レアルDFオドリオソラがソシエダに5年ぶり復帰! ティアニーに続きサイドバックを確保

2023.09.02 06:25 Sat
Getty Images
レアル・ソシエダは1日、レアル・マドリーの元スペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。
PR
契約期間は2029年夏までの6年間とのことだ。
オドリオソラはソシエダの下部組織育ち。2017年1月にファーストチームに昇格した。

右サイドバックとしてプレーし、スペイン代表デビュー。その活躍が認められ2018年7月にマドリーへ完全移籍。しかし、マドリーではポジションを確保できず、バイエルン、フィオレンティーナへレンタル移籍していた。

マドリーでは公式戦49試合で3ゴール10アシスト。2022-23シーズンもわずか6試合の出番に終わるなどしており、ほぼ戦力外状態。5年ぶりに古巣へと帰還することとなった。


PR
関連ニュース

PSG戦控えるソシエダ、久保建英ら主力温存でセビージャに敗戦…公式戦3連敗に【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第27節、セビージャvsレアル・ソシエダが2日にサンチェス・ピスファンで行われ、ホームのセビージャが3-2で勝利した。なお、ソシエダのMF久保建英はベンチ入りも出場機会はなかった。 7位のソシエダは、公式戦連敗のバウンスバックを期して15位のセビージャ戦に臨んだ。前節のビジャレアル戦で1-3の完敗を喫したラ・レアルは、直近のコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのマジョルカ戦もPK戦の末に敗戦。格下相手にファイナル進出を逃す厳しい結果となった。 週明けに0-2からの逆転を目指すチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)を控えるなか、公式戦連敗ストップを狙ったアウェイゲームでは先発6人を変更。久保やル・ノルマン、メリーノら主力をベンチに置き、パチェコやアランブル、トゥリエンテスら控え選手を起用。サディクとアンドレ・シウバを2トップに配した[4-4-2]で臨んだ。 ホームアドバンテージにコンディション面で優位に立つセビージャが良い入りを見せる。開始3分には高い位置でプレッシャーをかけてボールを奪い切ったイザーク・ロメロが馬力のある仕掛けでボックス左に侵入し、GKと一対一の決定機を迎えるが、ここはGKレミロの好守に阻まれる。 その後、ソシエダがザハリャンのミドルシュートで際どいシーンを作り出し、ここからのオープンな展開が予期されると、その予想通りに試合が動く。 まずは11分、セビージャのセットプレーの二次攻撃からハンニバルのシュートをボックス内で足元に収めたロメロがすかさずシュート。これはGKレミロの好守に阻まれるが、こぼれ球に詰めたエン=ネシリが難なく押し込んだ。続く13分にはGKからのロングボールを頭で繋いでロメロのショートスルーパスでボックス左に抜け出したエン=ネシリが角度のないところから強烈な左足の弾丸シュートを突き刺し、瞬く間にドブレーテを記録した。 好調2トップの活躍によってホームチームが2点のリードを得て余裕を持った試合運びを見せる中、前半のうちに1点でも返したいラ・レアルは徐々にボールを握って相手陣内でのプレーを増やしていく。 2トップの高さをシンプルに活かしたクロスに加え、中盤3枚で埋め切れないスペースでボールを引き出しながら中央でのコンビネーションも仕掛けていく。だが、最後のところで粘る相手の堅守をこじ開けるまでには至らず。 前半終盤は完全に膠着状態に陥っていたが、ソシエダがワンチャンスを活かして1点を返す。前半アディショナルタイムに背後へ飛び出したアンドレ・シウバがDFセルヒオ・ラモスのハンドを誘発。これを自ら古巣のゴールに決め切った。 ホームチームの1点リードで折り返した試合。少し嫌な終わり方となったホームチームは前半終盤に負傷したヘスス・ナバスをハーフタイムで下げてフアンル、53分にはハンニバルに代えてスソと早いタイミングで交代カードを切っていく。 後半も引き続き膠着状態が続いたが、より優勢に進めていたセビージャがセットプレーからゴールをこじ開ける。66分、セットプレーの二次攻撃から右サイドのオリベル・トーレスが正確なクロスを上げると、ボックス中央に飛び込んだセルヒオ・ラモスのヘディングシュートがゴール左隅に決まった。 この3失点目で敗色濃厚となったソシエダは、すでにブライス・メンデスを投入していたものの、切り札の久保やメリーノの投入を自重。代わってベッカー、ウルコ・ゴンサレスをアンドレ・シウバ、スビメンディという主力に代えて投入した。 後半終盤にかけては交代選手を中心に攻勢を強めたラ・レアルがホームチームを押し込むと、6分が加えられた後半アディショナルタイムの92分にはブライス・メンデスがペナルティアーク手前からの直接FKを左隅に突き刺して再び点差を縮める。 だが、同点ゴールを奪うまでには至らず。セビージャに競り負けたソシエダは、一部主力に休養を与えたものの、公式戦3連敗でPSG戦に臨むことになった。 2024.03.03 00:03 Sun

【ラ・リーガ第27節プレビュー】アスレティックvsバルサの上位対決! ヴィニシウスは因縁メスタージャに乗り込む

先週末に行われた第26節では競り勝ったレアル・マドリーを始め、ジローナ、バルセロナと上位3チームが揃って勝利。その一方で、アトレティコ・マドリー、アスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダと第2集団が揃って勝ち点を取りこぼす結果となった。 3月最初に行われる今節では5位のアスレティック・ビルバオと3位のバルセロナによる上位対決、FWヴィニシウスが因縁のメスタージャに乗り込む首位のレアル・マドリーと、9位のバレンシアが対峙する2つの名門対決に注目が集まる。 バルセロナは前節、難敵ヘタフェのハイライン・ハイプレスをものの見事に攻略して4-0の圧勝。主砲レヴァンドフスキの連続ゴールこそストップしたが、得点力不足の改善に守護神テア・シュテーゲン復帰後初のクリーンシートと最高の内容でのリーグ連勝となった。コパ・デル・レイ準々決勝で敗戦した難所サン・マメスでのタフなアウェイゲームとなるが、対戦相手は3日前にアトレティコとのコパ準決勝の激闘を戦っており、3-0の勝利での決勝進出で勢いはあるものの、コンディション面、メンタル面の部分で優位に進められる可能性は高い。改善傾向のある攻撃に加え、ウィリアムズ兄弟を中心に強烈な相手のサイドアタック、カウンターに対応したい。 首位のレアル・マドリーは前節、徐々に安定してきたセビージャ相手に苦戦を強いられながらも、途中投入のMFモドリッチのスーペルゴラッソを守り切ってウノセロ勝利。きっちりと白星を取り戻した。週明けにRBライプツィヒとのチャンピオンズリーグ(CL)のリターンレグを控えるなかで臨むアウェイゲームでは、難所メスタージャに乗り込む。いくつかのポジションでのターンオーバーが見込まれるが、きっちり勝ち切りたい。なお、昨年5月に行われた同カードではヴィニシウスに対する再三の人種差別行為が大きな騒動に発展し、改めてフットボール界の差別撲滅への契機となる一戦となった。ヴィニシウスのパフォーマンスに注目しつつ、問題が発生しないことを願いたいところだ。 2位のジローナはコパ決勝進出に沸く16位のマジョルカ相手にに連勝を狙う。前節のラージョ戦は前半に相手の堅守攻略に手を焼いたが、後半立ち上がりのMFツィガンコフの先制点、後半半ばの相手の退場によって一気に優位に試合を運ぶと、後半アディショナルタイムにはFWサヴィオがトドメのドブレーテを記録し、3-0の完勝となった。残留争い脱出へ勝ち点がほしいマジョルカとのアウェイゲームは決してラクではないが、連敗ストップの良い流れにのってきっちり連勝を達成したい。 公式戦3試合未勝利と失速傾向にある4位のアトレティコは、前節アスレティックに完勝した6位のベティスとのアウェイゲームに臨む。前節、最下位のアルメリア相手に2度のリードを守り切れず、厳しい2-2のドローに終わったシメオネのチームは、逆転突破を目指したコパ準決勝でもアスレティックに0-3で完敗。エースFWグリーズマンの不在が響いた攻撃面の停滞に加え、直近2試合連続複数失点と守備面にも問題を抱える。その厳しい敗戦から中2日で臨むベティス戦も難しい試合になることは間違いないが、逆境でこそ力を発揮するコルチョネロスらしい戦いぶりで公式戦4試合ぶりの白星を手にしたい。 MF久保建英を擁する7位のレアル・ソシエダは、コパ準決勝敗退からのバウンスバックを期して15位のセビージャ戦に臨む。前節のビジャレアル戦で1-3の完敗を喫したラ・レアルは、コパのマジョルカ戦をPK戦の末に敗戦。復帰したFWオヤルサバルのゴールで同点に追いつき、延長戦ではDFティアニーによる勝ち越しゴール奪取かに思われたが、ゴールラインを割ったか否かの微妙な判定によって“幻”に終わる不運もあって厳しい敗退となった。週明けには0-2からの逆転を目指すCLのパリ・サンジェルマン(PSG)を控えるが、まずは公式戦連敗をストップしたい。久保のベンチスタートの可能性を含めイマノル監督の用兵にも注目だ。 その他では開幕未勝利が続くアルメリアと17位のセルタによる残留争い直接対決、激戦必至のヘタフェvsラス・パルマスにも注目したい。 《ラ・リーガ第27節》 ▽3/1(金) 《29:00》 セルタ vs アルメリア ▽3/2(土) 《22:00》 セビージャ vs レアル・ソシエダ 《24:15》 ラージョ vs カディス 《26:30》 ヘタフェ vs ラス・パルマス 《29:00》 バレンシア vs レアル・マドリー ▽3/3(日) 《22:00》 ビジャレアル vs グラナダ 《24:15》 アトレティコ・マドリー vs ベティス 《26:30》 マジョルカ vs ジローナ 《29:00》 アスレティック・ビルバオ vs バルセロナ ▽3/4(月) 《29:00》 オサスナ vs アラベス 2024.03.01 19:00 Fri

マルキーニョスのソシエダ戦出場が不透明…ふくらはぎを負傷中

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスのレアル・ソシエダ戦出場が不透明な状況だ。フランス『レキップ』が伝えている。 今月14日に行われたホーム開催のチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグを2-0で先勝したPSGは、3月5日にソシエダホームの2ndレグに臨む。 この重要な一戦に向け、キャプテンとディフェンスリーダーを担うブラジル代表DFの状態が懸念されている。 マルキーニョスは17日に行われたナント戦でふくらはぎを痛めて後半途中に負傷交代。直近のスタッド・レンヌ戦では予防措置の形で招集メンバー外となっていた。 さらに、28日に行われたトレーニングセッションでもチームトレーニングに参加しておらず、負傷箇所の回復は思わしくないようだ。 現状では3月1日に行われるモナコ戦の欠場は濃厚で、ソシエダ戦でのぶっつけ本番での復帰を目指すことになる。 2024.02.28 23:31 Wed

「他の試合のような成功は…」「運がなかった」決勝進出を逃したソシエダ、久保建英にはまずまずの評価「大きな希望だった」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英はまずまずの評価を得た。 27日、コパ・デル・レイ準決勝2ndレグが行われ、ソシエダはマジョルカをホームに向けた。 1stレグはゴールレスドローだったこの対戦。勝利した方が決勝に駒を進める中、試合は膠着した展開に。久保は先発出場し、積極的なプレーをこの試合も見せたが実らなかった。 先制を許す苦しい展開の中、71分にはミケル・オヤルサバルのゴールで同点に追いつき、1-1のまま90分間が終了。久保は延長前半に完璧なクロスを入れると、ミケル・メリーノがファーサイドで合わせるもゴールならず。こぼれ球をキーラン・ティアニーが振り抜くも、顔面ブロックに遭ってしまった。その後、久保は交代となった中、チームはゴールを奪えず。PK戦の末に敗退となってしまった。 決勝を目前に敗れたソシエダ。スペイン『ElDesmarque』は久保に対して6点(10点満点)の評価を与えた。 「いつものように危険人物として注目を集めた。ただ、他の試合のような成功は掴めなかった」 また、スペイン『Noticias de Gipuzkoa』は5点(10点満点)の評価。チャレンジしたことは称えたが、結果が付いてこなかったとした。 「彼はチャレンジしていたが、運がほとんどなかった。インスピレーションもなかった。決して隠れることはなく、大きな希望だった。メリーノと共に中盤で素晴らしかった」 <span class="paragraph-title">【動画】延長前半、久保建英の完璧なクロスから最大の決定機!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YoeBWvtCQPU";var video_start = 311;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.28 12:45 Wed

PK戦の末にコパ・デル・レイ準決勝敗退…ソシエダ指揮官も落胆 「ロッカールームは打ちのめされ、傷ついている」

レアル・ソシエダのイマノル・アルグアシル監督が敗退のショックを語った。 コパ・デル・レイではマジョルカとの準決勝まで勝ち進み、アウェイの1stレグをゴールレスドローで終えたソシエダ。27日にはホームで2ndレグを迎え、引き続き日本代表MF久保建英らが先発した。 前半終盤にPKを獲得したホームチームだったが、スペイン代表MFブライス・メンデスが失敗し、0-0のまま後半へ突入。50分に先制点を許す展開となりながら、71分に途中出場のスペイン代表FWミケル・オヤルサバルが同点ゴールを決め、試合の行方は延長戦に持ち越された。 結局、120分を戦っても勝敗決まらず、PK戦での決着に。ソシエダは1人目のオヤルサバルが外してしまった一方、マジョルカが5人全員成功し、決勝進出を決めた。 あと一歩のところで準決勝敗退となったイマノル監督は試合後にコメント。チーム全体が落胆していることを明かした。 「ロッカールームは打ちのめされ、傷ついている。消化するのは非常に難しい。我々は観客と共に決勝戦を戦いたかったし、突破の可能性も見えていたが、今日も引き分けに終わった。あらゆる形で努力したが、ゴールのチャンスを多く逃してしまった。マジョルカを祝福し、選手たちの努力に感謝したい」 「相手よりも多くのチャンスを生み出すことができていて、上に立ちたいなら、試合に勝つために正しいことをやらなければならない。正しくやる必要があるし、自己批判も必要だ」 また、「個人的にもつらい」と語ったイマノル監督だが、前を向いて切り替え。3月2日のラ・リーガ第27節セビージャ戦や、同月5日のチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグ、パリ・サンジェルマン(PSG)戦での挽回を誓った。 「これもサッカーの一部だ。準決勝にたどり着くのも簡単ではない。今は消化するのが難しいが、我々にはラ・リーガなどいくつかの目標がある。ヨーロッパの舞台でプレーしたいし、セビージャ戦やチャンピオンズリーグのリターンレグに向けて頭を上げたい」 2024.02.28 10:34 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly