「メッシも見惚れてる」「最高の笑顔だ」メッシも見惚れる妻の満面の笑顔に称賛の声「可愛すぎる!「キングとクイーン」

2023.01.28 22:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと妻のアントネラ・ロクソさんがドレスアップした2ショットを披露し話題となっている。昨年は悲願のワールドカップを制したメッシ。幼い頃から知るアントネラさんも夫の悲願達成を喜び、その姿が大きくフォーカスされていた。

先日はアルプスへスキーへと出かけ、雪山での姿を投稿していたメッシとアントネラさん。2人の熱いキス写真も話題となっていたが、現在はパリに戻っている。
メッシとアントネラさんは、PSGのチームメイトであるフランス代表DFプレスネル・キンペンベが主催する慈善団体のパーティーに出席していた。

アントネラさんは自身のインスタグラムを更新。ダークグリーンのタイトなドレスを着用したアントネラさんと、ネイビーのタキシードで参加したメッシは幸せそうな笑顔で2ショットを披露した。

ファンは「可愛すぎる!」、「最高の笑顔だ」、「愛している!」、「キングとクイーン」、「エレガント」、「メッシも見惚れてる」とアントネラの美しさと幸せそうな笑顔が話題となっている。

1 2

関連ニュース
thumb

「退団はキャリア最大の過ち」 45歳ブッフォンがPSG時代を悔やむ

パルマの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンがパリ・サンジェルマン(PSG)時代を振り返った。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 45歳となった今季も現役を続けているブッフォン。ユベントスとPSGを経て2021年夏に帰還したプロデビュー時の古巣パルマはセリエBとあって、なかなか勇姿を目にする機会がないが、飽くなき情熱をピッチで表現し続けている。 そんななか、かつてイタリア代表でチームメイトだった名FWクリスティアン・ヴィエリ氏のYouTubeチャンネルに出演し、選手キャリアを回想。2018-19シーズンに1年のみ在籍したPSG時代に話が及ぶと、契約延長オファーを断ったことを今なお後悔していると明かした。 「PSGでの経験は人生で最高だった…退団はキャリア最大の過ちだったと言える。子どもたちは今でも私にあの決断の理由を尋ねるんだ」 「パリでの私は心が自由で、フランス語を話し、美術館にも足を運んだ。だが、クラブはアレオラを優先的に起用したがり、それを受け入れられなかった私は年俸1000万ユーロ(約14億2000万円)を手放したのだ」 このシーズンのブッフォンはフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(現・ウェストハム)と交互に起用され、公式戦出場はブッフォンが25試合でアレオラが31試合。下部組織育ちの自国選手を優先したいクラブの思惑を受け入れられなかったという。 また、当時のチームは現在のPSGよりも強力な集団だったとし、人生最大の後悔はPSGでチャンピオンズリーグ(CL)敗退を喫した一戦だと語った。 「あの時ほどハイレベルなPSGは二度と見られないだろう。マルコ・ヴェラッティの存在の大きさを理解できたのもあの時のPSGだ。チャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦は人生最大の後悔だ…」 アウェイで行われたユナイテッドとのラウンド16・1stレグを2-0で勝利していたPSG。しかし、ホームでの2ndレグはブッフォンが失点に直結する痛恨のキャッチミスを犯してしまう。試合も1-3で敗れ、アウェイゴール差(現在は廃止)でPSGが敗退となった。 誰もが羨む偉大なキャリアにCL優勝のみが欠けているブッフォン。それだけにあのユナイテッド戦は後悔の念が大きいのだろう。 2023.03.21 20:33 Tue
twitterfacebook
thumb

呪い再び?キム・カーダシアン来訪のPSG、リーグ戦ホーム715日ぶりの敗戦に…

キム・カーダシアンさんはまたも勝利を見届けられなかったようだ。 アメリカで女優やモデル、パーソナリティなどとして活躍するキム・カーダシアンさんは、16日にヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の2ndレグ、アーセナルvsスポルティングCPをスタンド観戦。試合を楽しんでいたが、子供たちがユニフォームを着用していたアーセナルは、残念ながらPK戦の末に敗退が決まった。 19日にはパリ・サンジェルマン(PSG)のホームゲームにも往訪。リーグ・アン第28節、スタッド・レンヌ戦のゲストに招かれ、ピッチ脇での記念撮影なども行われた。 ネイマールのシャツを手にするなど、子供たちとともにPSGを応援したカーダシアンさんだが、ホームチームは0-2と、リーグ戦では715日ぶりとなるまさかの今季ホーム初黒星。この日も勝利の余韻に浸ることはできなかった。 すると、イギリス『サン』がこれをピックアップし、「キム・カーダシアンの呪いが再び」と紹介。アーセナル敗戦時にはファンから「これは呪いだな」、「だから負けたんだ」と、冗談のような愚痴が飛んでいたことから、今回もやり玉に挙げられることとなった。 当然因果関係などはなく、一種のフットボール・ジョークなのだが、715日ぶり黒星の目撃者となってしまうとは、ある意味レアケースと言えそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】子供たちはユニフォーム姿!パルク・デ・プランスのピッチ脇に登場したキム・カーダシアンさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Great to welcome special guest <a href="https://twitter.com/KimKardashian?ref_src=twsrc%5Etfw">@KimKardashian</a> to the Parc des Princes today! <a href="https://twitter.com/hashtag/PSGSRFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSGSRFC</a> <a href="https://t.co/xbWtnDTEER">pic.twitter.com/xbWtnDTEER</a></p>&mdash; Paris Saint-Germain (@PSG_English) <a href="https://twitter.com/PSG_English/status/1637482375289380866?ref_src=twsrc%5Etfw">March 19, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.20 20:25 Mon
twitterfacebook
thumb

侍ジャパン・岡本和真がMLBの元三冠王と2ショットも、サッカーファンは意外な服装に視線「なんでユニ着てるんだ」「サポーターに見える」

侍ジャパンの岡本和真内野手がインスタグラムを更新。デトロイト・タイガースのスター選手であるミゲル・カブレラ内野手との2ショットを披露したが、サッカーファンが意外なところに注目している。 現在行われているワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、普段とは異なるファーストとして侍ジャパンのスターティングメンバーに名を連ねている岡本。準々決勝のイタリア代表戦では3ランホームランを含む2打数2安打5打点の活躍でヒーローになると、「最高です」を連発したヒーローインタビューでも話題を集めた。 そのイタリア戦後、早速準決勝のメキシコ代表戦が行われるアメリカのマイアミへと移動した侍ジャパンだが、岡本は19日にインスタグラムを更新。「#憧#スーパースター#嬉しい」と綴り、カブレラとの2ショットを投稿した。 WBCにベネズエラ代表の一員として参加し、MLBでも三冠王に輝いたことのある現役のレジェンド選手との2ショットであったが、サッカーファンは別のところに注目した。 それは、岡本が着ていたTシャツ。黒をベースとしつつ、シャツ全体に黄色のラインが不均一に描かれていたそのTシャツは、実はパリ・サンジェルマン(PSG)の今季の4thユニフォーム。右胸には「Jordan Brand(ジョーダン ブランド)」のジャンプマンのロゴも描かれており、2018年から始まった人気のコラボアイテムだ。 岡本のサッカーユニフォーム姿にはファンも驚いており、「なんでPSGユニ着てるんだ」、「岡本のPSGシャツにジワる」、「岡本もPSGの4thユニ流行ってんのか」、「サッカー軽く知ってる人からみたらカブレラがPSGのレジェンドで岡本がPSGサポーターかなんかに見える」と反響を呼んでいる。 ちなみに、岡本だけでなく佐々木朗希投手も18日の練習の際にPSGの4thユニフォームを着用。侍ジャパンのユニフォームサプライヤーは「ミズノ」だが、2人はPSGのユニフォームサプライヤーでもある「ナイキ」の用具を使用しており、そこから提供されている可能性が高そうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】野球選手の貴重なサッカーユニ姿!岡本和真がPSGのユニフォームを着用</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cp8A5tUhN_L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cp8A5tUhN_L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cp8A5tUhN_L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岡本 和真(@kazuma.okamoto25)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】佐々木朗希がPSGのユニフォームを着て練習!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【WBC】佐々木朗希が大学施設内で練習「特に問題なく順調に」キャッチボールなどで調整<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E6%9C%97%E5%B8%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#佐々木朗希</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BE%8D%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#侍ジャパン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BE%8Djapan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#侍japan</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldBaseballClassic?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldBaseballClassic</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WBC2023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WBC2023</a><br><br>▼▼↓↓詳細記事はこちら↓↓▼▼<a href="https://t.co/S8I1QmOpfk">https://t.co/S8I1QmOpfk</a> <a href="https://t.co/MHKoJda3SW">pic.twitter.com/MHKoJda3SW</a></p>&mdash; 日刊スポーツ (@nikkansports) <a href="https://twitter.com/nikkansports/status/1636901643185963008?ref_src=twsrc%5Etfw">March 18, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.20 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「サッカー好きなのか?」侍ジャパン・佐々木朗希の練習着にサッカーファンが大注目!「ユニ着てるやん!」

侍ジャパンの佐々木朗希投手がサッカーファンの注目を集めた。 現在行われているワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で先発陣の一角を担う佐々木。1次ラウンドでのチェコ代表戦でも先発すると、最速164kmのストレートとフォークを武器に、3回3分の2を投げ8奪三振1失点と好投し、アメリカのマイアミで行われる準決勝メキシコ代表戦にも先発することが決まっている。 イタリア代表との準々決勝を終え、決戦に向けすぐにマイアミへと飛んだ侍ジャパン。18日には早速希望者がグラウンドに集まって練習を行っていたが、佐々木も姿を見せて軽く調整を行っていた。 多くの選手たちが侍ジャパンのTシャツ姿で汗を流す中、注目を集めたのは佐々木のTシャツだ。黒をベースとしつつ、シャツ全体に黄色のラインが不均一に描かれていたそのTシャツは、実はパリ・サンジェルマン(PSG)の今季の4thユニフォーム。右胸には「Jordan Brand(ジョーダン ブランド)」のジャンプマンのロゴも描かれており、2018年から始まった人気のコラボアイテムだ。 意外なチョイスには、ファンも「佐々木朗希君まさかのPSG推しですか」、「サッカー好きなんかな?」、「練習のときPSGのユニフォーム着てるやん!!」、「お菓子渡してたときも着てたな」と驚いていた。 佐々木は、PSGのユニフォームサプライヤーでもある「ナイキ」と契約しており、そこから提供されている可能性も高いが、この4thユニフォーム以外にもPSGのコラボアイテムを度々着用しており、お気に入りのようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】佐々木朗希がPSGのユニフォームを着て練習!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【WBC】佐々木朗希が大学施設内で練習「特に問題なく順調に」キャッチボールなどで調整<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E6%9C%97%E5%B8%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#佐々木朗希</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BE%8D%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#侍ジャパン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BE%8Djapan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#侍japan</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldBaseballClassic?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldBaseballClassic</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WBC2023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WBC2023</a><br><br>▼▼↓↓詳細記事はこちら↓↓▼▼<a href="https://t.co/S8I1QmOpfk">https://t.co/S8I1QmOpfk</a> <a href="https://t.co/MHKoJda3SW">pic.twitter.com/MHKoJda3SW</a></p>&mdash; 日刊スポーツ (@nikkansports) <a href="https://twitter.com/nikkansports/status/1636901643185963008?ref_src=twsrc%5Etfw">March 18, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.20 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「言い訳できないが、理由もある」…PSG指揮官、W杯後7敗目も解任恐れず

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督が振り返っている。フランス『Le Parisien』が報じた。 19日のリーグ・アン第28節でスタッド・レンヌをホームに迎え撃ったPSGは45分に先制を許すと、後半早々の48分にも失点。リオネル・メッシとキリアン・ムバッペが核となる攻撃陣も沈黙して、0-2で敗北した。 首位の座こそ譲らずだが、代表ウィーク前の一戦で今季のリーグ戦ホーム初黒星となり、リーグ戦4連勝がストップ。ガルティエ監督は肩を落とした。 「負ければいつだって動揺する。スタンドから見えたもの、ベンチから見えたもの、そして私が目にしたものでね。特に、前半終了間際の大事なシーンでの失点が印象に残る。後半3分も危険な形でボールを奪われ、失点した。諦めないチームを相手に0-2で負けていると難しくなる」 「この試合の満足するはずがないが、状況や欠場者の数を鑑みると、守備の乱れが生じるのは覚悟の上だった。罰を受けたんだ。ビハインドを負うと、複雑な展開になってしまう。後半に勢いづくためにもゴールを期待したが、残念ながらそうならなかった」 チャンピオンズリーグ(CL)でベスト16敗退後、より騒がれる進退にも拍車をかけそうなリーグ戦での完封負けだが、56歳のフランス人指揮官はその件にも触れた。 「(この敗北が現職を脅かす?) ノーだ。私は2年間のプロジェクトに参加するために来た。誰もがシーズンの終わりに何が起こるかを推測しているが、私の目的はチャンピオンになることだ」 「(この敗北が首脳陣を考えさせる?) おそらくね。だが、状況を整理する必要がある。8人もの選手を欠き、ティモシー・ペンベレも負傷交代してしまったんだ」 「これで(カタール・)ワールドカップが終わってから、7つ目の黒星。言い訳なんてできないが、理由もある。もっと正確に物事を分析しないといけない。だが、繰り返すが、まだ10試合もある」 「まだ先があるし、フランス王者になるために全力を尽くす。2週間後のリヨン戦では何人かの選手が戻ってくる。より競争力のあるチームになっているのを期待している」 2023.03.20 13:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly