「ボール全体は外には出ていない」世界中が議論する三笘薫の折り返しにFIFAが映像を用いて公式見解「他のカメラは誤解を招く画像を提供する可能性」

2022.12.03 15:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界中が議論の的にしている日本代表のMF三笘薫の執念の折り返しについて、国際サッカー連盟(FIFA)が公式見解を発表した。1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループE最終節で日本はスペイン代表と対戦した。

勝利しなければ敗退の可能性が高い日本は前半に失点するも、後半に堂安律が豪快にミドルシュートを決めて同点に。そしてその5分後に劇的なゴールを決めた。
先制ゴールの堂安がグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだ三笘がラインギリギリで折り返し、最後は田中碧が詰めて逆転した。

このプレーはあまりにもラインギリギリだったため、VARのチェックが入ることに。スペインの選手たちはラインを割っていたと主張したが、VARチェックの結果、ゴールが認められた。

しかし、世界中でこのプレーが大きな話題に。映像を見る限りではゴールラインを割っているようにも見え、忖度があったという意見も散見。一方で、ボールの接地面の問題ではないと主張する人もおり、大きな議論を呼んでいた。

そんな中、W杯を主催するFIFAが映像と共に三笘のプレーを検証。公式見解として、ボールは外に出ていないと説明した。

「2-1で勝利したスペイン戦での日本の2点目は、VARによってチェックされ、ボールがアウト・オブ・プレーだったかどうかが判断された」

「ビデオのマッチオフィシャルは、ゴールラインカメラの画像を使用し、ボールがまだ部分的にライン上にあるかどうかを確認した」

「他のカメラは誤解を招く画像を提供する可能性があるが、利用可能な証拠によると、ボール全体は外には出ていなかった」

ゴールラインだけでなくタッチライン、そしてゴールが決まったかどうかもそうだが、ボールが「完全に」外に出ていなければラインを越えたと判断されないのがサッカーのルール。ボールの一部がラインにかかっていれば、それはライン上とみなされる。

今回のケースも、明らかにボールが地面についているところは外であり、完全に出ているようにも角度によっては見えるが、真横、真上から見た映像、画像では、わずかにボールの頂点がラインにかかっていたのだ。

FIFAの公式声明が出るほど話題となった日本の決勝ゴール。ドイツ代表に続いてスペインも撃破したことの注目の大きさは増すばかりだ。


関連ニュース
thumb

カタールW杯での不適切行為でカバーニらウルグアイ代表4選手に出場停止と罰金処分…代表チームはホーム1試合でゴール裏閉鎖と罰金

国際サッカー連盟(FIFA)は27日、カタール・ワールドカップ(W杯)での試合で起こった事件に関して、ウルグアイ代表への処分を発表した。 事件が起こったのは12月2日のカタールW杯、ガーナ代表vsウルグアイ代表の試合だ。 試合は2-0でガーナが勝利し、ウルグアイはグループステージで敗退。この試合中には、ガーナのファウルを取らなかったとして選手がドイツ人主審へと詰め寄っていた。また、試合後にも騒動が起こり、両チームの選手たちが揉める事件が起こっていた。 FIFA規律委員会は、ウルグアイサッカー協会(AUF)がウルグアイ代表のサポーターによる差別行動、選手たちの不正行為、攻撃的な行為、そしてフェアプレー違反の責任を負うべきだと判断したという。 また、FIFA規律委員会は不正行為を行った4選手に対し、個別の制裁を課すことを発表した。 処分対象となったのは、DFホセ・マリア・ヒメネス、GKフェルナンド・ムスレラ、FWエディンソン・カバーニ、DFディエゴ・ゴディンの4名となる。 AUFに対しては、次のFIFA国際Aマッチでゴール裏の閉鎖に加え、5万スイスフラン(約700万円)の罰金処分が課される。 また、ヒメネスとムスレラには4試合の出場停止と、奉仕活動、2万スイスフラン(約280万円)の罰金、カバーニとゴディンには、1試合の出場停止と1万5000スイスフラン(約211万円)の罰金が課される。 2023.01.28 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯優勝のアルゼンチンが違反行為でFIFAから処分の可能性、フェアプレー違反や不正行為が問題視…その他、クロアチア、セルビア、エクアドル、メキシコも処分

国際サッカー連盟(FIFA)は13日、アルゼンチンサッカー協会(AFA)への処分を行うことを発表した。 昨年行われたカタール・ワールドカップ(W杯)。史上初の冬開催となった大会では、アルゼンチン代表がフランス代表をPK戦の末に下し、36年ぶり3度目の優勝を果たしていた。 英雄でもあるFWリオネル・メッシにとって最後のW杯での悲願達成に沸き、優勝パレードでは400万人が集まったとされる中、FIFA規律委員会は処分を下すことを決めた。 FIFAによれば、FIFA規律規程の第11条(攻撃的行為およびフェアプレーの原則の違反)および第12条(選手および役員の不正行為)に違反する可能性があるとのこと。AFAを処分することに決めたという。 また、AFAはカタールW杯でのメディアおよびマーケティングに関する規程にも違反しているという。なお、FIFAは処分の対象となる事象についての詳細は明かしていない。 アルゼンチン代表は、決勝戦でもPKストップの活躍を見せたアストン・ビラのGKエミリアーノ・マルティネスが侮辱行為をしたことが問題に。ゴールデングローブ(最優秀GK)を受賞したときには、トロフィーを股間に当てるパフォーマンスを見せたほか、試合後にはフランス代表FWキリアン・ムバッペを嘲笑する行為がドレッシングルームでも確認されていた。 また、優勝パレード時には赤ちゃんの人形にムバッペの写真を貼り付けて嘲笑するなど、その行き過ぎた行為にはアルゼンチン国民やアストン・ビラのウナイ・エメリ監督からも苦言が呈されていた。 なお、FIFAはアルゼンチン以外にも、エクアドル、メキシコ、セルビア、クロアチアへも処分を下すことを発表している。 3位に終わったクロアチアは、モロッコ代表との3位決定戦の試合中にFIFA規律規程の第13条(差別)および第16条(試合の秩序と安全)に違反した可能性があるとされている。 セルビアには、罰金5万スイスフラン(約690万円)と、男子A代表の次のFIFA公式試合でスタジアムの25%が閉鎖される処分が下された。 セルビアは、カタールW杯のグループステージのスイス代表戦での出来事が問題視され、サポーターによるチャントとチームの不正行為(7人の選手に対する個々の制裁)に関して、FIFA懲戒規程の第13条(差別)および第12条(選手と役員の不正行為)の違反があったという。 エクアドルには、罰金2万スイスフラン(約276万円)と男子A代表の次のFIFA公式試合でのゴール裏の閉鎖という処分が下された。 エクアドルは、カタールW杯のカタール代表戦で、サポーターのチャントがFIFA規律規程の第13条(差別)の違反に該当するという。 メキシコには、罰金10万スイスフラン(約1380万円)と1試合の無観客試合(執行猶予付き)の処分が下された。 メキシコは、カタールW杯のポーランド代表戦とサウジアラビア代表戦でサポーターが歌ったチャントがFIFA規律規程の第13条(差別)の違反に該当した。 <span class="paragraph-title">【写真】問題視されたトロフィーを股間に当て侮辱的な態度を取るマルティネス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="da" dir="ltr">Emi Martínez after winning the <a href="https://t.co/N5WspWTibf">pic.twitter.com/N5WspWTibf</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1604550414648631303?ref_src=twsrc%5Etfw">December 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.14 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「インパクトがデカすぎる」カタールW杯の最優秀ゴールがプスカシュ賞候補に!ムバッペやバロテッリもノミネート「どれも超スーパーゴール」

カタール・ワールドカップ(W杯)の最優秀ゴールに輝いたブラジル代表FWリシャルリソンのゴールがFIFAプスカシュ賞の候補にノミネートされた。 アルゼンチン代表の36年ぶり3度目となる優勝で幕を閉じたカタールW杯。史上最多「172」ゴールが生まれたなか、グループG第1節のセルビア代表戦で生まれたリシャルリソンのバイシクルキックが最優秀ゴールに選出されていた。 そして、国際サッカー連盟(FIFA)が12日、2022年のFIFAプスカシュ賞の候補11名を発表。イタリア代表FWマリオ・バロテッリがアダナ・デミルスポル時代にギョズテペSK戦で決めたラボーナ弾や、フランス代表FWキリアン・ムバッペがカタールW杯決勝のアルゼンチン代表戦で決めた同点ボレー弾などとともに、リシャルリソンのゴールもノミネートされている。ファンからは「身体能力レベチ」、「インパクトがデカすぎる」、「やっぱりこれかなあ」、「どれも超スーパーゴール」といった声が集まっていたる。 なお、プスカシュ賞は選ばれた11名の中からファン投票などを経て決まる。 ◆FIFAプシュカシュ賞 ノミネート 11名 マリオ・バロテッリ(イタリア/シオン) アマンディーヌ・アンリ(フランス/リヨン女子) テオ・エルナンデス(フランス/ミラン) キリアン・ムバッペ(フランス/PSG) フランシスコ・メティリ(アルゼンチン/セントラル・コルドバ) マルシン・オレクシー(ポーランド/ヴァルタ・ポズナン) サルマ・パラジュエロ(スペイン/バルセロナ女子) ディミトリ・パイエ(フランス/マルセイユ) リシャルリソン(ブラジル/トッテナム) アレッシア・ルッソ(イングランド/マンチェスター・ユナイテッド女子) <span class="paragraph-title">【動画】リシャルリソンのバイシクルキックをもう一度…!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Richarlison! What have you done?! <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/richarlison97?ref_src=twsrc%5Etfw">@richarlison97</a> <a href="https://t.co/kCKFdlINXq">pic.twitter.com/kCKFdlINXq</a></p>&mdash; FIFA World Cup (@FIFAWorldCup) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/1595884664115412993?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.13 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「彼に投票する」アンプティサッカーでの圧巻オーバーヘッドキックが年間最優秀ゴール賞候補に「最高のゴールだ」

国際サッカー連盟(FIFA)は12日、2022年のFIFAプスカシュ賞の候補11名のゴールを発表した。 FIFAの年間最優秀ゴール賞にあたるプスカシュ賞は、1950年代から1960年代までハンガリー代表やレアル・マドリーなどで活躍した伝説的なプレーヤーのフェレンツ・プスカシュ氏の栄誉を称賛するため、2009年から同氏の名前を冠している。 2021年はセビージャのエリク・ラメラ(当時トッテナム)のラボーナが受賞したプスカシュ賞だが、今回はイタリア代表FWマリオ・バロテッリがアダナ・デミルスポル時代にギョズテペSK戦で決めたラボーナ弾や、フランス代表FWキリアン・ムバッペがカタールW杯決勝のアルゼンチン代表戦で決めた同点ボレー弾などが選出されている。 さらに、アンプティサッカーのゴールも1つノミネート。ポーランドのヴァルタ・ポズナンに所属するマルシン・オレクシーのバイシクルキックが選ばれた。 左足を切断しているオレクシーは、味方のクロスに対し2本の松葉杖を使って見事にジャンプすると、相手GKも反応できない完璧なシュートを決めていた。 このゴールはファンにも衝撃。「選ばれて欲しい」、「彼が賞を受賞すべき」、「最高のゴールだ」、「彼に投票する」といった言葉が集まっている。 なお、プスカシュ賞は選ばれた11名の中からファン投票などを経て決まる。 ◆FIFAプシュカシュ賞 ノミネート 11名 マリオ・バロテッリ(イタリア/シオン) アマンディーヌ・アンリ(フランス/リヨン女子) テオ・エルナンデス(フランス/ミラン) キリアン・ムバッペ(フランス/PSG) フランシスコ・メティリ(アルゼンチン/セントラル・コルドバ) マルシン・オレクシー(ポーランド/ヴァルタ・ポズナン) サルマ・パラジュエロ(スペイン/バルセロナ女子) ディミトリ・パイエ(フランス/マルセイユ) リシャルリソン(ブラジル/トッテナム) アレッシア・ルッソ(イングランド/マンチェスター・ユナイテッド女子) <span class="paragraph-title">【動画】アンプティサッカーで生まれた衝撃のオーバーヘッドキック</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pl" dir="ltr"><br><br>CO ZA STRZAŁ CO ZA BOMBA <br>Trafienie Marcina Oleksego z ostatniego turnieju możemy oglądać godzinami <br><br>To jest właśnie PZU Amp Futbol Ekstraklasa <a href="https://t.co/P65gUCeoJT">pic.twitter.com/P65gUCeoJT</a></p>&mdash; Amp Futbol Polska (@AmpFutbolPolska) <a href="https://twitter.com/AmpFutbolPolska/status/1589552264255270912?ref_src=twsrc%5Etfw">November 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.13 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFAが代理人に関する規則改定へ! 高騰する手数料に制限

国際サッカー連盟(FIFA)が来週に、移籍コミッション(手数料)の上限や試験の導入など、サッカー代理人の運営方法に関する広範な規則変更を導入することを発表した。『ロイター通信』が伝えている。 FIFAは先月、2022年度に代理人や仲介者に対してクラブが支払った手数料が、総額6億2280万ドル(約822億円)となったことを発表。この金額は2021年度と比較して24.3%の支出増となったという。 これにより、各クラブの経営が大きな圧迫を受けており、FIFAは先日にドーハで開催された理事会で規則の改訂を決定。新たな規則において、代理人は20万ドル(約2640万円)以上の取引の際に受け取れる手数料が最大3%、20万ドル未満の取引で受け取れる手数料が最大5%となる。 さらに、週明けに発表される新規則では代理人がすべての取引を公開する必要があり、ファンは取引に対して支払われた金額を確認できるようになるという。 その他の主要な変更としては、強制的なライセンスシステムの導入、利益相反を避けるため、選手1名に対する複数の代理人の禁止が含まれている。 そして、代理人志願者は、FIFA試験の合格など、厳格なプロセスに従い、各管理団体に年会費を支払う必要がある。 FIFAは今回の規則変更に際して、「これは、より公平で透明性の高いサッカーの移籍システムの確立に向けた画期的な一歩だ。新しいレギュレーションは、契約の安定性を強化し、移籍システムの完全性を保護し、財務の透明性を高めることを目的として、サッカーエージェントとそのクライアントのための基本的なサービス基準を導入する」と、その意義を説明している。 なお、今回の規則改定に関しては各国の主要な代理人から強い反発の声が挙がっていた。その中でウェールズ代表FWガレス・ベイルらスター選手を多く顧客に抱えるイギリス『ICM Stellar Sports』の会長兼創設者のジョナサン・バーネット氏は、正式に変更が施行された場合、法的措置を講じる可能性を示唆している。 2023.01.08 07:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly