浅野先発のボーフムが昇格組ハイデンハイムとゴールレスドロー【ブンデスリーガ】

2023.11.27 01:35 Mon
Getty Images
浅野拓磨の所属するボーフムは26日、ブンデスリーガ第12節でハイデンハイムと対戦し0-0の引き分けに終わった。浅野は76分までプレーしている。
PR
リーグ戦3試合負けなしの14位ボーフム(勝ち点9)が、昇格組の13位ハイデンハイム(勝ち点10)のホームに乗り込んだ一戦。日本代表から帰還したボーフムの浅野は[4-3-3]の左ウィングでスタメンとなった。
立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ボーフムは9分にシュテーガーのロングパスに反応した浅野がボックス内でマインカに倒されたが、この接触はノーファウルの判定となる。

その後は、互いにアアタッキングサードまでボールを運ぶがなかなか決定機まで至らない状況が続く。ボーフムは33分にシュテーガーが中盤からアバウトなロングボールを入れると、これに反応した浅野が胸トラップでボックス右まで切り込み、ダイレクトシュートを狙ったが、これはゴール右に外れた。

ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、ボーフムは61分にオスターヘッジのスルーパスからボックス左まで駆け上がったベルナルドが決定機を迎えたが、ダイレクトシュートは相手GKのセーブに防がれた。
完全に1点勝負の様相を呈すなか、ボーフムは76分に浅野を下げてアントウィ=アジェイを投入。しかし、直後の77分にピンチ。シュロッターベックの中途半端なクリアがドベダンに奪われると、ボックス右からシュート。GKリエマンの弾いたボールがゴールに向かったが、これも素早く反応したリエマンが左手で掻き出した。

さらにボーフムは、88分にも最終ラインのマショビッチのミスパスからクラインディーンストに決定機を作られたが、シュートは枠の上に外れて難を逃れた。

結局、試合はそのままゴールレスでタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合う結果となった。

PR
関連ニュース

フライブルク、ボーフムからMFオスターヘッジを来季加入で獲得!

フライブルクは15日、ボーフムからドイツ人MFパトリック・オスターヘッジ(24)の獲得合意を発表した。契約期間は明かされておらず、7月1日から加入する。 フライブルクへの加入が決まったオスターヘッジは、公式サイトで以下にコメントしている。 「SCフライブルクを見ると、ここ数年で着実に成長しているのがわかる。僕はその一翼を担いたいし、この移籍が自分の成長にとって正しいステップだと確信しているよ」 「夏からフライブルクの新しいスタジアムでプレーすることを楽しみにしている。もちろん、これからの数週間はボーフムでプレーすることに集中するさ」 ブレーメンやドルトムントの下部組織で育ったオスターヘッジは、リザーブチームにあたるドルトムントⅡでのプレーを経て、2021年夏にボーフムに加入。加入初年度は出場機会に恵まれなかったが、昨季から徐々に出場機会を増やすと、在籍3年目の今季はセントラルMFのレギュラーとしてここまで公式戦21試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 2024.04.15 23:01 Mon

【ブンデスリーガ日本人選手】伊藤vs長谷部の日本人対決は伊藤のシュツットガルトに軍配! フライブルク堂安は今季7点目をマーク

ブンデスリーガ第29節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガには、日本代表で活躍するボルシアMGのDF板倉滉、シュツットガルトのDF伊藤洋輝、フライブルクのMF堂安律、ボーフムFW浅野拓磨に加え、フランクフルトでクラブ史上最年長出場記録を保持するDF長谷部誠が在籍している。 今シーズンも多くの選手が活躍する中、第29節では板倉、長谷部、堂安、伊藤、浅野が先発出場している。 伊藤が先発したシュツットガルトと長谷部が先発したフランクフルトによる日本人対決は、11分にスコアが動く。伊藤のボール奪取を起点に、スティラーの浮き球パスでディフェンスライン裏を取ったギラシーがネットを揺らした。 先制したシュツットガルトは17分にも、ウンダブが敵陣でボールを奪って独走。そのままシュートを決めきって追加点を挙げると、37分にはウンダブのスルーパスを受けたルウェリングがボックス内へ侵入し、シュートを決めきった。 結局、試合はそのまま3-0でシュツットガルトが快勝。2位バイエルンと同勝ち点で3位をキープしている。 また、堂安が先発したフライブルクはアウェイでダルムシュタットと対戦。立ち上がりから一進一退の展開が続く中、フライブルクは36分、右サイドの堂安がパス&ムーブでゴール前に侵攻。ボックス内のグレゴリッチュのリターンパスをペナルティアーク右横からダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺した。 結局、堂安の今季7点目が決勝点となり、フライブルクが2試合ぶりの白星を飾った。 その他、板倉が先発したボルシアMGはホームでドルトムントと対戦し1-2で敗戦。浅野が83分までプレーしたボーフムはホームでハイデンハイムと対戦し1-1のドローに終わった。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽4/13 ボルシアMG 1-2 ドルトムント ◆フル出場 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽4/13 シュツットガルト 3-0 フランクフルト ◆74分までプレー ★堂安律[フライブルク] ▽4/14 ダルムシュタット 0-1 フライブルク ◆92分までプレー ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽4/13 シュツットガルト 3-0 フランクフルト ◆フル出場 ★原口元気[シュツットガルト] ▽4/13 シュツットガルト 3-0 フランクフルト ◆ベンチ入りも出場せず ★浅野拓磨[ボーフム] ▽4/13 ボーフム 1-1 ハイデンハイム ◆83分までプレー 2024.04.15 07:30 Mon

レッシュ監督解任の浅野ボーフム、ブッチャー氏を暫定指揮官に任命

FW浅野拓磨が所属するボーフムは9日、ハイコ・ブッチャー氏(43)を暫定指揮官に任命したことを発表した。契約期間は今季終了までとなっている。 ボーフムは直近6試合未勝利で残留争いに巻き込まれ、自動降格圏の17位ケルンとは4ポイント差に迫られたことを受け、前日にトーマス・レッシュ監督(55)を解任していた。 ボーフムのU-19チームを率いていたブッチャー氏は2018年2月、2022年9月と過去に2度、ボーフムの暫定指揮官に就任。2試合を指揮していた。 2024.04.10 00:15 Wed

ケルンに痛手…チーム得点王のFWゼルケが左足首の手術で今季絶望に

ケルンは8日、ドイツ人FWダビー・ゼルケが左足首の手術で今季絶望となったことを発表した。 ゼルケは6日に行われたブンデスリーガ第28節ボーフム戦に先発出場したが、66分に中盤でこぼれ球を追おうとした場面でスプリントした際に左足を負傷。プレー続行不可能となり、MFデニス・フセインバシッチとの交代を余儀なくされた。 クラブの発表によれば、8日にMRI検査を受けたゼルケは左足首の骨折と診断されたとのこと。なお、メディカルチームはすでに負傷箇所を完治させるために手術の実施を決断しており、これにより今季中の復帰は絶望となった。 今季チーム最多の6ゴールをマークするゼルケの長期離脱は、残留争いの渦中にあるチームにとっては大きな痛手となる。 2024.04.09 00:35 Tue

直近6戦未勝利のボーフムがレッシュ監督の解任を発表

浅野拓磨の所属するボーフムは8日、トーマス・レッシュ監督(55)を解任したことを発表した。また、アシスタントコーチのヤン・フィーサー氏(37)も併せて解任されている。 2022年9月に解任されたトーマス・レイス前監督の後任として当時最下位だったボーフムの指揮官に就任したレッシュ監督。就任後はリーグ戦10試合で6勝と好スタートを切ると、終盤に失速したが最終節で劇的な残留(14位)に導く見事な手腕を発揮していた。 しかし、今季リーグは開幕から9戦未勝利が続くと、ここまで5勝11分け12敗の15位に位置。自動降格圏とは4ポイント差となっているが、直近6試合未勝利の状況が続いていた。 シーズン半ばでの解任となったレッシュ監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「昨シーズン、わずか勝ち点1で最下位に沈んでいたVfLボーフムの監督に就任したが、センセーショナルなパフォーマンスのおかげで残留することができた。私はこのことを決して忘れないだろう。そして、この特別な経験が、私とVfL、この街、そして素晴らしいファンを常に結びつけているのだ。現在と同じように、VfLボーフムが降格せずにシーズンを終え、来シーズンもブンデスリーガでプレーし続けることを祈っている」 2024.04.08 23:15 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly