守備陣に負傷者続出の川崎FがDF田邉秀斗の電撃復帰を発表、昨季途中から千葉へ育成型期限付き移籍「チームの力になれるよう」

2023.03.13 18:29 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
川崎フロンターレは13日、ジェフユナイテッド千葉へ育成型期限付き移籍していたDF田邉秀斗(20)の復帰を発表した。

京都府出身の田邉は、静岡学園高校から2021年に川崎Fへと入団。プロ1年目はYBCルヴァンカップで2試合に出場。2年目の昨シーズンは天皇杯で1試合に出場したが、シーズン途中に千葉へ育成型期限付き移籍していた。

千葉では明治安田生命J2リーグで15試合に出場。今シーズンも継続して千葉でプレーし、J2で2試合に出場していたが、急遽の復帰となった。
川崎Fは「両クラブ・選手合意のもと期限付き移籍契約を解除した」と発表している。

背番号「15」を背負うこととなり、シーズン開幕してすぐに戻ることとなった田邉は両クラブを通じてコメントしている。

◆川崎フロンターレ
「この度、フロンターレに戻ることになりました。とにかく自分がジェフユナイテッド千葉で得た経験を存分に発揮してチームの力になれるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします!」

◆ジェフユナイテッド千葉
「まず、シーズン初めのこのようなタイミングでチームを離れてしまい本当に申し訳ありません。だからこそ、ジェフユナイテッド千葉で経験させてもらったおかげで!と言えるような自分を魅せていきますので引き続き応援よろしくお願いします!」

川崎Fでは、開幕戦でDF車屋紳太郎が負傷し、ハムストリング肉離れと診断され全治は6週間に。第3節ではDFジェジエウが負傷し、左ヒザ外側半月板損傷でブラジルへ帰国していた。

さらに、11日に行われた第4節のアルビレックス新潟戦では、DF山村和也も負傷交代。守備陣にケガ人が相次いでいることもあり、復帰となった。



関連ニュース
thumb

川崎Fが2-0で柏を下し連敗ストップ! 小林悠が先制点ゲット、登里享平のゴラッソで追撃【明治安田J1第15節】

28日、明治安田生命J1リーグ第15節の川崎フロンターレvs柏レイソルが等々力陸上競技場で行われ、ホームの川崎Fが2-0で勝利を収めた。 ホームの川崎Fは公式戦3連敗中とやや苦しんでいる中でこの一戦に臨んだ。出場停止だった脇坂やシミッチがスタメンに復帰し、小林が今季リーグ戦初先発。メンバー外が続いていたレアンドロ・ダミアンもベンチに戻ってきた。 アウェイの柏は井原監督体制となってからリーグ戦2試合目。前節は首位ヴィッセル神戸と対戦し、1-1のドローで終えていた。メンバー外となったマテウス・サヴィオの代わりに、仙頭がスタメンに名を連ねた。 試合開始直後から川崎Fが勢いのある攻撃を見せる。1分、家長と脇坂が見事な連携で右サイドを崩すと、家長のクロスが小林の下へ。左足で放ったシュートはわずかに枠を外れ、左サイドネットを揺らすに留まった。 7分には家長の強烈なシュートが柏ゴールに襲いかかる。これはGK松本が冷静に弾き出した。対する柏は最前線の細谷をターゲットにして、攻撃に出る。8分には最終ラインの裏に抜け出した細谷に後方から浮き球のパスが通るが、これはオフサイドの判定となった。 17分、川崎Fがボックス手前左でFKを獲得する。キッカーは脇坂。直接ゴールを狙ったが、ゴール左に外れてサイドネットを揺らした。 主導権を握る川崎Fに先制点をもたらしたのは小林だった。21分、高い位置からプレッシャーをかけると、立田のミスを誘い自らボールを奪う。そのままボックス内まで持ち込み、右足で冷静にシュートを流し込んだ。 32分、ボールを保持する川崎Fが右サイドから崩す。家長がカットインからクロスを送ると、前線に飛び出したシミッチが頭で合わせる。これは惜しくも枠の左へ外れ、追加点とはならなかった。 柏も川崎Fの綻びを見つけてゴールを狙う。34分、最前線の細谷がGK上福元にプレッシャーをかけ、ミスを誘発。こぼれ球をそのままシュートしたが、枠内に飛ばすことはできなかった。 その直後、今度は川崎Fがチャンスを作る。家長が右サイド相手陣内中央辺りでスライディングを仕掛け、ボールを奪い返す。すると、脇坂からボックスの右にいた山根にボールが渡り、中央へグラウンダーのクロス。ディフレクションしたボールに宮代がうまく合わせたが、GK松本が立ちはだかった。 前半の終盤に差し掛かっても川崎Fの勢いは止まらない。波に乗る小林が立て続けに2本シュートを放つ。うち1本はディフェンスに当たってコースが変わる難しいボールとなったが、GK松本が好セーブを見せ、追加点を許さなかった。 このまま1-0で折り返すかに思われたが、前半アディショナルタイムに川崎Fが念願の2点目を奪う。相手陣内左サイドでロングパスを受けた登里が脇阪とのワンツーを駆使して中央へカットイン。豪快なシュートをゴール右隅に叩き込み、リードを2点に広げた。 追いかける展開の柏は後半頭から交代カードを切る。仙頭と山田を下げ、武藤とフロートを投入。フロートが最前線に入り、細谷は右ウイングにポジションを移した。 先に動いた柏が早速チャンスを作る。51分、自陣内でボールを奪うとカウンターを発動。高嶺ガボールを運ぶと、左サイドを駆け上がった武藤にボールが渡り、カットインから右足でシュートを打つ。巻いてファーを狙ったが、わずかに枠を外れゴールとはならなかった。 川崎Fも攻撃の手を緩めない。ボックス内中央にポジションをとった宮代に楔のパスが入ると、落としを受けた大島がボックス内に侵入。GKと1対1となり左足でシュートを放ったが、左ポストに直撃し、追加点を決めることはできなかった。 67分、川崎Fは大島を下げて小塚を投入する。すると直後の68分、左のCKが右サイドに流れると、小林が上げた中央へのクロスに宮代が飛び込む。このヘディングシュートはバーの上へ超えてしまった。 柏は69分に片山に代えて三丸、73分に小屋松に代えてドウグラスをピッチに送り出すが、なかなか流れを変えられない。 そんな中、76分にアクシデントが発生する。川崎Fの山根のクロスにボックス内にいた小林が反応すると、オーバーヘッドで合わせようとする。この際の足が柏DF立田の頭に当たってしまい、立田がピッチに倒れ込んでしまう。無事起き上がったが頭へのダメージということもあり、土屋と交代することとなった。 試合は2-0のまま終盤に突入する。後半アディショナルタイムに入ってからも小林がクロスに頭で合わせ、柏ゴールを脅かす。柏も途中出場のドウグラス中心に川崎Fゴールを目指すが、力及ばず。地力の高さを見せた川崎Fが連敗を止めた。 川崎フロンターレ 2-0 柏レイソル 【川崎F】 小林悠(前21) 登里享平(前45+1) 2023.05.28 19:21 Sun
twitterfacebook
thumb

川崎のFWマルシーニョが左ハムストリングの肉離れで離脱…3月にも同箇所を負傷

川崎フロンターレは25日、FWマルシーニョの負傷を報告した。 クラブの発表によると、マルシーニョは18日に負傷。検査の結果、左ハムストリングの肉離れと診断されたとのことだ。離脱期間は受傷日から3カ月程度になる見込みだという。 マルシーニョは2021年夏に川崎Fへ加入。今季は3月にも左ハムストリングの負傷で約1カ月離脱しており、3日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節の京都サンガF.C.戦で復帰を果たしたばかりだった。 今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで8試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。 2023.05.25 12:14 Thu
twitterfacebook
thumb

J2首位の町田、川崎FのMF松井蓮之を育成型期限付き移籍で獲得「J1昇格に少しでも貢献できるよう」

FC町田ゼルビアは23日、川崎フロンターレのMF松井蓮之(23)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年5月24日〜2024年1月31日までとなり、川崎Fの対戦には出場できない。 矢板中央高校、法政大学と進学し、2022年に川崎Fへと入団。リーグ戦の出番はなく、天皇杯2試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2試合に出場した。今シーズンはここまで出番はなかった。 松井は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC町田ゼルビア 「FC町田ゼルビアのファン、サポーターの皆さん、初めまして!川崎フロンターレから来ました松井蓮之です。自分の特徴は、運動量や球際の強さ、切り替えの速さです!」 「一日でも早く試合に出て、J1昇格に少しでも貢献できるよう、またファン、サポーターの皆さんに認めて貰えるよう全力を尽くします。応援よろしくお願いします!」 ◆川崎フロンターレ 「川崎フロンターレのファン、サポーターの皆さん、いつも素晴らしい応援ありがとうございます。この1年半、なかなか自分自身が思い描くシーズンにはならなかったですが、素晴らしい環境の中でなんとか成長することができました。どんな状況の中でも常に熱い声援を送り続けてくれたファン、サポーターの皆さん本当にありがとうございました」 「期限付きとはいえ、そんな素晴らしいチームを離れるという決断をすることは簡単なことではありませんでしたし、悔しさの方が大きいです。J2とステージは違いますが試合に出続け活躍し、川崎フロンターレの戦力としてまた皆さんの前でプレーできるように頑張ってきます」 2023.05.23 20:13 Tue
twitterfacebook
thumb

「これはマジ凄い」「速すぎだぞ」横浜FCの山下諒也、衝撃のスピードでスタンドを沸かせるスーパーゴール「リレーで追い越された嫌な思い出が…」

横浜FCの快足FWが驚きを与えている。 19日、明治安田生命J1リーグ第14節の横浜FCvs川崎フロンターレが行われ、2-1で横浜FCが勝利を収めた。 前節は柏レイソルに勝利し、最下位を脱出した横浜FC。対する川崎Fは復調傾向も前節はFC東京との“多摩川クラシコ”で敗れていた。 試合は44分に井上潮音のゴールで横浜FCが先制すると、後半早々に山下諒也がとんでもないゴールを決めたと話題だ。 自陣ボックス手前からの攻撃。川崎Fのハイラインの裏に山根永遠からラフなボールが送られると、車屋紳太郎が追いかけて処理しようとする。すると、後ろからスタートしていた山下が持ち味であるスピードを存分に生かし、車屋との競争に勝利。そのままボックス内右からシュートを落ち着いて決めた。 圧巻のスピードを生かしたゴールに「これはマジ凄い」、「ちぎってるなー」、「速すぎだぞ」、「これが山下の使い方」、「車屋だって早いのよ」、「流石にこれはどうしようもない」、「運動会のリレーで追い越された嫌な思い出が…」と驚きの声が集まった。 下田恒幸アナの実況も「山下走る。車屋を追い越す。早いぞ山下。歓喜・声援がどよめきに変わった。山下打ったー」と山下の驚異的なスピードを示すものに。「まるで競馬みたい」、「F1でもいけるな」と、様々な声も集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】スタンドどよめく衝撃のスピード!圧巻の山下諒也のスピードは必見</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yRa7fQAP6y4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.05.21 21:42 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FCがカウンターからの2発で2連勝達成! 川崎Fは瀬古の直接FKで反撃も及ばず【明治安田J1第14節】

20日に明治安田生命J1リーグ第14節の横浜FCvs川崎フロンターレがニッパツ三ツ沢球技場で行われ、ホームの横浜FCが2-1で勝利を収めた。 前節の柏レイソル戦で1-0の勝利を収め、最下位を脱出した横浜FCだが、エース・小川と中盤の主力ユーリ・ララが累積警告で出場停止。長谷川が前線でスタメン起用された。 対する川崎Fは12日に行われたFC東京との多摩川クラシコを1-2で落とし、連勝が「3」でストップ。今節はFC東京戦でレッドカードを受けた脇阪のほか、中盤を支えるジョアン・シミッチも累積警告で出場停止となり、瀬古、大島、橘田の3人が中盤を務め、遠野や山村も先発出場を果たした。 先にゴールに迫ったのは川崎Fだった。4分、ボックス手前中央付近でボールを持った瀬古が右足でミドルシュート。アウト回転がかかりながら落ちていく際どいボールだったが、これは惜しくも枠を外れた。 川崎Fがボールを保持する時間が続く。26分には、相手陣内中央でボールを持った大島が最終ラインの裏に浮き球のスルーパス。遠野が反応してシュートまで持ち込もうとしたが、横浜FCディフェンス陣がなんとか防いだ。 押され気味の横浜FCはセットプレーからゴールを狙う。32分、相手陣内中央寄りの左でFKを得ると、キッカーの井上は後方の長谷川へパス。ロングボールが右サイドにいた山下に通るが、右足であげた速いクロスは弾かれてしまった。 その後も主導権は川崎Fが握るが、横浜FCがカウンターから先制に成功。44分に自陣内でボールを奪うと、パスを受けた長谷川が持ち上がり、相手陣内に侵入する。右サイドにいた伊藤へボールを送ると、ボックス内に走り込んできた井上へ浮き球のパス。頭でのトラップから反転して左足でシュートを放ち、ゴール左へとボールを流し込んだ。 横浜FCが1点をリードして迎えた後半。立ち上がりはさらに点差が広がる予想外の展開となった。48分、川崎Fのクロスを弾き返した横浜が再び自陣内からカウンターを発動。山根が相手陣内右サイドにスルーパスを送ると、山下がこれに反応してスピードアップ。追ってくるDFを振り切ってボックス内まで持ち込み、滑り込みながら打ったシュートがゴールへと吸い込まれた。 横浜FCの勢いは止まらない。51分、左サイドから右サイドへと展開していくと、ボールを受けた山根がボックス右角あたりから中央へクロスを送る。ファーに走り込んだ林が左足で合わせたが、バウンドしたボールはGKの頭上を超えてクロスバーに当たり、ゴールとはならなかった。 攻めあぐねる川崎Fはセットプレーから反撃に出る。68分、敵陣中央で得たFKのキッカーを務めたのは瀬古。GKブローダーセンの逆を突いたシュートを右隅に突き刺し、アウェイチームが1点を返した。 このまま同点に追いつきたい川崎Fは76分に小林や小塚を投入して攻勢に出る。すると86分、敵陣右サイドで得たFKのキッカーを小塚が務め、中央へ送ったクロスに小林が反応。ドンピシャのヘディングシュートがゴールに飛んだが、GKブローダーセンがビッグセーブで凌いだ。 後半アディショナルタイムに突入すると、川崎Fは山村を前線に上げるパワープレーで同点ゴールを狙いにいったが、横浜FCはうまく時間を使う。スコアは2-1のまま試合が終了し、横浜が2連勝を達成。川崎Fは痛恨の2連敗を喫した。 横浜FC 2-1 川崎フロンターレ 【横浜F】 井上潮音(前44) 山下諒也(後3) 【川崎F】 瀬古樹(後23) <span class="paragraph-title">【動画】追加点となった山下諒也の爆速カウンター弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yRa7fQAP6y4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.05.20 19:19 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly