カゼミロ、C・ロナウド退団に悲しみも「幸運を祈る」

2022.11.27 11:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)のマンチェスター・ユナイテッド退団に同僚のブラジル代表MFカゼミロが発言した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

今夏の移籍騒動から不穏さを醸した今季のC・ロナウド。エリク・テン・ハグ新監督の下で明らかに序列を落とすなか、試合で出場拒否に走れば、イギリスのテレビ『TalkTV』でもクラブの内部批判を展開した。

ユナイテッドはその後、「しかるべき措置の開始」を明らかに。一部メディアでは予想される結末として事実上の解雇が大半を占め、22日にC・ロナウド側との双方合意による即座の退団決定をアナウンスした。
カタール・ワールドカップ(W杯)にも負けず劣らずの話題を呼んだなか、レアル・マドリー時代からの戦友であるカゼミロもその件にコメント。いちチームメイトとして惜しむ声を上げつつ、エールも送った。

「彼とはメッセージをやり取りしていない。でも、クリスティアーノは経験豊富な選手で、自分のキャリアにとって何が良いのものなのかをわかっているはず。もちろん、悲しい。特にマンチェスターでは歴史上最高の選手の1人を巡る話なわけだから。いち友人として、僕らは今後の幸運を祈るだけ。フットボール面がすべてうまく行くのを願っている。僕らと対戦するときを除いてね」

関連ニュース
thumb

序列低下も姿勢に変化なし、テン・ハグ監督がマグワイアと対話 「プレー機会は増える」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督はイングランド代表DFハリー・マグワイア(29)に信頼を置いているようだ。 ユナイテッドの主将を務めるマグワイアだが、昨夏のテン・ハグ監督就任後はセンターバックのサブに降格し、スタメン出場の機会が大幅に減少。4日に行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦も守備固め要員として3分間の出場にとどまった。 1月はインテルなどへの移籍も取り沙汰されたが、ユナイテッドでのタイトル獲得にこだわり、退団を除外。イギリス『サン』によると、テン・ハグ監督もそんなマグワイアの残留を強く要望しており、序列が下がってもネガティブな態度を見せない29歳に感銘を受けてきたという。 また、移籍期間中にはマグワイア本人に「シーズン後半戦の過密日程に対応するため、プレー機会はより増えるだろう」と、起用プランを説明したとのこと。ユナイテッドはすでに消化した2試合を含め、2月だけで公式戦8試合が予定されている。 2023.02.05 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

テン・ハグ、デビューのザビッツァー評は…? 「あのような選手はうちに必要」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がデビューのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーを評価した。 今冬のデッドラインデイに降って沸いたような移籍話から、瞬く間にバイエルンから加入が決まったザビッツァー。移籍から1日のセッションしかこなしていないものの、MFクリスティアン・エリクセンのほか、MFスコット・マクトミネイ、そしてMFドニー・ファン・デ・ベークが離脱中のボランチ陣が手薄さを極めるとあって、4日にホームで行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦でさっそくメンバー入りした。 そんなC・パレス戦は2-1でユナイテッドが逃げ切り勝ち。後半途中の乱闘騒ぎからMFカゼミロの一発退場で荒れ試合となってしまったが、85分からMFアントニーとの交代でユナイテッドデビューを果たして、チームが数的不利とあって、後ろに重たい展開となるなか、ボールを受ければ、しっかりとの中継役になろうとするなど、一定の存在感を示した。テン・ハグ監督もクラブ公式チャンネル『MUTV』で好印象を口にした。 「そうだね。彼はフットボールというものを理解している。最初からそれが見られ、トレーニングからそうだった。よくやったし、ボールを持っても落ち着いていて、守り方も知っている。試合を理解し、適切なスピリットを持つあのような選手はうちに必要だ」 荒れ模様の難しい試合展開のなか、短い時間ながら中盤で動きをつけ、ボールによく絡んだザビッツァー。ユナイテッドとの契約は買取オプションなしの半年ローンだけに、今後のパフォーマンス次第で完全移籍の動きもあるかもしれない。 2023.02.05 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

マルシャル、復帰して次の試合でメンバー外…ユナイテッド指揮官が説明

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャルがまたも欠場した。 手薄なストライカーの一番手として期待されながら、故障と復帰を繰り返すマルシャル。1日に行われたノッティンガム・フォレストとのカラバオカップ準決勝2ndレグから戻り、復帰ゴールも決めたが、4日に行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦はメンバーにすら入らなかった。 ユナイテッドを率いるエリク・テン・ハグ監督は試合に先立ったクラブ公式チャンネル『MUTV』のインタビューでマルシャルの欠場理由を尋ねられると、また新たな問題が生じたためだと話した。 「彼は復帰したとき、試合でぶり返してしまった。少し遠ざかってしまったんだ。待たねばならず、辛抱強くならないといけない」 今季のここまで公式戦14試合で6得点2アシストとそれなりの結果を残すものの、稼働率の悪さが相変わらずのマルシャル。ストライカー陣はお世辞にも余裕があるわけでなく、頼りにしたいはずだが、故障と復帰を繰り返す流れが止まらない。 2023.02.05 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

テン・ハグ、カゼミロ退場に「もっと多くの選手がピックされてもおかしくなかった」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 4日のプレミアリーグ第22節でクリスタル・パレスをホームに迎え撃ち、2-1で勝利したユナイテッド。70分にブラジル代表MFカゼミロが一発退場してから戦況が大きく変わり、1点を返されたが、何とか振り切った。 オーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーのデビューも霞む荒れ試合だったが、これで本拠地オールド・トラッフォードで公式戦13連勝。直近の公式戦4連勝とし、ニューカッスル・ユナイテッドを抜いて3位に浮上した。 試合後のテン・ハグ監督は「満足点がいっぱいある。まず試合の質だ」と内容にも手応えを語った。 「最初の70分間はポゼッション、フォーメーション、パスの確実性など、ピッチ上で本当に良い戦いがやれた。トランジションもカウンタープレスも見事で、試合を支配したと思う。リードしてしかるべきだったし、特に2点目なんかは見ていても気持ちの良いゴールだった」 だが、この試合はカゼミロの退場がトピックに。後半途中にFWアントニーがMFジェフリー・シュラップに突き飛ばされ、乱闘騒ぎとなり、カゼミロはMFウィル・ヒューズと対峙したが、OFRで一発退場を命じられた。 カゼミロの手が相手の首を絞めるような位置に入って印象が悪く、無念の退場劇に。テン・ハグ監督はVARの一貫性に疑問を呈した。 「クリスタル・パレスの選手が大きなリスクを冒してアントニーにケガを負わせようとし、何人かの選手が感情を高ぶらせるという場面を目にした。そして、1人の選手がピックされたんだ。もっと多くの選手がピックされてもおかしくなかった」 「VARも関与したのが何より理解できず、それなら一貫性を保たねば。今季のここまでVARが介入しない場面だって何度もあったし、残念だが、受け入れなければならない。選手はきちんと振る舞い、感情をコントロールする必要がある」 「だが、我々はスピリットを持ってお互いのために戦っている。そこは満足だ」 2023.02.05 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

好調ラッシュフォード弾のユナイテッドがリーグ2戦ぶり白星! カゼミロ首絞め退場も逃げ切る《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレスが4日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが2-1で勝利した。 前節、首位のアーセナルに競り負けてリーグ連勝が「6」でストップした4位のユナイテッド。それでも、以降はEFLカップ準決勝でノッティンガム・フォレストに連勝、FAカップでレディングに快勝を収めて公式戦3連勝。きっちりリバウンドメンタリティを示した。 前回対戦で勝ち点を取りこぼした12位のパレス戦に向けては、直近のフォレスト戦から先発2人を変更。控えGKヒートンとガルナチョに代わって守護神デ・ヘアとラッシュフォードが復帰した。 試合は開始早々に好調のユナイテッドがスコアを動かす。4分、左サイド深くでラッシュフォードがクロスを上げると、ボックス内で対応にあたったヒューズの顔面付近に上げていた手にボールが直撃。オンフィールド・レビューの結果、このプレーでPKが与えられる。これをキッカーのブルーノ・フェルナンデスがきっちりGKの逆を突き7分の先制点とした。 幸先よく先制に成功したホームチームは、前回対戦で追いつかれた反省を生かして果敢に2点目を狙っていく。13分にはショーの絶妙な左CKをボックス中央のヴェグホルストが頭で合わせるが、枠の左隅を捉えたシュートはGKの好守に遭う。 以降もカゼミロを中心に強度の高い守備で相手の攻撃を潰して優位に試合を進めるホームチームは、絶好調のラッシュフォードがボックス付近で果敢に仕掛けて足を振っていく。だが、相手GKの好守や身体を張ったブロックに遭い、決定機まであと一歩という場面が目立つ。 アントニーやフレッジのシュートでチャンスに迫るものの、2点目が遠いユナイテッドは、前半終盤にかけて徐々に押し返される。それでも、シュラップのミドルシュートはGKデ・ヘアが好守、オリーズらの際どいクロスもディフェンスラインの選手が冷静に撥ね返して1点差を維持した。 後半は引き続き一進一退の攻防が続くと、テン・ハグ監督は60分にヴェグホルストを下げてガルナチョを投入。この交代でラッシュフォードが1トップにポジションを移すと、この采配が待望の2点目をもたらす。 62分、押し込んだ形からペナルティアーク付近で左にドリブルで運んだガルナチョがボックス左のショーに繋ぐと、イングランド代表DFの正確なグラウンダーの折り返しを、ゴール前のラッシュフォードがうまく右足インサイドで面を作ってゴールネットへ流し込んだ。 この2点目で勝利に大きく近づいたかに思われたユナイテッドだが、思わぬアクシデントが発生。タッチライン際でアントニーをシュラップが押し倒したことで小競り合いが発生した中、リプレー映像ではカゼミロがヒューズの首を締め場面がクローズアップ。オンフィールド・レビューの結果、この暴力行為にレッドカードが掲示された。チームメイトは猛抗議も、カゼミロ自身は自覚があったか、判定を素直に受け入れてピッチを後にした。 70分の退場劇で試合の流れが変わると、サンビ・ロコンガ、エゼを同時投入して前がかるパレスがすぐさま1点を返す。76分、セットプレーの二次攻撃からドゥクレの蹴り損ねたボールがゴール左のシュラップへの絶妙なラストパスになると、これをシュラップがうまくゴールネットへ流し込んだ。 このゴールで勢いづくパレスは長身FWマテタ、新戦力アーマダをピッチに送り出して前がかると、サイドからのシンプルなクロスやセットプレーでユナイテッドゴールに迫っていく。 これに対して守勢のユナイテッドは81分、アントニーに代えてバイエルンからの新戦力ザビッツァー、試合終盤にはガルナチョらを下げてマグワイア、リンデロフのセンターバックコンビの投入で、割り切った逃げ切り態勢に。 7分が加えられた後半アディショナルタイムは防戦一方を強いられたが、前回対戦とは異なり何とかリードを守り切ったユナイテッドが2-1で勝利。リーグ2戦ぶりの白星を上げると共に、公式戦4連勝とした。 2023.02.05 02:25 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly