エンポリ戦で負傷のアルナウトビッチ、左ハムストリングのケガで2カ月程度の離脱か

2023.09.25 23:15 Mon
Getty Images
インテルは25日、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチが離脱したことを発表した。
PR
今夏13年ぶりにインテル復帰を果たしたアルナウトビッチは、ここまで全試合に出場しており、24日に行われたセリエA第5節のエンポリ戦にも72分から出場。しかし、試合終盤の90分にスプリントした際に左足を負傷。プレー続行が不可能となり、そのままピッチを後にしていた。
そして、その検査結果が報告され、左ハムストリングに中程度のダメージがあることが確認された。

なお、クラブは詳細な離脱期間について触れておらず、数週間後に再検査を実施するとだけ発表。『フットボール・イタリア』によれば、この手のケガは回復までにかなり時間がかかり、オーストリア代表FWは2カ月程度の離脱になる可能性があると報じている。

PR
関連ニュース

ユベントスにイタリア人正守護神が再誕生も? モンツァと26歳GK巡って協議中

モンツァのイタリア人GKミケーレ・ディ・グレゴリオ(26)。いま、2024年夏に向けて注目度が高まっている選手だ。 ディ・グレゴリオはミラノ出身で、下部組織時代から過ごしたインテルでプロ契約を締結。しかし、レンタル移籍を繰り返してデビューにはとうとう至らなかった。 分岐点となったのは、2020-21シーズンに当時セリエBのモンツァへ貸し出されたこと。23歳だったディ・グレゴリオは即座に正守護神となり、現在に至るまでその座を譲らず。2022年夏から完全移籍に切り替わっている。 そんなディ・グレゴリオは、ユーロ2024を控えるイタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督から先日、名指しで「期待している選手の1人」とハッパをかけられるなど、初招集にも期待がかかる実力者。 クラブレベルでは、古巣インテルがGKヤン・ゾマー(35)の後継者として買い戻すのでは、と伝えられたり、ユベントスがGKヴォイチェフ・シュチェスニー(33)の後継者候補の1人に据える、などなど、2024夏の動向に向けて注目が集まる存在となっている。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ハッキリしているのは、モンツァがディ・グレゴリオの売却をビジネスとして前向きに捉えているということ、そして今冬を境にユベントスと他選手の話題を交えた協議に入っているということだ。 ユベントスについては、シュチェスニーが退団する兆候はなく、2024年夏の獲得なら来季1年間バックアッパーを任せ、2025-26シーズンから正守護神に据えるプランとみられている。シュチェスニーの契約は2025年夏までだ。 また、ディ・グレゴリオの代理人は報道陣を前にして「インテル復帰説」を排除済み。来季のユベントス移籍が無きにしも非ずの状況となっている。 セリエAの直近5試合でクリーンシートを4度達成しているディ・グレゴリオ。市場価値は1200万ユーロ(約19億5000万円)とされている。 なお、ユベントスはシュチェスニーの後継者候補を、ディ・グレゴリオかアタランタのU-21イタリア代表GKマルコ・カルネセッキ(23)に絞っているとみられている。 2024.02.27 15:55 Tue

レッチェ戦欠場のチャルハノール、さらに2〜3試合不在もCLアトレティコ戦は間に合う見通し

インテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノールがもうしばらく離脱する。 25日のレッチェ戦(4◯0)を欠場したチャルハノール。イタリア『カルチョメルカート』によると、26日午前に検査を行い、右太ももに軽度の筋損傷が確認されたという。 これは通常なら10日以内に治癒するものだが、ここから2〜3日おきに状態を再評価していくとされ、少なくとも28日のアタランタ戦、3月4日のジェノア戦も欠場するとみられている。 続く9日のボローニャ戦については「なんとも言えない」ようだが、13日に行われる大一番、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのアトレティコ・マドリー戦前には復帰できるとのことだ。 レッチェ戦では、代役起用されたアルバニア代表MFクリスティアン・アスラニが、ラウタロ・マルティネスの先制点・セリエA通算100ゴール目をアシスト。一定の存在感を示している。 2024.02.26 20:05 Mon

“タフネス集団”首位インテルの強さはデータ上でも鮮明、とりわけ光る敵地での圧倒的勝負強さ

インテルの強さはデータ・数字にもしっかり表れている。 シモーネ・インザーギ監督体制3年目のインテル。「昨シーズン中盤戦の国内連敗続きからチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦進出」を大きな経験値とし、これを経てタフネス集団と化したミラノの雄だ。 26日現在は、セリエAで2位ユベントスと勝ち点「9」差のダントツ首位、CLラウンド16もアトレティコ・マドリーに先勝でベスト8進出へ一歩前進…コッパ・イタリアこそ敗退も、1月のスーペル・コッパ優勝ですでにタイトルを1つ獲得済みだ。 その強さは、『OPTA』集計のセリエAにおけるデータにも表れている。 まず、インテルは昨季途中の2023年1月からセリエAにおけるアウェイゲームで「16」勝。これは欧州5大リーグ、イングランド・スペイン・イタリア・ドイツ・フランスの全クラブ中最多の数字だという。 また、25日に敵地でレッチェを撃破(4◯0)したことにより、史上初のアウェイ「20」試合連続ゴールを達成。今季公式戦全体でノーゴールに終わったのは、消化試合となったCLグループステージ第6節のレアル・ソシエダ戦だけ…凄まじい得点力だ。 そんなインテルをけん引するのが、絶対的な点取り屋にしてキャプテンを担う26歳、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス。レッチェ戦の2ゴールにより、今季23試合22ゴールとした得点ランキングトップのエースだ。 ラウタロについては、この段階でキャリアハイの22ゴールとなっただけでなく、過去65年間で5人目となる3年連続20ゴールを前節までに達成。もはや、名実ともにカルチョの象徴と言って差し支えない。 3季ぶりのスクデットへ視界良好であると同時に、14年ぶりのCL制覇も目指すインテル。”カルチョ復権”のためには、インテルが欧州で勝つ以外に道はない。3月以降のインザーギ・インテルにも期待したい。 ◆インテルの今季アウェイ成績(セリエA) ▷13試合11勝2分け0敗 ▷13試合33ゴール6失点 ▷13試合すべて最低1ゴール ◆3年連続20ゴール達成者(セリエA) ▷ガブリエル・バティストゥータ氏 ▷アントニオ・ディ・ナターレ氏 ▷エディンソン・カバーニ ▷クリスティアーノ・ロナウド ▷ラウタロ・マルティネス 2024.02.26 15:55 Mon

ラウタロがセリエA通算100ゴール達成、ターンオーバーのインテルがレッチェに4発快勝【セリエA】

インテルは25日、セリエA第26節でレッチェとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。 前節サレルニターナを一蹴して2位ユベントスとの勝ち点差を9に広げた首位インテル(勝ち点63/1試合未消化)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグではアトレティコ・マドリーをウノゼロ先勝とした。そのインテルはターンオーバーを敢行し、控え主体のスタメンで臨んだ。 13位レッチェ(勝ち点24)に対し、ラウタロとサンチェスの2トップで臨んだインテルはハイプレスを受ける入りとなった中、15分に最初のチャンスを生かして先制する。アスラニの縦パスを受けたラウタロがDFを跳ね除けてボックス内へ、シュートを決めきった。 ラウタロのセリエA通算100ゴール目で試合を動かしたインテルは22分に追加点の好機。サンチェスのパスを受けたボックス左のムヒタリアンが決定的なシュートを放ったが枠を捉えきれなかった。 前半半ば以降も前がかるレッチェ相手にインテルがいなして時間を消化。1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半開始1分過ぎ、ブランのダイビングヘッドでゴールに迫られたインテルだったが、わずかに枠の上に外れて助かると、49分にはボックス内のディマルコが強烈なボレーシュートで追加点に迫った。 そして53分、ボックス右ポケットを突いたサンチェスのクロスをフラッテージが合わせて追加点を挙げたインテルは、56分にフラッテージのクロスからラウタロが決めてセリエAキャリアハイの22ゴール目をマークした。 さらに67分、ディマルコの右CKからデ・フライのヘディングシュートが決まったインテルが、ラウタロやムヒタリアンをお役御免としていった。 終盤にかけては流し気味にプレーしたインテルが無失点で試合を終わらせ快勝。首位固めとしている。 2024.02.26 04:05 Mon

夏の移籍濃厚から一転、ダンフリースがインテルとの契約延長を希望か

インテルのオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(27)が、契約延長に前向きな姿勢を示しているようだ。 2021年夏に、PSVからインテル入りを果たしたダンフリース。右サイドで主軸に定着するとここまで公式戦通算119試合出場10ゴール19アシストの成績を残しており、今シーズンも公式戦23試合3ゴール5アシストを記録している。 一方で、ダンフリースとインテルの契約は2025年6月まで。選手が契約延長に消極的だったこともあり、フリーでの放出を絶対に避けたいクラブは、今夏の移籍市場でダンフリースを売却する計画を立てていると報じられていた。 しかし、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ここにきてダンフリースはインテルとの契約延長を希望しているとのこと。選手は現在セリエA首位を快走し、チャンピオンズリーグ(CL)でも安定して決勝トーナメント進出を果たすインテル以上の移籍先を見つけるのは難しいと判断したようだ。 すでに代理人との接触は行われており、クラブは400万ユーロ(約6億5000万円)+ボーナスを提案している模様。ダンフリースにはマンチェスター・ユナイテッドやアストン・ビラなどプレミアリーグからの関心が取り沙汰されていたが、現時点ではイタリアにとどまる可能性が高まってきている。 2024.02.24 10:50 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly