東京Vの城福浩監督、難敵・千葉撃破に「またひとつ選手の成長に…」、今季2敗清水との昇格PO決勝へ「1年間やってきたサッカーでチャレンジ」

2023.11.26 23:05 Sun
昇格PO決勝進出に導いた東京Vの城福浩監督
©超ワールドサッカー
昇格PO決勝進出に導いた東京Vの城福浩監督
東京ヴェルディを率いる城福浩監督が、2023J1昇格プレーオフ準決勝のジェフユナイテッド千葉戦を振り返った。

今シーズンの明治安田生命J2リーグを2位のジュビロ磐田と同じ勝ち点75で終えたものの、得失点差で涙を呑んで3位フィニッシュとなった東京V。これにより、2018シーズン以来の参戦となるプレーオフで、16年ぶりのJ1昇格という悲願達成を目指す。
26日に味の素スタジアムで行われた準決勝では6位の千葉を迎え撃ち、前半にMF中原輝、MF森田晃樹が挙げた2ゴールを守り切って2-1の勝利を収めた。そして、決勝進出を決めたチームは12月2日に国立競技場で行われる決勝で、モンテディオ山形を破った清水エスパルスと対戦する。

同試合後、公式会見に出席した城福監督は、前半半ば過ぎまで守勢を強いられたタフな一戦を総括。自身にとっても初の采配となったプレーオフでの難しさを実感しながらも、レギュラーシーズン終盤の痺れる戦いに続き、成長途上のチームが手にした新たな経験値が今後の戦いにプラスになると大きな手ごたえを強調した。

「もちろん試合の入りというべきか、もっと広い25分ぐらいまでは千葉さんの圧力に押された時間を我々は想定していましたが、やはり判断のところがまだまだこのチームは学ぶべき点が多い若いチームなので、相手の力を利用したサッカーがまだできない。そこの反省点はありつつも、マテウスのビッグセーブもありましたが、そこをしっかりと凌いで自分たちのペースになったときに2点取れたことは、我々にとってすごくアドバンテージになったと思います」
「昨日の(清水と山形の)試合も我々は観ていましたが、アドバンテージがあるとされるチームの戦う難しさを感じながらやっていて、実際にやってみてもこういうプレーオフを勝ち抜くのが簡単ではないということを選手たちが経験できて、非常に力のある千葉の壁を乗り越えられたことは、我々にとって大きなことだったと思います」

「今日は多くのサポーターに来ていただいて選手には言いましたが、この春から我々側から見たスタジアムの風景が一変してきている。我々が望んだような舞台でやれている。このなかで自分たちが積み上げてきたものを見せるという部分で、今日は満点というわけにはいかなかったですが、この舞台を自分たちで作れたこと。そのなかでしっかりと次に勝ち進めたことは選手にとってもチームにとっても非常にポジティブです。またひとつ選手の成長につながる試合であればと思います」

試合展開に関しては突破へ勝利必須の千葉のハイプレスに対して、圧力を受ける場面が多かった前半の戦い方について「相手の力を利用する」という、よりしたたかな戦い方を課題に挙げている。

「このチームはつなぐチームで、つなぐことが正しいという言い方がいいのか、善であるというか、言い方を恐れずに言えば、“蹴る”ことが悪であるという感覚から、僕は1年半前にスタートしました。“蹴る”のではなく相手の力を利用するというところの判断は、それは技術ではなく判断なので、そこはこういう大きなゲームのなかで相手の力を利用しながら自分たちがやりたいつなぐサッカーに持ち込むというところでは、まだ学んでいる途中だと思います」

「そこでこの舞台に来られたことは彼らの頑張りによるものですが、僕はその部分を謙虚に受け止めています。もちろん千葉さんの圧力はおそらくJ2でトップクラスのチームだと思いますが、それに対してどういうようなサッカーで入るかというところで今日は本当によい学びになったと思います」

「その圧力を利用したシーンが実はあって、それがひょっとしたら丁寧につなぐような形のフィードではなかったですが、そこから押し込んでコーナーを取りました。そのコーナーで点を取ったり、ビッグチャンスになったわけではなかったですが、それ以降に相手陣でサッカーができるようになった印象があります。それはそのプレーがきっかけという言い方もそうですが、時間とともにあれぐらいのハイプレスが続くものではないので、多少我々がつなぎたいというところが可能になったと考えています」

その一方で、上位チームでは異例といえる2桁得点者なしでレギュラーシーズンを終えたなか、この試合でも見せた複数の選手が有機的に絡む形で奪ったゴールの形に、これまでのチームの確かな積み上げを感じている。

「自分たちはレギュラーシーズンを終えたときに最高得点者が6点でした。おそらく他のチームからすれば、誰かにボールを預けたら点を取ってくれるとか、絶対的なストライカーがいるわけではなく、フィールドの全員が点を取っている。よく言えば、全員で点を取る。悪く言えば、絶対的なストライカーがいるわけではないなかで自分たちが大事にしているのは、ボールを運んだなかでゴール前に人数をかけること」

「1点目も斜めのくさびに対して3人ぐらいが絡んだと思います。うまく全部パスがつながったかは別としても、フリックしてコンビネーションを試みたところにこぼれたところに人がいるので、最後は中原輝のところにボールがこぼれたというか、最後はパスだったと思いますが、うまく転がっていった」

「2点目も齋藤功佑のクロスに3人飛び込んだと思います。その一人が森田晃樹でした。我々はボールを丁寧に運んだ後にペナの中に人数をかける。それが今シーズンの我々のチームが点を取るうえで一番違いを生める方法だと思っていたので、この2点目はいずれも人数をかけられていたという部分で我々らしかったと思います」

また、今シーズンのリーグ戦ではアウェイで1-2、ホームで0-1といずれも敗れている清水との決勝に向けては、順位上は自分たちが上位であるものの、「彼らにチャレンジしたい」とあくまで挑戦者として臨む構えだ。

「レギュラーシーズンは我々が2敗しています。もちろん内容的にもアウェイのときは完敗でしたし、ホームのときは自分たちがボールを握っていたとはいえ、同じチームにダブルを食らっているので、同じチームに3連敗するわけにはいかない」

「エスパルスは世の中の人が見たときにこのメンバーでJ2にいてはいけないと感じるクラブでそういうメンバーを揃えています。だからこそ我々はチャレンジしがいがありますし、我々が1年間やってきたサッカーで彼らにチャレンジしたい」
関連ニュース

東京V、U-17日本代表FW川村楽人の2025年トップ昇格内定&今季の2種登録を発表!「身体を張って戦います」

東京ヴェルディは29日、ユースに所属するFW川村楽人(17)の2025シーズントップチーム昇格内定、及び2024シーズンのトップチーム登録(2種)を発表した。 東京都出身の川村は、ジュニアユース時代から東京Vの下部組織に所属。2023年にはU-17日本代表に選出されており、6月のU17アジアカップや9月のフランス遠征、11月のU-17ワールドカップ(W杯)のメンバー入りを果たしていた。 昇格内定と今シーズンの2種登録が発表された川村は、クラブを通じて意気込みを述べている。 「2025シーズンからトップチームに昇格することになりました、川村楽人です。チームのために身体を張って戦います。熱い応援よろしくお願いいたします」 2024.02.29 15:50 Thu

「これは涙出た」「逆マイヤー」31年と同じ展開に…横浜FMの松原健が後半ATに決めた劇的ゴールが話題! 善戦の東京Vにも称賛「半端ない」「素晴らしい試合」

31年ぶりの伝統の一戦は劇的な幕切れに終わった。 25日、明治安田J1リーグ第1節の東京ヴェルディvs横浜F・マリノスが国立競技場で行われた。 1993年5月15日、かつての国立競技場でスタートしたJリーグ。そのオープニングゲームはヴェルディ川崎vs横浜マリノス。今は名前も変わったが、この両クラブが31年ぶりに国立競技場で開幕戦を迎えた。 東京Vは長らく低迷が続き、J2暮らしが定着してしまったが、16年ぶりにJ1に復帰。対する横浜FMはオリジナル10として鹿島アントラーズと共に降格したことがない2つのクラブの1つ。近年はリーグ制覇も達成するなど、Jリーグ屈指の競合クラブとなった。 日本サッカーを代表する名門クラブ同士だったが、31年の時を経て立場は大きく変わることに。それでも、久々の対戦となることで、大きな注目を集めた。 5万3026人が駆けつけた国立競技場。雨が降り頻る中の開幕ゲームは、早々にゴール付近でFKを獲得すると、東京Vの山田 楓喜が見事に左足で決めて先制する。 16年ぶりのJ1ゴールが東京Vに生まれた中、前半は東京Vが主導権を握って進めていく。後半に入っても横浜FMに押し込まれながらも粘り強く守っていたが、89分にPKを与えてしまいアンデルソン・ロペスに決められて同点に。そのままアディショナルタイムに入った。 すると93分、横浜FMが底力を見せつける。右サイドをヤン・マテウスが仕掛けると、マイナスのボールをボックス内右で受けた松原健が左足一閃。カーブを描いたボールはゴール左に突き刺さり、見事に逆転を果たした。 粘り強さを見せていた東京Vだったが、最後に力で押し退けたのが横浜FM。31年前もマイヤーのゴールでV川崎が先制したが、横浜Mが逆転勝利を収めていたが、全く同じ構図となる奇跡が起こった。 素晴らしいゴールにファンは「スーパーゴールだ」、「これは気持ち良い!」、「これはたまらない」、「逆マイヤー」、「31年前と同じ結末がすごい」、「半端ねぇ」、「歴史は繰り返される」、「これは涙出た」と松原のゴールに称賛のコメントが相次いだ。 また、16年ぶりのJ1を戦った東京Vにも「素晴らしい試合だった」、「やっぱりこの両クラブがライバルって感じする」、「めっちゃ良いチーム」、「ワクワクさせてもらった」、「Jリーグの魅力詰まってたな」、「本当に良い試合をありがとう」とコメントが集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】熱戦の決着は松原健の強烈スーパーゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="G7AJ3kHQkwY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.25 22:22 Sun

16年ぶりJ1で逆転負け発進の東京V、城福浩監督が敗因を追及 「一番は自分の采配」

東京ヴェルディの城福浩監督が悔しい敗戦を振り返った。 昨シーズンのJ2リーグを3位で終えると、昇格プレーオフを制し、16年ぶりにJ1の舞台へ戻ってきた東京V。国立競技場で迎えた開幕節では31年前のJリーグ開幕時の再現となる横浜F・マリノスとの対戦カードが実現した。 東京Vは7分、山田楓喜の鮮やかな直接FKが決まって幸先良く先制。その後も度々チャンスを作ったが、後半に入ってからは横浜FMに押され気味の展開となり、89分にはPKから同点ゴールを許してしまう。 後半アディショナルタイムには、松原健にスーパーゴールを決められ、1-2の逆転負け。惜しくも勝ち点を逃し、黒星スタートとなった。 城福監督は試合後、「勝たせられなかったのは私の責任だなというふうに思います」とコメント。敗因を詳しく分析している。 「今持てる力を選手は出してくれたと思うので、ゲームの内容からしてもシュートの本数からしても、オンターゲットからしても、今日勝たせられなかった一番の原因は自分の采配。二つ目は決定力です。やはり2点目を決められなければ、こういう痛い目にあうということを、我々は今日の試合で学ばなければいけない」 「あとは失点のところは、VARという単語があるので、私は言いませんけれども、自分たちから見たら非常に難しい、厳しいジャッジだったなと。いくつかの場面で開始直後を含めてですね。そこは正直にそういうふうに思います」 また、強敵・横浜FM相手に健闘したことについては、昨シーズンからの積み重ねによるところが大きいと主張。結果が伴わなかったことへの不安も口にした。 「もちろん、多少のマリノス対策はしましたけれども、我々が何か特別な布陣を引いたかというとそうではなくて、昨年やってきたことをブラッシュアップするというチーム作りの中で選手がそこに向かって良い準備をしてくれたので、ここまでやってきたことをしっかり出してくれたなというふうに思います」 「だからこそ、ある程度出せた手応えがあって勝ち点が『0』だというのは、やはりJ1の厳しさかなと痛感していますし、内容が悪くなくて勝ち点が取れないというのが続くと、自信の喪失にも繋がってきます」 「私はそういう経験もしていますし、内容が悪くなかったという一つの言葉でまとめたくないです。必ず逆転されたことに原因があるので、我々が足りなかったものがあると、そこをしっかり突き詰める1週間にしたいなと思います」 一方、こういった痛い敗戦がチームの成長に繋がるとも考えているようで、悔しさをバネにしながら1節ごとに前進していくと誓った。 「ちょっと繰り返しになるかもしれないですけれども、このチームは非常に若いチームなので、成長というのがキーワードになります。今日の試合で何を学ぶかだと思います。今日見せたサッカーを第2節にはさらにブラッシュアップしていく。第3節にはもっと強いチームになっていくと、これが大事だと思うので、今日見せたものをしっかりと継続しながら、課題を克服していくというところを見せるリーグになるのかなと」 「そのキックオフだった今日の試合で我々はよくやったと言われるために試合をやっているわけではないので、勝ち点『3』を取るためにやっているので、応援に来てくれたお客さんに対して、サポーターに対して、本当に申し訳なかったなというふうに思います」 「我々も悔しいですけれども、おそらく、ヴェルディのサポーターもよくやったというのを見に来ているわけではないと思うので、この悔しさは共有して次にぶつけたいと。その一試合一試合の積み重ねの38試合が結果になると思うので、特別今日の試合の記念がどうではなく、我々の成長を見せるそれを強く思う一試合でした」 最後に、今回の敗戦の責任は自身にあると改めて述べ、同じミスを繰り返さないよう改善していくと語った。 「監督業は勝ったら選手のおかげで、負けたら監督のせいなんですよ。それ以上でもそれ以下でもないです。ポイントは選手と共有したいと思います。ただ、2失点したという事実は、レフェリーのジャッジがどうとか関係なくあるので、自分たちが2点目を取れなかったのはなぜなのか、2失点したのはなぜなのかを突き詰めなければいけないというふうに思います」 2024.02.25 19:57 Sun

横浜FMが逆転白星発進! J1初陣飾ったキューウェル新監督「最後まで諦めない姿勢に感銘」

横浜F・マリノスが今季の船出を逆転白星で飾った。 今季のJ1で覇権奪回を期す横浜FMは25日に国立競技場で16年ぶり昇格の東京ヴェルディと対戦。31年前のJリーグ開幕戦再現カードとあって注目度が高く、5万3000人以上の観客がスタジアムに詰めかけたなか、7分に先制を許したが、89分からの逆転劇で2-1と勝利した。 J1初陣を白星で飾ったハリー・キューウェル新監督はこの一戦をこう振り返った。 「何から喋ろうかなと思うが、国内でも注目されたこのナショナル・ダービーという開幕のカードで、昇格してきたチームが相手。簡単な試合にならないとは思ったし、実際にやってみてそうだった」 「コンディションという部分から、自分たちのサッカーを見せるのが少なかったし、ベストな状態じゃなかった」と言うとおり、敵地で120分の激闘だったACLから中3日のチームにとって厳しい一戦だったが、選手を労った。 「最後の最後まで諦めない姿勢に関しては素晴らしい精神をもってやれたなと思っている。正直、内容に関しては思い描いたようなものではなかったが、彼らの姿勢、そしてブレず、最後まで諦めないというところは感銘を受けた。それがしっかりと結果に結びついてくれたと思う」 この試合では劇的勝利に至る過程で、キューウェル監督の交代カードやシステム変更を含め、柔軟な采配が印象的に。その点についても語った。 「前半は見てのとおり、自分たちで状況を難しくしてしまった。練習でやってないことをやってもうまくいかない。そういうときに大きな変化というか、ほんの少し変化をもたらそうとしたが、そこまで変わらなかったのが前半だった」 「後半に入り、交代した選手が違いを見せてくれた。交代して入ってくる選手にもチームの底上げというところを求めている。ヤン・マテウスや、宮市(亮)が入ったところでパワーだったり、前姿勢が強まり、前半よりもチャンスを作れた」 「そのなかで、諦めない姿勢をもってして相手がどうこようが自分たちのやろうとすることをやることで結果がついてきて、勝利に繋がったと思う」 そんな元オーストラリア代表のレジェンドはヒーローの松原健にも言葉を求められると、「1人の選手のことをずらずら並べて長く話すつもりはない」と前置きし、チーム全体での勝利を強調した。 「練習でなかで伝えているのは『シンプルに前方向を目指す』ということ。それを常日頃、言っている。前半はそのシンプルさが抜けたが、後半はシンプルさを出して良い形で前方向に持っていけた」 「松原もよくやってくれたし、彼の強さを出してくれた。シンプルさや前方向に行く回数が増えることで、危険なエリアにボールを運び、そこに松原もいてくれたと思う。4、5点を取るのは簡単ではない」 「それをする前に自分たちの求めるサッカーをした上で初めて点が取れたり、前に向かっていける。そういうところを頭に入れながら、選手たちの一人ひとりが意識的にやっていく必要がある」 「今日の結果に関しても最後の最後まで諦めない姿勢、それを見せたことで何かが起きた。そういう試合だったと思う。選手たちが最後まで諦めず、戦う姿勢を見せてくれたなと思っている」 2024.02.25 19:30 Sun

「興奮しすぎてあんまり覚えていないんですけど…」 横浜FM松原健が黄金カードで劇的決勝ゴール! 「入ってラッキーでした」

31年前のJリーグ開幕戦再現カードは劇的幕切れとなった。 25日の明治安田J1リーグ開幕節で激突した東京ヴェルディと横浜F・マリノス。舞台も31年前と同じ国立競技場に設定されての黄金カードでリードしたのは16年ぶりにJ1復帰の東京Vだったが、89分に追いついた横浜FMが後半アディショナルタイムに勝ち越し、2-1で勝利した。 奇しくも当時と同じく逆転の2-1というスコアで横浜FMを白星スタートに導いたのは右サイドバックでフル出場の松原健。90+3分にボックス左から左足ダイレクトで放ったシュートをゴール左隅に突き刺した。 そんなヒーローは試合後のフラッシュインタビューで「ちょっと興奮しすぎてあんまり覚えていないんですけど…」と興奮冷めやらぬ様子で振り返った。 「前半にああいう入りをしてしまって、自分たちがなかなかペースを握れないなかで、後半になんとかして自分たちのペースに持ち込もうという話をした」 「そのなかで、まず同点に追いつけたのが良かったし、最後は前向きな形が出てきていたので、あそこで『パスして終わるより打って終わろう』と思った。入ってラッキーでした」 また、劇的ゴールに繋がったシュートシーンも「自分の感覚としてはあのコースしかないと思った。なるべく蒸さないように打ったつもり。それがいい回転がかかって、入って良かった」と解説した。 5万人以上の観客が集った国立の雰囲気にも「本当に最高だったし、31年前の開幕戦の状況が戻ってきたのが嬉しい」と述べ、「なんとか勝たないといけない開幕戦だったので、本当に勝てて良かった」とハリー・キューウェル新体制のJ1初戦白星に安堵した。 <span class="paragraph-title">【動画】松原健が横浜FMを白星発進に導く決勝弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">なんという劇的な試合。<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%BE%E5%8E%9F%E5%81%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#松原健</a> のゴラッソで横浜F・マリノスが逆転<br><br> ゴール動画 <br> 明治安田J1リーグ 第1節<br> 東京Vvs横浜FM<br> 1-2<br> 90+3分<br> 松原 健(横浜FM)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/cH5fMK8U8t">pic.twitter.com/cH5fMK8U8t</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1761649888264384591?ref_src=twsrc%5Etfw">February 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.25 17:40 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly