ユナイテッドが逆転で4回戦進出! 打ち合い制してアストン・ビラにリベンジ達成《EFLカップ》

2022.11.11 07:08 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
EFLカップ(カラバオカップ)3回戦、マンチェスター・ユナイテッドvsアストン・ビラが10日にオールド・トラッフォードで行われ、4-2で勝利したユナイテッドが4回戦進出を決めた。

今ラウンドからの参戦となるユナイテッドは、直近のリーグ戦で1-3の完敗を喫したアストン・ビラとのプレミア勢対決に臨んだ。テン・ハグ監督はホームに場所を移して行われた中3日でのリベンジマッチに向け、先発7人を変更。GKドゥブラフカをデビューさせたほか、サスペンション明けのブルーノ・フェルナンデス、マルシャル、マグワイア、フレッジらを起用。体調不良のクリスティアーノ・ロナウドはベンチ外となった。

共に前回対戦から7人ずつを入れ替えて臨んだ4日ぶりの再戦。試合序盤はホームのユナイテッドがボールを握り、サイドを起点にチャンスを窺う。また、守備の局面では相手ビルドアップに対してマンマークでうまく嵌めて自由を与えない。
攻守にまずまず狙いは出せているものの、アタッキングサードでの崩しに手間取るユナイテッドだが、24分にはラッシュフォードとマラシアで左サイドを崩してクロスが上がると、右サイドバックのダロトがゴールに飛び込みヘディングシュート。だが、両チームを通じて最初のシュートはDFに触られて枠の上に外れる。

一方、前半半ばを過ぎて徐々にユナイテッドのプレスを剥がして相手陣内に侵攻し始めるビラ。ドウグラス・ルイス十八番の“直接CK”、古巣対戦ヤングのミドルシュートなどでフィニッシュまで持ち込んでいく。

前半終盤にかけては完全に睨み合いの展開に。相手のコンパクトな守備に苦戦するユナイテッドは、幾度か背後を狙うアクションで相手守備を揺さぶったが、オフサイドやそこからの展開でうまくいかず。

両チームを通じて枠内シュート1本とクローズな前半の攻防を経て試合は後半に突入。だが、この後半は前半とは打って変わって壮絶な打ち合いに。

まずは48分、アウェイのビラがハーフウェイライン付近でのセカンドボールの競り合いを制してジェイコブ・ラムジーからディフェンスラインの背後を狙うワトキンスはへ絶妙なスルーパスが通る。そのままボックス内に持ち込んだワトキンスはGKデ・ヘアの手前で左足のチップキックシュートを流し込んだ。

リーグ戦に続いて先手を許したユナイテッドだが、この試合では反発力を示す。49分、失点後のリスタートの流れからダロトのロングフィードにB・フェルナンデスが完璧なタイミングで抜け出し、ボックス右から冷静に折り返すと、ゴール前でプレゼントパスに反応したマルシャルが冷静に右足で流し込んだ。

1-1の振り出しに戻った試合はその後も白熱の攻防が続く。その中で意外な形からビラに2点目が生まれる。直前に3枚替えを敢行し、ブエンディア、ベイリー、ミングスを投入していたアウェイチームは、右サイドのヤングからのクロスにボックス左のベイリーが反応。ヘディングで折り返したボールがDFダロトのクリアミスを誘った。

不運なオウンゴールでまたしてもビハインドを背負ったユナイテッドは、62分にマルシャル、ファン・デ・ベーク、フレッジを下げてエリクセン、ガルナチョ、エランガを一気に投入。ラッシュフォードを最前線に上げる。すると、この交代策が完璧に嵌る。

67分、最後尾からのロングフィードをラッシュフォードが頭でスペースに流すと、これに反応したエリクセンがボックス内に侵入。中央に短く落とすと、これに反応したラッシュフォードが右足の強烈なシュートを突き刺した。

再び追いついて流れを掴んだユナイテッドはここから完全に押し込む展開に。B・フェルナンデス、マグワイアの決定的なシュートはGKオルセンのビッグセーブに阻まれるが、そのまま押し切った。

78分、ハイプレスでGKオルセンのパスミスを誘うと、ショートカウンターの形からガルナチョのラストパスに反応したB・フェルナンデスがボックス中央から右足のシュート。DFミングスにディフレクトして大きくコースが変わったボールがゴール左隅に決まった。

この試合で初めてリードを手にしたテン・ハグ監督は殊勲のラッシュフォード、リンデロフを続けて下げてカゼミロ、マルティネスの投入で試合をクローズにかかる。

それでも、守りに行くことなく能動的に試合を進めて幾つか決定機を作り出すと、試合終了間際の91分には左サイドのガルナチョが右足で入れた正確なクロスをゴール前に飛び込んだマクトミネイが懸命に伸ばした右足で合わせ、トドメの4点目とした。

そして、苦戦を強いられながらもリーグ戦のリベンジを果たしたユナイテッドが、今季最多4ゴールを挙げて4回戦進出を決めた。

なお、前日までに行われたEFLカップ3回戦の結果一覧は以下の通り。

◆EFLカップ3回戦結果
▽11/10(木)
マンチェスター・ユナイテッド 4-2 アストン・ビラ

▽11/8(火)
レスター・シティ 3-0 ニューポート・カウンティ(4)
ボーンマス 4-1 エバートン
バーンリー(2) 3-1 クローリー・タウン(4)
ブリストル・シティ(2) 1-3 リンカーン・シティ(3)
スティブネイジ(4) 1-1(PK:4-5) チャールトン(3)
MKドンズ(3) 2-0 モアカム(3)
ブレントフォード 1-1(PK:5-6) ジリンガム(4)

▽11/9(水)
ウェストハム 2-2(PK:9-10) ブラックバーン・ローヴァーズ(2)
ノッティンガム・フォレスト 2-0 トッテナム
ニューカッスル 0-0(PK:3-2) クリスタル・パレス
サウサンプトン 1-1(PK:6-5) シェフィールド・ウェンズデー(3)
アーセナル 1-3 ブライトン
ウォルバーハンプトン 1-0 リーズ
リバプール 0-0(PK:3-2) ダービー・カウンティ(3)
マンチェスター・シティ 2-0 チェルシー

※()内は所属カテゴリー

関連ニュース
thumb

カゼミロの影響大…いるいないでユナイテッドの平均勝ち点&失点に差

マンチェスター・ユナイテッドはブラジル代表MFカゼミロのいるいないでだいぶ結果が変わってくるようだ。 昨夏にレアル・マドリーから加わってから、今やボランチの一角をすっかりモノにするカゼミロ。危機察知能力にプラスして、ボールの捌きも卒なく、タイミングの良い攻撃参加で躍動する30歳はデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンとともにもはや欠かせない中盤のキャストだ。 だが、4日に本拠地で行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦で相手のラフプレーが発端の乱闘騒ぎで対峙したMFウィル・ヒューズの首もとについつい手をかけてしまい、一発退場。ただ相手を止めようとしただけだろうが、イメージが悪く、3試合の出場停止処分が科された。 そうして、ユナイテッドは8日に第8節延期分のリーズ・ユナイテッド戦を迎えたが、0-2のビハインドから何とか2-2のドロー。ただただ前後半の失点が勿体ない試合となってしまったが、データ提供会社『Opta』によると、カゼミロの先発有無で勝ち点や失点の平均値に差があるという。 今季のユナイテッドはカゼミロが先発なら、1試合あたりで2.3ポイントを掴み、失点数も0.7。それに対して、スタメン外なら、1試合あたりで1.4ポイントにとどまり、失点数も2.1まで跳ね上がるそうだ。 こういう数字を見ると、カゼミロの偉大さが改めて身に沁みるが、3試合出場停止のうち、まだ1試合を消化したのみ。エリクセンのほか、MFドニー・ファン・デ・ベークとMFスコット・マクトミネイも離脱中とあまり選択肢がないエリク・テン・ハグ監督だが、残り2試合をどう乗り越えるか。 2023.02.09 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

復活弾に感慨深げなサンチョ「どれだけこの感覚を待ち侘びたことか」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWジェイドン・サンチョが自らの復活弾に歓喜した。 昨年10月下旬の試合を最後に心身のコンディション不良でチームから遠ざかったが、今月に入ってようやく復帰に漕ぎつけたサンチョ。8日にホームで行われたプレミアリーグ第8節延期分のリーズ・ユナイテッド戦もベンチからのスタートだったが、復帰後最長となる31分間のプレーを果たした。 そんなリーズ戦では0-2の劣勢下で左サイドハーフとしての出場となったが、63分にチームがイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードのゴールで1点差に詰め寄ったなか、70分にボックス左で相手のブロックボールを拾うと、迷いなしの右足シュートをねじ込み、貴重な同点弾をマークした。 チームを大逆転に導けなかったものの、0-2のビハインドから貴重な勝ち点1を呼び込んだ22歳アタッカーは試合後、自身のSNSを更新。自らの復活をアピールする一発を感慨深げに振り返り、次戦に決意を新たにしている。 「どれだけこの感覚を待ち侘びたことかは言い表しがたいよ! チームは素晴らしいキャラクターを発揮した。僕は再び週末に向かう」 2023.02.09 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

欠場のワン=ビサカ、体調不良が理由に…テン・ハグが説明

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド人DFアーロン・ワン=ビサカは病欠だったようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 カタール・ワールドカップ(W杯)明けからDFジオゴ・ダロトの負傷欠場が続き、出場が続いたワン=ビサカ。8日のプレミアリーグ第8節延期分では復帰のダロトがスタートから出場したが、ワン=ビサカの姿はベンチにすらなかった。 結果的にこの試合を通じてダロトの出来がイマイチだったとあって、ここにきて評価を上げるワン=ビサカの不在が痛かった感があるが、エリク・テン・ハグ監督は試合前のインタビューで体調不良によるメンバー外を明かしたという。 トップ4圏内の維持を目指すプレミアリーグのほか、ヨーロッパリーグ、FAカップ、カラバオカップとすべてのコンペティションを残すユナイテッドだが、最近は負傷者が増加傾向。MFカゼミロも出場停止中と戦力ダウンを強いられる。 ダロトのパフォーマンスが上がってこないようだと、右サイドバックの人選も懸念点となるが、ワン=ビサカの状態やいかに。 2023.02.09 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

前後半の早い失点が響いたテン・ハグ「許しがたい」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 8日のプレミアリーグ第8節延期分でリーズ・ユナイテッドをホームに迎え撃ったユナイテッド。監督交代に揺れる相手との一戦だったが、前後半の立ち上がりに失点して0-2までもっていかれ、その後の巻き返しで何とか2-2のドローに持ち込んだ。 2点差を追いついたのはポジティブだが、トップ4圏内の維持を狙う上でも残留を争う相手に勿体ない試合に。今週末にも今度は敵地でリーズ戦に臨むテン・ハグ監督もその思いを吐露した。 「勝ち点を獲得したが、2ポイントを落としてしまった。各ハーフとも立ち上がりがとても悪く、許しがたい。ダービーではなおさらね。プレーやバトルの準備、そして責任感も求められるが、どれもなっていなかった」 そんな一戦では最近になって、ようやく復帰のFWジェイドン・サンチョが途中出場から貴重な同点弾を記録。オランダ人指揮官も継続的な活躍を求めつつ、喜んだ。 「とても嬉しいよ。彼はまだ復活途中だ。素晴らしいフットボーラーなのは知っての通り。間違いなくチームに大きなインパクトをもたらせる。今夜がそうだったわけだが、コンスタントにインパクトを残せる選手だ」 「彼は我々もだが、もっとハードワークする必要がある。あのゴールは彼を強くし、さらなるモチベーションになるはず。あの2ゴール目は彼のことを思うとなおさら、本当にエンジョイしたよ」 2023.02.09 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

白熱のローズダービーはドロー決着! ユナイテッドはサンチョ躍動で2点差追いつくも痛い勝ち点逸に《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第8節延期分、マンチェスター・ユナイテッドvsリーズが8日にオールド・トラッフォードで行われ、2-2のドローに終わった。 前節、クリスタル・パレスとの接戦を2-1で制して公式戦4連勝を飾った3位のユナイテッド。公式戦5連勝を目指すテン・ハグのチームは、来週にバルセロナとの重要なヨーロッパリーグの対戦を控える中、直前にマーシュ監督を解任した17位のリーズとのリーグ連戦初戦に臨んだ。 オランダ人指揮官は前節から先発3人を変更。パレス戦での暴力行為で3試合の出場停止となったカゼミロ、負傷のアントニーとワン=ビサカがベンチを外れ、ダロトとガルナチョと共にザビッツァーが加入後初スタメンを飾った。 リーズの昇格以降、3勝1分けと圧倒的に優位に立つローズ・ダービーということもあり、余裕をもって試合に入ったユナイテッドだったが、その出ばなを挫かれる。 開始1分、リーズはダロト、ブルーノ・フェルナンデスに強い圧力をかけてニョントとストライクの連携でボール奪取。ここからショートカウンターに持ち込むと、ボックス付近のバンフォードに当てた落としを受けたニョントがペナルティアーク左から右足を一閃。グラウンダーのシュートがゴール左下隅に決まった。 その後、シニステラが負傷して8分にサマーフィルのスクランブル投入を余儀なくされたアウェイチームだが、引き続き強度の高い守備で優位に試合を進める。11分にはセットプレーからゴール前のストライクにビッグチャンスも、ゴール至近距離からのヘディングシュートはGKデ・ヘアの好守に遭う。 守護神の好守で2失点目を凌いだユナイテッドは、徐々に相手の圧力に慣れ始めると、15分を過ぎた辺りから相手陣内でハーフコートゲームに持ち込む。 そして、18分にはボックス内でガルナチョ、ザビッツァーの連続シュートで際どい場面を作ると、27分には絶好の同点機が訪れる。味方のスルーパスに抜け出したガルナチョがボックス手前で飛び出したGKをかわしてボックス左に持ち込んで右足を振る。だが。これはDFウーバーの決死のゴールカバーに阻まれた。 前半終盤にかけても猛攻を仕掛けるホームチームは、セットプレーを含めて厚みのある攻撃を継続。その流れでザビッツァーの巧みな左足のコントロールシュートなどでゴールへ迫るが、GKメリエが存在感を放ち始めたリーズのゴールをこじ開けることはできなかった。 迎えた後半、前半終盤を耐え切ったアウェイチームが前半同様に立ち上がりにゴールをこじ開ける。48分、自分たちのセットプレーからカウンターを受けそうなところを何とか防ぐと、すぐさま反撃。ボックス左で仕掛けたサマーフィルがゴールライン際で折り返したボールがDFヴァランに当たって大きくコースが変わると、これがゴール右隅へ決まった。 形こそ不運なオウンゴールも前半同様に立ち上がりの油断によって痛恨の2失点目を喫したユナイテッド。すぐさま反撃に転じていくが、2点リードで余裕の出てきた相手に対して決定機まで持ち込めない。 この難しい流れを受けてテン・ハグ監督は59分、ヴェグホルストとガルナチョを諦めてサンチョとペリストリを同時投入。この交代でラッシュフォードを最前線、ペリストリを右、サンチョを左に配置した。 すると、指揮官のこの交代策が見事に嵌る。62分、ザビッツァーのフィードに反応したペリストリがボックス内で身体を張ってキープ。右に流れながらフリーのダロトに丁寧に落とすと、ダロトからの正確なクロスをゴール前で競り勝ったラッシュフォードが頭で左隅へ流し込んだ。 エースのリーグ戦3試合連続ゴールで1点を返して勢いに乗るホームチームは、幾つかの決定機を経た70分に追いつく。左サイドでの連携からショーがボックス内に侵入しプルバック。これはDFにブロックされたが、こぼれ球に反応したサンチョがゴール前の密集を抜く右足のシュートを突き刺し、昨年9月以来となる今季リーグ3点目とした。 残り時間を考えれば、このままユナイテッドが押し切る展開が予想されたが、リーズも最後の力を振り絞って応戦。より勝ち点3がほしいホームチームは、77分にB・フェルナンデスの正確なクロスからヴァランに絶好機も、渾身のヘディングシュートはGKメリエのビッグセーブに遭う。 その後もボックス付近で多彩な崩しを見せてB・フェルナンデスやラッシュフォード、フレッジに決定機が訪れたが、ボックス内で決死のブロックを見せるリーズの集中した守備を前に3点目を奪うことはできず。 この結果、白熱のローズ・ダービー初戦は2-2のドロー決着。ホーム連勝がストップしたユナイテッドは、下位相手に痛い取りこぼしとなった。 2023.02.09 07:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly