11連覇達成もバイエルン、カーンCEOとサリハミジッチSDを解任

2023.05.28 03:45 Sun
Getty Images
バイエルンは27日、ブンデスリーガ11連覇を達成した直後、取締役(CEO)のオリバー・カーン氏(53)とスポーツ・ディレクター(SD)のハサン・サリハミジッチ氏(46)の解任を発表した。
PR
カーンCEOの後任には副会長を務めていたヤン=クリスチャン・ドレーゼン氏が務めることが併せて発表された一方で、サリハミジッチ氏の後任SDは発表されていない。
バイエルンは27日、ドルトムントの躓きによってブンデスリーガ11連覇を達成したものの、3月下旬に敢行したユリアン・ナーゲルスマン前監督の電撃解任、トーマス・トゥヘル監督の就任がチーム状況を好転させたとは言えず、サポーターから退任を求める声が上がっていた。

PR
関連ニュース

ムシアラがバイエルンとの新契約を拒否? プレミアからの関心を受け退団希望か

バイエルンのイングランド代表MFジャマル・ムシアラ(21)だが、バイエルンとの新契約は結ばないつもりのようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えた。 サウサンプトンやチェルシーの下部組織で育ったムシアラは、2019年7月にバイエルンの下部組織に加入。2020年7月にファーストチームに昇格した。 これまでファーストチームで公式戦153試合に出場し40ゴール27アシストを記録。ドイツ代表としても25試合2ゴールの活躍を見せている。 バイエルンとの契約は2026年6月までとなっている中で、マンチェスター・シティ、リバプールが獲得に関心を寄せているとされている。 ムシアラに対しては、バイエルンが週給15万ポンド(約2850万円)の新契約のオファーを出す可能性があったが、プレミアリーグクラブからの関心を受け、バイエルンとの契約を結ばない可能性があるようだ。 その他にも、ユース時代を過ごしたチェルシーも関心を持っているとのこと。プレミアリーグからの関心は続くとみられ、早ければ今夏にも移籍する可能性が。果たしてどのような決断を下すのか注目が集まる。 2024.03.03 16:20 Sun

トゥヘル監督は早期解任も? CLラツィオ戦がラストマッチの可能性…

今シーズン限りでの退任が決定しているバイエルンのトーマス・トゥヘル監督(50)だが、早々に解任される可能性が出てきた。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ブンデスリーガ12連覇に向けて今シーズンを戦っているバイエルンだが、無敗を続けるレバークーゼンを前に2位につけている。 しかし、それ以上にチームの調子が上がらず、直近の公式戦5試合で1勝1分け3敗。1日に行われたブンデスリーガ第24節のフライブルク戦では2-2のドローに終わり、勝ち点を落としていた。 そんな中、5日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグでラツィオと対戦するバイエルン。トゥヘル監督は指揮を執ることとなるが、最後の試合になる可能性があるようだ。 『スカイ・スポーツ』によれば、CLで勝ち上がればシーズン終了まで指揮は確定しているとのこと。しかし、ラウンド16で敗退となった場合は、そのまま解任されることになるという。 チーム内では派閥もあるとされ、トゥヘル監督へ信頼を置いていない選手もいるとのこと。また、チームとしてパフォーマンスが安定しないことで、シーズン限りで退任するために本気で取り組んでいないという可能性も指摘されている。 ただ、早期退任となった場合に後を継ぐ適任者が見つけにくいとのこと。新シーズンからはレバークーゼンのシャビ・アロンソ監督を招へいしたい考えがあり、後任に据える監督はシーズン終了までの指揮にしたいとのことだ。 2024.03.03 14:45 Sun

バイエルンからも関心のDFロバートソン、リバプールは残留に「自信」

バイエルンから関心が寄せられているリバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(29)だが、クラブは残留に自信があるようだ。イギリス『フットボール・インサイダー』が伝えた。 ハル・シティから2017年7月にリバプールに完全移籍で加入したロバートソン。左サイドバックとしてチームを支え、プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FAカップなど数々のタイトル獲得に貢献してきた。 今シーズンはケガで出番が限られているものの、これまで公式戦282試合に出場し9ゴール64アシストを記録。リバプールを支える1人だが、バイエルンから強い関心が寄せられているという。 バイエルンはカナダ代表DFアルフォンソ・デイビスのレアル・マドリー移籍がほぼ確実視されており、来シーズンに向けては左サイドバックの補強が急務。その中で目をつけたのがロバートソンだという。 2026年夏までの契約を残しているロバートソンだが、自身を引き上げてくれたユルゲン・クロップ監督が今シーズン限りで退任。新監督は未定だが、バイエルンはそこを狙っているという。 ただ、リバプールの関係者によれば、クロップ監督退任後もロバートソンはリバプールに残るという見方が強く、引き留めに「自信」を持っているとのこと。本人の意思もあるだろうが、このままリバプールでキャリアを続けることが濃厚のようだ。 2024.03.02 23:15 Sat

バイエルンがトッテナムからレンタル中のDFダイアーの契約延長を発表、今夏フリーで移籍へ

バイエルンは2日、イングランド代表DFエリック・ダイアー(30)の2025年6月30日までのレンタル期間延長を発表した。 1月の移籍市場でトッテナムからバイエルンへのレンタル移籍が実現したダイアー。センターバックの層に問題があったチームの穴埋め役として期待され、ここまでブンデスリーガ7試合に出場し、うち5試合が先発となっている。 レンタル期間は今シーズン終了までとなっていたが、契約には1年の延長オプションも付帯。保有元のトッテナムとの契約が今シーズン限りとなっていることから、必然的にシーズン終了後のバイエルンへのフリー移籍が決まった。 バイエルンは事前合意していた条項が満たされたことで1年の延長に繋がったと発表。先日、バイエルンのスポーツ部門取締役に就任したマックス・エバール氏は、延長の経緯やダイアーの印象についてコメントを残している。 「エリック・ダイアーの契約は出場試合数の関係で、さらに1年延長された。彼は自身の特長を活かして我々のディフェンスをサポートしてくれる貴重な存在だ」 また、ダイアー本人も契約期間延長に対する想いを表明している。 「ミュンヘンで幸せだ。これで僕の将来は決まったから、自分のパフォーマンスや、クラブにどうやって貢献していくかに集中できる。そして、たとえ僕らが困難な時期にあるとしても、再び大会や試合で勝ちたい」 2024.03.02 21:13 Sat

「ポジションの規律が乱れ、自滅する場面も」 バイエルン監督が足踏みのフライブルク戦に憤慨

バイエルンのブンデスリーガ12連覇がさらに遠のきそうだ。 バイエルンは1日の第24節でフライブルクと対戦。堂安律が先発したフライブルクに開始12分で先制を許してから、35分にマティス・テルのゴールで追いつき、75分にジャマル・ムシアラのスーパーな一撃で逆転したが、87分に同点弾を浴び、2-2のドローに終わった。 これで連勝とはならず、3日に今節を控える首位レバークーゼンにも7ポイント差までしか迫れず。5日に行われ、逆転突破に勝利必須となるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのラツィオ戦に向けても弾みをつけられなかった。 ドイツ『Sport1』によると、トーマス・トゥヘル監督は『DAZN』で振り返り、特に先制を許した最初の30分間に不満げだ。 「まったくもって無秩序にプレーしたし、あまりにも規律がなく、自分たちのポジションをとれていなかった。まったくうまくいっていないのに攻撃を仕掛けて、前でボールを失い、相手のカウンターを招いた。最悪の30分だった」 また、「勝てなかったのはセットプレーからの幸運なゴールによるもので、もっとうまく守れたはず」としつつ、「ポジションの規律が乱れ、自滅する場面もあった。センターバックがサイドバックを追い越していったりね」とこう不満を続けたようだ。 「これまでの練習でやっていなければ、話をしてもいないようなことをやった。まるで85分で1点を追いかけるかのようなプレーをした。意欲の問題ではなかったと思うが、最初の30分間は何も考えずにプレーした挙句、その罰を受けた」 2024.03.02 09:35 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly