vol.32/韓国代表【カタールW杯出場国ガイド】PL得点王エースの状態やいかに、きつい組を勝ち抜けられるか

2022.11.20 17:30 Sun
Getty Images
11月20日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがカタールの地で遂に開幕する。約1カ月の激闘をより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が出場国32カ国ガイドを作成。32カ国目は韓国代表を紹介していく。監督:パウロ・ベント
主将:ソン・フンミン
予選成績:7勝2分け1敗
W杯出場数:10大会連続11回目
W杯最高位:ベスト4
FIFAランク:28位
◆ソン・フンミンの状態やいかに
Getty Images
予選ではイラン代表に首位の座を許してしまったが、3位以下を遠さげ、危なげなく2位で10大会連続の出場を決めた韓国。パウロ・ベント監督の4年間はポゼッションスタイルを落とし込もうと試行錯誤もあり、順調な道のりではなかったが、本大会の舞台に挑戦する。

後ろからのビルドアップはいまだ不安を隠せないものがあるが、選手をみれば、この4年間でソン・フンミンに続いて、ファン・ウィジョやキム・ミンジェらが活躍の場を欧州に。ファン・ヒチャンもウォルバーハンプトンにステップアップを遂げ、第一戦で力を磨く。

基本布陣は[4-1-4-1]。顔面骨折で手術を受けたソン・フンミンはフルで能力を発揮できるか微妙だが、最終ラインの中心に新天地ナポリでさっそくレギュラーを張るキム・ミンジェの存在は頼もしく、イ・ガンイン、チョン・ウヨンといった若きタレントもいる。
そんなアジアの虎は過去ベスト4の実績を誇るが、直近2大会はグループ敗退。突破自体も2度しか経験がない。時間との戦いに直面するソン・フンミンだけでなく、新天地で苦しむ主砲ファン・ウィジョの調子も懸念事項だが、強烈な顔ぶれのグループを勝ち抜けるか。

◆超WS的注目プレーヤー
MFソン・フンミン(トッテナム)
Getty Images
韓国の注目選手はやはりソン・フンミンだ。ケガの状態が気がかりだが、個人としては昨季のプレミアリーグでアジア人初の得点王という称号を引っ提げての今大会。活躍ぶりはもはやアジアという枠で括れずだ。30歳の年齢的にも絶頂期での今大会。初戦から間に合うかが最大の焦点だが、代わりなどいない。

◆登録メンバー
GK
1.キム・スンギュ(アル・シャバブ/サウジアラビア)
12.ソン・ボムグン(全北現代モータース)
21.チョ・ヒョヌ(蔚山現代FC)

DF
20.クォン・ギョンウォン(ガンバ大阪/日本)
15.キム・ムンファン(全北現代モータース)
4.キム・ミンジェ(ナポリ/イタリア)
19.キム・ヨングォン(蔚山現代FC)
3.キム・ジンス(全北現代モータース)
23.キム・テファン(蔚山現代FC)
2.ユン・ジョンギュ(FCソウル)
24.チョ・ユミン(大田ハナシチズン)
14.ホン・チョル(大邱FC)

MF
22.クォン・チャンフン(金泉尚武FC)
17.ナ・サンホ(FCソウル)
8.ペク・スンホ(全北現代モータース)
26.ソン・ミンギュ(全北現代モータース)
13.ソン・ジュンホ(山東泰山足球倶楽部/中国)
7.ソン・フンミン(トッテナム/イングランド)
18.イ・ガンイン(マジョルカ/スペイン)
10.イ・ジェソン(マインツ/ドイツ)
5.チョン・ウヨン(アル・サッド/カタール)
25.チョン・ウヨン(フライブルク/ドイツ)
6.ファン・インボム(オリンピアコス/ギリシャ)
11.ファン・ヒチャン(ウォルバーハンプトン/イングランド)

FW
9.チョ・ギュソン(全北現代モータース)
16.ファン・ウィジョ(オリンピアコス/ギリシャ)

◆日程
第1節
▽11/24
《22:00》
vsウルグアイ

◆第2節
▽11/28
《22:00》
vsガーナ

◆最終節
▽12/2
《24:00》
vsポルトガル
関連ニュース

後半AT弾の韓国がUAEを退け白星スタート【AFC U-23アジアカップ】

AFC U23アジアカップのグループB第1節、U-23韓国代表vsU-23UAE代表が16日に行われ、1-0で韓国が勝利した。 3.5枠のパリ・オリンピック出場権を懸けたアジア最終予選となる今大会。グループ上位2カ国が準々決勝に進むこととなる中、両国はU23日本代表、U-23中国代表が同居するグループBに入った。 ファン・ソンホン監督率いる韓国は、欧州組の主力を招集できなかった中、UAE相手に押し込む入りとすると14分、イ・ガンヒの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKタウヒードの好守に阻まれた。 そして18分には先制しかける。ボックス手前右からのファン・ジェウォンのコントロールシュートが左ポストに直撃。ルーズボールに反応したボックス右のカン・サンユンがクロスを送り、アン・ジェジュンがヒールでゴールへ流し込んだが、VARでカン・サンユンのポジションがオフサイドでノーゴールとなった。 その後も主導権を握っていた韓国だったが、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、56分にショートコーナーからイ・ガンヒが決定的なヘディングシュートを放った韓国だったが枠を外すと、その後は膠着状態に持ち込まれてしまう。 終盤の87分にはカン・ソンジンのヘディングシュートで均衡を破ったかに思われたが、クロスを上げたカン・サンユンにオフサイドがありノーゴールに。 それでも12分の追加タイムがあった中、同4分に決勝弾が生まれる。イ・テソクの右CKからイ・ヨンジュンのヘディングシュートが決まった。これが決勝点となって韓国が白星スタートを切っている。 U-23韓国代表 1-0 U-23UAE代表 【U-23韓国代表】 イ・ヨンジュン(後49) ◆グループB順位表 1.日本(勝ち点3、得失点差+1) 1.韓国(勝ち点3、得失点差+1) 3.中国(勝ち点0、得失点差-1) 3.UAE(勝ち点0、得失点差-1) 2024.04.17 02:48 Wed

シンガポール代表の小倉勉監督が地元紙インタビューで熱弁「選手に“韓国代表が強すぎる”なんて言わせない」

シンガポール代表の小倉勉監督は選手たちに確信を持つ。 2月にシンガポールへ赴いた小倉監督。 かつて日本代表コーチとして2010年南アフリカW杯を戦い、昨年は東京ヴェルディで城福浩監督の副官を務め、J1復帰へと導いた57歳だ。それでも、これまで監督業は大宮アルディージャでの2013年の約3カ月間に過ぎなかった。 3月の初陣は、北中米W杯アジア2次予選の中国代表との2連戦。まずホームで2-2のドローに持ち込み、アウェイでは微妙な判定も影響する形で1-4と敗戦。自身の初白星およびシンガポール代表の今予選初白星はお預けとなっている。 ◆W杯アジア2次予選C組 1位 韓国 | 勝ち点10 | +11 | 4試合 2位 中国 | 勝ち点7 | +1 | 4試合 3位 タイ | 勝ち点4 | -2 | 4試合 4位 シンガポール | 勝ち点1 | -10 | 4試合 これで最終予選進出が絶望的となるも、国内では2試合を通じ、小倉監督の指導力が非常に高く評価されており、この度『The Straits Times』の独占インタビューに応じた監督自身も充実感を口に。発展途上にあるシンガポールサッカー界での役割は、その「発展」に寄与することだ。 “監督の志向するプレーコンセプトは、どのくらい選手に浸透したと感じていますか?” 「20〜30%かな。もちろん完全体じゃない。もっともっとできるし、まだ始まったばかり。基礎を構築したに過ぎず、一歩ずつ改善していきたいね」 「次に手をつけるべきは『アタッキングサードでのプレー精度の向上』と『中盤と前線のコンビネーションの向上』、そして『冷静なプレー選択』かな」 「(シンガポールの)人々は選手たちについて『ラマダン期間(※1)だし、2試合ともコンディションが良くなかった』と言うけど、僕はそう思わない。影響がゼロだったとは言わないけど、中国相手に力強く戦っただろう」 (※1)シンガポールはフットボーラーに華人(中国系)が少なく、多くがマレー系のムスリム また、小倉監督は「シンガポールの選手はメンタルが弱い」という同国の定説を拭い去りたいとし、2次予選ラスト2試合、韓国代表およびタイ代表との対決に目を向ける。 「ここからは我々コーチ陣の責任も大きくなるかな。コーチから選手たちに多くを要求するが、上手く伝えることができれば、選手たちもより高いレベルに到達したいと思ってくれるはず」 「選手自身の考え方・意欲に全責任を負わせるわけにはいかない。コーチと環境も重要だ。我々から上手くアプローチして、選手たちの良いリアクションを引き出したい」 「それは、選手の誰かに『この相手に勝つのは不可能だ』なんて思わせない、言わせないことでもあるんだ。『韓国が強すぎる』なんて思う選手がいたら、その時点で結果は決まっているしね」 「選手だけじゃない。ヘッドコーチも用具係も、全ての関係者が前向きに試合に臨む必要がある。これが僕のモットーだ」 2024.04.07 20:00 Sun

日本のライバル韓国に緊急事態! セルティックが派遣拒否でエースMFがパリ五輪最終予選のU23アジアカップに参加できず

U-23日本代表も出場するAFC U23アジアカップ。グループステージで対戦し、パリ・オリンピック行きを懸けた戦いのライバルでもあるU-23韓国代表だが、主軸が突如参加できないこととなった。 3.5枠の出場権を争うパリ五輪のアジア最終予選。非常に厳しい戦いとなる中、U-23韓国代表のメンバーは既に発表されていた。 招集を受けていたセルティックのMFヤン・ヒョンジュンだったが、なんとセルティック側が派遣を拒否したという。韓国『聯合ニュース』が伝えた。 報道によると、大韓サッカー協会(KFA)は5日、ヤン・ヒョンジュンに代えて、仁川ユナイテッドFCのホン・シフを招集したことを発表。その中で、ヤン・ヒョンジュンがセルティックに派遣拒否を受けたことを明かしたという。 「オリンピックの最終予選にエントリーする23名に含まれていたヤン・ヒョンジュンが、所属チームのセルティックのチーム事情により、選手の派遣が不可能だと伝えられた」 ヤン・ヒョンジュンは慶南FCから2023年7月にセルティックへ完全移籍。右ウイングを主戦場に、スコティッシュ・プレミアシップで22試合1ゴール3アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)でも4試合に出場していた。 先発する機会は少ないものの、途中出場ではこのところアクセントをつけ数字も残せている状況だ。 日本もこの世代の主軸を務める海外組では、MF鈴木唯人(ブレンビー)やMF斉藤光毅(スパルタ・ロッテルダム)などが招集できなかったが、ファン・ソンホン監督も攻撃の核になると期待していただけに、韓国にとっては大きな誤算となったようだ。 2024.04.05 13:30 Fri

日本と対戦するU-23韓国代表が発表! セルティックやデュッセルドルフの選手も【AFC U23アジアカップ】

AFC U23アジアカップに臨むU-23韓国代表メンバーが発表された。 16日からカタールで開催される同大会。パリ・オリンピックの出場権を懸けた戦いとなり、アジアに与えられた3.5枠を争うこととなる。 大岩剛監督率いるU-23日本代表とグループステージで同居する韓国。グループの上位2カ国がベスト8進出を果たす中で、五輪の切符を争うライバルとなる。 そのチームには、セルティックのMFヤン・ヒョンジュンやブレントフォードのDFキム・ジス、デュッセルドルフのMFキム・ミンウら海外組も招集されている。 その他、2023年の U-23ワールドカップ(W杯)でベスト4に入ったメンバーからキム・ジンスら5名が招集。アジア競技大会のメンバーから3名が招集されている。 韓国はKリーグ1組の18名が国内キャンプを行い、5日にUAEへ移動。再びキャンプを行い、10日にカタール入りする予定とのことだ。なお、海外組の合流時期は未定となっている。 ◆U-23韓国代表メンバー GK キム・ジョンフン(全北現代モータース) ペク・ジョンボム(FCソウル) シン・ソンフン(忠南牙山FC) DF イ・テソク(FCソウル) チョ・ヒョンテク(金泉尚武FC) ソ・ミョンクァン(富川FC) キム・ジス(ブレントフォード/イングランド) ビョン・ジュンス(光州FC) イ・ジェウォン(天安シティFC) ファン・ジェウォン(大邱FC) チャン・シヨン(蔚山HD FC) MF イ・カンヒ(慶南FC) カン・サンユン(水原FC) ペク・サンフン(FCソウル) オム・チソン(光州FC) ヤン・ヒョンジュン(セルティック/スコットランド) ペ・ジュンホ(ストーク・シティ/イングランド) キム・ミンウ(デュッセルドルフ/ドイツ) ホン・ユンサン(浦項スティーラース) サムビン(ミネソタ・ユナイテッド/アメリカ) カン・ソンジン(FCソウル) FW アン・ジェジュン(富川FC) イ・ヨンジュン(金泉尚武FC) 2024.04.02 16:55 Tue

アジア杯で母国相手に一矢報いたマレーシア代表の韓国人指揮官キム・パンゴン監督、痛恨のW杯予選2連敗で辞任示唆

マレーシア代表のキム・パンゴン監督(54)が辞任を示唆している。マレーシア『New Straits Times』が伝えている。 先のアジア杯で強烈なインパクトを残したマレーシア代表。グループステージ最下位敗退で史上初のノックアウトステージ進出を掴めなかった彼らだが、「90+15分」の劇的同点弾で3-3ドローに持ち込んだ韓国代表戦の勇姿は見事だった。 その一戦で、選手以上に存在感抜群だったのが、韓国人指揮官のキム・パンゴン監督。前述の劇的同点弾が決まると、長髪を振り乱して大喜びし、現役時代に縁のなかった母国代表相手に一矢報いた感情を爆発させた。 さて、あの激闘から約2カ月。 アジアでは2026北中米W杯2次予選が再開し、3月のマレーシア代表はオマーン代表との2連戦…結果は2連敗。今予選2連勝発進だったマレーシア代表は、2勝2敗でグループDの3位に転落した。 マレーシア代表とオマーン代表の力関係はさておき、アジア杯を終え、最終予選進出に向けて機運がピークに達したなかでの2連敗。キム監督自身も少なからずショックがあったようで、「(マレーシアサッカー)協会から必要とされなくなったら辞任する」との発言に及んだ。 これを受け、マレーシア国内ではキム監督の進退に関する議論が拡大。『New Straits Times』によると「退任すべき」と「続投すべき」、国民の意見は真っ二つだという。 「ひとつのサイクルが(アジア杯で)終わった」「アイデアと戦術を使い果たした感がある」「悪い監督ではないが、マレーシアよりもうワンランク上の代表チームを率いるのが彼自身のためでは?」 「2連敗は采配の問題ではない」「質が低いのはマレーシアのフットボーラー」「このタイミングでの退任は単なる損失」 マレーシア代表の関係筋によると、キム監督はオマーン代表との2連戦後、2025年12月までの契約期間中に解任された場合、3カ月分だけの給与補償を請求する意向を協会側に伝えたとのこと。どうやら退任の覚悟はできているようだ。 2024.04.01 14:30 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly