SC相模原、川﨑裕大が現役引退…プロ1年目に2度のアキレス腱断裂

2022.11.09 13:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
SC相模原は9日、DF川﨑裕大が今季限りで引退することを発表した。

川﨑は現在30歳と、まだまだ現役を続けられそうな年齢。しかし、プロデビューから程なくして立て続けに2度のアキレス腱断裂という大ケガに見舞われ、思うようなプロ生活を送ることができなかった。

その中でも「やりきった」という思いが強いという川﨑。相模原の公式サイトを通じて、これまで所属したクラブや関わった人々への感謝を伝えた。
「今シーズン限りでプロサッカー選手を引退することに決めました。最後のシーズンも怪我の時間が長かったですが、自分の中でやりきった気持ちが強いです。プロサッカー選手では8年間もプレーする事ができとても幸せな時間を過ごす事ができました」

「1年目にアキレス腱を断裂し、約10ヶ月リハビリをし、練習復帰初日にまたアキレス腱を再断裂して丸々2年間のリハビリとなった時には、30歳まで現役でやっている姿に当時は想像も出来ませんでした。とても充実したサッカー人生とは言えないですが、所属チームでJ1優勝、J1に昇格、J3に降格、色々な経験をさせてもらう事が出来ました」

「今まで所属させてもらったサンフレッチェ広島、横浜FC、カターレ富山、SC相模原と素晴らしいチームでプレー出来たことを嬉しく思います。全てのチームでお世話になった選手、監督、コーチ、スタッフ、トレーナー、そしてファン、サポーターの皆さん、本当にありがとうございました」

神奈川県出身の川﨑は、横浜FCのジュニアユースや成立学園高等学校、流通経済大学を経て、2015年にサンフレッチェ広島に入団。だが、上述のように2度のアキレス腱断裂に見舞われ、出場したのは2017年のルヴァンカップ6試合のみ。同シーズンの後半戦からは古巣の横浜FCに移籍し、2019年にはJ1昇格に貢献した。

しかし、前シーズンの後半戦からはほぼ戦力外だったこともあり、2020年8月の清水エスパルス戦でJ1デビューを果たすも、同年の横浜FCでの出場はその1試合のみ。後半戦からはJ3のカターレ富山に移籍し、2021年から相模原でプレーしていた。

昨季はJ2で自身最多となる29試合に出場するも、今季はここまで2試合の出場にとどまっている。13日に行われるホーム最終戦では、花束贈呈と写真撮影が行われるようだ。

関連ニュース
thumb

大分にブラジル人GKテイシェイラが期限付き移籍加入! 「J1昇格の目標をチームメイトと共に達成しましょう」

大分トリニータは31日、ブラジルのECバイーアからブラジル人GKテイシェイラ・マテウス・エンリケ(23)の期限付き移籍加入を発表した。 初の国外移籍となるテイシェイラはこれまでパウメイラス時代を含め、母国でプレー。2022シーズンはバイーア州選手権3試合出場、ブラジル北東部カップ2試合出場の成績だった。 J1昇格を期す大分でJリーグ挑戦が決まったテイシェイラはクラブの公式サイトを通じて、挨拶の言葉とともに、意気込みを語っている。 「大分トリニータのファン・サポーターの皆さん、GKのマテウス・テイシェイラです。大分トリニータでプレーできる機会を貰えて嬉しく思います。シュートストップには自信があり、ビルドアップにおいても空いているスペースへパスを出す事が得意です。J1昇格の目標をチームメイトと共に達成しましょう。応援を宜しくお願いします!」 2023.01.31 12:50 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FM退団のDF池田航が関東2部のエスペランサSCへ移籍

横浜F・マリノスは31日、DF池田航(21)がエスペランサSCへ完全移籍することを発表した。 池田は横浜FMの下部組織育ちで、プライマリー追浜からジュニアユース追浜、ユースと昇格。2020年にトップチームに昇格していた。 1年目の途中からSC相模原へ育成型期限付き移籍すると、2021年はカマタマーレ讃岐へ、2022シーズンは7月にJFLのFCマルヤス岡崎へ育成型期限付き移籍していた。 横浜FMでは試合の出番はなく、Jリーグでは讃岐時代にJ3で2試合に出場したのみ。岡崎ではJFLで7試合に出場していた。 池田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン共に闘わせてもらう事になりました池田航です。個人として成長と経験をこのチームでしていきたいと思います。そしてチームを昇格という目標に向かって頑張ります!エスペランサファミリーの皆さん1年間よろしくお願いします」 エスペランサSCは2022シーズンは関東サッカーリーグ1部を戦っていたが最下位で終了。2023シーズンは2部に降格することが決定している。 2023.01.31 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

長野が大分GK濵田太郎を期限付き移籍で獲得「自分自身の成長を求めて」

AC長野パルセイロは31日、大分トリニータのGK濵田太郎(22)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 移籍期間は2024年1月31日までとなり、大分との公式戦には出場できない。背番号は「30」に決まった。 濱田は和歌山県出身で、初芝橋本高校から大阪産業大学へと進学。2022年に大分に入団した。 プロ1年目となった昨シーズンは公式戦の出番はなし。長野での武者修行に向けて意気込みを語っている。 ◆AC長野パルセイロ 「大分トリニータから加入しました、濵田太郎です。自分自身の成長を求め、このクラブに移籍しました。長野パルセイロの勝利のために、全力で頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆大分トリニータ 「この度長野パルセイロに期限付き移籍することになりました。去年大分で結果を残すことができず、自分自身の成長を考え決断しました」 「大分から離れてプレーすることにはなりますが、1試合でも多く試合に出て、成長できるように頑張ります。引き続き応援よろしくお願い致します」 2023.01.31 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

京都がDF飯田貴敬の契約更新を発表「成長するには必要な1年だった」

京都サンガF.C.は31日、DF飯田貴敬(28)との契約更新を発表した。 飯田は茨城県出身で、野洲高校、専修大学へと進学し、2017年に清水エスパルスへと入団。2020年から京都でプレーしている。 2022シーズンは3年ぶりのJ1の舞台となった中、6試合に出場。YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で2試合に出場していた。 飯田はクラブを通じてコメントしている。 「今年も京都サンガF.C.でプレーさせていただきます。早いもので、京都に来て4年目のシーズンが始まります」 「昨年は自分のサッカー人生において、貴重な1年でした。色々ありましたが全て経験となり、成長するには必要な1年だったと感じてます。今シーズンもよろしくお願いします!」 2023.01.31 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和MF松尾佑介がベルギー1部ウェステルローに1年レンタル 「年齢的にも僕にとってのラストチャンス」

浦和レッズは30日、MF松尾佑介(25)がジュピラー・プロ・リーグのウェステルローに期限付き移籍すると発表した。移籍期間は今年末までの1年間となる。 浦和のアカデミー出身だが、仙台大学に進み、2020年に横浜FCでプロ入りした松尾。スピードとドリブルが売りのアタッカーは特別指定選手だった2019年から試合に絡み、2022年に浦和移籍を決断した。 浦和では1トップとしての新境地も開拓し、公式戦40試合に出場して11得点をマーク。今季も戦力として計算されるが、20日のトレーニングキャンプから海外移籍を前提とした手続き準備でチームを離脱していた。 ベルギーで初の欧州挑戦を果たす松尾は浦和の公式サイトを通じて、移籍の報告とともに意気込みを語っている。 「このたび、KVCウェステルローに期限付き移籍することになりました。ジュニアユース、ユースと浦和レッズの育成組織で育った僕でしたが、悔しいことばかりで浦和レッズへの移籍が決まったときは、絶対にこのクラブで僕の存在を認めさせてやるという反骨精神でやってきました」 「そんな僕でしたが1シーズン浦和レッズのエンブレムを胸に戦い、最高に浦和レッズというチームが好きになりました。年齢的にも僕にとってのラストチャンスかもしれない海外挑戦。チャレンジしない自分が想像できませんでした。浦和レッズに来たから僕は、このチャンスを貰えたと思っています。行ってきます」 2023.01.30 17:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly