「セレッソ大阪で過ごした日々は僕の宝物」…ブルーノ・メンデスが2度目のC大阪退団

2022.12.01 15:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪は1日、FWブルーノ・メンデス(28)の退団を発表した。

昨季をアビスパ福岡で過ごして、今季にウルグアイのデポルティーボ・マルドナドからのレンタルで2年ぶりのC大阪復帰を果たしたブルーノ・メンデス。一次C大阪時代の2020年に明治安田生命J1リーグでチーム最多の9ゴールを決め、サポーターからも支持されたブラジル人ストライカーだが、今季は32試合に出場した公式戦を通じても5得点にとどまった。

期限付き移籍契約の満了に伴い、退団が決まったブルーノ・メンデスはクラブを通じて、別れの挨拶をしている。
「シーズン最後の試合まで支えてくれた全ての皆様、ありがとうございました。チームの力になるプレーをお見せして、勇気を与えようと僕ができるベストを尽くしました。セレッソ大阪で過ごした日々は僕の宝物です。どこにいてもセレッソ大阪を応援しています。支えてくれたファンの皆さん、そしてスタッフの皆さんに感謝しています。ありがとうございました」


関連ニュース
thumb

「昨年は練習生でしたけど…」C大阪復帰の香川真司、10ヵ月ぶりのピンクの練習着姿にファンも刮目「やっぱオーラあるな!」「ほんと絵になるね〜」

セレッソ大阪が復帰した元日本代表MF香川真司がチームに合流した様子を公開している。 1日、C大阪はベルギーのシント=トロイデンから元日本代表MF香川真司の完全移籍加入を発表。12年半ぶりの古巣、そしてJリーグ復帰となった。 開幕に向け、セレッソスポーツパーク舞洲で調整を行っているC大阪だが、7日の連取から香川が参加。レッドブル・ブラガンチーノへの期限付き移籍から復帰したMF岡澤昂星と同じタイミングでチームに合流した。 香川は、チームメイトたちの前で挨拶。「去年の4月は練習生でしたけど、今日から改めてこのチームでプレーすることに。選手として加入することになりました。一緒にいい競争してチームの目標達成できるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」と意気込みを語った。 昨年11月には慢性的な痛みに悩まされる足の手術をし、カタール・ワールドカップ(W杯)明け後は出場がなかった香川だが、軽快な動きを披露。練習中には新加入のベルギー人MFジョルディ・クルークスと会話を交わす場面もあった。 しっかりと汗を流した香川は、練習後に改めて決意を語っている。 「良い準備してまずチームに慣れないといけない。新しいチームになると、そのチームのやり方、求めるものをしっかりと把握することが大事なので、どういうトレーニングするのか、まずは見て、身体を馴染ませて、頭をそこにフィットしていければいいのかなと思います」 「去年は練習に参加させてもらっただけだったので、改めてチームの一員として練習するのとはわけが違いますし、そういう意味では自分も気持ちの切り替えと、このチームにしっかりとフィットして、1日でも早くいい結果を残せるように準備していきたいと思います」 およそ10ヵ月ぶりにピンクの練習着を身に着けた香川の姿には、ファンも「香川はほんと絵になるね〜」、「やっぱオーラあるな!」、「開幕が楽しみ」、「」と反応。期待を寄せている。 C大阪は、18日の明治安田生命J1リーグ開幕節で昇格組のアルビレックス新潟とホームで対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】ピンクの練習着姿の香川真司</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Gx05VKKFX3w";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.08 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪復帰の香川真司が再び8番に! 会見で決意語る…「もっと飛躍したいし、成長したい」

セレッソ大阪復帰の元日本代表MF香川真司(33)が5日に加入記者会見の場に登場した。 2006年夏にドルトムントで欧州挑戦に出てから、12年半の年月を経て、C大阪復帰を決めた香川。会見では背番号のお披露目も行われ、クラブのシンボルナンバーである背番号「8」の再着用が決まった。 そんな日本代表の元10番がこのタイミングで古巣C大阪復帰に突き動かしたものは何なのか。先のカタール・ワールドカップ(W杯)をヨーロッパでのキャリアにおける区切りとしていたと明かしている。 「2022年のW杯が終わり、そこまではヨーロッパでやると決めていた。自分がどう感じるかを大事にして、先のことをあまり考えていなかった。そのタイミングで手術をしてリハビリもしながら先のことを考える時間があった。そのなかで、色々と考えて、このタイミングがベストだと決断した」 そうした経緯を経て、自身のプロ入りと縁深き小菊昭雄監督のもとへ。やはり監督の存在は大きく、「小菊さんとは長い関係性」と語ったが、「選手と監督の関係は変わらない。それ以上はない」と続けた。 また、「セレッソにとっての背番号8は歴史のある番号で、森島さんがずっと背負っていた。このタイミングでまたこの番号を背負わせていただくのは光栄。意味は理解している」と8番再継承の覚悟も口にした。 そして、長きにわたるヨーロッパでのプレー経験で還元したいものを問われ、「還元すること、経験を伝えることは正直、あまり考えていないといったら語弊があるかもしれないが…」と前置きして、決意を語った。 「今の自分が持っているものをピッチで発揮する。日々のトレーニングから証明し続ける。それは変わらずに続けているシンプルなこと。まずはそれを誰よりもやり続けないといけない。そのなかで、経験や得たもののなかでコミュニケーションをとっていけると思う」 「まずやるべきはピッチの上で。今もそうだけど、言葉じゃなく、グラウンドの上でみんなと目標に向かって切磋琢磨し合いながら、戦い続けたい。それが僕の頭で最初にくる。そのなかで、プラスアルファとして、コミュニケーションをとりながらやっていければ」 「33歳だけど、18歳であろうが、横一列。競争は競争。その厳しさは経験している。年齢は関係ないっていうのはこのサッカー界ですごく感じているところ。だからこそ、もっと飛躍したいし、成長したい気持ちが強い。日々の練習から、互いを高め合いながら成長していけたら良い」 2023.02.05 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「またJリーグでみれるの嬉しいよ」C大阪電撃復帰の香川真司は輝きを取り戻せるか!? 期待の一方でフィジカルを疑問視する声も「展開力はさすが」「運動量は減ったけど」

セレッソ大阪への復帰が決まった元日本代表MF香川真司。公開されたプレー集には期待と不安の入り混じった声が寄せられている。 1日、C大阪はシント=トロイデンから元日本代表MF香川真司の完全移籍加入を発表。12年半ぶりの古巣、そしてJリーグ復帰となる。 2006年にC大阪でプロ入りした香川は2010年夏のドルトムントへ移籍。以降はマンチェスター・ユナイテッド、ベシクタシュ、レアル・サラゴサ、PAOKテッサロニキ、シント=トロイデンと、欧州計6カ国でプレーしてきた。 ドイツやイングランドではタイトルを獲得してきた香川だったが、近年はパフォーマンスを上げることができず。ベルギーでも2年目の今季はジュピラー・プロ・リーグで12試合に出場して2得点と上々の滑り出しを切ったが、昨年11月には慢性的な痛みに悩まされる足の手術をし、カタール・ワールドカップ(W杯)明け後は出場がない。 『DAZN』はシント=トロイデン在籍時のプレー集を公開。種々の多数の声が寄せられた。 「またJリーグでみれるの嬉しいよ」 「シャドーのような動きは厳しくなったかもしれないけど創造性溢れるプレーで司令塔として洗練されてますね。3月で34歳。まだまだこれから」 「昔から定評があった展開力はさすがの世界水準」 「ターンや味方へのロングパスの精度の高さが健在で、かつてのワクワク感が感じ取れました」 「普通に上手い、運動量は減ったけどセンスは抜群」 「キレはなくなったけど、相変わらずうまいよね」 「期待しすぎないのが、一番だと思う。確実に今いるセレッソの中盤のほうが躍動感があって、見ていて楽しい」 Jリーグ復帰を喜ぶ声はもちろんのこと、視野に広さやキック精度といったゲームを作る部分には多数の賛辞が。一方で、フィジカルベースは逆説で結び、疑問視する声も聞こえてくる。 一大決心の下で日本復帰を決意した香川。大きな注目を集めるなか、観衆を魅了するプレーを披露することはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】12年半ぶりにJ復帰を決めた香川真司のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="iOd9Ks3qMys";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

香川真司が古巣C大阪へ! 欧州5カ国を渡り歩いて12年半ぶりの復帰

セレッソ大阪は1日、ジュピラー・プロ・リーグのシント・トロイデンから元日本代表MF香川真司(33)の完全移籍加入を発表した。 2006年にC大阪でプロ入りした香川は2010年夏のドルトムント移籍から、マンチェスター・ユナイテッドなど6カ国でプレー。ドルトムント、ベシクタシュ、レアル・サラゴサ、PAOKテッサロニキでキャリアを紡いだ後、2022年1月からシント・トロイデンに活躍の場を移した。 ベルギー挑戦2年目の今季はジュピラー・プロ・リーグ12試合に出場して2得点と上々の滑り出しを切ったが、昨年11月に慢性的な痛みに悩まされる足の手術を決断。カタール・ワールドカップ(W杯)が終わって少ししてベンチに戻ったが、この冬に12年半ぶりのC大阪復帰を決めた。 通算97キャップ(31得点)の日本代表では長きにわたって背番号「10」をつけ、2014年と2018年のワールドカップ(W杯)にも出場した香川。5日にC大阪加入記者会見が予定され、その模様はクラブ公式のYouTubeチャンネルでライブ配信される。 2023.02.01 11:42 Wed
twitterfacebook
thumb

来季WEリーグ参入のC大阪堺、なでしこジャパンDF小山史乃観ら3選手が移籍

なでしこ1部リーグに所属するセレッソ大阪堺レディースは20日、DF小山史乃観(17)、DF筒井梨香(23)、DF田畑晴菜(20)、3選手の移籍を発表した。 小山と筒井はともにINAC神戸レオネッサへの期限付き移籍で、期間は2023年2月1日から6月30日まで。田畑はマイナビ仙台レディースへの完全移籍となる。 小山はセレッソ大阪堺ガールズから堺レディースへ昇格し、最前線からセンターバックまで幅広くプレー。なでしこリーグで通算83試合に出場し、21得点を挙げている。 昨年8月にコスタリカで開催されたU-20女子ワールドカップ(W杯)にもU-20日本女子代表のメンバーとして参加し、左ウイングバックとして準優勝に貢献。10月9日のMS&ADカップ2022・ニュージーランド女子代表戦でなでしこジャパンデビューも果たした。 また、筒井はなでしこリーグ通算119試合5得点という成績。U-20女子W杯で3バックの一角を務めた田畑は、なでしこリーグ通算86試合7得点という数字を残している。 C大阪堺は2023-24シーズンからWEリーグへ参入するため、春秋制を採用しているプレナスなでしこリーグには今季参戦しない。今移籍では、空白期間での試合勘維持や先立ってのプロ生活経験などを養うことが予想される。 育成選手のみで構成されているC大阪堺は、昨季の第43回皇后杯ではベスト4入り。WEリーグ発足前の2020年プレナスなでしこリーグでは、浦和レッドダイヤモンズレディース(現:三菱重工浦和レッズレディース)、INAC神戸レオネッサ、日テレ・東京ヴェルディベレーザに次ぐ4位という好成績を残している。 過去には、現在なでしこジャパンでも活躍しているDF宝田沙織(リンシェーピング/スウェーデン)やMF林穂之香(ウェストハム/イングランド)、DF北村菜々美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)や、U-20女子W杯でゴールデンブーツ(MVP)を受賞したFW浜野まいか(ハンマルビー/スウェーデン)らを輩出している。 3選手は移籍に際し、C大阪堺のクラブ公式サイトを通じて、それぞれ次のようにコメントしている。 ◆小山史乃観 「セレッソ大阪堺レディースのWEリーグに向けて、プロチームでプレーできる環境を作ってもらい感謝しています。この経験を活かし、更にレベルアップできるように頑張ってきます。応援よろしくお願いします」 ◆筒井梨香 「期限付移籍することにしました。昨シーズンまだまだ足りないと感じる部分も多く、もっと成長しないといけないと感じました。中学1年生から今までずっとセレッソでしかサッカーをしてこなかったので、視野を広げてきます。そして挑戦して、成長してきます!これからも応援よろしくお願いします」 ◆田畑晴菜 「この度、マイナビ仙台レディースに完全移籍することになりました。セレッソというビッグクラブで5年間戦えたことを誇りに思います。私は、高校生のときから、セレッソに加入させていただきました。初めて、レディースで練習したとき、周りの人たちがとにかくうますぎて、圧倒されたのを今でも覚えています!!」 「うまくいかないこともたくさんありましたが、自分がここまで成長出来たのは、セレッソのみんなに支えられて、そして、竹花(友也)監督をはじめ、岡本(三代)コーチなどたくさんのいい指導者の方に支えられました。本当に恵まれた環境でサッカーが出来たことに感謝しています!!」 「今年から、セレッソがWEリーグに加入するタイミングでの移籍ですが、『自分の夢を叶えるため』『世界で戦える選手になるため』には、まだまだ、1人の人間としてもサッカー選手としても成長しなくては、ならないと思い、移籍という決断に至りました。簡単に選べる選択ではありませんでしたがこの決断に自信を持ち、覚悟を持って、全力で頑張ります!!」 「セレッソで過ごした5年間は、長いようで短かったですがとても幸せでした。これからは、チームが変わりますが、心のどこかで応援していただけると嬉しいです。いつも温かく応援してくださるファン・サポーターの皆さんや、スポンサー企業の皆さん、そして、クラブ関係者の皆さん、本当にありがとうございました」 2023.01.20 15:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly