シメオネ長期政権もついに終焉? アトレティコ次期指揮官の最有力はトゥヘルか

2022.11.15 17:57 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前チェルシー指揮官のトーマス・トゥヘル氏(49)が、アトレティコ・マドリー次期指揮官の最有力候補に挙がっているようだ。ドイツ『ビルト』などが伝えている。

9月にチェルシー指揮官の座を解かれたトゥヘル氏。新天地の候補としていくつかのクラブが挙がり、カタールW杯後にイングランド代表を率いるのではとも報じられたが、現在もフリーの状態が続いている。

ここ数日はアトレティコ行きが有力視されている模様。アトレティコは一昨季に7年ぶりのラ・リーガ優勝を達成も、今季はチャンピオンズリーグ(CL)でグループステージ敗退を喫し、ディエゴ・シメオネ監督(52)の長期政権に終止符を打つべき時が来たと叫ばれている。
首脳陣は6日のエスパニョール戦のドロー、続くマジョルカ戦の黒星を受け、シメオネ監督解任を本格議論。W杯後のスペイン代表退任が濃厚とされるルイス・エンリケ監督(52)が有力とも報じられたが、現在はトゥヘル氏が最有力とみて間違いないとのことだ。

関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ第20節プレビュー】後半戦スタート! 首位バルセロナは復調セビージャと対戦

先週末に行われた前半戦最終戦では、レアル・マドリーとレアル・ソシエダの白熱の上位対決がゴールレスドローに終わった中、ジローナに競り勝った首位のバルセロナが独り勝ちの形となった。 ミッドウィークにスーペル・コパ参戦の4クラブが延期分を消化し、今節から全チームが足並みを揃える形で後半戦がスタート。その後半戦初戦では首位のバルセロナ(勝ち点50)と、13位のセビージャ(勝ち点21)による名門対決が最注目カードとなる。 バルセロナは前節、ジローナとのカタルーニャ自治州ダービーをペドリの2試合連続ゴールを守り切ってウノセロ勝利。さらに、第17節延期分のベティス戦ではDFバルデの活躍が光った中、FWハフィーニャと3試合のサスペンションから復帰した主砲レヴァンドフスキのゴールで難敵相手に2-1の勝利。公式戦9連勝と共に50ポイント到達で前半戦を締めくくった。 そのベティス戦から中3日でのホームゲームでは直近のラ・リーガ連勝で復調気配を見せるセビージャと対戦。前回対戦では敵地で3-0の圧勝を収めたが、再開後のセビージャはサンパオリが志向する攻撃的なスタイルを遺憾なく発揮とは言えないものの、崩壊していた守備に大きな改善が見受けられており、引き続きFWデンベレを欠く中で攻撃陣のパフォーマンスが勝利のカギを握る。 そのバルセロナを追走するレアル・マドリー(勝ち点45)は、ソシエダ戦で勝ち点を取りこぼしたが、第17節延期分のバレンシア戦ではガットゥーゾ監督を解任し、ボロ暫定体制のチームを相手にFWアセンシオのゴラッソと、クラブ通算200試合出場を達成したFWヴィニシウスのメモリアルゴールによって2-0の勝利。きっちりバウンスバックに成功した。 週明けに昨季欧州王者としてモロッコ開催のFIFAクラブ・ワールドカップ2022に向かうエル・ブランコは、10位のマジョルカ(勝ち点25)を相手に弾みを付ける連勝を目指す。そのバレンシア戦ではMFチュアメニが戦列に復帰した一方、DFミリトンとFWベンゼマが負傷交代。今後の超過密日程に向けて不安を残す形に。アギーレ率いる粘り強さが信条の難敵に対しては、前半の内に先制点を奪ってよりラクな展開に持ち込みたい。 MF久保建英を擁する3位のソシエダ(勝ち点39)は、前回対戦で敗れた17位のバジャドリー(勝ち点20)を相手に公式戦3試合ぶりの白星を狙う。コパ・デル・レイでバルセロナ、前節にレアル・マドリーと古巣との連戦で勝利を逃した久保だが、いずれの試合でも圧巻のパフォーマンスでチームの攻撃を牽引。改めて自身の価値を証明した。対戦相手のバジャドリーは前回対戦で微妙な判定によってゴールを取り消された因縁の相手でもあり、今回の一戦ではトップ下でチャンスメークしつつ、積極的にゴールを狙いたいところだ。 前半戦4位からの巻き返しを図るアトレティコ・マドリー(勝ち点34)は、降格圏の19位に沈むヘタフェとのマドリード自治州ダービーで後半戦をスタート。前節は難敵オサスナとのアウェイゲームを、MFサウールの今季リーグ戦初ゴールで1-0と競り勝って、コパのマドリード・ダービーで喫した悔しい敗戦を払しょく。伝統的に相性が良いヘタフェ戦ではFWデパイやDFドハーティといった新戦力の活躍にも期待しつつ、力強いパフォーマンスでリスタートを飾りたい。 その他ではラージョに競り負けて6試合ぶりの黒星を喫した5位のビジャレアル(勝ち点31)と、前半戦唯一未勝利に終わった最下位のエルチェ(勝ち点6)が対峙する一戦にも注目。また、今冬の移籍市場最終盤には主に下位チームが大きくメンバーを入れ替えており、各チームの新戦力の活躍にも期待したい。 《ラ・リーガ第20節》 ▽2/3(金) 《29:00》 アスレティック・ビルバオ vs カディス ▽2/4(土) 《22:00》 エスパニョール vs オサスナ 《24:15》 エルチェ vs ビジャレアル 《26:30》 アトレティコ・マドリー vs ヘタフェ 《29:00》 ベティス vs セルタ ▽2/5(日) 《22:00》 マジョルカ vs レアル・マドリー 《24:15》 ジローナ vs バレンシア 《26:30》 レアル・ソシエダ vs バジャドリー 《29:00》 バルセロナ vs セビージャ ▽2/6(月) 《29:00》 ラージョ vs アルメリア 2023.02.03 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコがスパーズと契約解消のドハーティをフリーで獲得

アトレティコ・マドリーは31日、トッテナムからアイルランド代表DFマット・ドハーティ(31)を獲得した。 なお、トッテナムと2024年夏まで契約を残していたドハーティは、移籍直前に双方合意の下で契約を解消しており、今回の移籍に移籍金は発生しない。また、アトレティコとの契約期間は今季終了までとなる。 ウォルバーハンプトンで長らく主力を務めてきたドハーティは、2020年夏にトッテナムへ加入。ここまで右サイドバックの準主力として公式戦71試合に出場した。 試合ごとにパフォーマンスに波がありポジション確保に至らなかったアイルランド代表DFは、さらに今冬にクラブがスポルティングCPからスペイン代表DFペドロ・ポロの獲得を決定的にしたことで、U-21イングランド代表DFジェド・スペンスと共に余剰人員に。 そういった中、アルゼンチン代表DFナウエル・モリーナのバックアップを探していたアトレティコへの加入が決定した。 なお、アトレティコではトッテナムからスペイン代表DFセルヒオ・レギロンがレンタルで加入しており、思わぬ形での再会となった。 2023.02.01 07:25 Wed
twitterfacebook
thumb

フォレストが元ブラジル代表DFフェリペを獲得! レナン・ロディに続きアトレティコから補強

ノッティンガム・フォレストは31日、アトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの1年半となる。 33歳でのプレミアリーグ初挑戦が決定したベテランDFは、キャリアの新たな章に興奮が隠せないようだ。 「プレミアリーグでプレーすることは僕の夢だったし、急成長しているこの素晴らしいクラブの一員になれることに本当に興奮しているよ」 「本当に成長しようとしているクラブであることが分かるよ。これは僕にとって大きな挑戦であり、ここで歴史の一部となり、クラブと共に成長するという明確な決断を下した」 屈強な長身センターバックとして知られるフェリペは、2016年夏にコリンチャンスからポルトへ移籍し、その後2019年夏にはアトレティコへのステップアップを果たした。当初は主力としてプレーも、昨季終盤から徐々に出場機会が減り、今季はラ・リーガ3試合、チャンピオンズリーグ1試合、計283分間の出場にとどまっていた。 今冬の移籍市場では一時ウォルバーハンプトン行きが取り沙汰されたが、最終的に交渉はまとまらず。そういった中、昨夏にアトレティコの同胞DFレナン・ロディが加入したフォレストに新天地を求めることになった。 2023.02.01 07:08 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムDFドハーティ、半年ローンでアトレティコ行き目前!

トッテナムのアイルランド代表DFマット・ドハーティ(31)がアトレティコ・マドリーへレンタル移籍するようだ。 ドハーティは2020年夏に移籍金1340万ポンド(約21億5000万円)でウォルバーハンプトンからトッテナムへ加入。当初は主力としてプレーしていたが、アントニオ・コンテ監督就任後は序列を落とし、今季はプレミアリーグで12試合667分間の出場にとどまっている。 そんななか、トッテナムはスポルティングCPからスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)の獲得が目前に。ポロとポジションが被るU-21イングランド代表DFジェド・スペンス(22)はスタッド・レンヌへのレンタル移籍が目前となっており、ドハーティもこれに続く形のようだ。 イギリス『90min』によると、ドハーティは半年レンタルでアトレティコへ。アトレティコは現在、元ブラジル代表DFフェリペ(33)のノッティンガム・フォレストへの売却交渉が成立しかけており、フェリペの売却とドハーティの契約を同時に発表する流れと考えられている。 2023.01.31 20:06 Tue
twitterfacebook
thumb

今冬も積極補強のフォレスト、ドイツ代表DFヨナタン・ター獲得は断念

ノッティンガム・フォレストはレバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター(26)獲得を断念したようだ。イギリス『90min』が伝える。 昨夏の大量21選手補強に続き、今冬も3選手を補強しているフォレスト。今冬の移籍市場は残りわずかな時間を残すのみとなったが、現在でもコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(36)獲得に向け、パリ・サンジェルマン(PSG)と交渉中だと伝えられる。 一方、同時並行で進めていたレバークーゼンのター獲得は断念した模様。ターは今季のブンデスリーガでここまでの全18試合、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループステージの全6試合に出場する替えの利かない存在で、シャビ・アロンソ監督がチームの弱体化を懸念したという。 現役ドイツ代表センターバックは断念した格好のフォレストだが、経験豊富なベテランDFの獲得は近いとも。アトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)の獲得が濃厚とされ、フェリペとともにニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の獲得も近づいているとされている。 2023.01.30 21:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly