは自由ですよね。やめません。<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%82%E3%82%8A%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%9A%E3%83%A6%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#もりちゃんずユナイテッド</a> <a href="https://t.co/nXpx2KjjsT">pic.twitter.com/nXpx2KjjsT</a></p>&mdash; 見取り図 盛山 (@morishimc) <a href="https://twitter.com/morishimc/status/1762324402216305138?ref_src=twsrc%5Etfw">February 27, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.28 12:05 Wed
thumb

福岡と札幌は0-0痛み分け…前後半で互いに攻勢も決め手欠きゴールレス【明治安田J1開幕節】

24日、明治安田J1リーグ第1節のアビスパ福岡vs北海道コンサドーレ札幌がベスト電器スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 福岡は絶対的エースの山岸祐也が退団した前線に、ナッシム・ベン・カリファと岩崎悠人を補強。開幕ゲームは岩崎が2シャドーの一角に入り、1トップにはウェリントンを配置。ベン・カリファはメンバー外となった。 対する札幌も小柏剛が退団し、“元エース”鈴木武蔵がガンバ大阪からレンタル移籍で4年ぶりに復帰。その鈴木はベンチスタートで、1トップに小林祐希、2シャドーに駒井善成とスパチョークが入る[3-6-1]を採用した。 山岸が去った福岡だが、前線からの機敏なプレッシングは不変。先日36歳となったウェリントンは前からのプレスだけでなく、後ろ向きのプレスバックも苦にしない。年齢を重ねるごとに献身性が高まるチームプレーヤーだ。 札幌はそんな福岡を恐れることなく後方から丁寧にビルドアップ。しかし、出足の鋭さで福岡に凌駕され、11人全員が自陣で守備に回る場面も多い。マイボール時はゼロトップの小林が降りてきて起点を創りたいところだ。 その札幌は17分、スパチョークが福岡の大卒ルーキー・重見柾斗が自陣で出した横パスをカットし、カウンターを発動。追い越した小林へラストパスを送るが、小林は帰陣した福岡DFに行く手を阻まれ、フィニッシュまで持ち込めず。 24分に福岡が決定機。ショートカウンターから”攻撃の核”紺野和也が持ち前の推進力で前を向き、ラストパスを出した岩崎はボックス手前で完全にフリー。しかし、岩崎が利き足と逆の左で放ったダイレクトシュートは、わずかにゴール右へ外れる。 福岡は31分にも良い形。深く攻め込んで紺野が右からクロスを上げると、ゴール前へ走って飛び込んだのは左ウイングバックの小田逸稀。相手DFに競り勝っての豪快ヘディングは枠を捉えずも、先制点を予感させるのは福岡だ。 後半立ち上がりの50分、札幌はボランチの宮澤裕樹に代えて鈴木を投入。駒井をボランチ、小林をシャドーに落とし、鈴木を最前線に置く。 さらに60分、負傷した近藤友喜に代えて昨季チーム得点王の浅野雄也、中村桐耶に代えて青木亮太をピッチへ。次々と攻撃のカードを切る。 積極采配の札幌は次第に”らしさ”を発揮するようになるが、決定機創出にはなかなか至らず。低い位置で構えて守る意識を強めた福岡を崩し切るのは難しく、試行錯誤が続いていく。 後半から劣勢に回った福岡は、ロングボールからの個人のスピード、またはセットプレー獲得に活路を見出す展開。前半と打って変わって苦しいが、それでも崩れないのは昨季からチームの骨格を維持した積み上げがあるからだろう。 85分には、ここまで高い集中力を保ったウェリントンに代えて“福岡一筋20年目”37歳の城後寿を投入。試合が終盤に来てオープンな展開へと移行するなか、生ける伝説に1点を託す。 しかし、どちらもシュートシーンは少なく、後半ともに決定機ゼロ。結局アディショナルタイム5分間を含めてネットは揺らせず、0-0で決着。2024シーズン初戦で勝ち点「1」を分け合うこととなった。 福岡は「前線からの守備」という点で山岸退団をあまり感じさせずも、やはり得点力アップは積年の課題か。 札幌も昨季56ゴールの得点力をあまり感じられず。試合最終盤はホームチーム相手に猛攻を仕掛けるも、フィニッシュまで持ち込めなかった。 アビスパ福岡 0-0 北海道コンサドーレ札幌 2024.02.24 16:01 Sat

札幌が松山光のイングランド移籍を発表、スタートから10年の「松山光プロジェクト」は今後も継続

北海道コンサドーレ札幌は15日、松山光の移籍を発表した。 松山光は人気サッカー漫画『キャプテン翼』の人気キャラクター。北海道ふらの市(富良野市がモデル)出身で、「北海の荒鷲(ワイルドイーグル)」の異名を持っている。 イーグルショットを武器に、日本代表ではリーダーシップを発揮するなど守備的なポジションでプレーする選手であり、札幌は松山光をアイコンにして、「松山光プロジェクト」を2014年に発足させていた。 松山選手のような世界に通用する選手を数多く育成することを目的とした「松山光プロジェクト」だが、スタートから10年間で、アカデミー選手の育成や練習環境の整備、また釧路、室蘭へのアカデミー拡大など、さまざまな成果を得たとのこと。松山が移籍を果たしたものの、「松山光プロジェクト」は継続していくという。 クラブは以下声明を発表。『キャプテン翼』の作者である高橋陽一先生もコメントしている。 「北海道を本拠地とするJリーグクラブ・北海道コンサドーレ札幌は、多くのファン・サポーター、パートナー企業の皆さまに支えられています。2014年、永続的に道民・市民の皆さまとともに理想的なクラブを作ることを願い、キャプテン翼の人気キャラクターで北海道ふらの市(富良野市がモデル)出身の松山光選手をアイコンとして、松山選手のような世界に通用する選手を数多く育成することを目的とした「松山光プロジェクト」がスタートしました」 「2014年からの10年間で、アカデミー選手の育成や練習環境の整備、また釧路、室蘭へのアカデミー拡大など、さまざまな成果を得ることができました。トップチームでは、アカデミー出身でクラブ生え抜きの菅大輝選手が日本代表に選出されるなど、クラブ史に残る出来事もありました。皆さまの多大なご理解とご支援によるものです。ありがとうございます」 「次なる10年を視野に検討を進める中、松山光選手が札幌からイングランドのチームへ移籍しました。そこで北海道コンサドーレ札幌では、10年間で大きな成果を挙げた松山光プロジェクトを力強く継続し、松山光選手のように海外に羽ばたき、世界でも活躍する選手を、次なる10年の目標にしていきたいと思っております」 「北の大地から「松山光選手」のような高い技術・メンタリティーを兼ね備え、日本を代表し世界に通用する選手を数多く育成することを目的に、これからも活動してまいります。集まった支援金は選手の「育成費」「強化費」に使用いたします。引き続き、松山光プロジェクトへのご理解とご支援をいただけますよう、よろしくお願いいたします」 ◆高橋陽一先生 「この度、松山くんがイングランドへ海外移籍をすることになりました。北海道での経験をいかした、海外での活躍を楽しみにしていてください」 「また、今後も松山光プロジェクトは続きます。彼のように世界へ羽ばたく選手がこの北海道から次々と生まれることを期待して、子供たちへのご支援を宜しくお願いします」 2024.02.15 13:25 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly