シント=トロイデンは数的不利ながら耐えるも首位アントワープが2-0で勝利! 《ジュピラー・プロ・リーグ》

2022.10.08 16:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
7日、ジュピラー・プロ・リーグ第11節のロイヤル・アントワープvsシント=トロイデンが行われ、2-0でアントワープが勝利した。首位に立つアントワープとプレーオフ圏付近に立つシント=トロイデンの一戦。共に前節は敗れており、連敗は堺対一戦だった。

アントワープのMf三好康児は2日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第10節のコルトレイク戦で負傷。左ヒザの前十字靭帯を損傷し手術。数カ月の離脱となる。
シント=トロイデンはGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW岡崎慎司が先発出場。FW林大地、MF香川真司はベンチスタートとなり、林は74分から出場。香川は出番がなかった。

試合は首位アントワープが主導権を握る。開始2分、右サイドからのクロスをボックス内でアルブノール・ムヤが合わせるが、ミスキックとなりチャンスを生かせない。

すると8分、アントワープが最終ラインでボールを回すと、ピーター・ゲルケンスが3列目からフリーランニングを始めると、トビー・アルデルヴァイレルトが糸を引くロングフィード。これが通ると、GKシュミット・ダニエルとの一対一をゲルケンスは落ち着いて決めて先制する。

先制されたシント=トロイデンは10分、ロングフィードをボックス内で岡崎が収め、ジャンニ・ブルーノがシュートを放つが、GKがしっかりとセーブする。

17分には右CKからのサインプレーでクロスをトニ・ライストナーがヘッド。枠に飛ぶが、これはGKが横っ飛びでセーブする。

26分には右サイドを橋岡が突破しグラウンダーのアーリークロス。これに岡崎が飛び込むが、先に相手がクリアする。

攻め続けたシント=トロイデンだったが、39分にアクシデント。中盤で相手とやり合ったロバート・バウアーがイエローカード。しかしオン・フィールド・レビューの結果、レッドカードとなり、シント=トロイデンは数的不利となる。

後半に入ってはアントワープが攻め込む時間が長くなり、1人少ないシント=トロイデンは耐える時間帯が長く続く。

アントワープの攻撃に集中した守備で対応していたが、アディショナルタイムにシュートのこぼれ球をクリストファー・スコットに詰められて勝負あり。2-0でアントワープが勝利した。

ロイヤル・アントワープ 2-0 シント=トロイデン
【アントワープ】
ピーター・ゲルケンス(前8)
クリストファー・スコット(後47)

1 2

関連ニュース
thumb

元ベルギー代表MFナインゴラン、かつてのチームメイトであるデ・ロッシ監督率いるSPALへ完全移籍

セリエBのSPALは30日、ロイヤル・アントワープの元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(34)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間はシーズン終了までの半年間。特定の条件を満たした場合は、自動的に1年間の延長オプションが発動する。 イタリアでプロキャリアをスタートさせたナインゴランは、ピアチェンツァ、カリアリ、ローマ、インテルでプレー。2021年8月にプロとなってから初めて母国のベルギーへと移籍。MF三好康児も所属するアントワープに完全移籍した。 経験豊富なベテラン選手、そしてハードなマークが特徴のナインゴランだったが、これまでもピッチ外で多くの問題が。そして、昨年10月16日に行われたスタンダール・リエージュ戦で、試合前にベンチで電子タバコを吸っていたことが発覚。クラブから無期限追放処分が科され、今冬に契約を解消していた。 SPALはセリエBに所属しており、ローマ時代のチームメイトでもあったダニエレ・デ・ロッシ氏が監督を務めている。ただ、チームは苦戦しており、ナインゴランが起爆剤になるとの期待がかかっている。 2023.01.31 10:05 Tue
twitterfacebook
thumb

シャルケ、アントワープからスイス人FWフライをレンタルで獲得

シャルケは20日、ロイヤル・アントワープからスイス人FWミヒャエル・フライ(28)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 シャルケへの移籍が決まったM・フライは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「シャルケに来られて、仲間と一緒にピッチに立てることがうれしい。少しでも早くチームにフィットして、共に勝ち点を集められるよう全力を尽くします」 スイスの名門ヤングボーイズでプロデビューを飾ったM・フライは、2014年の夏にリールへ移籍。しかし、出場機会に恵まれず2年後にヤングボーイズへ復帰。その後、チューリッヒやフェネルバフチェ、ニュルンベルクなどでのプレーを経て、2021年の夏にアントワープへ加入。 アントワープでは、加入初年度から1トップの主力として公式戦69試合に出場し33ゴールを記録。今季もここまで公式戦23試合で9ゴールをマークしていた。 2023.01.21 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

昨年末に緊急入院のオーフェルマルス氏が心臓に重大な損傷…

元オランダ代表FWのマルク・オーフェルマルス氏(49)が、心臓に重大な損傷を負ったことが明らかになった。 現在、ベルギーのロイヤル・アントワープでテクニカル・ディレクター(TD)を務めるオーフェルマルス氏は、昨年12月30日に軽度の脳卒中により入院したことがクラブによって明かされていた。 しかし、オランダ『テレグラフ』など地元メディアの報道によると、実際は入院時に心停止を起こしており、心臓に「治癒不可能な損傷」を負っていたようだ。 オーフェルマルス氏は心筋の一部が動かなくなり、血液を全身に送り出す能力が通常の70%にまで低下しているという。 それでも、同氏は快方に向かっているようで、オランダメディアの取材に対して、「無理をせず、一歩ずつ前に進まなければならない」と、自身の言葉で病状について語っていたようだ。 現役時代、アヤックスやバルセロナ、アーセナルなどでウインガーとして活躍したオーフェルマルス氏は引退後、古巣アヤックスのスポーツ・ディレクターを務めていた。だが、昨年2月にセクハラ行為によって辞任。その後、同年3月からアントワープのTDに就任していた。 2023.01.19 23:45 Thu
twitterfacebook
thumb

オーフェルマルスが軽度の脳卒中で入院、当面はTD職を休養

ロイヤル・アントワープは30日、テクニカル・ディレクター(TD)を務めるマルク・オーフェルマルス氏(43)が軽度の脳卒中により入院したことを発表した。 アントワープによれば29日にオーフェルマルス氏は体調を崩したとのことで、現在容体は安定しているという。ただ、当面は治療に専念するとのことだ。 現役時代、アヤックスやバルセロナ、アーセナルなどでウインガーとして活躍したオーフェルマルス氏は引退後、古巣アヤックスのスポーツ・ディレクターを務めていたが、今年2月にセクハラ行為によって辞任。 3月にアントワープのTDに就任していた。 2022.12.31 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アヤックス退団ブリントにソシエダが関心? 過去の浦和行き破談の報道も…

レアル・ソシエダがアヤックスを退団したオランダ代表DFデイリー・ブリント(32)の獲得に動いているようだ。オランダ『Voetbal International』が報じている。 アヤックス下部組織出身のブリントは1998年からマンチェスター・ユナイテッドに移籍した2014年までアヤックスに在籍。その後、2018年に復帰し、アヤックスでは公式戦333試合に出場。在籍期間に7度のリーグ優勝を含め11のトロフィー獲得に貢献してきた。 しかし、新たな挑戦を望むベテランDFは27日にアヤックスとの契約を双方合意の下で解消。今冬にフリートランスファーの形で新天地を求めることになった。 オランダ代表通算99キャップを誇り、カタール・ワールドカップでも5試合に出場した多才な左サイドバックに対しては、マルク・オーフェルマルスとマルク・ファン・ボメルという同胞がスポーツディレクターと監督を務め、アヤックス時代の同僚であるベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトが在籍するベルギーのロイヤル・アントワープが熱視線を注いでいるという。 だが、ここにきて今シーズンのラ・リーガで上位争いに絡むソシエダが獲得に動いているようだ。 なお、同メディアによると、ブリントは今年10月の時点で浦和レッズが強い関心を示し、選手自身もJリーグでのプレーに前向きな姿勢を示していたが、理由は不明も最終的に交渉は破談に終わったとのことだ。 2022.12.28 22:56 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly