ビラMFサンソンがストラスブールへ! 買取OPなしの半年ローンが決定

2023.01.24 08:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストラスブールは23日、アストン・ビラからフランス人MFモルガン・サンソン(28)のレンタルを発表した。契約は今季終了までの買取オプションなし。背番号「8」をつける。

2021年1月にマルセイユからビラに加入したサンソン。ル・マン、モンペリエ、マルセイユを渡り歩くフランスでのキャリアを経て、イングランドに活躍の場を移したセントラルMFだが、定位置確保といかず、今季もここまで公式戦3試合の出場にとどまる状況だった。

今年1月のFAカップでようやく今季初先発のチャンスが巡り、1ゴールを記録したが、母国帰還を決断したサンソンは「この数カ月のリベンジを果たさないといけない。フットボールをやる楽しさを再び見つけたいと強く思う」とコメントしている。

関連ニュース
thumb

【リーグ・アン日本人選手】最終戦で南野vsオナイウの日本人対決! 伊東は先制点起点も逆転負け…

リーグ・アン最終節が今週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズにFWオナイウ阿道、モナコにFW南野拓実、スタッド・ランスにFW伊東純也の3選手が新たに参戦。また、今冬にはストラスブールにMF鈴木唯人が加入した。 この最終節では伊東とオナイウが共に先発出場し、日本人対決が実現。南野は[4-4-2]の左サイドハーフ、オナイウは[3-4-3]の右ウイングでプレーし、同サイドでマッチアップする形となった。 試合は比較的静かな入りとなった中、ホームのモナコでは南野がスタートは内側にポジションを取りながらボールに絡んでいく。10分にはペナルティアーク付近で縦に仕掛けて左足を振るが、これは精度を欠く。一方、オナイウはチームがカウンターを主体に攻める中、最前線に入るチャイビとポジションを変えながら背後を狙った仕掛けで攻撃に関与。前半終盤には味方のシュートにゴール前で反応しコースを変えるヘディングシュートや、ハーフタイム直前にはボックス内に持ち込んで右足を振る場面を作るが、枠に飛ばせない。 ゴールレスで迎えた後半、より勝ち点3がほしいモナコは53分に2枚替えを敢行。ここで南野はMFディオプとの交代でピッチを後にした。一方、後半守勢のトゥールーズは60分に3枚替えを敢行。オナイウはFWラファエル・ハットンとの交代で南野に続いてベンチへ下がった。 その後、試合はオープンな展開の中でトゥールーズがFWアブクラルのゴールで先制するが、モナコも失点直後にFWベン・イェデルのゴールで追いつく。以降はモナコペースで進んだものの、なかなか決定機を決め切れずにいると、94分にはトゥールーズが見事なロングカウンターからFWヒーリーのゴールで土壇場で勝ち越しに成功。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、敵地で2-1の勝利を収めたトゥールーズが13位フィニッシュ。敗れたモナコは6位フィニッシュでヨーロッパコンペティション出場権を逃す痛恨の結果に。 伊東はホーム最終戦となったモンペリエ戦で先発出場。11位のランスと12位のモンペリエの中位対決は一進一退の攻防に。その中で序盤は効果的にチャンスに絡めずにいた伊東だが、時間の経過と共に右サイドと中央を行き来しながら中継役やパサーとして存在感を示す。そして、自身の絶妙なスルーパスから演出した決定機の直後に先制点を演出。28分、右CKの場面でキッカーとして正確なクロスを入れると、ニアでDFフォケが頭でフリックしたボールをFWバログンがダイレクトで蹴り込んだ。アシストは付かなかったものの、先制点に絡んだ伊東は以降も鋭い縦への仕掛けで局面を打開するなど上々のパフォーマンスで試合を折り返した。 しかし、後半はランスにとって厳しい展開に。立ち上がりの54分にMFサヴァニエのクロスからFWワイにヘディングで同点ゴールを許すと、直後の59分には自陣ボックス内でのミスからFWノルダンに逆転ゴールを奪われる。さらに、選手交代で流れを変えようと準備をしていた76分にトドメの3点目をワイに決められた。ホーム最終戦で負けられないランスはここから攻撃的なカードを切って最後までゴールを目指したが、逃げ切り態勢に入ったモンペリエを前に徹底マークに遭った伊東もクロス以外で見せ場を作れず。この結果、ホーム最終戦で逆転負けのランスは11位でシーズンを終えることになった。 また、鈴木はロリアンとの最終節で途中出場。1-2のビハインドを背負った状況で5試合ぶりの出場を果たした中、前線と中盤の繋ぎ役としてボールを捌いたものの、決定的な仕事には至らず。敗れたチームは15位で今シーズンを終えることになった。 ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽6/3 スタッド・ランス 1-3 モンペリエ ◆フル出場 ■2022-23シーズン成績 35試合出場、6ゴール6アシスト ★南野拓実[モナコ] ▽6/3 モナコ 1-2 トゥールーズ ◆53分までプレー ■2022-23シーズン成績 18試合出場、1ゴール4アシスト ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽6/3 モナコ 1-2 トゥールーズ ◆60分までプレー ■2022-23シーズン成績 34試合出場、2ゴール1アシスト ★川島永嗣[ストラスブール] ▽6/3 ロリアン 2-1 ストラスブール ◆ベンチ入りせず ■2022-23シーズン成績 出場0 ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽6/3 ロリアン 2-1 ストラスブール ◆79分から途中出場 ■2022-23シーズン成績 3試合出場、1ゴール 2023.06.04 06:05 Sun
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】伊東がリヨン相手に2度ネット揺らすもオフサイドに…オナイウは途中出場

リーグ・アン第37節が今週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズにFWオナイウ阿道、モナコにFW南野拓実、スタッド・ランスにFW伊東純也の3選手が新たに参戦。また、今冬にはストラスブールにMF鈴木唯人が加入した。 伊東はリヨンとのアウェイゲームで先発出場。チームはセンターバックに離脱者が重なったことを受け、DFアグバドゥを除く本職不在で3バックを組む[3-5-2]の布陣を採用。伊東はFWバログンと共に2トップの一角に入った。 3戦ぶりの勝利に向けて力強い入りを見せたかったランスだが、ホーム最終戦で気合いが入るリヨンに対して、急造バックラインがいきなり脆さを露呈してしまう。開始2分、快足FWバルコラに左サイドを崩されると、バルコラのクロスがDFアグバドゥのオウンゴールに繋がった。さらに、9分には背後へ抜けたバルコラの折り返しを、ゴール前でフリーのFWラカゼットに豪快に右足で蹴り込まれ、早々の2失点となった。そして、この連続失点を受け、ウィル・スティル監督は[4-2-3-1]へ並びを変更し、伊東は右ウイングにポジションを変えた。 リヨンの2点リードもあって、ここからランスもボールを持てるようになって攻勢を強めていく。伊東が右サイドからの正確なクロスでチャンスを演出すると、バログンやFWフィリプもボックス付近で足を振る。さらに、前半終了間際の40分にはゴール前で味方のクロスのこぼれに反応した伊東が連続シュートでゴールネットを揺らすが、2試合連発の今季7点目かに思われたこのゴールはMFエドアの抜け出しの場面でのオフサイドを取られて幻に。 結局、2点ビハインドで試合を折り返したランスはイーブンの立ち上がりを見せたが、54分にはボックス手前でラカゼットに完全に入れ替わられたアグバドゥが手をかけて突破を阻止。オンフィールド・レビューの結果、決定機阻止との判定でレッドカードが掲示された。これでより厳しくなったものの、攻撃陣で一人気を吐く伊東は69分に大きな見せ場を作る。左サイドを見事に突破し、ゴールライン際から際どいクロスを供給。さらに、二次攻撃からDFブシの右クロスをゴール前で冷静に収めて右足のシュートを流し込む。だが、今度は味方ではなく自身のオフサイドで再びゴールは認められず。 その後は防戦一方の戦いを強いられた中、82分にはMFカクレが味方に合わせる狙いで蹴ったFKがそのままゴールネットに決まり、リヨンの勝利を決定づける3点目が生まれた。後半終了間際には伊東もベンチに下がり、試合はこのまま3-0でタイムアップ。2度のオフサイドでゴール取り消しの伊東はフラストレーションが溜まる形で敵地での試合を終えることになった。 オナイウはホーム最終戦となったオセール戦で途中出場。残留争いに身を置くアウェイチームに対して、1-1のイーブンの83分に投入されたオナイウ。だが、敵地から勝ち点1を持ち帰ろうと割り切った相手にチーム全体で攻めあぐねたままタイムアップを迎えた。 なお、南野と川島、鈴木の3選手は今節いずれも出番なしに終わっている。 ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽5/27 リヨン 3-0 スタッド・ランス ◆93分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽5/27 スタッド・レンヌ 2-0 モナコ ◆ベンチ入りも出場なし ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽5/27 トゥールーズ 1-1 オセール ◆83分からプレー ★川島永嗣[ストラスブール] ▽5/27 ストラスブール 1-1 パリ・サンジェルマン ◆ベンチ入りせず ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽5/27 ストラスブール 1-1 パリ・サンジェルマン ◆ベンチ入りも出場なし 2023.05.28 06:16 Sun
twitterfacebook
thumb

PSGが2年連続11度目のリーグ制覇!ストラスブールは残留を決める《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は27日、リーグ・アン第37節でストラスブールと対戦し1-1の引き分けに終わった。この結果、PSGが2年連続11度目のリーグ制覇を達成した。なお、ストラスブールのGK川島永嗣はケガのため欠場、MF鈴木唯人はベンチ入りも出場機会はなかった。 引き分け以上でリーグ連覇の決まる首位PSG(勝ち点84)は、前節のオセール戦からスタメンを3人変更。マルキーニョス、ファビアン・ルイス、エキティケに代えてビチャーブ、ヴィティーニャ、レナト・サンチェスをスタメンで起用した。 引き分け以上で1部残留が決定する15位ストラスブール(勝ち点39)に対し、立ち上がりからボールを保持するPSGだが、激しいプレスでビルドアップに制限をかけられ、なかなかシュートまで持ち込めない時間が続く。 それでもPSGは、29分にセットプレーから最初の決定機を迎える。メッシの左CKを中央でフリーとなったレナト・サンチェスが右足ボレーで合わせたが、シュートはGKセレスのファインセーブに防がれた。 チャンスを逃したPSGは38分にピンチ。自陣からのロングパスをボックス手前で競り合ったディアラが頭で落とすと、これを拾ったディアロがミドルシュート。しかし、これは右ポストを直撃し難を逃れた。 ゴールレスで迎えた後半もう膠着状態が続く中、PSGは59分に先制する。ダニーロのロングパスをボックス左で収めたムバッペが折り返すと、走り込んだメッシがゴールエリア左手前からシュートをゴールに突き刺した。 先制したPSGだったが、79分に追いつかれる。ボックス右から侵入したガメイロの折り返しをサンソンがダイレクトシュート。これはGKドンナルンマに弾かれたが、こぼれ球に素早く反応したガメイロが飛び出したGKの上を抜くチップキックシュートでゴールに流し込んだ。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。勝ち点1を分け合った両者は、PSGが2年連続11度目のリーグ優勝を、ストラスブールが残留を決めている。 2023.05.28 06:05 Sun
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】伊東が11試合ぶりの今季6点目! 終盤に圧巻ドリブル突破もチームは格下相手にドロー

リーグ・アン第36節が今週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズにFWオナイウ阿道、モナコにFW南野拓実、スタッド・ランスにFW伊東純也の3選手が新たに参戦。また、今冬にはストラスブールにMF鈴木唯人が加入した。 伊東はアンジェ戦に先発出場。2試合ぶりの勝利を目指すウィル・スティル率いるランスは変則的な[4-2-3-1]を採用し、伊東は右ウイングに入った。すでに降格が決定している最下位のアンジェに対して、伊東の左足がいきなり火を噴く。10分、最後尾のDFアブデルハミドから対角のフィードを受けた伊東は絶妙なファーストタッチで足元にボールを収めると、そこから内側に切り込んで左足を一閃。鋭い低弾道のシュートがゴール右下隅を射抜いた。 伊東の11試合ぶりとなる今季6点目で先手を奪ったホームチームは、以降もスムーズにボールを動かしながら試合をコントロール。伊東も積極的にボールを引き出し、クロスやラストパスでチャンスシーンを演出していくが、チームとしてはなかなかシュートまで持ち込めず。ただ、相手に決定機を許すことなく1点リードで試合を折り返した。 迎えた後半、キックオフ直後の集中力の欠如からファーストプレーで同点に追い付かれたランスだが、54分にはセットプレーの二次攻撃からエースのFWバログンがボックス内でのフリーのシュートチャンスで確実に決め切ってすぐさま勝ち越しに成功する。だが、リードを守り切れないホームチームは59分にMFアブデリに強烈なミドルシュートを決められて2-2のタイに戻された。 最下位相手に勝ち点3がほしいランスはここから選手交代を交えながら攻勢を強めていく。その中で伊東はクロスからチャンスを演出しつつ、70分にはボックス内で左足を振ってゴールに迫るが、DFにディフレクトしたボールはクロスバーを越えた。その後、2-2のまま試合は最終盤に突入すると、伊東が最後の最後に見せ場を作り出す。左サイドのスペースでDFに囲まれながらも強引に縦へ仕掛けると、驚異的なスピードと馬力で局面を打開。ボックス左ライン際から絶妙なマイナスのパスを味方に繋ぐが、マオリダがシュートを大きくふかしてしまった。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、伊東がゴールにチャンスメークと存在感を放ったが、ランスは格下相手のドローで2戦未勝利となった。 直近2試合連続スタメン出場が続いた南野だったが、リヨン戦では3試合ぶりのベンチスタート。拮抗した試合展開の中で後半の途中投入が期待されたものの、最後まで出番は訪れず。チームもアウェイで1-3の敗戦となった。 また、オナイウとストラスブールの川島と鈴木は南野同様に今節出場がなく、トゥールーズはニースと0-0、ストラスブールはトロワと1-1のドローに終わっている。 ★南野拓実[モナコ] ▽5/19 リヨン 3-1 モナコ ◆ベンチ入りも出場なし ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽5/21 スタッド・ランス 2-2 アンジェ ◆フル出場。今季6点目を記録 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽5/21 ニース 0-0 トゥールーズ ◆ベンチ入りも出場なし ★川島永嗣[ストラスブール] ▽5/21 トロワ 1-1 ストラスブール ◆ベンチ入りせず ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽5/21 トロワ 1-1 ストラスブール ◆ベンチ入りも出場なし 2023.05.22 00:34 Mon
twitterfacebook
thumb

三笘ブライトンも関心! リーグ・アン20発…川島永嗣&鈴木唯人の同僚FWディアロがプレミア移籍か

ストラスブールのセネガル代表FWハビブ・ディアロ(27)はプレミアリーグ行きが近づいているようだ。 元日本代表GK川島永嗣、鈴木唯人が所属するストラスブールで眩い輝きを放つハビブ・ディアロ。これまでのキャリア全てをフランス国内の中小クラブでプレーしてきた無名の27歳だが、今季はリーグ・アン34試合の出場で得点ランキング4位となる20得点を叩き出している。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、ストラスブールは2025年6月まで契約を残す絶対的エースの売り時を今夏と判断。2000万ポンド(約34億1000万円)のオファーであれば確実に売却を容認する見込みだという。 関心を寄せるのは日本代表MF三笘薫が所属するブライトン&ホーヴ・アルビオン、ブレントフォード、ウェストハム、フルアム、クリスタル・パレス。5クラブはいずれも13日に行われたリーグ・アン第35節のストラスブールvsニースにスカウトを派遣し、ディアロは2ゴールの活躍でチームを2-0の勝利へと導いた。 リーグ・アンの小規模クラブでプレーするディアロの週給は1万ポンド(約170万円)。今年6月で28歳と脂が乗った年齢に加え、さほど人件費がかからないこともあって、プレミアリーグの中堅勢力から人気が高いようだ。 2023.05.17 18:19 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly