J1昇格目指す横浜FC、FWサウロ・ミネイロがアキレス腱断裂 FW石井快征も中足骨骨折の重傷

2022.10.06 22:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜FCは6日、FWサウロ・ミネイロ、FW石井快征の負傷を発表した。

クラブの発表によると、サウロ・ミネイロは2日に行われたエリートリーグ第4節の名古屋グランパス戦で負傷。右アキレス腱断裂と診断され、6日にブラジルへ帰国し、手術を受けるとのこと。全治は6カ月と見られている。

石井は同じく名古屋戦で負傷。左第五中足骨骨折と診断され、手術日から全治は3カ月とのことだ。
サウロ・ミネイロは今シーズンの明治安田生命J2リーグで19試合に出場し4得点。石井はサガン鳥栖から7月に期限付き移籍で加入も、出番はなかった。

関連ニュース
thumb

横浜FC、プロ3年目のMF古宿理久と契約満了を発表…今季はYS横浜に育成型期限付き移籍

横浜FCは9日、MF古宿理久(21)との契約満了を発表した。 古宿は横浜FCのジュニアユース出身で、青森山田高校から2020年に入団。2021年途中からは水戸ホーリーホック、今シーズンはY.S.C.C.横浜に育成型期限付き移籍していた。 今シーズンは明治安田生命J3リーグで16試合に出場。横浜FCではJ1で2試合、リーグカップで3試合の出場に終わった。 古宿はクラブを通じてコメントしている。 ◆横浜FC 「横浜FCに関わる全ての方々、一年半という期間でしたが本当にありがとうございました。あまりチームの力になれなかった事はとても悔しいですが、ここで得た経験というものは誇りに思える事ばかりでした」 「また這い上がり、皆さんにプレーをしているところを見せれるように頑張ります」 ◆Y.S.C.C.横浜 「思い描くシーズンとはなりませんでしたが、この経験を今後に活かせるように頑張ります。一年間沢山のサポート、応援ありがとうございました」 2022.12.09 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FCが山口のMF高井和馬を完全移籍で獲得、初のJ1挑戦「日々全力で臨みます」

横浜FCは7日、レノファ山口FCのMF高井和馬(28)を完全移籍で獲得することを発表した。 高井は日本体育大学から2017年にザスパクサツ群馬に入団。プロ1年目からJ2で39試合に出場し10得点を記録すると、東京ヴェルディへと完全移籍。しかし、出番が得られず、シーズン途中に山口へと移籍する。 山口では3シーズン半在籍すると、J2で136試合に出場し27得点を記録。今シーズンは水戸ホーリーホックへと完全移籍。J2で18試合に出場し3得点を記録するが、シーズン途中に山口へと完全移籍していた。山口でもJ2で16試合に出場し7得点を記録していた。 キャリアを通じてJ2のみでプレーし、通算212試合47得点を記録。自身初のJ1挑戦に向けて意気込みを語った。 ◆横浜FC 「初めまして。レノファ山口FCから来ました高井和馬です。このクラブでプレーできることが楽しみでワクワクしています」 「感謝の気持ちと向上心を常に持ち日々全力で臨みます。よろしくお願いします」 また、合計5シーズン所属した山口を通じてもコメントしている。 「山口に戻ってきてサッカーの本質、サッカーの楽しさ、サッカーが大好きなんだということを改めて感じさせてもらいました。半年で戻ってきて、また移籍するという僕のわがままを快く受け入れて送り出してくれたクラブに感謝しています」 「僕のことを嫌いな人は、たくさんいると思うけど僕はレノファというクラブ、山口という街、山口の人が大好きです。また増しました」 「正直この文章では伝えられないくらいの想いや、感情が山口で僕に関わってくれた全ての人にあります。だからまた、このクラブ、この街に帰って来れるように常に感謝の気持ちを忘れず、日々努力して自分の可能性を信じてやっていきたいと思います」 「引き続き僕のことを応援してくれたら、本当に嬉しいです。また会いましょう!ありがとうございました!」 2022.12.07 13:40 Wed
twitterfacebook
thumb

山形、川崎FからDFイサカ・ゼインを獲得! 今季は横浜FCにレンタル

モンテディオ山形は7日、川崎フロンターレからDFイサカ・ゼイン(24)の完全移籍加入を発表した。 ガーナ人の父親と日本人の母親を持つ東京都出身のイサカ・ゼインは2020年に桐蔭横浜大学から川崎F入り。2シーズンでわずか1試合の出場にとどまったこともあり、今シーズンは横浜FCに期限付き移籍の形で加入した。 横浜FCでは開幕からスタメンの座を掴むと、シーズンを通して右ウィングバックの主軸に定着。明治安田生命J2リーグで29試合に出場して2ゴール7アシストを記録し、チームのJ1昇格に大きく貢献した。 新シーズンに再びJ2でプレーすることになったイサカ・ゼインは、期限付き移籍期間満了が発表された横浜FCを含む3クラブでコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形の皆さん、はじめまして。イサカ・ゼインです。来季よりモンテディオでサッカーができることになりすごくワクワクしています。これから一緒に戦い、応援してくださるサポーターの皆さんの前で一日でも早くプレーできるように、勝利の喜びを分ちあえるように、毎日全力でサッカーに取り組みベストを尽くしたいと思います。ゼインと呼んでいただけたら嬉しいです。これからよろしくお願いします」 ◆川崎フロンターレ 「川崎フロンターレサポーターの皆さん、フロンターレに携わっていただいている全ての皆さん、この度モンテディオ山形に完全移籍することになりました。フロンターレではなかなか試合に出ることができず、サポーターの皆さんと共にピッチで喜びを分かち合える時間がなくて、悔しい時間のほうが長かったです」 「しかし、川崎フロンターレという日本一のチームに2年間在籍し、偉大な選手たちをはじめとした素晴らしいチームメイト、チームスタッフ、そして関係者の方々にサポートしていただき、プロサッカー選手としての基盤をつくっていただけたと思っています。これから、サッカー選手としても、一人の人間としても、もっともっとレベルアップして、またいつかフロンターレの皆さんの前でプレーできるように頑張ります!」 「1年間期限付き移籍でチームを離れても、SNSなどで応援してくださるサポーターがいて本当にうれしかったですし、励みになりました。少し離れますが、引き続き応援していただけたらありがたいです。ありがとうございました!」 ◆横浜FC 「横浜FCサポーターの皆さん、横浜FCに携わっていただいている全ての皆さん、大変お世話になりました。プレーしたのは1年間でしたが、横浜FCでプレー出来たことは僕のサッカー人生でとても大切な時間になりました」 「良い時も悪い時も常に三ツ沢の素晴らしい雰囲気の中で勝利に向けて皆さんとプレーできたこと、勝利を分ちあうことが出来たこと、本当に素晴らしい時間をすごさせていただき感謝しています。横浜FCからは離れてしまいますが、これからも応援していただけると嬉しいです。1年間本当にありがとうございました!」 2022.12.07 11:38 Wed
twitterfacebook
thumb

J1復帰の横浜FC、興國高校の逸材ボランチMF宇田光史朗が新加入「楽しむ心を忘れないように」

横浜FCは6日、興國高校MF宇田光史朗(18)の2023シーズンの加入内定を発表した。 兵庫県出身の宇田は、視野の広さとメンタルの強さ、サッカーセンスも抜群と評される逸材のボランチ。同校ではキャプテンも務めている。 宇田は加入に際し、クラブを通じて以下のようにコメントしている。 「横浜FCファン・サポーターのみなさん。来季から横浜FCに加入することになりました興國高校の宇田光史朗です」 「ずっと追い続けてきた夢であるプロサッカー選手になれたこと、そしてこの素晴らしいクラブでスタートできることをとても嬉しく思います。厳しい世界ではあると思いますが、どんな時でもサッカーを楽しむという純粋な心を忘れないようにしたいと思います」 「今まで支えてくれた全ての方々に感謝し、結果で恩返しできるよう日々努力していきます。プロサッカー選手としてサッカーだけでなく、人間性の部分も大事にしていきたいと思います。応援よろしくお願いします!」 2022.12.06 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

J1昇格の横浜FC、東京VのDFンドカ・ボニフェイスを完全移籍で獲得「精一杯プレーします」

横浜FCは6日、東京ヴェルディのDFンドカ・ボニフェイス(26)を完全移籍で獲得することを発表した。 ンドカ・ボニフェイスは埼玉県出身で、大宮アルディージャの下部組織育ち。浦和東高高校から日本体育大学を経て、2018年に水戸ホーリーホックへと入団した。 水戸で3シーズンを過ごした後、2021年に東京Vに完全移籍で加入。センターバックの主軸としてプレーし、2シーズンでJ2通算66試合5得点を記録。天皇杯でも3試合1得点を記録していた。 ンドカ・ボニフェイスは、自身初のJ1挑戦となる中、両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜FC 「横浜FCファン・サポーターのみなさん。この度、東京ヴェルディより移籍してきました」 「横浜FCで自分の価値を証明すると共に、J1の舞台で戦わせてもらうことに感謝しています」 「チームの目標を達成できるように、精一杯プレーします。これから応援のほどよろしくお願いいたします」 ◆東京ヴェルディ 「特別な2年間でした。ここで成長し自分への評価をまた一つ変えることができたと思います。なによりチームメイトに感謝したいですピッチ内外で刺激があり居心地がいい場所でした。ここに呼んでくれた江尻強化部長にも感謝しています」 「そしてヴェルディのファン・サポーターの声援の中でプレーできて幸せでしたし、今年は特に愛を感じることができました。チームは自分に対し最大級の評価をしてくれましたが、次のチャレンジをします。ありがとうございました」 2022.12.06 10:22 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly