「世界に日本の力を示すいい機会」合流待たれるブライトン三笘薫、W杯へ向けクラブ公式インタビューに登場「すごく試されている大会」

2022.11.17 22:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)に臨むブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が、クラブの公式インタビューに応じた。三笘は2021年夏に川崎フロンターレからブライトンへと加入し、労働許可証が発給されないため、直後に期限付き移籍でベルギーのユニオン・サン=ジロワーズへと加入した。研鑽を積んで2022-23シーズンからプレミアリーグでのチャンスをつかむと、新指揮官の前で圧巻のパフォーマンスを披露。注目を集める存在となっている。

W杯メンバーにも選出された三笘は体調不良の影響で合流が遅れ、心配されていたが、すでにクラブはからゴーサインが出ている。
ブライトンは改めて日本が誇るウイングへのインタビューを公開。公式ツイッターでは「W杯でミトママジックを見るのを楽しみにしているのは誰?」と紹介されている。

--日本の人々にとってのW杯の意味は?

「前回大会はベスト16になったので、今大会ではどれだけいけるのかということと、すごく厳しいグループに入っているので、そこで勝ち抜くことが日本サッカー界にとって新たな光になると思いますし、これからの日本サッカーを占う意味でも、すごく試されている大会かなと思います」

--日本のファンはワールドカップをどう捉えているのか?

「たいていの人は家でテレビで見ると思いますけど、お店にいって一緒に見ることも多いです。特にいつも(サッカーを)見ていない人たちが注目するので、日本中が盛り上がっているイメージはあります」

「そこまで今は盛り上がっていないというか、大会が始まれば盛り上がる国民性なので、どんどん試合が進むにつれて盛り上がっていくと思います」

--ホスト国であった2002大会の思い出はある?

「2002年に初めてワールドカップを見て、日本がこんなに盛り上がっているのを感じてサッカーを好きになったので、すごく覚えています」

--日本にとってはタフなトーナメントだと思うか?

「すごく厳しいグループに入っていますけど、ワールドカップでこれだけ素晴らしい相手と戦うチャンスはないので、世界に日本の力を示すいい機会かなと思います」

「初戦がカギになると思いますし、簡単ではないとも感じているので、毎試合チームとして全力を尽くさないと厳しいなとは思っています」

--特に対戦してみたいチームや選手はある?

「(チームメイトのアレクシス・)マク・アリスターもいるアルゼンチンやブラジル、特に前回大会はベルギーに負けているので、借りを返したいという気持ちはあります」

「一番タフな、厳しい相手はブラジルかなと思いますけど、親善試合でも戦って本気のブラジルとはやっていないと思うので、そういったところとやりたいなと思います」

--カタールでの冬開催については?

「シーズン中ということもありますし、季節も暑いと思うので選手にとっては厳しいですけど、(登録メンバーも)26人に増えましたし、そういったところを生かして、チームとして団結力を持って戦えば問題はないかなと思います」

--日本からプレミアリーグへ来て、今やW杯ですね。変わったと感じていることなどは?

「3年前は大学生だったので時間が経つのは早いです。成長している実感もありますし、環境を変えて得たものはすごく大きいので、いろいろチャレンジしてきた結果が今、ここにいることなのかなと思っています」

1 2

関連ニュース
thumb

ブライトンMFカイセドがトレーニングを欠席…移籍希望を強調

移籍希望を公にしたブライトンのエクアドル代表MFモイセス・カイセド(21)だが、その意思は堅いようだ。 昨年1月にブライトンに加入し、ようやくプレミアリーグで1年が経過したカイセドだが、今季6位と好調のシーガルズにおいて、カバー範囲の広さとともに、マイボール時の推進力や的確なボール捌きをもってボックス・トゥ・ボックスの化身と化し、リーグ屈指の守備的MFとして認知されるようになった。 先のカタール・ワールドカップでも株を上げ、今冬の移籍市場の注目株の一人に。プレミアのビッグクラブが挙って関心を示すと、ここ数日でチェルシーやアーセナルがオファー。さらにはカイセド本人がSNSを使って移籍を公に希望するなど、状況は大きく進展している。 アーセナルがさらなるオファーを準備していると言われる中、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、カイセドは28日のトレーニングを欠席。29日に行われるFAカップ4回戦のリバプール戦も欠場すると見られており、移籍希望をより明確にした格好だ。 なお、同氏によれば、チェルシーの5500万ポンド、アーセナルの6000万ポンドのオファーはすでに断られているという。 2023.01.28 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

去就注目カイセドが移籍志望を公に! 「理解してもらえたら」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセド(21)が移籍志望を公にした。 今季のここまでプレミアリーグの上位に割って入るブライトンの中盤で中心を担うカイセド。カバー範囲の広さとともに、マイボール時の推進力や的確なボール捌きをもってプレミアリーグ屈指のボックス・トゥ・ボックスMFと化すなか、先のカタール・ワールドカップ(W杯)でも株を上げ、ピッチ外ではさらに去就が注目される。 先日に代理人の変更が明らかとなり、ブライトンの公式サイトで残留の意思を示した21歳だが、最新の報道ではチェルシーに続いて、アーセナルのアタックが噂に。イギリス『The Athletic』いわく、提示額はチェルシーのものに500万ポンドを上積みした6000万ポンド(約96億5000万円)だったが、ブライトンが拒否した模様だ。 その今冬の移籍マーケット閉幕が刻々と近づくなか、カイセドは自身のSNSを更新。ブライトンに対する感謝とともに移籍の意思を明確にし、クラブに認めるよう訴えかけた。 「プレミアリーグに来るチャンスをくれた(トニー・)ブルーム氏とブライトンには感謝しているし、彼らのために常にベストを尽くしてきたと感じている。いつだって笑顔を絶やさず、心を込めてフットボールをしている」 「自分は10人兄弟の末っ子で、エクアドルのサンタドミンゴで貧しい家庭に育てられた。夢は常にエクアドル史上で最も輝かしい選手になること。ブライトンにクラブ史上最高の移籍金を残し、それが再投資され、クラブが成功を続ける助けになれるのは誇りだ」 「ファンは僕を心にとどめてくれたし、これからもずっと僕の心にいる。だから、どうしてこの素晴らしいチャンスを掴みたいのかを理解してもらえたらと思う」 <span class="paragraph-title">【メッセージ】三笘薫の同僚がSNSで移籍意思を示す! </span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn70zrwrGJE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn70zrwrGJE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn70zrwrGJE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Moisés Caicedo23(@moises_caicedo55)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.28 10:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトン、カイセド獲得目指すアーセナルの6000万ポンドのオファー拒否か?

ブライトンが、エクアドル代表MFモイセス・カイセド(21)に対するアーセナルからの6000万ポンド(約96億3000万円)のオファーを拒否したようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 今シーズンのプレミアリーグで躍進するブライトンの中盤を牽引するカイセド。ここまでリーグ戦18試合1ゴール1アシストと数字面では大きなインパクトはないものの、卓越した身体能力を生かしたボール奪取能力、カバー範囲の広さという守備面の貢献。攻撃面ではマイボール時の推進力や的確なボール捌きと、リーグ屈指のボックス・トゥ・ボックスMFとしての評価を確立している。 その21歳の逸材に関しては、先日に5500万ポンド(約88億3000万円)のオファーを掲示したとされるチェルシーを始め、リバプール、ニューカッスルといったプレミアリーグの強豪クラブがこぞって関心を寄せる。 そういった中、ここまで驚異的なペースで勝ち点を重ねてリーグ首位を快走するアーセナルが、手薄な中盤の補強に向けてカイセド獲得の動きを本格化させていた。 そして、ミケル・アルテタ率いるチームは、今週に入ってブライトンに6000万ポンドの公式オファーを掲示。だが、先日にロベルト・デ・ゼルビ監督が語ったように、今冬の主力流出を望まないシーガルズは、このオファーを固辞したようだ。 今後、アーセナルが移籍金を増額した場合、ブライトンが売却を受け入れる可能性もなくはないが、ヨーロッパのコンペティション出場が望める状況において適切な後釜を確保できなければ、ブライトンが首を縦に振る可能性は低い。 2023.01.27 22:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ブライトンDFランプティが移籍か?リヨン、スポルティングが問い合わせ…ガーナ代表の右SB

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのガーナ代表DFタリク・ランプティ(22)に関心が寄せられているようだ。イギリス『90min』が伝えた。 チェルシーの下部組織で育ったランプティは、ファーストチームに昇格せずに2020年1月にブライトンへと完全移籍した。 加入後すぐにポジションを掴むと、これまで公式戦71試合で2ゴール6アシストを記録。今シーズンも右サイドバックや右サイドハーフでプレーし公式戦20試合で1ゴールを記録。ただ、途中出場がメインとなっている。 世代別のイングランド代表を経験したランプティは、カタール・ワールドカップ(W杯)にガーナ代表として出場。ただ、チームではポジションを掴みきれていない状況となっている。 そのランプティには、リヨンやスポルティングCPが関心を持っており、ブライトンに移籍が可能かどうかを問い合わせている状況とのこと。ランプティは定期的な試合出場を求めており、移籍を検討しているという。 リヨンはU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)がチェルシー、スポルティングはスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)がトッテナムへ移籍すると見られていた中、グストに関してはリヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が否定していた。 いずれにしても問い合わせはしているが、ポジションを掴みきれていないランプティはどうするのか注目だ。 2023.01.27 15:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「噂を耳にはするけど…」チェルシーが狙うブライトンMFカイセド、残留の意思を語る「ここだけに集中している」

ビッグクラブへの移籍が噂されるブライトン&ホーヴ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセド(21)が、クラブに集中していることを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 今シーズンのカイセドは、プレミアリーグで18試合に出場し1ゴール1アシスト。数字には残っていないが、チームの中盤を支え、ブライトンにとって欠かせない存在となっている。 そのプレーぶりにはプレミアリーグのクラブが注目し、リバプールやニューカッスル、アーセナルなどが獲得に興味を持っているとされている。 そんな中、チェルシーが5500万ポンド()のオファーを出したがブライトンは即拒否したと報道。ロベルト・デ・ゼルビ監督は移籍する可能性には言及したものの、今冬は移籍させるつもりがないことを口にしていた。 2025年夏に契約が満了するカイセドだが、クラブのインタビューに応じ、満足しているとコメント。移籍する気がないと語った。 「僕はブライトンに集中している。僕はここに居て、毎日プレーしている。外からのことは、僕を悩ませないし、ここだけに集中しているから集中力が失われる事はない」 「僕はうまく処理している。あちこちで噂を耳にはするけど、僕はクラブにだけフォーカスするようにしている。毎週プレーすることへの扉を開いてくれたクラブだけにね」 カタール・ワールドカップ(W杯)でもプレーしたカイセドは、リーグ戦再開後にも高いパフォーマンスを維持。思わぬ苦労があったと明かしながらも、デ・ゼルビ監督の戦い方を楽しんでいるとした。 「最も難しかったことは寒さに再び慣れることだった。他は何もないよ。それ以外では、ブライトンで良いポジションを争うことに集中していた」 「僕たちは常に改善している。試合ごとに変化がある。僕たちは共によく理解しているし、監督はピッチ上で常に上手くやれるという自信を僕たちに与えてくれる」 「ロベルト(・デ・ゼルビ)は、後ろからボールを繋ぐことを本当によく助けてもらったし、僕は上手く身につけられたと思う。後方からボールを出す事は楽しいんだ」 「僕たちは深い位置から出ていくことをうまくやっている。彼の好みのシステムだし、僕はそれを楽しんでいるよ」 2023.01.25 11:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly