マインツ、ヘルタの主将ドイツ代表FWリヒターを獲得

2023.08.23 07:00 Wed
Getty Images
マインツは22日、ヘルタ・ベルリンのドイツ代表FWマルコ・リヒター(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は長期と発表され、移籍金は300万ユーロ(約4億7000万円)とのこと。
PR
ドイツ代表として3キャップを持つリヒターは、バイエルンの下部組織に在籍歴のあるウインガー。2021年夏にアウグスブルクからヘルタに加入し、昨季はブンデスリーガ29試合出場6ゴール5アシストと結果を出していたが、チームは最下位に終わり2部に降格していた。
新シーズンからヘルタの主将を務めていたが、アウグスブルク時代の指揮官であり、マインツのスポーツ・ディレクターを務めるマルティン・シュミット氏との会談を受けて加入を決断したとコメントしている。

PR
関連ニュース

リバプール保有の22歳CBファン・デン・ベルフが退団を視野に「プレー以上に重要なものはないんだ…」

リバプール保有のU-21オランダ代表DFセップ・ファン・デン・ベルフ(22)が、苦しい胸の内を明かした。 ファン・デン・ベルフは2019年夏、チャンピオンズリーグ(CL)制覇からまもないリバプールに17歳で加入。以後、プレストンとシャルケへ武者修行に送り出され、今季も1年レンタルでマインツに所属する。 保有元リバプールで未だにプレミアリーグの出場がない一方、マインツでは最終ラインの柱となっており、直近のアウグスブルク戦(1◯0)は決勝点を記録。深刻な得点力不足で自動降格圏に沈むマインツだが、ファン・デン・ベルフの孤軍奮闘は見逃せない。 試合後にはオランダ『VoetbalNieuws』のインタビューで来季以降の去就を問われ、リバプール復帰にやや消極的であることを示唆する。 「どちらにしてもシーズンが終われば一度(リバプールへ)戻ることになる。彼らは僕をとどめておくことを望むかもしれないけど、あまり試合に出られないようなら退団したい。プレー以上に重要なものはないんだ…」 同胞の偉大な先輩とコンビを組む希望がありつつも、やはりプロ選手である以上、コンスタントなプレーを望んでいるようだ。 「ヴィルヒル・ファン・ダイクの隣で自分が先発するイメージなんてこれまで一切できなかったのに、今は少し違う。調子もいいし、プレミアリーグの強度にも耐えれると思う。けど、そのチャンスがあるかどうかも夏にならないとわからない」 ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールのファーストチームで最後の公式戦出場は、コロナ急拡大前の2020年2月…加入1年目まで遡る。22歳ファン・デン・ベルフは2024年夏がキャリアのターニングポイントとなりそうだ。 2024.02.19 15:05 Mon

降格圏に沈むマインツ、新指揮官にチューリッヒのヘンリクセン監督を招へい

マインツは13日、チューリッヒを率いていたデンマーク人のボー・ヘンリクセン監督(49)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は2026年6月30日までとなっている。 マインツでは前日、成績不振を受けてヤン・ジーヴェルト監督(41)を解任。今季2度目の解任劇となった。 ヘンリクセン氏はマインツの指揮官就任要請を受け、双方合意の下、チューリッヒを退団した。チューリッヒでは就任当初の2022年10月、10試合を終えた段階で最下位に位置していた中、8位で残留に導くと、今季はここまで3位と好位置に付けていた。 マインツは現在、降格圏の17位に位置。残留プレーオフに回れる16位のケルンとは4ポイント差となっている。 2024.02.13 22:30 Tue

マインツが今季2度目の監督交代…ジーヴェルト監督を12試合で解任

マインツは12日、ヤン・ジーヴェルト監督(41)の解任を発表した。 11月初旬に解任されたボー・スヴェンソン監督の後任としてU-23チームから昇格したジーヴェルト監督。当初は暫定監督だったが、チームから課せられた守備の立て直しに成功したことで、昨年12月23日に正式監督に就任。 しかし、直近11試合未勝利と成績は好転させることはできず、暫定監督の時期を含め12試合を指揮しわずか1勝(6分け5敗)に終わっていた。 解任の憂き目にあったジーヴェルト監督は公式サイトで以下のようにコメントしている。 「マインツには約4年間お世話になりました。ここは僕にとって特別なクラブだ。コーチングチームとともに、クラブを残留させるために全力を尽くしたが、残念ながら必要な運にも恵まれなかった。チームとクラブがベストを尽くし、そして何よりも残留できることを祈っています」 なお、後任監督についてクラブは、13日の午後に発表すると明かしている。 2024.02.13 06:30 Tue

伊藤フル出場のシュツットガルト、ウンダブ弾などでマインツに快勝し3連勝【ブンデスリーガ】

シュツットガルトは11日、ブンデスリーガ第21節でマインツをホームに迎え、3-1で快勝した。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、MF原口元気はベンチ入りしなかった。 前節フライブルクに勝利して連勝とした3位シュツットガルト(勝ち点40)は、5日前に行われたDFBポカールではレバークーゼンに2-3と打ち負けて敗退となった。そのレバークーゼン戦で2失点に関与してしまったアジアカップ帰りの伊藤は[4-2-3-1]の左センターバックで先発となった。 5バックで構える17位マインツ(勝ち点11)に対し、開始25秒にウンダブがGK強襲のシュートを浴びせたシュツットガルトは、2分にカシにポスト直撃のシュートを打たれてひやりとさせられる。 その後、抗議活動で10分以上中断があって迎えた26分、ヒューリッヒのパスをボックス内で受けたカラソルが決定的なシュートを放ったが枠外に。 35分のピンチではCKの流れからヌガンカムに決定的なヘディングシュートを許すも枠外で助かると、40分に先制の絶好機。しかしロングカウンターの流れからウンダブのラストパスを受けたヒューリッヒがGKと一対一となるもゼントナーに阻まれてシュートを打ちきれなかった。 それでも44分に押し切る。シュテンツェルの右クロスがファーに流れたところをミッテルシュタットが受け、ボレーを蹴り込んだ。さらに3分後、シュテンツェルの浮き球パスをボックス内で受けたルウェリングがシュートを決めきり一気にリードを広げた。 追加タイム5分にもルウェリングに好機のあったシュツットガルトが2点のリードで前半を終えた。 迎えた後半も押し込むシュツットガルトは53分に3点目のチャンス。カラソルのパスを受けたルウェリングがボックス右に侵入。シュートに持ち込んだが、GKゼントナーのセーブに阻まれた。 その後、61分にギラシーを投入したシュツットガルトが引き続き主導権を握ると、73分に3点目。ルオーのロングフィードを受けたウンダブがDFをかわしてボックス左に侵入。GKとの一対一を確実に制した。 76分にアジョルクに一矢報いられたシュツットガルトだったが、3-1で快勝。3連勝として3位の座を堅守している。 2024.02.12 01:43 Mon

フランクフルトFWヌガンカム、マインツにレンタル移籍

マインツは1日、U-21ドイツ代表FWジェシック・ヌガンカム(23)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。買い取りオプションは付いていない。 ヘルタ・ベルリン下部組織出身のストライカーであるヌガンカムは、昨年7月にフランクフルトに加入。ブンデスリーガ15試合(うち先発は2試合)に出場したが、ノーゴールだった。 ブンデスリーガ通算58試合出場8ゴールのヌガンカムはこれまで世代別のドイツ代表に選出されてきており、現在はU-21ドイツ代表に招集されている。 マインツは現在、降格圏の17位に沈んでいる。 2024.02.01 23:00 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly