清水MF鈴木唯人がチーム離脱! 海外移籍の手続き準備

2023.01.25 10:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは25日、MF鈴木唯人(21)のチーム離脱を発表した。

理由は海外移籍を前提とした手続き準備のため。最近ではGK川島永嗣も所属するリーグ・アンのストラスブールにレンタル移籍の見通しが報じられている。

2022年1月のA代表合宿にも呼ばれ、2024年のパリ・オリンピックを目指す世代別代表でも中心を担う鈴木は市船橋高校の出身。2020年に清水でプロ入りした。
清水ではルーキーイヤーから主力に。明治安田生命J1リーグでは1年目から30試合(0得点)、33試合(2得点)ときて、昨季も20試合(3得点)の出場数を記録した。

関連ニュース
thumb

代表復帰の川辺駿、原輝綺とともにグラスホッパーを退団…ともに保有元クラブに復帰

日本代表MF川辺駿(27)がスイス・スーパーリーグのグラスホッパーを退団する。25日付けのクラブ発表によると、川辺らローン選手3名に契約満了の2名、そして、1名がボーフム移籍に伴い、今季限りで退団するという。 2021年7月にサンフレッチェ広島からグラスホッパー入りし、初の海外挑戦を果たした川辺は初年度から公式戦36試合で7得点4アシストを記録。その半年後後にオーナーが同じ姉妹クラブであるウォルバーハンプトン移籍を決めた。 だが、3年半契約のウォルバーハンプトンに渡らず、今季を含め、レンタルプレーヤーとしてグラスホッパーに残留。その今季も公式戦33試合の出場で9ゴールにアシストも10個と存在感を示し、来月6月の日本代表から招集を受けた。 なお、今冬に清水エスパルスから半年ローンで加入したMF原輝綺(24)もここまで12試合の出場数を記録する今季をもって退団。グラスホッパー側によると、今後は川辺と同じく保有クラブのもとに戻るという。 2023.05.26 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

「さわやか」「めっちゃいい」清水が夏季限定ユニフォーム発表! オレンジなしの“エメラルドグリーン”「オレンジがないの斬新」

清水エスパルスは26日、2023シーズンの限定ユニフォームを発表した。 2023 シーズンLIMITED UNIFORM は、エスパルスのオフィシャルカラーのひとつである「エスパルスエメラルドグリーン」を初めて採用した限定カラーのユニフォーム。夏限定で着用される。 このLIMITED UNIFORM は、PUMA グローバルコンセプトである『CELEBRATING THE ROOTS』に基づきデザインされたシーズンレギュラーユニフォームの世界地図をピックアップし、これを爽やかなエスパルスエメラルドグリーンの上に、スプレーで描いたようにボカして配置することで、これまでのエスパルスのユニフォームでは珍しい、シンプルでストリート感のあるデザインとして表現されている。 また、ユニフォームのフロント左裾には、清水サッカーの原点・清水エスパルス誕生のきっかけともいえる「清水FC」の創設55 周年を記念したロゴをあしらい、清水サッカーの歴史へのリスペクトと特別感を表現している。 このLIMITED UNIFORMは、7月29日のファジアーノ岡山戦、8月19日のFC町田ゼルビア戦、9月3日の徳島ヴォルティス戦で着用。先行予約は6月1日の19時から、一般販売は7月21日からとなり、予約販売で完売した場合は終了となる。価格は1万7600円。1800枚限定での販売となる。 斬新なカラーリングのユニフォームには「かっこいいなぁ〜」、「オレンジがないの斬新」、「さわやか」、「これはやばい」、「好きな色味」、「斬新な色」、「これで4色かぁ」、「めっちゃいい」というコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】清水の夏限定ユニフォームはエメラルドグリーン!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="vmD5K5v-ebs";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CssMqF0BOAe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CssMqF0BOAe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CssMqF0BOAe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">【公式】清水エスパルスSHIMIZU S-PULSE(@spulse_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.05.26 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「自信を感じられる1勝に」好調維持の清水を下し今季初連勝の千葉、小林慶行監督は交代選手称える「間違いなくチームに力を」

ジェフユナイテッド千葉の小林慶行監督が、清水エスパルス戦の勝利を喜んだ。 17日、明治安田生命J2リーグ第16節で千葉はホームで清水と対戦した。 今シーズンから小林監督が率いる千葉。しかし、開幕から苦しむとここまで連勝がないまま来ていた。 シーズン初の連勝を目指した千葉だったが、前半から互いに譲らずに決定機もあまりないまま時計の針ばかりが進んでいく。 後半に入ってもなかなかゴールは生まれず。それでも選手交代で徐々にペースを握ると、88分にロングスローのこぼれ球をこの日が誕生日の米倉恒貴が蹴り込み先制。最後は攻め込まれるが、しっかりと守り切り1-0で勝利。8戦無敗の清水を下し、今季初の連勝を収めた。 小林監督は試合後の記者会見で、難しい試合になると予想していたが、自分たちがやってきたことをしっかりと出せたと振り返った。 「相手のクオリティだったり、勢いを考えたとき、もちろん難しいゲームになるだろうと思っていた。選手たちと共有したことは、リスペクトし過ぎず、自分たちが積み重ねてきたものを表現できるようにしっかり戦っていこうというところだった」 「もちろん、ゲームの中では彼らのクオリティの部分で押し込まれるシーンだったたりとか、決定機と言われるような場面も作られたかもしれないが、それに対して粘り強く守れていた」 「あとは、自分たちでもチャンスを作れていたというところ。最後の最後で…というところでのシーンはやっぱりあるので、それをなんとかゴールにねじ込めるようにトレーニングしていきたいという部分は、引き続き自分たちの課題として残っている」 「ただ、こういうゲームを物にする。ホームに関してはどんな相手でも勝たなければいけない場所だと思っている。今日もたくさんの方が来てくれた中で、皆さんの喜ぶ顔が見られたのは凄く大きなものになった。次のゲームが近いので、しっかりリカバーしてということも含めて選手に伝え、解散した」 この試合では清水のサイド攻撃に手を焼木、最後は中で崩されるというシーンもあった。ある程度予想はしていた中で、クリーンシートを達成できたことを喜んだ。 「最初のところでサイドハーフのケアや連動で押し返せるシーンを作れれば良かったが、中央で流動的に動かれて、そこを間、間に入られたら外となると、対応は難しい。最後の最後で後ろで跳ね返すしかないということを考えると、致し方ない部分はある」 「自分たちの理想としては大いう形にはしたくない。そういうシーンを作られる、最後の最後は2CBで跳ね返すというのは共有していたので、そういった中でしっかりゼロで守れたと思う」 しっかりと前半を耐えると、後半は中央でボールを奪う回数が増えていく。その結果、最後のゴールにつながった。 「ハーフタイムではしっかり続けていくということ。サイドハーフのところの牽制はもう少しいけるんじゃないか。牽制に関しては引き続きやろう」と選手たちに伝えたという小林監督。選手交代に対しても、「パワーを持った選手が出た時間帯は、スタメンの選手がいる時間もそうでしたが、あのタイミングは自分たちの時間でプレーできていたので、守備の部分でしっかりプレスをかけて、良い奪い方をしたのが大きかったと思う」とコメントした。 そのボール奪取が増えた理由については「それは個の能力だと思う」と語った小林監督。「小林祐介、(見木)友哉もそうだが、彼らのポジショニングや予測。交代して入ってきた(熊谷)アンドリューも含め、彼らの個の力は大きいと思う」と選手たちの個の能力の高さを称えた。 チームとしては「サイドの牽制があり、外に誘導してボールを奪いたいというのがベースとしてある」としながらも、「その中で、彼ら自身がコミュニケーションをとってやっていたかもしれないし、この判断でいけるというのがあったかもしれない」とコメント。ベースがありながら、ピッチ内で選手たちが判断できたことも結果に繋がったようだ。 好調を維持し、直近の2試合で14得点を決めていた清水を完封した。「もちろん凄く大きな自信になると思う。後は新たにチャレンジしていることの結果が出ないと、パワーを出せないというのはチームは生き物なので、抱えていた部分でもある。自分たちがやっていることをしっかり表現しようということ。守備だけでなく、攻撃でもやっていって、さらに自分たちが大きな成長を遂げるための1勝になれればと思った」とコメント。やってきたことへの自信を感じられる1勝になって欲しいと語った。 そしてチームの勝利に大きく貢献した交代選手についても「交代して入ったメンバーが間違いなくチームにさらなる力を与えてくれた」と称賛。「交代メンバーが出た時に相手に対して圧力をかけたいですし、フレッシュなパワーというところ。もっとチームとしてやらなければいけないが、今日のゲームに関しては間違いなくチームにパワーを与えてくれた。そういうチームでありたいと思う」と、スターティングメンバーだけでなく、ベンチメンバーも勝利に貢献できるチームを目指したいとした。 2023.05.18 00:57 Thu
twitterfacebook
thumb

「勝負はワンプレーで決まる」9試合ぶり黒星の清水、秋葉忠宏監督は失点シーンに喝「全く他人事」「執念が足りない」

清水エスパルスの秋葉忠宏監督が、ジェフユナイテッド千葉戦の敗戦に喝を入れた。 17日、明治安田生命J2リーグ第16節で清水はアウェイで千葉と対戦した。 開幕から7戦未勝利という中で監督交代に踏み切った清水。秋葉忠宏監督が就任してからは、6勝2分けの8戦無敗で5位にまで浮上していた。 3連勝を目指して中3日で臨んだ千葉戦だったが、集中した千葉のパフォーマンスの前に決定的なチャンスをなかなか作れないでいく。 一方で守備面でもしっかりと千葉の攻撃に対応。シュートも互いにそれほど多くなく後半を迎えたが、こう着状態が続く。 清水は選手交代で流れを掴みにいくが、千葉も交代して入った選手が中盤を制圧してボール奪取が増えると、88分にロングスローの流れからこの日が35歳のバースデーだった米倉恒貴がこぼれ球を蹴り込み千葉が先制。そのまま試合は終わり、清水は9試合ぶりに敗戦。秋葉監督就任後のリーグ戦で初黒星となった。 試合後、秋葉監督は失点シーンのプレーに厳しい言葉を並べた。 「勝ち続けると言ってきた中で、ワンプレーの重み。そこがまだまだ足りないから勝ち点を1つも持って帰れない。まだまだヌルさとか、勝つための執念とか、勝ち点を持って帰るだけの力強さとかタフさとか。何が何でも取るんだという執念が足りない」 「(次戦まで)たった3日しかないですけど、しっかりと歯を食いしばって、ファイティングポーズを取り続けて、3日後はリバウンドメンタリティを見せて、必ず勝ち点3を取って清水に帰りたいと思っている」 「そのためにも点が取れなければ、勝ち点3は転がってこない。まだまだチャンスも少ないし、もっともっとゴールに向かう姿勢、ボックス内の人数。コンディションを整え、映像を見るぐらいしかできないですが、全員でやらなければいけないと思っている」 「ただ水曜日にも関わらず、これだけのサポーター・ファミリーが来てくれたことが嬉しいからこそ、彼らにしっかり報いれるように。3日後は大勢また来てくれると思うので、必ずクラブ、サポーター・ファミリー、一丸となって町田に勝ちたいと思う」 ワンプレーで黒星となってしまった清水。選手たちにはそこを注意していたが、それでも出てしまい、2度と同じ過ちで失点はしないと語った。 「ワンプレーの重みだという話。1点差ゲーム、そんなに甘くないと。これからアウェイで千葉、町田と続く中で、ワンプレー。たった1つのプレーで、勝ち点が取れるのか、逃げるのか。そう言うゲームになると言ったにも関わらずだ」 「それ以外では素晴らしいプレーを見せてくれたが、全部がダメということは全くない。ただ、勝負というのはあのワンプレーで決まるので、あそこで必死になってやったのなら問題ないが、ボックス内でボールが弾むなんて、全く他人事にしか見えなかった。ああいったものは今後2度とないように、今回が最後になるようにまたやって行きたいと思う」 また、攻撃面もフィニッシュワークが上手くいかずに無得点。勝つためにはゴールが必要だとし、突き詰めていきたいと語った。 「千葉さんがだいぶリスペクトしてくれて、非常に高い集中力、ホームらしく最後の最後まで粘り強く体を張って守ってきた。でも、こういうゲームは増える。こういう相手にアウェイでも。ホームであれば間違いなく勝ち点3を取れると思うが、アウェイでも相手を捩じ伏せなければ順位は縮まっていかない」 「その中でどう違いを見せるのか、どう執念みたいなもの。たった一歩、1cm、ワンプレーの重みをしっかり受け止めながらやれるかどうかだと思う。チャンスが全くないわけではなかったが、あれをなぜ決められなかったのか。そこにこだわってやっていきたい」 課題が見えた千葉戦。秋葉監督は、まだまだメンタリティの部分が足りていないとかたり、しっかりと結果を残せるようにしたいとした。 「すぐ原因がわかれば苦労はしないが、去年降格する、なかなか勝てないとか、そういうものがまだ抜けきっていないと思う」 「そこを根こそぎ変えるだけのパワーとか、全員で勝つことへの執着。勝って勝って勝ちまくるんだという、勝者・強者のメンタリティ、常勝軍団になるという気概を見せなければ、何もせずに転がってくることはない。まだまだ足りないということなので、今以上に今の2倍、3倍出せるようにやっていきたい」 2023.05.18 00:05 Thu
twitterfacebook
thumb

千葉が米倉の35歳バースデー弾で秋葉体制無敗の清水に土をつける! いわきは大宮との裏天王山制し最下位脱出【明治安田J2第16節】

17日、明治安田生命J2リーグ第16節の全11試合が各地で行われた。 直近2試合で脅威の14ゴールを叩き出し、2連勝中の5位・清水エスパルス。チアゴ・サンタナや乾、中山といったリーグ最強の攻撃陣が好調をキープするなか、15位ジェフユナイテッド千葉とのアウェイゲームに臨んだ。 前半は立ち上がりから鋭い出足を見せて10本のシュートを放ち、ポゼッションも大幅に千葉を上回る。26分に乾が、39分にチアゴ・サンタナが惜しいシュートを放ったものの、肝心のゴールは奪えず0-0で試合を折り返す。 清水の秋葉監督はハーフタイムにホナウドを下げて白崎を投入するなど接触的な采配を見せたが、ゴールを奪えないまま迎えた試合終盤の87分、この日が35歳の誕生日である千葉の米倉にバースデーゴールを許し、0-1の敗戦に。連勝は2で止まり、秋葉体制9試合目にして初黒星を喫した。 清水との前節を0-5で大敗した藤枝は2試合連続の静岡ダービーに臨んだ。ジュビロ磐田をホームに迎え撃つも、得点ランキング首位の絶対的エース渡邉が59分に2枚目のイエローカードで退場に。数的不利に陥った藤枝は67分にCKからリカルド・グラッサに先制点を奪われる。 4試合白星がないなかで勝ち点1でも積み上げたいところだったが、反撃に力はなく、0-1で敗戦。4連敗となり、ホームに徳島ヴォルティスを迎え撃つ次節は頼みの渡邉も欠く苦しい状況となった。 15試合で失点わずか「7」と、堅守が光る首位のFC町田ゼルビアはホームでレノファ山口FCと対戦。14分、ミッチェル・デュークが右サイドからのクロスを頭ですらせてネットへ流し込み、1点リードで前半を終える。終盤83分には下田が貴重な追加点をゲット。2-0と完勝を収めた。なお、今節は2位の大分トリニータがモンテディオ山形に敗れたため、今節後に2位へ浮上した東京ヴェルディとの勝ち点差が「4」から「7」に広がる大きな白星となった。 21位の大宮アルディージャと最下位のいわきFCによる裏天王山。両者の勝ち点差が「2」という状況でキックオフを迎えたなか、16分に大宮の袴田が先制点を叩き込むも、5連敗中のいわきも22分に山口のゴールですぐさま同点とする。 1-1で迎えた後半、いわきは59分にFKのチャンスを得ると、山下のクロスに遠藤が頭で合わせて逆転。このまま2-1で逃げ切り、6試合ぶりの白星を挙げている。また、大宮との順位も入れ替わり、最下位を脱出している。 ◆J2第16節 モンテディオ山形 5-0 大分トリニータ V・ファーレン長崎 0-0 ファジアーノ岡山 徳島ヴォルティス 2-0 ツエーゲン金沢 藤枝MYFC 0-1 ジュビロ磐田 FC町田ゼルビア 2-0 レノファ山口FC ロアッソ熊本 0-1 ベガルタ仙台 ザスパクサツ群馬 2-1 水戸ホーリーホック 栃木SC 0-2 東京ヴェルディ いわきFC 2-1 大宮アルディージャ ブラウブリッツ秋田 0-1 ヴァンフォーレ甲府 ジェフユナイテッド千葉 1-0 清水エスパルス 2023.05.17 21:37 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly