グリーンウッドに対する起訴取り下げ…昨年1月にレイプ未遂や暴行罪で逮捕

2023.02.03 00:23 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(21)に対する起訴が取り下げられた。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

ユナイテッドで大きな期待を寄せられていたグリーンウッド。しかし、2022年1月にオンラインで流出した画像や動画をめぐる疑惑の中、元恋人に対するレイプ未遂、支配的・強制的な行動への関与、暴行の罪で逮捕。後に起訴されていた。

ピッチ外での不祥事に、クラブも声明を出し、解決するまでの活動停止を言い渡すことに。また、エレクトロニック・アーツ(EA)は『FIFA 22』からグリーンウッドを削除。スポンサー契約を結んでいた『ナイキ』も契約を終了するなど、大きな問題に発展していた。
しかし、グレーター・マンチェスター警察(GMP)は2日、グリーンウッドに対する刑事訴訟手続きが同日に打ち切られたと発表。

GMPの国民保護責任者であるミカエラ・カー主任警視は、以下の声明を発表している。

「この事件がメディアに大きく取り上げられたことを考えると、2022年1月に開始された捜査に関連して逮捕・起訴されていた21歳の男性が、これに関連する刑事手続きに直面しなくなったというニュースを共有することは、公正なことであると思います」

「捜査チームは法務チームと定期的に連絡を取り合い、最新情報を提供しています。そして、この段階での訴訟中止の根拠を理解し、この決定が軽々しくなされたものではないことを理解しています」
「一方で、この事件に対するメディアや一般の人々の関心にかかわらず、私たちはこれ以上詳細についてコメントしないことにしました」

一方、イギリス検察庁(CPS)のスポークスマンは今回の決定に際して、以下のコメントを残している。

「私たちには、事件を継続的に見直す義務があります。この事件では、重要な目撃者の撤退と新たに明らかになった資料が重なり、有罪判決の現実的な見通しが立たなくなったことを意味します。このような状況下では、私たちはこの事件を中止する義務があります」

「私たちは、この決定をすべての関係者に説明しました。私たちは、潜在的な被害者がいれば、いつでも名乗り出て警察に報告することを奨励し、私たちの法的テストが満たされれば、どこでも起訴するつもりです」

なお、現時点でユナイテッドは今回の起訴取り下げに関する反応を示していないが、今後新たな問題が発覚することがなければ、グリーンウッドに対する活動停止を解除する可能性が高いと思われる。

昨年1月22日に行われたプレミアリーグのウェストハム戦を最後に、1年以上に渡ってフットボール活動から遠ざかっているグリーンウッドだが、ここからキャリアをリスタートすることになる模様だ。

関連ニュース
thumb

三笘薫にユナイテッド移籍のススメ? OBが太鼓判「とても感銘を受けている」

マンチェスター・ユナイテッドのOBが、ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫(25)の獲得を進言した。 2021年8月に川崎フロンターレからブライトンへと完全移籍。1年目はロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへとレンタル移籍していた中、ベルギーで大きな活躍を見せてブライトンへと復帰。初のプレミアリーグでのプレーとなった中、20試合で6ゴール3アシストを記録。公式戦では27試合で9ゴール5アシストを記録するなど、チームの主軸としてプレーしている。 カタール・ワールドカップ(W杯)での「三笘の1ミリ」、そしてFAカップのリバプール戦でのスーパーゴールなどで世界的にも注目を集めている三笘だが、ユナイテッドのOBであるFWルイス・サハ氏が、クラブに獲得を進言。ブライトンからアーセナルへ今冬移籍したベルギー代表MFレアンドロ・トロサールのような活躍が見込めるとした。 「そうだ。三笘薫はエリートクラブでプレーできる。彼はとても賢く、機動性があり、機敏な素晴らしい選手だ。トロサールがアーセナルで何ができるかを見てきたが、三笘はより大きなクラブで同じことをすることができると私は信じている」 「彼は今シーズン、ブライトンで多くの一貫性を示しており、私は彼にとても感銘を受けている。ブライトンでプレーすることと、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナルでプレーすることには違いがあり、薫にとって大きな一歩となるだろう」 プレミアリーグでも実績を残し、フルアム時代には元日本代表MF稲本潤一(南葛SC)ともプレーした仲だが、ビッグクラブも狙う三笘の獲得にユナイテッドは動くだろうか。 2023.03.30 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴィエラvsキーン=アーセナルvsユナイテッド…ヴェンゲル氏が黄金期を懐かしむ「象徴的なライバル関係」

元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏が、マンチェスター・ユナイテッドとのライバル関係を懐かしんだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ヴェンゲル氏は1996年から2018年にかけて22年間アーセナルを指揮。チャンピオンズリーグ(CL)優勝には届かなかったが、プレミアリーグを3度、FAカップとEFLカップをそれぞれ7度制覇するなど、クラブに多くのタイトルをもたらした。 なかでも元フランス代表のMFパトリック・ヴィエラ氏やFWティエリ・アンリ氏、元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ氏らを擁した2000年代初頭はまさに黄金期。2003-04シーズンには伝説の無敗優勝を成し遂げている。 あの時代からおよそ20年。29日にプレミアリーグの殿堂入りが発表されたヴェンゲル氏は当時を懐かしみ、自らのチームの中軸に据えたヴィエラ氏と、何度も覇権を争ったユナイテッドの主将ロイ・キーン氏の激しいライバル関係こそ、両チームのライバル関係を象徴するものだったと振り返った。 「プレミアリーグにとって完璧とも言えるライバル関係だ。この2人の男はピッチ上で常にお互いを探し、自らの誇りと威信を賭けて戦った。誰もそこに介入しようとは思わなかったよ。アーセナルとユナイテッド…いつしか2つのクラブのライバル関係を象徴するものとなった」 「今の私はそんな彼らをテレビで見ているわけだが、どうやら『完璧なライバル』から『完璧な友達』になったようだ。ちょっと信じがたいね(笑) 以前の2人はボクサーがお互いを殺し合うかのようだったのに」 両者がピッチ上で顔を合わせたのは2004-05シーズンが最後。ヴィエラ氏は2005年夏にユベントスへ移籍し、キーン氏は2005-06シーズン開幕後にユナイテッドとの契約を解除。その後、両者はホテルで一緒にアイスクリームを食べるなどして和解していったとのことだ。 かつてはピッチ上での乱闘のみならず、試合開始前に口論がヒートアップした「トンネル事件」も有名なヴィエラ氏とキーン氏。ファンのみならず、ヴェンゲル氏のような当事者にとっても美しい思い出となっているようだ。 2023.03.30 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

契約満了迎えるデ・ヘアがユナイテッドの延長オファーを拒否? 報酬減の条件を飲まずも交渉は前向きに

マンチェスター・ユナイテッドの元スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(32)が、クラブからの契約延長オファーを断ったようだ。イギリス『The Athletic』が伝えた。 2011年7月にアトレティコ・マドリーから加入したデ・ヘア。13シーズン目を迎えたユナイテッドでも正守護神を務めている。 そのデ・ヘアだが、ユナイテッドとの契約は今シーズン終了までとなっているが、クラブは契約延長のオファーを提示したとのこと。しかし、デ・ヘアは断りを入れたという。 ただ、これは退団の意思があるというものではなく、条件面で合意に至らなかったということのよう。クラブとの交渉はこの先も続き、ポジティブに進められるようだ。 デ・ヘアは週給37万5000ポンド(約6100万円)を受け取っているとされており、クラブでもトップクラス。しかし、チームとしてはサラリーカットを考えており、条件を下げてオファーしたとされている。 もちろんデ・ヘアはこれに満足せず、オファーを拒否。クラブとしても残留させたい選手だが、相応の報酬を手にしたいと考えているようだ。 ユナイテッドは、ディーン・ヘンダーソンをデ・ヘアのライバルに置きたかったが、結果として今季ノッティンガム・フォレストへレンタル移籍。そしてシーズン終了後には戻ってこない可能性が高い。また、ブレントフォードのダビド・ラヤの獲得にも興味を見せているが、こちらはトッテナムと競合になる可能性。ライバル不在でポジションを任されることは濃厚だが、条件面で合意できるのか注目が集まる。 2023.03.30 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「私だけが認められてのものではない」…PL殿堂入りにファーガソンが心境、同時受賞のヴェンゲルとの今も明かす

マンチェスター・ユナイテッドが誇る名将、サー・アレックス・ファーガソン氏がプレミアリーグ殿堂入りにコメントした。 説明するまでもなく、26年半のユナイテッド在任期間で輝かしいキャリアを築いたファーガソン。タイトル数は実に38個で、プレミアリーグだけでも13個ものトロフィーを天高々と掲げた。 スター輩出でも一線を画すものがあり、デイビッド・ベッカムや、クリスティアーノ・ロナウドをはじめ、数えきれないほどの錚々たる名。人心掌握に長け、今も様々な逸話が語り継がれる。 そんなスコットランド生まれの名将は2013年夏にユナイテッドで勇退してから、かなりの時間が経つが、元アーセナル監督のアーセン・ヴェンゲル氏とともに監督として初の殿堂入りを果たした。 プレミアリーグのインタビューに応じたファーガソン氏は“盟友”ヴェンゲル氏との今を明かしながら、「プレミアリーグ殿堂入りを心から嬉しく思う」と喜びの心境を言葉にしている。 「このような名誉を受けるのはとても光栄なことだ。しかし、これは私といういち人間だけが認められてのものではない。マンチェスター・ユナイテッドでの仕事と長年にわたる絆が評価されてのものだ。それゆえ、クラブ、スタッフ、そして選手のことを誇りに思う」 「私の仕事はファンを幸せな気持ちで家路につかせることだった。ユナイテッドの歴史と私自身の期待感が自分の原動力となり、同じ期待感を持つ選手たちを育て、その期待に応えられるようにするのが責務だった」 「アーセンはアーセナルをファンタスティックに変貌させたわけだし、殿堂入りにふさわしいと思う。アーセナルは競争相手としてタフなチームとなり、我々2人は勝利を望み、それが我々をさらにやる気を駆り立てた」 「引退後は彼がよく知るスイスの小さなレストランに一緒に夕食を食べに行ったりしている。彼は本当に面白い人間で、一緒にいて楽しい。ワインを選ぶのはまだ私の仕事なのだがね!」 2023.03.29 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグを代表する両名将が揃って栄誉! ファーガソンとヴェンゲルが監督として初の殿堂入り

プレミアリーグのいち時代にライバルとして凌ぎを削り合った2人のレジェンド指揮官がそれぞれ栄誉ある賞に輝いた。 プレミアリーグは29日、サー・アレックス・ファーガソン氏とアーセン・ヴェンゲル氏の殿堂入りを発表。2021年の新設から、1992年にスタートのプレミアリーグを彩った選手が表彰される流れだったが、両名将が監督として史上初の殿堂入りを果たした。 ファーガソン氏は26年間にわたってマンチェスター・ユナイテッドの指揮を執り、38個の主要タイトルを獲得。アーセナルで22年間の長期政権を築いたヴェンゲル氏はファーガソン氏にタイトル数で差をつけられたが、プレミアリーグで無敗優勝を成し遂げもした。 プレミアリーグのチーフエグゼクティブを務めるリチャード・マスターズ氏は「プレミアリーグの殿堂に初めて2人の監督を迎えられ、嬉しく思う。サー・アレックス・ファーガソンとアーセン・ヴェンゲルはこの国のフットボール史に著しく貢献した」と話した。 「彼らはマンチェスター・ユナイテッドとアーセナルをそれぞれ比類ないレベルの成功に導き、その基準を引き上げ、ライバル関係でファンを興奮させ、2人の間で16個ものリーグタイトルという驚異的な功績も残した」 「サー・アレックスのマンチェスター・ユナイテッドはプレミアリーグでの21シーズンで13個のタイトルを掴み、今も類を見ないものだ。これほど長くこのレベルの成功を維持したのは彼が史上最高の監督の1人として評されるのにふさわしい」 「アーセンは時代を先取りする革新者で、他クラブが模倣するような数々の変化をアーセナルにもたらした。我々がこれまで目にしたなかで最高のフットボールをプレーし、インビンシブル・シーズンはスポーツ全般で最も偉大な功績の1つだ」 なお、元選手からも殿堂入りする者が決められる見通し。殿堂入り者は5月に開催されるイベントで表彰される。 2023.03.29 20:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly