愛媛が岡山MF疋田優人を期限付き移籍で獲得「子どもたちに夢を与えられる選手に」

2022.12.07 14:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
愛媛FCは7日、ファジアーノ岡山のMF疋田優人(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。

なお移籍期間は2024年1月31日まで。岡山との公式戦には出場できない。

疋田は広島皆実高校から大阪体育大学へと進学し、2021年に岡山に加入した。
1年目はJ2で12試合に出場し2得点、今シーズンは3試合に出場していた。

疋田は両クラブを通じてコメントしている。

◆愛媛FC
「愛媛FCに関わる皆さん、初めまして疋田優人です。愛媛FCの勝利、J2昇格のために全力を尽くし、子どもたちに夢を与えられる選手になるため覚悟を持って戦います。よろしくお願いします」

◆ファジアーノ岡山
「このたび、愛媛FCに期限付き移籍することを決断しました。どんなときも熱い応援をしてくださったファン・サポーターの皆さんに、活躍する姿を見せられず岡山の地を離れるのは悔しいですが、必ず成長して戻ってきます。愛媛FCでの活躍が岡山の地まで届くよう日々精進してまいります」

関連ニュース
thumb

愛媛MF横谷繁が現役引退、古巣G大阪のスクールコーチ就任…京都や大宮、甲府でもプレー

愛媛FCは27日、MF横谷繁(35)が現役を引退することを発表した。なお、ガンバ大阪のアカデミー スクールコーチに就任する。 横谷はG大阪ユース出身で、2006年にトップ昇格。2008年から2シーズンは愛媛へ期限付き移籍を経験していた。2010年にG大阪へ復帰すると、2013年には京都サンガF.C.へ期限付き移籍。2014年に完全移籍すると、2015年から4シーズンは大宮アルディージャで、2019シーズンはヴァンフォーレ甲府でプレーしていた。 2020年には11年ぶりに愛媛と加入。3シーズンプレーし、66試合に出場し6得点を記録していた。 攻撃的なポジションでは中央やサイドでプレーし、ゲームメイカーとしてもプレー。J1通算72試合4得点、J2通算280試合35得点、J3通算25試合3得点を記録していた。また、リーグカップでは11試合に出場していた。 横谷はクラブを通じてコメントしている。 「愛媛FCを応援してくれている皆様へ」 「2022シーズンを最後に現役引退することを決めました。20歳の時、望月監督、バルバリッチ監督のもと2年間お世話になり、Jリーグ初得点をとることができました」 「また帰ってきてからプロ最後の試合で得点を取ることができました。あの瞬間みんなが来てくれてすごく幸せでした」 「計5年の間で沢山の人にお世話になり愛媛で充実した生活がおくれました。今年からはファンとして愛媛FCを応援します。長い間ありがとうございました」 また、指導者としてにはなるが久々に復帰するG大阪を通じてもコメントしている。 「皆さん、お久しぶりです。横谷繁と申します。このたび、ガンバ大阪スクールコーチに就任致しました。ガンバ大阪ユースを経て17年間プロサッカー選手としてプレーしてきました」 「サッカーの楽しさ、仲間の大切さ、人間性の向上など、いろんな経験をサッカーを通して伝えられたらなと思います。どうぞよろしくお願い致します」 2023.01.27 18:04 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖GK板橋洋青が21歳で引退決断、アカデミー育ちもプロでは出番なし「この決断に後悔はないです」

サガン鳥栖は27日、GK板橋洋青(21)の現役引退を発表した。 板橋は鳥栖のアカデミー育ちで、2種登録も経験。2020年に正式昇格を果たした。 しかし公式戦の出番はなし。2022シーズンは愛媛FCへと期限付き移籍していたが、愛媛でも出番はなかった。 U-17やU-18日本代表を経験した中、プロキャリアでは出番がなかった板橋はクラブを通じてコメントしている。 「小学一年生から始めたサッカーを辞めることに決めました。僕にとってこの決断に後悔はないです」 「サガン鳥栖の選手としてたくさんの方と出会い、支えられました。本当にありがとうございました」 2023.01.27 15:12 Fri
twitterfacebook
thumb

愛媛退団のDF栗山直樹がシンガポールへ移籍! J通算163試合11得点

愛媛FCは25日、DF栗山直樹(32)がシンガポールリーグのホウガン・ユナイテッドFCへ完全移籍することを発表した。 専修大学出身の栗山は2013年にジェフユナイテッド千葉でプロ入り。2016年からモンテディオ山形で5シーズン半にわたって在籍し、2021年7月から愛媛に期限付き移籍加入して明治安田生命J2リーグ18試合に出場した。 2022シーズンからは完全移籍に移行。明治安田生命J3リーグで24試合に出場し1得点を記録していた。 J2通算139試合で10得点、J3通算24試合1得点、天皇杯で10試合に出場していた。 <span class="paragraph-title">【写真】ホウガン・ユナイテッドFCのユニフォームを着た栗山直樹</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn1RQP9BY_A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn1RQP9BY_A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn1RQP9BY_A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Hougang United Football Club(@hougangunited)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.25 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「爽やかな色合」「めちゃくちゃかっこいい」愛媛の新ユニフォーム、鎖骨には漫画『アオアシ』の主人公、「愛媛から紡ぐ」がコンセプト

愛媛FCは10日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 2022シーズンは明治安田生命J3リーグを戦った愛媛。J2昇格を目指して戦った中、シーズン終盤に盛り返すも勝ち点52の7位でフィニッシュ。遠く及ばないまま終わった。 2023シーズンも改めてJ2昇格を目指すシーズン。「ジョガボーラ」がサプライヤーとなり、新ユニフォームのデザインコンセプトはクラブビジョンである「愛媛から紡ぐ」となった。 FPの1stユニフォームは左右色味の異なるオレンジが編地のように組み合わさるデザインにより、クラブ・ファン、サポーター・企業・ホームタウンなどさまざまな個性が集合して進んでいく想いを表現。それぞれの色味はこれまでの愛媛FCユニフォームで使用されたオレンジを参考としており、クラブに関わる多くの力により紡がれてきた歴史へのリスペクトと共に、新たな扉を開けて未来に向かっていく志を込めたデザインとなっている。 また、背面には今シーズンも引き続き愛媛県形のシェイプが入っており、今年で18年目を迎えるJリーグでの愛媛FCの戦いを、これまで支え続けていただいた愛媛県全県民の皆様への感謝の想い、そしてホームタウンである愛媛県全域20市町の方々の希望と期待を背負い戦う情熱を表している。 GK1stも同じデザインだが色はネイビーとなっている。 FPの2ndユニフォームは白がベース。同様のコンセプトながら異なるデザインを採用し、勝利への決意を込めたVデザインを、編地で紡ぐかのように表現している。 なお、GK2ndも同じデザインで蛍光イエローとなっている。 ファンは「爽やかな色合」、「めちゃくちゃかっこいい」、「これは欲しい」、「2色のオレンジはものすごいチャレンジ」とコメントが集まった。 なお、鎖骨部分にはスポンサーとして愛媛県出身の漫画家で大人気サッカー漫画『アオアシ』の作者である小林有吾さんの「小林有吾STUDIO・1846」が入っており、こちらも話題を呼んでいる。 <span class="paragraph-title">【写真】愛媛の新ユニフォーム、鎖骨部分には『アオアシ』が</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">愛媛FC 2023ユニフォームデザイン<br>ユニフォームスポンサー<br>トレーニングウェアスポンサー<br>決定のお知らせ<br><br>詳細はこちら<a href="https://t.co/lDbdtEaFY0">https://t.co/lDbdtEaFY0</a><a href="https://twitter.com/hashtag/ehimefc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ehimefc</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%84%9B%E5%AA%9BFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#愛媛FC</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%AC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%A9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ジョガボーラ</a> <a href="https://t.co/iy79z3MLii">pic.twitter.com/iy79z3MLii</a></p>&mdash; 愛媛FC (@ehime_fc) <a href="https://twitter.com/ehime_fc/status/1612721432995450885?ref_src=twsrc%5Etfw">January 10, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2023愛媛FCオーセンティックユニフォーム先行予約のご案内<br><br>詳細はこちら<a href="https://t.co/g5qtmwUb68">https://t.co/g5qtmwUb68</a><a href="https://twitter.com/hashtag/ehimefc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ehimefc</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%84%9B%E5%AA%9BFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#愛媛FC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%AC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%A9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ジョガボーラ</a> <a href="https://t.co/kl40xAq2en">pic.twitter.com/kl40xAq2en</a></p>&mdash; 愛媛FC (@ehime_fc) <a href="https://twitter.com/ehime_fc/status/1612721679129772034?ref_src=twsrc%5Etfw">January 10, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.10 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

愛媛退団の内田健太、JFL岡崎が新天地に

愛媛FCは9日、DF内田健太(33)の移籍先が日本フットボールリーグ(JFL)のFCマルヤス岡崎に決まったと発表した。 内田は2008年にサンフレッチェ広島の下部組織からトップチームに昇格後、2009年夏から2010年にかけて愛媛でプレー。その後、清水エスパルス、カターレ富山でのプレーを挟み、2015年夏から2016年にかけて再び愛媛に所属した。 2017年からは名古屋グランパス、モンテディオ山形、ヴァンフォーレ甲府を渡り歩き、2021年から愛媛に3度目の加入。だが、昨年は明治安田生命J3リーグ10試合の出場と出番を減らし、そのシーズンをもって3度目の退団が決まった。 FCマルヤス岡崎を通じて「初めまして愛媛FCから加入します内田健太です」と挨拶の言葉とともに意気込みを語っている。 「加入するにあたり井幡監督をはじめ、色々な方のご理解、ご尽力でプレーできることになり大変感謝しています。サッカーができる喜びを感じながら、この恩をしっかりプレーでみせたいと思います。自分のすべてをマルヤス岡崎のために、そしてJFL優勝を目標に一戦一戦、全身全霊をかけて戦います。よろしくお願いします!」 2023.01.09 12:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly