【CLグループA総括】ナポリとリバプールが順当突破

2022.11.04 17:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グループAは本命と見られたリバプールとナポリが順当に突破を決めた。主力を抜かれたアヤックスも内容では2強に引けを取らないことを示したが、結果は4戦全敗と力及ばなかった。レンジャーズは6戦全敗に終わり蚊帳の外だった。

■順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ナポリ[15/5/0/1/14]
2.リバプール[15/5/0/1/11]
3.アヤックス[6/2/0/4/-5]
4.レンジャーズ[0/0/0/6/-20]

◆主力流出も5連勝で首位通過~ナポリ~
Getty Images

初戦のリバプール戦を制して勢いに乗ったナポリが圧巻の戦いぶりを見せた。FWインシーニェ、DFクリバリ、MFファビアン・ルイスとチームの背骨を失って大幅な戦力ダウンを強いられたかと思われたが、スパレッティ監督の手腕と、補強された代役選手たちの見事な活躍でチーム力は低下せず、むしろアップしたと思えるような充実の戦いぶりだった。とりわけ無名MFクワラツヘリアの大ブレイクは目覚ましく、鮮烈な印象を世界に与えた。アヤックス、レンジャーズにはいずれも圧勝で手を付けられない破壊力があった。
◆内容イマイチも無難に突破~リバプール~
Getty Images

プレミアリーグでは既に4敗を喫し低調なリバプールだが、CLでは拮抗した内容の試合を制して順当に1試合を残して決勝トーナメント進出を決めた。ケガ人に悩まされ、序盤は守備陣に、現在は攻撃陣の駒が足りなくなり、本来のパフォーマンスを発揮できずにいた。それでもFWサラーが5戦連発弾でチームを牽引し、グループステージで躓くことはなく決勝トーナメント進出をしっかりと決めている。

◆2強には及ばず~アヤックス~
Getty Images

FWアントニー、DFリサンドロ・マルティネス、そして指揮官のテン・ハグを失ったチームはやはり弱体化が避けられなかった。リバプールとはまずまずの試合を演じたもののナポリには歯が立たず。ナポリとの連戦で連敗を喫し、一気にグループステージ敗退に追い込まれた。

◆全敗で大会を後に~レンジャーズ~
Getty Images

アヤックス以上に苦戦を強いられたのがレンジャーズだった。PSVとの予選プレーオフを勝ち抜いて力のあるところは見せたが、本戦のレベルは別次元だったようだ。常に守勢を強いられ、やられるがままの試合が目立った。内容でも惨敗の試合が多く、まだまだ経験が必要なチームという印象だった。

関連ニュース
thumb

マルセイユがW杯で躍動したモロッコ代表MFウナイの争奪戦制す! 4年半契約での加入決定的に

マルセイユが、アンジェのモロッコ代表MFアゼディン・ウナイ(22)を巡る熾烈な争奪戦を制したようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏ら複数メディアが報じた。 報道によると、マルセイユは総額1000万ユーロ(約14億1000万円)の移籍金に加え、将来のリセール時の移籍金の一部を支払うことでアンジェとクラブ間合意に至ったという。また、選手サイドとは2027年までの4年半契約で同じく合意に至ったとのことだ。 モロッコ生まれで、フランスのストラスブール、アヴランシェのリザーブチームを経て2020年にアヴランシェに加入したウナイ。その翌年にアンジェに完全移籍し、リーグ・アンデビューを飾ると、ここまでリーグ戦48試合に出場し、2ゴール2アシストを記録している。 そのアンジェでの活躍が評価され、昨年1月にヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の下でモロッコのフル代表デビュー。そして、先のカタール・ワールドカップ(W杯)ではフィオレンティーナMFソフィアン・アムラバトと共に中盤の要として圧巻のパフォーマンスを披露し、アフリカ勢初のベスト4進出の立役者となった。 豊富な運動量と献身性を生かした堅実な守備に加え、繊細なボールタッチと独特のリズムで相手の逆を取る、巧みなドリブルとキープ力。182cmの痩身から繰り出す強烈なミドルシュートや正確なパスとプレーの引き出しが非常に多い、万能型MFだ。 アンジェの財政難もあって今冬の退団が既定路線となっていた中、当初はレスター・シティやリーズというプレミアリーグの中堅クラブ、ナポリ移籍が有力視されていた。しかし、その新天地はフランス屈指の名門となった。 2023.01.28 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリの守護神メレトに移籍の可能性? トッテナムが今夏の獲得を計画か

トッテナムがナポリのイタリア代表GKアレックス・メレト(25)に関心を示しているようだ。 2019年夏の加入以来、常にポジション争いを繰り広げ、昨シーズンは控えGKに甘んじていたメレト。しかし、昨夏に守護神のGKダビド・オスピナが退団したことで正GKに抜擢されると、今季は公式戦26試合に出場しセリエAで首位を快走するチームを支えている。 しかし、イタリア『Rai Sport』に所属するジャーナリストのチーロ・ベネラート氏によれば、メレトが今夏の移籍市場で退団する可能性もあるようだ。 メレトは昨年10月に2024年6月30日までの新契約にサインしたものの、ナポリは25日にアタランタからイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得。さらに、夏にはセリエB(イタリア2部)のバーリからイタリア人GKエリア・カプリレ(21)の獲得も画策しており、その結果次第でメレトへのオファーを受け付ける姿勢だという。 メレトに対しては、トッテナムが獲得を検討しているとのこと。ノースロンドンのクラブでは長らくフランス代表GKウーゴ・ロリスがゴールを守り続けてきたが、36歳になる守護神は今季いくつかのミスも散見され、クラブは世代交代を目論んでいるようだ。 ナポリは3000万ユーロ(約42億円)の移籍金でメレト売却に応じると報じられており、今夏の去就が注目される。 2023.01.26 12:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、GKシリグの後釜としてアタランタから伊代表GKゴッリーニを買取OP付きのレンタルで獲得

ナポリは25日、アタランタからイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 エラス・ヴェローナでプロキャリアをスタートしたゴッリーニは、以降アストン・ビラ、アタランタでプレー。2021年7月からはフランス代表GKウーゴ・ロリスの将来的な後釜候補として、トッテナムに買い取りオプション付きの1年ローンで加入。公式戦10試合に出場したものの、アントニオ・コンテ新監督の信頼を得られず、トッテナムがオプション行使を見送ったことで、一時的にアタランタへ復帰。 しかし、アルゼンチン代表GKフアン・ムッソが守護神を務める古巣に居場所はなく、昨夏に10代の頃に2年間在籍した古巣のフィオレンティーナにレンタル移籍。今季はカップ戦を中心にここまで公式戦9試合に出場していた。 イタリア代表歴もあるゴッリーニだが、ナポリには今季ハイパフォーマンスを披露している守護神のイタリア代表GKアレックス・メレトがいることから、同日にフィオレンティーナへ移籍したイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(36)の後釜としてセカンドGKの役目を担う模様だ。 2023.01.26 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがナポリからGKシリグを完全移籍で獲得

フィオレンティーナは25日、ナポリからイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(36)を完全移籍で獲得した。 これまでパレルモやセビージャ、パリ・サンジェルマン、トリノなど様々なクラブを渡り歩いてきたシリグは、2021年の夏にジェノアへ加入。昨シーズンは守護神としてセリエA36試合に出場していたが、クラブのセリエB降格に伴い、チームを退団。 その後、コロンビア代表GKダビド・オスピナが退団したナポリにフリーで加入。しかし、今季は開幕からハイパフォーマンスを見せるイタリア代表GKアレックス・メレトの後塵を拝しており、ここまで出場機会はなかった。 なお、フィオレンティーナは同日にアタランタからレンタル移籍していたイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)のレンタル解除を発表した。 2023.01.26 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

クワラツヘリアが練習復帰、ローマとのデルビー・デル・ソーレ出場へ

ナポリのジョージア代表MFクヴィチャ・クワラツヘリアが25日のトレーニングに参加したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 クワラツヘリアはインフルエンザの影響により17日のコッパ・イタリア・ラウンド16クレモネーゼ戦、21日のセリエA第19節サレルニターナ戦を欠場していた。 ナポリは次節、29日にセリエA第20節ローマとのデルビー・デル・ソーレを控えるが、ベストメンバーで臨めることになりそうだ。 2023.01.25 23:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly