プレータイム増加中のリース・ジェームズに完全復活の兆し 「こんなに良い感じなのは久しぶり」

2023.11.19 22:26 Sun
状態の良さを明かしたリース・ジェームズ
Getty Images
状態の良さを明かしたリース・ジェームズ
チェルシーのイングランド代表DFリース・ジェームズが調子を上げているようだ。クラブ公式サイトが伝えた。
PR
今シーズンからチェルシーのキャプテンを務めているジェームズ。しかし、リバプールとのプレミアリーグ開幕戦に出場した後はハムストリングの負傷により2カ月ほど離脱し、10月下旬に復帰してからもフル出場はまだできていない。
それでも徐々にプレータイムを伸ばしているジェームズは、現在のコンディションについてコメント。かなり上がってきていることを明かした。

「こんなに良い感じなのは久しぶりだ」

「自分の体力とフィットネスが戻ってきているのを確かに感じている。最近はコンスタントにプレーできるようになった」
「まだ90分はプレーできていないけど、ベストの状態に戻るためにトレーニングとプレーをハードにこなしているし、毎日限界に挑戦している」

また、これまで何度もケガに悩まされてきたジェームズは、焦りが禁物なこともよく理解しているようだ。

「またチームを助けることができるのも嬉しい。3カ月近く離脱すると、体を作り直し、再び自分のフォームを見つけるのに時間がかかる。復帰したらすぐに離脱した時のレベルに戻れるはずだと考える人もいるけど、そうはいかない」

「ゆっくりと着実に進むしかない。それが僕のやってきたことだ。ゆっくりと前進している」

PR
関連ニュース

遠藤純以外にも…各国代表クラス含め10日で6人が前十字じん帯断裂、直近18カ月間では約200人以上とも

片手では数えきれないほどの選手が、この数週間でヒザの前十字じん帯(ACL)断裂で離脱を余儀なくされた。 14日、なでしこジャパンのメンバーに招集されていたFW遠藤純(エンジェル・シティFC)が、ヒザの前十字靭帯損傷で離脱することが発表された。パリ・オリンピックアジア最終予選に臨むなでしこにとっては痛手となった。 トップの選手では遠藤以外にも、13日にパラグアイ女子代表のカメリア・アリエッタ(クルゼイロ)、17日には元U-20女子代表MFリナ・ハウシッケ(ブレーメン)、19日にはスイスのマラウリー・グランジェス(ヤング・ボーイズ)と、相次いで選手の大ケガが発表されることに。 代表活動中の選手らも、20日にはCONCACAF 女子ゴールドカップ中のアメリカ女子代表ミア・フィシェル(チェルシー)、22日にはアイルランド女子代表ジェイミー・フィン(バーミンガム・シティ)と、負の連鎖が続いている。 先月までさかのぼれば、オーストラリア女子代表サマンサ・カー(チェルシー)に、オランダ女子代表ジル・ルード(マンチェスター・シティ)、日本でも猶本光、安藤梢(ともに三菱重工浦和レッズレディース)が負傷。イギリス『ガーディアン』では、「直近18カ月間で195人以上の女子エリート選手が前十字じん帯損傷で戦列を離れた」と述べている。 統計上、これが多いのか少ないのかとは触れていないが、肌感覚としては「圧倒的に多い」と感じるのではないだろうか。 アメリカ『ロサンゼルス・タイムス』では「ACL断裂経験のないエリート選手は、切ったことのある選手よりも少ないだろう」と述べ、同国選手の離脱を踏まえて「フィシェルの負傷は女子サッカーにおける最近の不穏な傾向そのもの」との見出しを付けている。 イギリス『BBC』では以前、男女の身体的特徴の違いやホルモンの差、発展に伴った急激な負荷量増加といった原因の可能性を考察していたが、内的・外的要因は多岐に渡り、これという要因を1つ挙げるのは難しい。 その中で、ACL損傷によりオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)の欠場を余儀なくされたイングランド女子代表FWベス・ミード(アーセナル)は、復帰までのドキュメンタリーを公開。同時に、国際サッカー連盟(FIFA)などとも協力し、ケガのデータ収集や研究支援にも努めている。 「阻止する方法についての決定的な答えはなく、それがもどかしい部分」とミードは語るが、少なくとも選手の福祉のために「FIFAやUEFAがスケジュールに関して、もう少し現実的になる必要がある」と、日程面や試合数については話し合いを続けていくとしている。 サッカーが接触のある競技という特性上、ケガのリスクを完全になくすことはできないだろう。それでも、早期の原因解明が望まれるほか、回復のためのスケジューリングなど、可能な部分で選手を守る手段が構築されることを願うしかない。 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルのミードとミーデマ、ACL損傷から復帰までのドキュメンタリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="vxHrH2nCqR8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.23 22:10 Fri

タイトルの味を知るスターリング、EFL杯制覇をチェルシー躍進の契機に「1つトロフィーを勝ち取ればもっと欲しくなる」

チェルシーのイングランド代表FWラヒーム・スターリングがEFLカップ(カラバオカップ)決勝への意気込みを語った。イギリス『サン』が伝えた。 1月に行われたEFLカップ準決勝ではミドルズブラを2戦合計スコア6-2で下し、逆転でのファイナル進出を決めたチェルシー。ウェンブリー・スタジアムで行われる25日の決勝では、リバプールとのタイトル争いに臨む。 2022年夏にマンチェスター・シティからチェルシーへとやってきたスターリングは、シティ時代にEFLカップを5度制覇。慣れ親しんだ大会で移籍後初のタイトルを目指すこのアタッカーは、若い選手の多いチームがトロフィーを手にする意味を述べている。 「1度その味を味わうとまた味わいたくなるものだ。この試合もそういったものになる。今週のリバプール戦は素晴らしいテストだ。ここ数年における最も支配的なチームの1つに対する良い挑戦となる」 「再びあのトロフィーを手にすることは大きな意味を持つ。それに、初めてのトロフィー獲得は間違いなくグループ内の信頼を深めると思う。1つトロフィーを勝ち取れば、その匂いや感覚が得られ、もっと欲しくなるんだ」 また、スターリングはウェンブリー・スタジアムで戦うことについて「いつもとはまた違った感覚になる。ピッチに立つのが待ちきれない」とコメント。一方、リバプール相手には1月末のプレミアリーグ第22節で1-4の敗戦を喫しているが、チームはそこから力を増していると自信を覗かせた。 「今シーズンはトップ4のいくつかのチーム相手に自分たちの力を見せてきた。アウェーのリバプール戦は明らかに残念な試合だったが、トッテナム戦、アーセナル戦、シティ戦では自分たちの力を証明できたし、このまま積み重ねていかなければならない」 「リバプール戦の敗北は間違いなく痛手だった。今度はもっと良い試合にしたい。僕らはますます強くなっているし、最も重要なのはトロフィーを目指して争うことだ。今週はそれを実現する素晴らしい機会があるし、楽しみにしている」 2024.02.23 19:09 Fri

長期離脱の守護神サンチェスが売却候補に… チェルシーがオファー受け入れ体勢

チェルシーはスペイン代表GKロベルト・サンチェス(26)の売却を検討しているようだ。イギリス『フットボール・インサイダー』が報じた。 昨夏はスペイン代表GKケパ・アリサバラガとセネガル代表GKエドゥアール・メンディがチームを離れたチェルシー。一方、ブライトン&ホーヴ・アルビオンからサンチェス、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューイングランド・レボリューションからセルビア代表GKジョルジェ・ペトロビッチを獲得した。 サンチェスは新天地でプレミアリーグ開幕節からゴールを守ったが、2023年12月の第16節エバートン戦で負傷交代し、そこから長期離脱。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、17日に行われた第25節マンチェスター・シティ戦を前に「ロベルトも出場可能だ」と復帰を示唆していたが、結局ベンチ入りはならなかった。 この間、同じく新加入のペトロビッチが奮闘しているが、チェルシーは新たな正守護神を確保すべく動いているとのこと。押し出されるのはサンチェスのようで、オファーに耳を傾ける構えのようだ。 なお、チェルシーはブライトンから推定2500万ポンド(約47億7000万円)でサンチェスを獲得。2030年6月までの長期契約を結んでいる。 2024.02.23 17:49 Fri

PSGがコルウィルに興味示す…チェルシーは“非売品”とみなすも財政状況次第で…

パリ・サンジェルマン(PSG)がチェルシーのイングランド代表DFレヴィ・コルウィル(20)に興味を示しているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。 センターバックの選手層に問題を抱えるPSGは、レアル・マドリーとの競合が伝えられるU-21フランス代表DFレニー・ヨロをトップターゲットに定める。 その一方で、フランス代表DFプレスネル・キンペンベの長期離脱が続いており、その穴を埋めるため左利きのセンターバック獲得にも関心を示す。 報道によると、PSGのリクルート部門を取り仕切るルイス・カンポス氏は以前からコルウィルを高く評価しており、獲得に強い関心を示しているようだ。 チェルシーアカデミー出身でブライトンでの武者修行によって完全にブレイクを果たしたコルウィルは、昨年8月に1年の延長オプションを含む2029年までの新契約にサイン。クラブとしては将来のキャプテン候補とみなしている。 その一方で、ロマン・アブラモビッチ前体制、トッド・ベーリー新体制移行後も移籍市場に巨額の資金を投下するクラブは、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)、プレミアリーグの利益と持続可能性の規定の問題を抱えている。 そのため、帳簿上において“純粋な利益”に計上できるアカデミー育ちの生え抜き選手の売却に聖域はなく、来る夏の移籍市場でもMFコナー・ギャラガー、FWアルマンド・ブロヤ、DFトレヴォ・チャロバーらの売却の必要性が報じられる。 そういったなか、PSGは以前に関心が報じられたリバプールと共にチェルシー、コルウィルの状況を監視し続けるようだ。 2024.02.23 06:30 Fri

リバプールがグエイ獲得レースに参戦へ

リバプールが、クリスタル・パレスのイングランド代表DFマーク・グエイ(23)の争奪戦に参戦する構えだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 ユルゲン・クロップ監督の今シーズン限りでの退任によって今夏の大幅なスカッド刷新も見込まれるリバプール。センターバックに関しては近年負傷が目立つベテランDFジョエル・マティプの退団が濃厚で、少なくとも1人か2人は新戦力を獲得する可能性が高い。 そういったなか、以前から獲得候補の一人として名前が挙がるグエイ獲得に動く構えだ。 チェルシーのアカデミー出身で2021年のパレス加入以降は高い身体能力と安定した技術を武器に、国内屈指の若手センターバックの評価を確立。イングランド代表でも徐々にプレー機会を増やしている。 その逸材はイーグルスと2026年まで契約を残しているものの、新たな契約を結ぶ意思はなく、クラブは今夏のタイミングでの売却を考慮している模様だ。 ただ、同選手に対してはブラジル代表DFチアゴ・シウバの後釜を探す古巣チェルシーに加え、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示している。 とりわけ、ユナイテッドの新スポーツディレクターに就任することが確実なダン・アシュワース氏は、ニューカッスルでも同選手の獲得に動くなどその才能を高く評価しており、リバプールにとっては強力な対抗馬となりそうだ。 2024.02.21 23:01 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly