アタランタがスウェーデン代表CBヒエン獲得へ…初挑戦のセリエAで存在感

2023.06.25 20:28 Sun
Getty Images
アタランタが、エラス・ヴェローナのスウェーデン代表DFイサク・ヒエン(24)の獲得に迫っている。

移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、先日に個人間での合意を取り付けていたアタランタはクラブ間での交渉を本格化させたという。
そして、1000~1200万ユーロ(約15億7000万~18億8000万円)とされる公式オファーも掲示。ヴェローナはこれを受け入れており、来週中にも交渉が完了する見込みだ。

ヒエンはブルキナファソ人の父親とスウェーデン人の母親の下、スウェーデンで生まれ育った191cmのセンターバック。ヴァーサルンド、ユールゴーデンと母国クラブでのプレーを経て、昨夏ヴェローナへ完全移籍で加入した。

セリエA初挑戦となった今シーズンは32試合に出場。チームはスペツィアとの残留プレーオフを制して薄氷の1部残留を決める厳しいシーズンを強いられたが、個人としては3バックの一角で持ち味の身体能力を生かしたパワフルな守備で存在感を示した。
また、ヴェローナ加入直後の昨年9月にスウェーデン代表デビューも飾り、ここまで6試合に出場している。

ビルドアップ能力や状況判断、ファウルの多さと言った課題はあるものの、高いインテンシティを求めるジャンピエロ・ガスペリーニ監督が好むタイプのタフな守備者だ。

イサク・ヒエンの関連記事

エラス・ヴェローナは10日、マルコ・バローニ監督(60)の退任を発表した。 ベネヴェントやフロジノーネ、レッジーナなど多くの国内クラブで指揮を執り、2021年夏から2年間のレッチェ指揮を経て、昨夏にヴェローナの監督に就任したバローニ監督。 2023-24シーズンは開幕連勝を飾るなど好スタートを切ったが、第3節のサッスオーロ戦で初黒星を喫すると、以降の14試合は5分け9敗と大不振に陥り、降格圏の19位と低迷。 さらに今冬の移籍市場では、チームトップの6ゴールを挙げていたFWシリル・ウンゴニエ(→ナポリ)やMFフィリッポ・テラッチアーノ(→ミラン)、DFイサク・ヒエン(→アタランタ)らを引き抜かれたが、シーズン後半戦では6勝を挙げるなど巻き返しに成功。最終的に9勝11分け18敗の13位でシーズンを終え、チームをセリエA残留に導いた。 なお、後半戦の手腕が評価されたバローニ監督には、イゴール・トゥドール監督が辞任したラツィオが接触しており、同クラブのクラウディオ・ロティート会長は『Il Messeggero』のインタビューで「バローニがラツィオの新監督になる」と明言していた。 2024.06.11 07:00 Tue
アタランタは14日、翌日に行われるコッパ・イタリア決勝に向けた招集メンバーを発表した。 アタランタは15日、スタディオ・オリンピコで行われるコッパ・イタリア決勝でユベントスと対戦する。 1962-63シーズンぶりの優勝に向けてジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は、守護神マルコ・カルネセッキやDFジョルジョ・スカルヴィーニ、MFトゥン・コープマイネルス、MFマルテン・デ・ローン、FWアデモラ・ルックマンら主力を順当に招集。直近4試合を欠場していた主将のDFラファエウ・トロイも復帰。 一方、出場停止のFWジャンルカ・スカマッカに加え、負傷中のDFセアド・コラシナツ、DFエミール・ホルムの3選手がメンバー外となった。 ◆招集メンバー GK フアン・ムッソ マルコ・カルネセッキ フランチェスコ・ロッシ DF ラファエウ・トロイ イサク・ヒエン ベラト・ディムスティ ミッチェル・バッカー ジョルジョ・スカルヴィーニ マッテオ・ルッジェーリ ハンス・ハテブール ジョバンニ・ボンファンティ ダビデ・ザッパコスタ MF トゥン・コープマイネルス マリオ・パシャリッチ エデルソン マルテン・デ・ローン ミシェル・エンダリ・アドポ FW チャールズ・デ・ケテラエル エル・ビラル・トゥーレ アデモラ・ルックマン アレクセイ・ミランチュク 2024.05.15 00:30 Wed
アタランタは2日、エラス・ヴェローナのスウェーデン代表DFイサク・ヒエン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月までの4年半で、移籍金は850万ユーロ(約13億2000万円)とのこと。 ヒエンはブルキナファソ人の父親とスウェーデン人の母親の下、スウェーデンで生まれ育った191cmのセンターバック。ヴァーサルンド、ユールゴーデンと母国クラブでのプレーを経て、2022年夏にヴェローナへ完全移籍で加入した。 セリエA初挑戦となった昨シーズンは32試合に出場。3バックの一角で持ち味の身体能力を生かしたパワフルな守備で存在感を示した。今シーズンはサスペンションと負傷で数試合を欠場したが、ここまでリーグ戦10試合に出場している。 また、ヴェローナ加入直後の2022年9月にスウェーデン代表デビューも飾り、ここまで8試合に出場している。 ビルドアップ能力や状況判断、ファウルの多さと言った課題はあるものの、高いインテンシティを求めるジャンピエロ・ガスペリーニ監督が好むタイプのタフな守備者。アタランタは昨夏の獲得は逃したものの、今冬の再挑戦で意中の右利きDFの確保に成功した。 2024.01.02 23:00 Tue
アタランタが、エラス・ヴェローナのスウェーデン代表DFイサク・ヒエン(24)の獲得に迫っている。 移籍市場に精通するジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、両クラブは850万ユーロ(約13億2000万円)の条件で合意。さらに、ヒエンは2028年までの5年契約で合意しており、1日にメディカルチェックが予約されているという。 ヒエンはブルキナファソ人の父親とスウェーデン人の母親の下、スウェーデンで生まれ育った191cmのセンターバック。ヴァーサルンド、ユールゴーデンと母国クラブでのプレーを経て、2022年夏にヴェローナへ完全移籍で加入した。 セリエA初挑戦となった昨シーズンは32試合に出場。3バックの一角で持ち味の身体能力を生かしたパワフルな守備で存在感を示した。今シーズンはサスペンションと負傷で数試合を欠場したが、ここまでリーグ戦10試合に出場している。 また、ヴェローナ加入直後の2022年9月にスウェーデン代表デビューも飾り、ここまで8試合に出場している。 ビルドアップ能力や状況判断、ファウルの多さと言った課題はあるものの、高いインテンシティを求めるジャンピエロ・ガスペリーニ監督が好むタイプのタフな守備者。アタランタは昨夏の獲得は逃したものの、今冬の再挑戦で意中の右利きDFの確保に成功した。 2024.01.02 05:30 Tue

記事をさがす

イサク・ヒエンの人気記事ランキング

1

アタランタがスウェーデン代表CBヒエン獲得へ…初挑戦のセリエAで存在感

アタランタが、エラス・ヴェローナのスウェーデン代表DFイサク・ヒエン(24)の獲得に迫っている。 移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、先日に個人間での合意を取り付けていたアタランタはクラブ間での交渉を本格化させたという。 そして、1000~1200万ユーロ(約15億7000万~18億8000万円)とされる公式オファーも掲示。ヴェローナはこれを受け入れており、来週中にも交渉が完了する見込みだ。 ヒエンはブルキナファソ人の父親とスウェーデン人の母親の下、スウェーデンで生まれ育った191cmのセンターバック。ヴァーサルンド、ユールゴーデンと母国クラブでのプレーを経て、昨夏ヴェローナへ完全移籍で加入した。 セリエA初挑戦となった今シーズンは32試合に出場。チームはスペツィアとの残留プレーオフを制して薄氷の1部残留を決める厳しいシーズンを強いられたが、個人としては3バックの一角で持ち味の身体能力を生かしたパワフルな守備で存在感を示した。 また、ヴェローナ加入直後の昨年9月にスウェーデン代表デビューも飾り、ここまで6試合に出場している。 ビルドアップ能力や状況判断、ファウルの多さと言った課題はあるものの、高いインテンシティを求めるジャンピエロ・ガスペリーニ監督が好むタイプのタフな守備者だ。 2023.06.25 20:28 Sun

アタランタの人気記事ランキング

1

サーレマーケルスにプレミア3クラブも関心…低コストで獲得可能な優良銘柄

プレミアリーグの3クラブが、ミランのベルギー代表MFアレクシス・サーレマーケルス(25)に関心を寄せているという。 得点関与に課題がある故、ミランで重要な存在になりきれず、昨季ボローニャへレンタル放出されたサーレマーケルス。CL切符に貢献してミラノへ帰ってきたが、パウロ・フォンセカ新体制に居場所を確保するのは難しいとされる。 ともあれ年俸が高くなく、獲得コストも低いと見積もられているため、チアゴ・モッタ新監督のユベントス、またアタランタから関心が。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ここにきてイングランドからノッティンガム・フォレスト、レスター・シティ、イプスウィッチ・タウンもサーレマーケルスに興味。 同選手は現在ミランで練習再開も、ミランは各クラブとの意見交換を積極的に進めているとのこと。売却益を1000万〜1500万ユーロ(約17.2億〜25.9億円)と見込みつつ、1200万ユーロを超えることはまずないとされている。 2024.07.17 13:40 Wed
2

ボローニャがFWカンビアギを獲得、昨季まではレンタル先のエンポリでプレー

ボローニャは12日、アタランタのイタリア人FWニコロ・カンビアギ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月までの5年間。移籍金は1000万ユーロ(約17億2000万円)とのことだ。 アタランタの下部組織出身である走力に長けたセカンドストライカーのカンビアギは、2022年夏からエンポリにレンタル。在籍2シーズンで公式戦66試合出場8ゴール7アシストを記録していた。 ラツィオやジェノアも獲得に興味を示していたようだが、チャンピオンズリーグに出場するボローニャが獲得を決めた。 2024.07.13 08:00 Sat
3

セルティックの要求額とは差も…アタランタがオライリー獲得オファー、中盤ながら昨季19ゴール

セルティックのデンマーク代表MFマット・オライリー(23)にアタランタの動きがあったようだ。 セルティックでは日本代表MF旗手怜央とともに、中盤の主力に数えられ、昨季も公式戦49試合で19得点18アシストの活躍を披露したオライリー。ユーロ2024の代表から落選したのは驚きだったが、今年1月にアトレティコ・マドリーの関心が囁かれ、今夏も去就が注目される。 イタリア『スカイ』によると、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(25)と元イングランド代表DFベン・ゴッドフリー(26)に続いて、フロジノーネからイタリア人MFマルコ・ブレシャニーニ(24)の獲得に迫るアタランタがオライリーにも注目し、最初のオファーを出したという。 アタランタの提示額はおよそ1500万ユーロ(約25億9000万円)とされるが、セルティックの要求額とは差があり、より高い金額を提示する必要があるそうだ。 アタランタではオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)の将来が懸念事項。オライリーを巡る動きもコープマイネルスの状況を考えてのものとみられるようだが、いかに。 2024.07.12 11:05 Fri
4

アタランタがオライリー獲得のため3度目のオファー計画、ユベントスなどからも関心か

アタランタはセルティックのデンマーク代表MFマット・オライリー(23)に対して、3度目のオファーを計画しているようだ。 昨シーズンはクラブ史上初のヨーロッパリーグ(EL)優勝を成し遂げるなど、充実のシーズンを送ったアタランタ。一方で、今夏の移籍市場ではオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)やブラジル代表MFエデルソン(25)にビッグクラブが関心を示しており、クラブとしては主力流出に備えた中盤補強を模索している。 そんな中で、クラブが注目したのがセルティックで中盤の主力に定着し、昨季も公式戦49試合19得点18アシストの成績を残したオライリー。すでに2度のオファーを送り、最初の提示額は1500万ユーロ(約25億9000万円)だったが、より高額を望むセルティックに拒否されていた。 しかし、移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、アタランタは諦めず3度目のオファーを計画中とのこと。提示額についても、増額する構えのようだ。 オライリー自身はすでにアタランタとの長期契約で合意している模様。ただし、選手にはユベントスなどからの接近もあり、アタランタが交渉を急ぐことが予想されている。 2024.07.16 10:40 Tue
5

ユベントスの2番手GKペリン、年俸2倍オファー含めた7つもの打診を全て拒否か

ユベントスの元イタリア代表GKマッティア・ペリン(31)が、手元に届いた打診全てを拒否したようだ。 ユベントスの2番手GKペリン。 時折、正GKヴォイチェフ・シュチェスニーとのローテーションで起用される元イタリア代表の実力者だが、そんななかでも今季は加入後最少となるセリエA出場3試合にとどまった。 そのためか、31歳とまだまだ若いペリンには各クラブが熱視線。イタリア『トゥット・スポルト』によると、アタランタ、モンツァ、フィオレンティーナ、コモ、パルマ、古巣ジェノアがユベントスに照会を依頼したという。 また、スュペル・リグ(トルコ1部)の強豪、ジョゼ・モウリーニョ新監督のフェネルバフチェは、年俸純額300万ユーロ(約5.1億円)をペリン側に提示。現年俸の2倍とされる額だ。 ただ、契約をあと1年残すペリンは全ての打診にお断り。ユベントスはクリスティアーノ・ジュントリSDが2年延長+オプション1年を調整しており、ペリンは今後のキャリアをこちらに一本化しているとのことだ。 2024.06.24 20:55 Mon

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly