ドーピング違反疑惑で暫定的出場停止のポグバ、F1アブダビGPに姿見せる「ダービーより優先するの?」「こんなに華ある」

2023.11.27 21:40 Mon
ドーピング違反で出場停止中のポグバ
Getty Images
ドーピング違反で出場停止中のポグバ
F1会場に訪れたユベントスのフランス代表FWポール・ポグバに、様々な声が集まっている。
PR
昨シーズン6年ぶりにユベントスへ復帰するも、度重なるケガもあり真価を発揮できずにいたポグバ。今シーズンへかかる期待は大きかったが、セリエA開幕節のウディネーゼ戦後に実施されたドーピング検査で陽性反応を示し、現在は暫定的な出場停止処分が続いている。
正式な結論は出ていない状況の中、プレーヤーとして難しい時間を過ごしているポグバだが、26日にはF1の今季最終戦、アブダビGPの決勝会場に姿を見せた。

スタート前にマシンの周辺を歩く姿を『DAZN』が発見。同日にユベントスがインテル戦という大一番を迎えていたこともあり、インターネット上には賛否が相次いだ。

「練習してんのかな」、「暇だからな」、「イタリアダービーよりこっち優先するのおかしいだろ」、「インテル戦よりアブダビを優先するメンタルだけは10番級の男」との声は比較的温和な非難のコメント。
一方で時間の使い方は個々の裁量と「まじでかっけぇ、こんなに華ある選手他に知らん」、「別に羽根伸ばしてもええやん」、「VIP待遇やん!」などの声も寄せられている。

なお、ポグバは現在ユベントスでの活動もできないため、ジムやプールで個人のトレーニングを行っているとのことだ。



PR
1 2
関連ニュース

ユベントスにイタリア人正守護神が再誕生も? モンツァと26歳GK巡って協議中

モンツァのイタリア人GKミケーレ・ディ・グレゴリオ(26)。いま、2024年夏に向けて注目度が高まっている選手だ。 ディ・グレゴリオはミラノ出身で、下部組織時代から過ごしたインテルでプロ契約を締結。しかし、レンタル移籍を繰り返してデビューにはとうとう至らなかった。 分岐点となったのは、2020-21シーズンに当時セリエBのモンツァへ貸し出されたこと。23歳だったディ・グレゴリオは即座に正守護神となり、現在に至るまでその座を譲らず。2022年夏から完全移籍に切り替わっている。 そんなディ・グレゴリオは、ユーロ2024を控えるイタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督から先日、名指しで「期待している選手の1人」とハッパをかけられるなど、初招集にも期待がかかる実力者。 クラブレベルでは、古巣インテルがGKヤン・ゾマー(35)の後継者として買い戻すのでは、と伝えられたり、ユベントスがGKヴォイチェフ・シュチェスニー(33)の後継者候補の1人に据える、などなど、2024夏の動向に向けて注目が集まる存在となっている。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ハッキリしているのは、モンツァがディ・グレゴリオの売却をビジネスとして前向きに捉えているということ、そして今冬を境にユベントスと他選手の話題を交えた協議に入っているということだ。 ユベントスについては、シュチェスニーが退団する兆候はなく、2024年夏の獲得なら来季1年間バックアッパーを任せ、2025-26シーズンから正守護神に据えるプランとみられている。シュチェスニーの契約は2025年夏までだ。 また、ディ・グレゴリオの代理人は報道陣を前にして「インテル復帰説」を排除済み。来季のユベントス移籍が無きにしも非ずの状況となっている。 セリエAの直近5試合でクリーンシートを4度達成しているディ・グレゴリオ。市場価値は1200万ユーロ(約19億5000万円)とされている。 なお、ユベントスはシュチェスニーの後継者候補を、ディ・グレゴリオかアタランタのU-21イタリア代表GKマルコ・カルネセッキ(23)に絞っているとみられている。 2024.02.27 15:55 Tue

ユベントス、ラビオ&マッケニーが次節ナポリ戦欠場へ…

ユベントスは主力2選手を欠いて次節のナポリ戦を戦うことになるようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ユベントスは25日に行われたセリエA第26節のフロジノーネ戦に3-2で勝利し、リーグ戦5試合ぶりに白星を取り戻した。しかし、同試合では前半半ばにMFアドリアン・ラビオ、後半終盤にMFウェストン・マッケニーがいずれも負傷交代した。 報道によると、その試合翌日に検査を受けた両選手はラビオが足の指の脱臼、マッケニーが左肩の脱臼と診断された。 現時点で両者の離脱期間は不明も、少なくとも2週間程度の離脱が見込まれており、3月3日に予定されるセリエA第27節のナポリ戦への出場は絶望的なようだ。また、状態試合ではその翌節に行われるアタランタとの上位対決も難しいかもしれない。 2024.02.27 07:15 Tue

ユーベ指揮官アッレグリがセリエA史上初! 通算勝ち点「1000」の大台突破

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がセリエA史で最も勝ち点を重ねる指揮官として、その数字を大台に乗せた。 ユベントスは25日に行われたセリエA第26節でフロジノーネとホームで対戦。開始3分の先制から27分までに勝ち越しを許したが、ドゥシャン・ヴラホビッチのこの試合2ゴール目で追いつき、90+5分のダニエレ・ルガーニ弾で5試合ぶりの白星を掴んだ。 この1勝を弾みに首位インテルとのスクデット争いを盛り上げていきたいユベントスだが、『Opta』によると、アッレグリ監督もセリエAでの通算獲得勝ち点が「1002」に。セリエA史では初の勝ち点1000をクリアした監督として名を刻んだという。 かつてミランも率いたアッレグリ監督は2003年夏にアリアネーゼでの歩み出しから、一貫して母国イタリアのクラブを指揮。セリエAではカリアリ時代を含め、これまで通算496試合で301勝99分け96敗の戦績を残している。 なお、ユベントスでの通算は292試合で201勝50分け41敗の戦績を残しており、勝ち点として「653」を積み重ねる。 2024.02.26 14:55 Mon

ヴラホビッチ2G1A、ルガーニのラストプレー弾でユベントスがフロジノーネに競り勝ち5戦ぶり白星【セリエA】

ユベントスは25日、セリエA第26節でフロジノーネをホームに迎え、3-2で競り勝った。 前節ヴェローナに引き分けて4試合勝利のない2位ユベントス(勝ち点54)は、ヴラホビッチとキエーザの2トップとする[3-5-2]で臨んだ。 3連敗中の15位フロジノーネ(勝ち点23)に対し、ユベントスは開始3分にあっさり先制する。マッケニーが右サイド高い位置でガッティの浮き球パスを引き出してクロス。ニアのヴラホビッチが右足ダイレクトで流し込んだ。 しかし14分、ゾルテアの右クロスからシェディラにヘディングシュートを決められ、あっさり追いつかれてしまう。そして27分には逆転される。ロングカウンターの流れからブレシャニーニにシュートを決められた。 追い討ちをかけるようにラビオがヒザを痛めてプレー続行不可能となったユベントスはアルカラスを投入。嫌な流れとなっていたが、32分に追いつく。マッケニーのパスをボックス右で受けたヴラホビッチがトラップからシュートをゴール左へ蹴り込んだ。 絶好調ヴラホビッチのドッピエッタで試合を振り出しに戻したユベントスは、ハーフタイムにかけて押し込むも好機は作れず2-2で前半を終えた。 迎えた後半も押し込む入りとしたユベントスは、57分にショートカウンターからキエーザが際どいシュートに持ち込んだ中、62分にユルドゥズを投入。 そのユルドゥズを起点に攻勢を強めていくも決定機を作るには至らない。このまま2-2でタイムアップかと思われたラストプレーの追加タイム5分、ユベントスに劇的勝ち越し弾。 左CKからヴラホビッチがニアで逸らすと、ファーサイドのルガーニが角度の厳しい位置からシュートを流し込んだ。苦しんだユベントスが5戦ぶりの白星としている。 2024.02.25 22:28 Sun

「目標はユーロ連覇」イタリア代表指揮官、若手の名前列挙し本大会選出へアピール要求! 19歳のサプライズ招集も示唆

イタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督が、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューでユーロ2024への意気込みを語った。 昨年9月にスクデット指揮官としてアッズーリを託されたスパレッティ監督。ユーロ予選途中からの指揮という、決して簡単ではない状況からの船出となったが、無事に予選突破を決めた。 全世界が注目する、“競技レベルはワールドカップ(W杯)よりも高い”と言われるユーロ本大会まで残り3カ月と少し。前回王者イタリア代表を率いる老将は、王座防衛を宣言する。 「我々は予選通過に値するプレーを見せ、見事にその資格を得た。強調されるべきは、各々が常に自らの仕事を放棄せず、積極的なサッカーを貫いている点だ。この集中力をもっともっと改善したい。チームはまだまだ発展途上だ」 「私にはイタリア代表を強くする責任があり、現状、満足できるものなどほとんどない。それはなぜか? 目標がユーロ連覇とW杯優勝だからだ。これは全イタリア国民の期待であり、過去の偉大な歴史がそれを欲しているのだ」 「イングランド、フランス、スペイン、ドイツ…強敵だらけだが、我々だって彼らのレベルに劣っているわけではない。しかし、イングランドを20分間凌駕するだけでは駄目だ。90分間良いプレーをして初めて勝るのだ」 欧州制覇への覚悟を滲ませるスパレッティ監督。その一方、一部の主力選手が所属クラブで不振に喘いでいる現状を危惧している。 「フェデリコ・キエーザ(ユベントス)にニコロ・ザニオーロ(アストン・ビラ)…私は彼らの困難な状況を注視しているよ。万が一に備え、方向転換して別の解決策を準備しておく必要があるだろう。具体的なことを1つ挙げると、[3-4-2-1]を検討している」 「これは守備的な考え方ではなく、そこにいるプレーヤーの快適さを考慮したシステム案だ。間違ってもボール非保持のときに5バックにする、というものではない。攻撃性を維持しつつ、バランスも必要なのだ」 キエーザらのユーロ本大会落選をちらつかせた一方、現時点では当落選上にいると考えられる、A代表未経験の若手を含む選手たちの名前を掲げ、シーズン後半戦でのアピールを期待していると、遠回しながらもハッパをかけた。 「アレッサンドロ・ボンジョルノ(トリノ/24歳)は本当に頑丈なセンターバックだ。ラウル・ベッラノーバ(トリノ/23歳)とリッカルド・カラフィオーリ(ボローニャ/21歳)も準備ができている。ジオバンニ・ファビアン(ボローニャ/19歳)を選んだらサプライズか?」 「ガエターノ・カストロヴィッリ(フィオレンティーナ/27歳)も最近は再びプレーし始めた。他にもアンドレア・カンビアーゾ(ユベントス/24歳)、トンマーゾ・バルダンツィ(ローマ/20歳)、ロレンツォ・ルッカ(アヤックス/23歳)、マルコ・カルネセッキ(アタランタ/23歳)、ミケーレ・ディ・グレゴリオ(モンツァ/26歳)、イバン・プロベデル(ラツィオ/29歳)…」 「リストに載るのは23名(正しくは26名)だが、大会前のトレーニングはさらに4〜6人を帯同させて少しでも経験を積ませたい。新たな花びらを加える可能性は十分にある」 かなり踏み込んだ内容まで語り、ユーロへのアツい意気込みをのぞかせたスパレッティ監督。これに奮起しない若手はA代表には不要だ。 2024.02.24 21:21 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly