【ブンデス第5節プレビュー】浅野がバイエルンと、板倉がライプツィヒと対戦

2023.09.22 18:00 Fri
Getty Images
前節は開幕3連勝スタートのバイエルンとレバークーゼンが対戦し、2-2のドロー決着となった。早くも全勝チームがなくなった中、ライプツィヒ、シュツットガルトが3勝目を、ドルトムントが2勝目を挙げている。迎える第5節、FW浅野のボーフムがバイエルンと、DF板倉のボルシアMGがライプツィヒと対戦する。
PR
まずはバイエルンvsボーフムから。バイエルンは前節、相手GKフラデツキーの躍動、後半に盛り返されたことで2度のリードを生かせず、後半追加タイム被弾で2-2の引き分けに持ち込まれた。しかし、水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)初戦ではマンチェスター・ユナイテッド相手に4-3の勝利。終始、リードする展開で逃げ切った。グループ最大のライバルと予想されるユナイテッドを撃破した中、リーグ戦での白星を取り戻しにかかりたい。
一方、ボーフムは前節、フランクフルトにドロー。2トップの一角で先発した浅野は一つ決定的なシュートを浴びせる場面があったが、2戦連発とはならなかった。好調を持続している様子の中、DFキム・ミンジェとの日韓対決を制し、バイエルン相手に見せ場を作れるか。

続いてボルシアMGvsライプツィヒ。ボルシアMGは前節、ダルムシュタットに3-3のドロー。ダルムシュタットにとって厳しい退場判定があって数的有利となった中、3点差を追いついての引き分けとなった。4試合を終えて12失点と守備が崩壊しているが、リーグ屈指の攻撃力を誇るライプツィヒを前に、ディフェンスリーダーの板倉には早急な修正を期待したい。

対するライプツィヒは前節、アウグスブルクに3-0の快勝。そして火曜に行われたCLではヤング・ボーイズに3-1で競り勝った。公式戦4連勝と勢いが続く中、守備に難のあるボルシアMG粉砕となるか。
フライブルクに退場者が出たことで競り勝ったドルトムントは、ヴォルフスブルクと対戦。フライブルク戦も課題の残る試合だったドルトムントは火曜に行われたCLではパリ・サンジェルマン相手に守備的に戦って成す術なく敗戦。厳しい試合が続く中、リーグ戦連勝で切り替えたい。

そのドルトムントに敗れて連敗となったフライブルクは、フランクフルトと対戦。ドルトムント戦ではMFヘフラーの無駄な退場で敗戦する結果に。ただ、木曜に行われたヨーロッパリーグ初戦ではオリンピアコス相手に敵地で3-2と勝利。好スタートを切った中、堂安にはゴールに絡む働きを期待したい。

そして金曜にはDF伊藤のシュツットガルトが登場、ダルムシュタットと対戦する。前節マインツ戦でも攻守に質の高いプレーを見せた伊藤はチームを3連勝に導けるか。既に8ゴールを挙げ、得点ランクトップを走る絶好調FWギラシーの爆発にも引き続き期待だ。

◆ブンデスリーガ第5節
▽9/22(金)
《27:30》
シュツットガルトvsダルムシュタット

▽9/23(土)
《22:30》
アウグスブルクvsマインツ
ボルシアMGvsライプツィヒ
バイエルンvsボーフム
ウニオン・ベルリンvsホッフェンハイム
ドルトムントvsヴォルフスブルク
《25:30》
ブレーメンvsケルン

▽9/24(日)
《22:30》
レバークーゼンvsハイデンハイム
《24:30》
フランクフルトvsフライブルク

PR
関連ニュース

途中出場オペンダ弾など4分間で3発のライプツィヒが浅野先発ボーフムに逆転勝利、マドリー戦に弾み【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第24節、ボーフムvsライプツィヒが2日に行われ、1-4でライプツィヒが逆転勝利した。ボーフムのFW浅野拓磨は88分までプレーしている。 前節ボルシアMGに5失点大敗を喫した15位ボーフム(勝ち点25)は、浅野が[4-2-3-1]の右MFでスタメンとなった。 一方、前節バイエルンに惜敗した5位ライプツィヒ(勝ち点40)は、4日後にチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦を控える中、オペンダをベンチスタートとし、シェシュコとバウムガルトナーの2トップで臨んだ。 オープンな入りとなった中、まずは3分、ライプツィヒに決定機。ダニ・オルモのスルーパスを受けたシャビ・シモンズが独走。GKと一対一となったが、シュートはルーテに止められてしまう。 すると7分、ボーフムが先手を取る。中央約25mの位置からヴィッテクが直接FKを狙うと、鋭いシュートが枠へ。GKグラーチは守備範囲だったが、弾ききれずネットが揺れた。 勢いを増すボーフムは12分、ロジラのミドルボレーで牽制した中、14分にライプツィヒが追いつきかける。ショートカウンターの流れからシェシェコのラストパスを受けたシャビ・シモンズが今度はGKとの一対一を右足アウトでの巧みなシュートで制した。しかしVARが入りオフサイド判定となってノーゴールに。 それでも30分、ファインゴールで追いつく。ボックス手前左でパスを受けたダニ・オルモがカットインからの強烈なミドルでゴール右上に突き刺した。ハーフタイムにかけてもオープンな展開で推移した中、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、一進一退の攻防で推移していた中、65分にオペンダを投入したライプツィヒが逆転する。68分、ハイダラのスルーパスを受けてボックス左に侵入したオペンダがシュートを決めきった。 そして71分、一気に突き放す。カウンターからY・ポウルセンのパスをボックス左で受けたシャビ・シモンズがラストパスを狙うと、DFに当たってオウンゴールとなった。 さらに1分後、ボックス左に侵入したシャビ・シモンズのラストパスをY・ポウルセンが決めて4-1としたライプツィヒが試合の大勢を決すると、87分にクワーテンが退場したボーフムをそのまま4-1で退けた。 68分から72分にかけて一気に3ゴールを挙げて畳みかけたライプツィヒがマドリー戦に向けて弾みを付けている。 2024.03.03 01:34 Sun

板倉出場停止のボルシアMG、浅野フル出場のボーフムに5発勝利で6戦ぶり白星【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第23節、ボルシアMGvsボーフムが24日に行われ、5-2でボルシアMGが勝利した。ボルシアMGのFW福田師王はベンチ入りも出場せず、DF板倉滉は出場停止で欠場。ボーフムのFW浅野拓磨はフル出場している。 前節、浅野のゴールなどでバイエルンを下した11位ボーフム(勝ち点25)は、浅野が[4-3-3]の右ウイングでスタメンとなった。 5試合勝利のない15位ボルシアMG(勝ち点22)に対し、ボーフムは4分、右CKからルーズボールをベルナルドが押し込んだがVARでハンドがありノーゴールに。 助かったボルシアMGは6分、ジョーダンのヘディングシュートがバーに直撃する好機を作って押し込む展開とすると、28分に先制する。左CKをウーバーが頭で逸らし、エングムのヘディングシュートがゴールラインを割った。 さらに32分、ボックス内に侵入したコネがオルテツに倒されてPKを獲得。これをヴァイグルが決めてボルシアMGがリードを広げた。 2点を追う展開となったボーフムは39分、右クロスに合わせた浅野のヘディングシュートがわずかに枠の左に外れると、44分にボルシアMGが3点目に迫る。 ノイハウスがジョーダンのポストプレーを受けてシュートを決めきったが、VARでジョーダンにファウルがあったとしてノーゴールに。2-0で前半を終えた。 迎えた後半、56分にボルシアMGに好機。ボックス左に侵入したノイハウスのクロスにジョーダンが合わせるも枠外へ。 それでも72分に決定的な3点目。サイド攻撃で揺さぶった流れからエングムの左クロスを途中出場のライツが頭で合わせた。 その後、75分に浅野の右クロスのルーズボールをホフマンが押し込んで1点を返したボーフムだったが、78分にジョーダンが4点目を決めたボルシアMGが5-2で勝利。6試合ぶりの白星を飾っている。 2024.02.25 01:47 Sun

ボーフム戦で負傷交代のマズラウィ、左ハムストリングの筋断裂で戦線離脱…手薄な右SBに追い打ち

バイエルンは19日、モロッコ代表MFヌサイル・マズラウィが負傷したことを発表した。 マズラウィは18日に行われたブンデスリーガ第22節のボーフム戦に右サイドバックで先発出場。しかし、左太モモを負傷し33分にDFダヨ・ウパメカノとの交代を余儀なくされた。 バイエルンはマズラウィが左ハムストリングの筋肉を断裂したと発表。なお、離脱期間は明かされていない。 バイエルンではDFサシャ・ブイ、DFブナ・サール、MFコンラート・ライマーと右サイドバックにケガ人が続出。ボーフム戦で途中出場したウパメカノはCLラツィオ戦に続き2戦連続の退場処分を受けており、トゥヘル監督にとっては頭の痛いマズラウィの離脱となった。 2024.02.20 07:30 Tue

「ノイアーキラー」「大一番での力が凄い」浅野拓磨がブンデス6点目! 王者バイエルンから技ありのゴール、ノイアーを打ち破る「トラウマレベル」

日本代表FW浅野拓磨が大仕事をやってのけた。 18日、ブンデスリーガ第22節が行われ、ボーフムはホームにバイエルンを迎えた。 首位を争うバイエルンを迎えたボーフム。先発出場した浅野は、0-1でリードされて迎えた38分に特徴を出してゴールを奪い切る。 敵陣のハーフウェイライン付近でボールを奪ったボーフムは、カウンター発動。スルーパスに反応した浅野はフリーで持ち出すと、ボックス内に入ったところで右足シュート。左サイドネットを揺らす見事なシュートを決め切った。 ファンは見事なゴールに「こういうの決めちゃうんだよな」、「ノイアーからまたゴールじゃん」、「大一番での力が凄い」、「ノイアーキラー」、「ノイアーはトラウマレベルなんじゃない」、「W杯のニアを警戒したらファーという」と、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー相手のゴールが称えられている。 浅野はこのゴールで今シーズンのブンデスリーガ6点目。チームも3-2で逆転勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】浅野拓磨が王者バイエルン相手に技ありのゴール!ジャガーポーズも飛び出す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AKyObvgNUAY";var video_start = 91;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://t.co/gU6xWNPW2C">https://t.co/gU6xWNPW2C</a> <a href="https://twitter.com/AsaTaku29?ref_src=twsrc%5Etfw">@AsaTaku29</a><a href="https://twitter.com/VfLBochum1848EN?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfLBochum1848EN</a> <a href="https://t.co/H5EWvTVQRN">pic.twitter.com/H5EWvTVQRN</a></p>&mdash; スカパー!ブンデスリーガ (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1759268540446802310?ref_src=twsrc%5Etfw">February 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.19 10:30 Mon

バイエルンよもやの3連敗も…トゥヘル解任に動かずか

負けが込むバイエルンだが、トーマス・トゥヘル監督(50)の解任に動かないようだ。 バイエルンは18日のブンデスリーガ第22節でボーフムのホームに乗り込み、2-3の敗北。14分に先制してから38分に浅野拓磨の同点弾を浴びるなどで3失点し、87分にハリー・ケインのゴールで1点を返すのがやっとだった。 先週末のブンデスリーガでレバークーゼンとの頂上対決を落とし、先のチャンピオンズリーグ(CL)でもラツィオに先勝を許してのボーフム戦とあって、これで公式戦3連敗。レバークーゼンとは8ポイント差に広がってしまった。 ラツィオ戦を敗れたあたりから進退が騒がしくなり始めるなか、それに追いうちをかけるボーフム戦の敗戦だが、ドイツ『スカイ』によると、バイエルンはトゥヘル監督を更迭しないという。 最高経営責任者を務めるヤン・クリスティアン・ドレーセン氏は「トゥヘル監督が来週もチームを指揮するのか?」との問いに「もちろん」と返したようだ。 「何を聞きたいかわかるが、忠誠の誓いなど1週間で終わってしまう。だから、私は私なりに言っている。それは現時点で我々が扱うテーマじゃない。次の試合に集中する必要がある」 また、渦中のトゥヘル監督も「サポートを感じるし、ヤンとの関係や我々がどれほど協力し合っているかもわかっている」と話している。 2024.02.19 09:00 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly