【カタールW杯グループB展望】イングランドが本命、注目は2位争いか

2022.11.21 17:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グループBはイングランドとウェールズの“イギリス勢”に、成長著しいアメリカ、そしてアジア最上位のイランが同居した。下馬評での本命はイングランドと見てよさそうだが、アメリカやウェールズも近年は優秀な若手が揃っており、イランはカタールから距離が近いことから、地理的にも精神的にも有利と言えそうだ。

◆編集部予想
◎本命:イングランド
○対抗:ウェールズ
△連下:アメリカ
☆大穴:イラン

◆優勝を狙える充実のスカッド! 鍵は戦術か~イングランド~
純粋に選手のクオリティを比較すると、イングランドがこのグループの本命であることは異論ないだろう。7大会連続16回目の出場となるスリーライオンズは、5人が選ばれたマンチェスター・シティ勢を筆頭に、世界最高峰のプレミアリーグで鎬を削り合う猛者たちが集結。ヘンダーソンやウォーカーといったベテランから、サカやベリンガムなど売り出し中のヤングスターまで、バランスの良いスカッドとなった。
欧州予選では10試合で8勝2分けと、6チーム構成のグループでは唯一無敗で、得点数ではヨーロッパ全チーム最多の39ゴールという成績を収めた。しかし、ガレス・サウスゲイト監督には手腕を疑問視する意見が溢れており、サポーターからはW杯開幕直前にもかかわらず、解任を望む声が挙がっている。個人では粒揃いでも指揮官の求心力は気がかりだ。

◆64年ぶりのW杯、良くも悪くもベイル次第?~ウェールズ~
16大会ぶり2度目の出場となるウェールズ。実に1958年大会以来64年ぶりの大舞台で、初出場のホスト国カタールを除けば、最もW杯と縁のなかった国と言える。予選ではグループ2位でプレーオフへ進み、オーストリアとウクライナを下して本戦へ。政治的危機に瀕するウクライナ戦では、試合後に両代表の選手たちが抱擁する美しい一幕も。

そのウクライナに背中を押されて臨む今大会。注目はやはり主将のベイル。ドラゴンズでの最多出場記録更新も迫る中、予選はケガによる欠場もありながら、3ゴール3アシストと安定した活躍。POのオーストリア戦では2ゴール、ウクライナ戦ではオウンゴールを誘うプレーなど、重要な場面で存在感を放った。

チームを率いるロブ・ページ監督は、ライアン・ギグス前監督の不祥事を受けて2020年11月から暫定監督を務めていたが、殊勲のW杯に導いた実績から、今年6月に晴れて正式監督に。9月には4年契約を結んだ。ただ、6月と9月に行われたネーションズリーグでは、1勝もできずに降格している。

◆平均年齢25歳、若き才能が栄光目指す~アメリカ~
2大会ぶり11回目の出場となるアメリカ。北中米最終予選では8チーム中3位で本戦へ進んだ。率いるは2018年12月就任のグレッグ・バーホルター監督。昨夏にはCONCACAFゴールドカップでカタールやメキシコを破り優勝に導いた。

そんな49歳指揮官が選んだ26人は、平均年齢25歳175日とかなり若い。現在のアメリカ代表のメンバーはプリシッチやジョバンニ・レイナ、ティモシー・ウェア、デストなど過去最も豪華な顔ぶれだが、W杯経験が少ない点は不利になりうる。ただ、先述のゴールドカップ制覇と近いメンバーが揃っているため、連携面に懸念はない。

11月中旬には、どのチームよりも早くカタール入りするなど、その熱意が感じられるアメリカ。なお、その背景にはバーホルター監督のこだわりがあると見られ、同監督は良くも悪くも細かい戦術を浸透させたい意向があるがしかし、代表チームは時間が限られているため、一貫したシステムが見つけられていないという不安要素があるようだ。

◆アジアのトップはダークホースになれるか~イラン~
イランは3大会連続6回目の出場。ここ3大会はいずれもカルロス・ケイロス監督の下で出場しており、FIFAランキングも20位に浮上し、アジアでは日本を抜いて首位となった。

ケイロス監督は守備に重点を置き、カウンターで得点を狙うスタイルを嗜好する指揮官。アジア最終予選では日本と逆のグループで15得点4失点という攻守に安定感のある戦いを見せた。その中で攻撃を牽引するのは、ポルトで活躍するメフディ・タレミやレバークーゼンのサルダル・アズムンら。

ただ、アズムンは先月上旬にふくらはぎの筋肉断裂の重傷を負い、全治6~8週間の離脱を強いられることに。“イランのメッシ”が万全の状態まで回復できることができれば、あるいは台風の目になるかもしれない。

★グループステージ日程
第1節
▽11/21
《22:00》
イングランド vs イラン
《28:00》
アメリカ vs ウェールズ

第2節
▽11/25
《19:00》
ウェールズ vs イラン
《28:00》
イングランド vs アメリカ

第3節
▽11/29
《28:00》
イラン vs アメリカ
ウェールズ vs イングランド

関連ニュース
thumb

16強欠場のスターリング、自宅が泥棒被害で代表離脱

カタール・ワールドカップのラウンド16を欠場したイングランド代表FWラヒーム・スターリングだが、空き巣被害による緊急帰国が理由だったようだ。イギリス『BBC』が報じた。 4日のベスト16でセネガル代表を相手にして、3-0と快勝したイングランド。スターリングは家族の事情で欠場との発表がなされ、後に家族がいる自宅に武装した強盗に侵入されたため、代表から離脱したと報じられた。 ガレス・サウスゲイト監督はベスト8進出後に離脱の事実を認め、「フットボールが最も大事なものじゃないときもある。家族が1番であるべきだ。彼に時間を与えたい。どうなるかはこれから見極める」と話している。 なお、イングランドは10日の準々決勝で前回王者のフランス代表と対戦する。 2022.12.05 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

捨て身弾で病院送りのプリシッチ、オランダ代表戦も出場可! アメリカ代表に吉報

アメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチはカタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16に出場できるようだ。 3日のラウンド16でオランダ代表と対戦するアメリカ代表は2日に公式ツイッターで「クリスティアン・プリシッチは明日のオランダ戦に向けて出場許可が下りた」と明らかにした。 プリシッチはグループB最終戦のイラン代表戦で決勝ゴール。自国を逆転での2位通過に導く一発となったが、その際に相手GKと激しく交錯した影響でハーフタイムにピッチを後にした。 その後、病院送りとなり、骨盤挫傷と診断。だが、アメリカ『ESPN』によると、グレッグ・バーホルター監督はオランダ戦の前日会見で慎重を期しつつ、出場見込みを認めたという。 一方、プリシッチ本人は1日に集まったプレスに対して、「スタッフ、メディカルチームと一緒になって自分の力の及ぶ限りを尽くす」とどんな形になろうとも出場意欲を示している。 「プレー時間がどれだけだろうと、110%の力を出し切る。あの試合を戦う責務があるし、このチーム、そして母国に恩義があるから。できることをすべてやるつもりだ」 2022.12.03 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

悲劇…W杯でのイラン代表の敗戦を喜んだ27歳の男性が国内で射殺

ノルウェーのオスロに本拠を置くイラン人の人権保護のためのNGO団体「Iran Human Rights(IHRNGO)」が、イラン代表の敗戦を祝福した若者が殺害されたことを発表した。 発表によると、男性の名はメフラン・サマクさん。27歳の男性で、イランの治安部隊に頭部を撃たれて殺害されたという。 イラン代表は11月29日、カタール・ワールドカップ(W杯)でアメリカ代表と対戦。勝てばグループステージ突破となる中、0-1で敗れて敗退となっていた。 サマクさんはイランの敗北を祝うために夜間に外出。車を運転し、クラクションを鳴らしていたところ、頭部を撃たれたという。 IHRNGOによると、イランの治安部隊は、この2カ月間で同国で発生した混乱により、60人の子供と29人の女性を含む4448人を殺害したとのことだ。 これは今年9月にイランの服装規定に違反したとして逮捕され、その後に死亡したマフサ・アミニさんに対し、その扱いに関して大きな抗議活動が起こり、イラン国内だけでなく、世界中にその活動は広まっていた。 そのため、国内では緊張状態が続いていたが、W杯の敗戦を受けて喜んだことで殺害されてしまったという、何とも痛ましい事件が起きてしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】殺害された男性の葬儀の様子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">&quot;Death to the dictator!&quot; <br><br>Mehran Samak was reportedly shot by security forces in Bandar Anzali, Gilan Province, Nov. 29 as he was driving/honking to celebrate Iran's loss against the USA in Qatar <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup</a> soccer match.<br><br>This was his funeral in Tehran.<a href="https://twitter.com/hashtag/%D9%85%D9%87%D8%B3%D8%A7_%D8%A7%D9%85%DB%8C%D9%86%DB%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#مهسا_امینی</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%D9%85%D9%87%D8%B1%D8%A7%D9%86_%D8%B3%D9%85%D8%A7%DA%A9%E2%80%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#مهران_سماک‌</a> <a href="https://t.co/859lqW9My5">pic.twitter.com/859lqW9My5</a></p>&mdash; IranHumanRights.org (@ICHRI) <a href="https://twitter.com/ICHRI/status/1597996432463888384?ref_src=twsrc%5Etfw">November 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.01 23:48 Thu
twitterfacebook
thumb

「涙が出た」「とても美しい瞬間」悲しみに暮れるイラン選手をアメリカ代表DFが抱擁「これが国際スポーツの意義」

アメリカ代表DFアントニー・ロビンソンのとった行動が脚光を浴びている。 11月29日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループB最終節のイラン代表vsアメリカ代表が行われ、0-1でアメリカが勝利した。 ここまで1勝1敗でグループ2位のイランと、2分けでグループ3位のアメリカ。押し気味にゲームを進めたアメリカは38分にクリスチャン・プリシッチのゴールで先制すると、イランの終盤の猛攻を耐えしのいで2大会ぶりのグループステージ突破を決めた。 歓喜のアメリカとは対照的に、敗退が決まったイランは悲しみに暮れることに。第2節のウェールズ代表戦でダメ押しのゴールを挙げた右サイドバックのラミン・レザイアンも、試合後には涙を浮かべた。 そこへ声をかけたのがアメリカ代表の左サイドバック、A・ロビンソンだ。試合中にもマッチアップしたライバルへ歩み寄ると、声をかけて優しく抱擁。レザイアンもしばらく顔をうずめたのち、応えるかのように背中をたたいた。 互いを思い合うワンシーンには、ファンからも「涙が出ました」、「真のスポーツマンシップとクラス」、「とても美しい瞬間です」、「私たちの世界には善良な人間がいます」、「これが国際スポーツの意義」、「フェアプレーの真髄」などの賛辞が相次いだ。 「両国の関係を考えると、これは感動的な瞬間です。人と人とのつながりは大切であり、大切にしなければなりません」とのコメントにあるよう、アメリカとイランは長期にわたる国交断絶など、関係に緊張が続いているなか、両者のやり取りはファンの感情を揺さぶることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】敗退が決まり悲しむイランの選手を慰めるアメリカ代表A・ロビンソン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">USA’s Antonee Robinson consoles Iran’s Ramin Rezaian after America’s victory. Iran’s regime has tried hard to brainwash its people against the US, but most Americans who’ve been to Iran will tell you it’s among the friendliest places they’ve ever visited. <a href="https://t.co/GbyPFMEMVL">pic.twitter.com/GbyPFMEMVL</a></p>&mdash; Karim Sadjadpour (@ksadjadpour) <a href="https://twitter.com/ksadjadpour/status/1597922491426799619?ref_src=twsrc%5Etfw">November 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.01 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「本当に恥ずかしい行為」ゴミ拾いが話題の一方で、イングランドサポーターが中身入りのカップをみんなで投げ捨て炎上「アルコールを提供したくない理由だろう」

綺麗に片付けて帰っていくサポーターたちが増えているカタールとは裏腹に、わざわざ散らかして帰っていくというサポーターがいたようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)もあと2日でグループステージの全日程が終了を迎え、ベスト16が出揃うことになる。 番狂わせが起こったほか、抜け出すチームがないなど、いつもとは違う様相となる一方で、ピッチ外では日本人サポーターの行動が大きな話題となっている。 以前から行われていたものの、試合後にゴミを拾って片付けて帰る日本人サポーターの姿が大きくクローズアップ。国際サッカー連盟(FIFA)がインタビューを行うなど脚光を浴びると、世界からも称賛の声が殺到。そして、称賛されるだけでなく、イランやモロッコ、エクアドル、フランス、チュニジアなど多くの国のサポーターがゴミを拾う姿が大会が進むごとに増えていく。 日本代表もこれまで通りドレッシングルームを綺麗に整頓して立ち去っており、コスタリカ代表戦で敗れた後もその綺麗さには世界が驚くことに。そんな中、わざわざ散らかす行為を見せたサポーターたちに嘆きの声が上がっている。 それはイングランド代表のサポーター。イギリス『First Edition』というニュース番組の公式ツイッターが1つの動画を投稿。それは、25日に行われたグループステージ第2戦でイングランドがアメリカ代表とゴールレスドローに終わった後の映像だ。 ロンドンで行われたパブリックビューイングに集まったサポーターたち。初戦の快勝から一転して、不甲斐ない戦いを見せたことに腹を立て、試合終了のホイッスルと同時に持っていた中身入りのコップ投げ出す人が続出したのだ。 1人が始まれば、続々と同じ行動をする人が現れ、中身も全て飛び散る事態に。一方で、このことを予期していたのか、カッパを着用して濡れるのを防ぐサポーターも多くいるのだ。 カタールでは片付けるというものがクローズアップされている中でのこの行為には、多くの人が批判。「これを家でやるのだろうか」、「本当に恥ずかしい行為」、「不満はあるがビールは捨てない」、「パブで試合を観戦してなぜポンチョを着るのか」、「これがカタールでアルコールを提供したくない理由だろう」などとコメントが集まった。 中には、「6ゴールの後に1ゴールもなかったんだから当然だ」、「90分見て何も起こらなかったからだ」と、このような行為が当然と捉える人も少なくなく、やはり文化の違いというところだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】引き分けた瞬間に飛び交うカップと飲み物…イングランドサポーターの行為が炎上中</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">FT: England 0-0 USA.<br><br>Watch the moment fans in London started throwing their drinks in frustration at the result.<a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/ENGUSA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ENGUSA</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup2022</a> <a href="https://t.co/4gbNmwx4ZS">pic.twitter.com/4gbNmwx4ZS</a></p>&mdash; First Edition (@FirstEdition) <a href="https://twitter.com/FirstEdition/status/1596245731509096449?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.01 18:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly