ベルギーGKクルトワ、早期敗退に落胆 「僕たちは黄金世代ではない」

2022.12.05 13:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが早期敗退に肩を落とした。

ユース世代の育成改革が実を結び、近年はヨーロッパトップレベルの強豪国として地位を確立していたベルギー。カタール・ワールドカップ(W杯)に向けてはメンバーの高齢化や、エースのFWエデン・アザールのコンディション不良など不安材料も多かったが、前回大会の3位を越える成績が期待されていた。

初戦のカナダ代表戦では1-0で白星スタートを飾ったが、続くモロッコ代表戦は0-2の敗戦。第3節のクロアチア代表戦ではゴールレスドローに終わり、まさかのグループステージ敗退という結果となった。
早すぎる敗退を受け、守護神クルトワはスペイン『アス』のインタビューで落胆した様子を見せた。

「今回のW杯でも、ユーロでも、自分たちらしくない少し恥ずかしいパフォーマンスとなってしまった。誰がチームに残って、誰が去るのかはわからないよ。3月にはすでにユーロの予選がある。フットボールにおける時の流れは早いね」

「何も勝ち取っていない現状では、黄金世代を名乗るのは難しい。僕たちは黄金世代ではない。ヨーロッパ中から才能ある、素晴らしい選手が集まっている世代ではあると思うけどね」

一方で、2026年に開催される次回大会に向けては「それが僕の目標だよ。僕らの世代はまだ大丈夫だと思うし、これから出てくる選手もいる。僕が代表を引退するのは、今回ではなく、もっと良いタイミングであってほしいと願っているよ」ともコメント。出場へ意欲を示した。

関連ニュース
thumb

ベルギー代表新監督のテデスコが就任の経緯を明かす「歯医者で待っているところだった

ベルギー代表監督への就任が決まったドメニコ・テデスコがその経緯を明かしている。 8日にベルギーサッカー協会(KBVB)から就任発表があったテデスコ氏。これまでにシャルケやスパルタク・モスクワ、RBライプツィヒを指揮した37歳指揮官は、カタール・ワールドカップをもって退任したロベルト・マルティネス監督の後任に据えられることになった。 その経緯はというと、本人曰く自己推薦だったようだ。前任者の退任の一報を聞き、すぐにコンタクトをとったという。 「歯医者で待っていたらロベルト・マルティネスが代表監督を辞めるというニュースが流れてきた。そして、どうしたらこの仕事に就けるか、代理人に連絡したのだ」 「代理人からは国際的な経験がないため、あまり期待しない方がいいと言われた。しかし、最終的にプロセスは順調に進んだ」 代表初挑戦となるテデスコ監督は2024年までの契約を締結。目先の目標はユーロ2024の出場権の獲得だ。 2023.02.09 18:25 Thu
twitterfacebook
thumb

アンリ氏がベルギー代表コーチ退任…フェルマーレン氏は新体制でも続投か

ティエリ・アンリ氏が、ベルギー代表のアシスタントコーチを退任することが決定した。 アーセナルやバルセロナで活躍した元フランス代表FWは、これまでロベルト・マルティネス監督の下で2度に渡ってベルギーのアシスタントコーチを務めていた。 しかし、8日にドメニコ・テデスコ新監督(37)の就任を発表したベルギーサッカー協会(KBVB)は、この新体制でアンリ氏がコーチングスタッフから外れることを明かした。 KBVBでCEO(最高経営責任者)を務めるピーター・ボサート氏は、「ティエリ・アンリがベルギーのフットボール界のためにしてくれたことすべてに感謝する」と、アンリ氏への感謝を語った。 その一方で、「我々は彼の経験から恩恵を受けることができた。我々はそれを高く評価してきたが、彼は我々の元には戻ってこない」と、監督キャリアを再開を望む同氏が代表の職務から離れることを認めた。 アンリ氏の退任が決まった一方、昨年のヴィッセル神戸退団後に現役を引退し、ベルギー代表のコーチに就任したトーマス・フェルマーレン氏に関しては、テデスコ新体制でコーチを継続する可能性があるという。 ボサート氏は、「彼の仕事は私に感銘を与えた。我々の最大の願いは彼と一緒に続けることだ。スタッフの構成、特にトーマスとはまだ議論中だ。それは我々にとって重要なものであり、彼もこの仕事を続けたいと思っている」と、フェルマーレン氏との交渉を進めていることを認めた。 なお、テデスコ新体制ではRBライプツィヒで共に仕事をしたアンドレアス・ヒンケル氏がアシスタントコーチ、マックス・ウルヴァンシュキ氏がGKコーチとして入閣する見込みだ。 2023.02.09 05:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表新監督に37歳のテデスコ氏が就任…かつてはシャルケやRBライプツィヒを指揮

ベルギーサッカー協会(KBVB)は8日、ベルギー代表の新監督にドメニコ・テデスコ氏(37)が就任することを発表した。 契約期間は2024年のユーロ終了後までとなる。 イタリア出身のテデスコ氏はドイツ下部リーグのASVアイヒヴァルトで選手としてプレー。だが、早々に選手キャリアに終止符を打つと、若くして指導者に転身。シュツットガルト、ホッフェンハイムのU-17チームでの指揮を経て、ブンデスリーガ2部のエルツゲビルゲ・アウエでファーストチームを初めて指揮。ここでの手腕が評価されて2017年には名門シャルケへのステップアップを果たした。 就任初年度はブンデスリーガ2位フィニッシュに導く手腕を発揮したが、就任2年目は開幕から思うような戦いを見せられず、2019年3月に成績不振を理由に解任の憂き目を味わった。 その後、2019年10月にスパルタク・モスクワの監督に就任。ロシア・プレミアリーグでチームを2位に導いたが、コロナ禍における家庭の事情で契約を更新せずに退任。2021年12月からはRBライプツィヒを率い、クラブ史上初のDFBポカール制覇をもたらしたが、2022年9月に成績不振と首脳陣との確執によって解任されていた。 ベルギー代表は2016年から指揮官を務めていたロベルト・マルティネス前監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)後に退任。以降はアシスタントコーチを務めたティエリ・アンリ氏や、クロード・ピュエル氏、アンドレア・ピルロ氏、エルヴェ・ルナール氏らが候補として挙がっていたが、いずれも合意に至らなかった。 テデスコ監督はKBVBを通じて「私にとってベルギーの新たな監督になることは非常に光栄だ。この仕事を本当に楽しみにしているし、とてもやる気に満ち溢れている。最初の話からとても良い気分だった」とコメントしている。 タレントが豊富にいた世代もベテランの域に達しており、チームとして再建が必要になるベルギー代表を託される青年監督。3月からユーロ2024の予選がスタートし、3月24日のアウェイでのスウェーデン代表戦が初陣となる。 2023.02.08 18:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表の新指揮官はテデスコ氏に! 近日中に正式契約へ

ドイツ人指揮官のドメニコ・テデスコ氏(37)が、ベルギー代表の新監督に就任することが決定的となった。ベルギー『Het Nieuwsblad』など複数の国内メディアが報じている。 ベルギー代表は2016年から指揮官を務めていたロベルト・マルティネス前監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)後に退任。以降はアシスタントコーチを務めたティエリ・アンリ氏や、クロード・ピュエル氏、アンドレア・ピルロ氏、エルヴェ・ルナール氏らが候補として挙がっていた。 しかし、いずれの候補とも合意に至らず、来月にユーロ2024予選が迫る中、ベルギーサッカー協会(KBVB)はテデスコ氏の招へいに成功したようだ。 報道によると、両者は2026年W杯までの契約で合意に至っており、近日中に公式なアナウンスが行われる見込みだ。 イタリア出身のテデスコ氏はドイツ下部リーグのASVアイヒヴァルトで選手としてプレー。だが、早々に選手キャリアに終止符を打つと、若くして指導者に転身。シュツットガルト、ホッフェンハイムのU-17チームでの指揮を経て、ブンデスリーガ2部のエルツゲビルゲ・アウエでトップチームを初めて指揮。 ここでの手腕が評価されて2017年には名門シャルケへのステップアップを果たし、就任初年度はブンデスリーガ2位フィニッシュに導く手腕を発揮した。だが、就任2年目は開幕から思うような戦いを見せられず、2019年3月に成績不振を理由に解任の憂き目を味わった。 その後、2019年10月にスパルタク・モスクワの監督に就任。ロシア・プレミアリーグでチームを2位に導いたが、コロナ禍における家庭の事情で契約を更新せずに退任。2021年12月からはRBライプツィヒを率い、クラブ史上初のDFBポカール制覇をもたらしたが、昨年9月に成績不振と首脳陣との確執によって解任されていた。 2023.02.02 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

“青田買い”を拒絶... PSVが19歳バカヨコへのPSGオファーを却下

PSVがU-21ベルギー代表FWヨハン・バカヨコ(19)のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍を拒絶したようだ。オランダ『VP』が伝える。 ヨハン・バカヨコはコートジボワールにルーツを持つ左利きウィンガーで、2019年夏にアンデルレヒトの下部組織からPSVの下部組織へと移籍。昨年2月にプロデビューし、今季は公式戦19試合で5得点1アシストを記録する。 一方、現在でもファーストチームと並行してセカンドチームの公式戦にも出場しており、定位置を掴み切ったわけではない。だが、ベルギー『Nieuwsblad』によると、PSGから今冬獲得のオファーが届いていたという。 PSVはこれを却下。バカヨコとの契約を2025年夏まで残しており、チームで確固たる地位を築いたのちに高値で売却するならまだしも、獲得後の即レンタルを模索するなど少なからず”青田買い”の意識があったPSGには毅然とした態度を示したという。 PSGが再チャレンジするかは不透明。その一方、PSVは残りわずかな今冬の移籍市場で、ドルトムントからベルギー代表MFトルカン・アザール(29)の獲得を目指しているとのことだ。 2023.01.31 18:17 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly