フランクフルトFWボレがブレーメンにレンタル移籍…EL優勝に貢献もバックアップの域を出ず

2023.09.02 02:53 Sat
Getty Images
ブレーメンは1日、フランクフルトからコロンビア代表FWラファエル・ボレ(27)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。
PR
母国の名門デポルティボ・カリでキャリアをスタートしたボレは、2015年夏にアトレティコ・マドリーへ完全移籍。だが、ファーストチームには定着できず、ビジャレアルへのレンタルを経て2017年夏にリーベル・プレートへ完全移籍。その後、2021年夏にフランクフルトへ加入した。
フランクフルトでは在籍2年間で公式戦92試合に出場し、15ゴール12アシストを記録。加入1年目となったヨーロッパリーグでは準々決勝2ndレグのバルセロナ戦からレンジャーズとの決勝戦までの4試合で3ゴール1アシストの大活躍をみせ、優勝に大きく貢献。ただ、ブンデスリーガではコンスタントな活躍を見せられず、バックアッパーとしても物足りない出来が続いていた。

PR
関連ニュース

ブレーメン、ユナイテッドからU-21ノルウェー代表MFハンセン=アーロンを獲得

ブレーメンは1日、マンチェスター・ユナイテッドU-21に所属するU-21ノルウェー代表MFイサク・ハンセン=アーロン(19)を完全移籍で獲得した。契約期間は2028年6月30日までとなる。 ブレーメンへ移籍が決まったハンセン=アーロンは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ブレーメンへの移籍は僕にとって正しいステップだ。このようなブンデスリーガのビッグクラブでプレーする機会を得たことを嬉しく思う」 母国ノルウェーのトロムソILの下部組織で育ったハンセン=アーロンは、2020年7月にクラブ最年少記録となる15歳323日でトップチームデビューを果たすと、公式戦7試合に出場。 2020年8月にマンチェスター・ユナイテッドの下部組織に移籍すると、主にU-18、U-23のカテゴリーでプレー。2022年5月に行われたFAユースカップの決勝のノッティンガム・フォレスト戦(3-1で勝利)にもスタメン出場を果たし、大会制覇に大きく貢献をした。 また、2022年のプレシーズンにはトップチームに帯同すると、ラージョ・バジェカーノとのプレシーズンマッチに出場、17歳にしてユナイテッドのトップチームデビューを飾っていた。 2024.02.02 07:00 Fri

「涙が出た」クロップ監督の退任報道に元リバプールのナビ・ケイタが惜別「父のような人だった」

ユルゲン・クロップ監督の退任について、ブレーメンのギニア代表MFナビ・ケイタも衝撃を受けたようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 これまでリバプールで数多くのトロフィーを獲得し、ファンからも絶大な支持を受けていたクロップ監督。2026年夏までとなっていたリバプールとの契約は延長の噂も流れており、今後もクロップ体制は万全だと思われていた。 しかし、そのクロップ監督はエネルギーの枯渇を理由として、26日に突如として今シーズン限りでの退任を発表。今後1年は休養をとること、プレミアリーグの他クラブで指揮を執りはしないことも声明の中で述べている。 選手やファンにとっても衝撃的な発表となったが、すでにリバプールを去った選手も驚きを隠せなかったようだ。昨夏まで5シーズンにわたってリバプールに在籍していたナビ・ケイタも、フランス『RMC Sport』の取材に応じた際、報せを聞いたときは涙を流したと明かしている。 「僕は普段SNSをやっていないんだ。でも、(クロップ退任について)教えてもらったときは、目に涙が浮かんだよ」 「彼は僕を息子のように扱い、リバプールというクラブに招いてくれた。僕にとっては、父親のような人なんだ。彼の残りの人生がベストであることを祈っているよ」 「少ししたら、彼に手紙を書こうと思っている。人生とはそういうものなんだ。僕たちは偶然にも出会い、失望させられるようなことはなかった。共にトロフィーも手にできたしね」 ナビ・ケイタは2018年7月にリバプールへ完全移籍で加入。新たな8番として高い期待が寄せられながらも度重なる負傷で最後まで本領発揮とはならず、リバプールラストシーズンとなった昨シーズンも公式戦13試合の出場にとどまることに。それでも、クロップ監督との関係は最後まで崩れず、良好なままだったことをうかがわせるコメントとなった。 2024.01.30 16:35 Tue

佐野海舟のブレーメン移籍はなし? ドイツ紙は「可能性が低い」、その理由は?

若手選手の補強に動いていたブレーメンだが、鹿島アントラーズの日本代表MF佐野海舟(23)は諦めることになるようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 2023シーズンにFC町田ゼルビアから鹿島に完全移籍した佐野。自身初のJ1でのプレーとなった中、27試合で1ゴールを記録していた。 早い段階から日本代表入りが期待された中で、ケガ人が出たこともあり2023年11月に初招集。いきなり2026年の北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でデビューすると、アジアカップ2023にも招集。2試合でプレーしている。 出場時間こそ多くないものの、日本代表でも徐々に良さを見せ始めている佐野。ブレーメンは1月の補強の候補の1人として佐野を注視していたとされている。 しかし、『ビルト』によれば、獲得を断念する可能性が高いとのこと。「興味深いが高すぎる」と伝え、移籍金の設定により諦めることになるとされている。 スポーツ・ディレクター(SD)を務めるフランク・バウマン氏は補強に関して言及。「買い取りオプション付きのローン契約や買い取り契約は、我々にとって興味深いもの。買い取りオプションのないローンは除外する」とし、契約の先にクラブに留まる可能性がない方法では獲得はしないというスタンスだという。 2024.01.30 09:40 Tue

ミランデビュー戦で負傷の21歳DFペジェグリーノに複数クラブ関心…トップ復帰間近も修行有力か

ミランのアルゼンチン人DFマルコ・ペジェグリーノ(21)の去就が取り沙汰されているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 今夏アトレティコ・プラテンセからミランへと加入したペジェグリーノ。昨年10月末のセリエA第10節ナポリ戦で途中出場からデビューを果たすも、試合終盤に左足を骨折し、離脱を強いられていた。 当初は復帰が12月中旬になるとみられていた中、そこから少し遅れたペジェグリーノは今月14日と20日にプリマヴェーラの2試合に出場。ファーストチームに戻る準備が整い、27日の第22節ボローニャ戦ではメンバー入りする見込みだという。 その一方、ジュピラー・プロ・リーグで2位につけているアンデルレヒトがペジェグリーノの獲得に乗り出している模様。買い取りオプション付きのレンタル移籍を希望しているが、これはミランを納得させる条件ではないという。 また、同じくベルギーのルーヴェンや、ドイツのブレーメン、アルゼンチン人FWルカ・ロメロのレンタル先となったスペインのアルメリア、セリエBのテルナーナといったクラブも興味を示しているとのこと。ミランやペジェグリーノの関係者もより多くのプレー機会を与えたい意向のため、移籍自体には前向きのようだ。 2024.01.27 17:27 Sat

「負けて当然」…トゥヘルが低調な戦いぶりに立腹! ブレーメン戦黒星で首位と7pt差に

バイエルンがブンデスリーガで躓いた。 首位レバークーゼンに4ポイント差の2位につけるなか、21日の第18節で13位のブレーメンをホームに迎え撃ったが、0-0の59分に守りが崩れ、0-1の敗戦。今季のホーム戦黒星を喫し、今節を制したレバークーゼンとの差が「7」に広がってしまった。 1つの未消化試合を残すといえど、レバークーゼンの好調ぶりからしても痛恨の1敗に。ドイツ『Sport Bild』によると、トーマス・トゥヘル監督も「自分たちのせいだ! 良い練習ができているなんてもう言いたくない。誰も信じないよ」と言い放った。 また、会見では「私も長くこの仕事をしているし、練習のレベルがが我々の望むものかどうかがわかる。この数週間は本当にそうだった」と振り返りつつ、この試合のプレーぶりを酷評した。 「明らかに足りない。70分間にわたり、勝利のために戦っているという感覚ではなかった。あとから気づいた感じだったし、それではダメだ。前半の我々は極めて静かだった。何度もボールを失ってカウンターを許し、ポゼッションもずさん。負けて当然だ」 「70分間は無理にでも勝ちたいとか、優勝を目指してプレーしたいとか、答えを出したがるチームのようなプレーではなかった。それをやったのは20分間だけだ。10点のリードがあって、火曜日のチャンピオンズリーグを意識しているかのようなプレーをした」 来週24日にはホームで延期分のウニオン・ベルリン戦。この一戦で仕切り直しを期す指揮官は「我々はチームの責任を問うつもり」とし、「水曜日には良い結果を出すチャンスがある。そして良い結果を出さないといけない」と力を込めた。 2024.01.22 10:20 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly