ライプツィヒが日本人3選手先発のセルティック撃破で初白星! 古橋亨梧が1アシストも最下位転落…《CL》

2022.10.06 03:49 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第3節、RBライプツィヒvsセルティックが5日にRBアレーナで行われ、ホームのライプツィヒが3-1で勝利した。

ライプツィヒは前節、マルコ・ローゼ新体制となったレアル・マドリー戦を0-2で落とし、グループリーグ連敗に。その後に行われたボルシアMG戦でも大敗を喫したが、インターナショナルマッチウィーク明けのボーフム戦で4-0の快勝を収めバウンスバックに成功。ローゼ監督はその試合と全く同じスタメンを採用した。

一方、セルティックは前節のシャフタール戦を1-1のドローで終え、ここまで1分け1敗の3位に位置。今季グループリーグ初白星を目指したこの一戦では2-1で競り勝ったマザーウェル戦と全く同じスタメンを採用。その試合でいずれもゴールを挙げた古橋亨梧、旗手怜央は前田大然と共にスタメンを飾った。
試合は立ち上がりからホームのライプツィヒが持ち味のダイナミズムを発揮し、キックオフ直後にエンクンクが続けて際どいフィニッシュの場面に絡んでいく。

以降はセルティックがすぐさま押し返して試合は拮抗した展開となるが、早い時間帯にアクシデントが発生。ビルドアップの際に古橋からのプレッシャーを回避し、味方にボールを繋ごうとしたGKグラーチがバランスを崩して右ヒザを負傷。担架に乗せられてピッチを後にした中、代わって31歳GKブラシュヴィッヒがCLデビューを飾ることになった。

守護神にしてキャプテンの負傷離脱に見舞われたホームチームだが、直後には得意の高速カウンターからシマカンのラストパスに抜け出したエンクンクが絶妙なチップキックでGKとの一対一を制してゴールネットを揺らす。だが、これはVARのレビューの結果、オフサイド判定でゴールは認められず。

一方、VARに救われて失点を免れたセルティックは、日本人トリオが魅せる。24分、右サイド深くに抜け出した前田から高精度のクロスが上がると、ニアに飛び込んだ古橋が頭で合わせる。これが枠の右へ向かうが、GKブラシュヴィッヒの好守に遭う。さらに、26分にはボックス中央で旗手からの鋭い縦パスを受けた古橋が今度は右足を振るが、DFにディフレクトしたボールはわずかに枠の左へ外れ、2度のビッグチャンスをモノにできない。

すると、ピンチの後にはチャンスあり。ライプツィヒは直後の27分にセルティックのセットプレーの流れでマクレガーからシュラーガーがボールを奪って高速カウンターを発動。アンドレ・シウバが左サイドを持ち上がってボックス内に走り込むエンクンクへラストパスを通すと、飛び出したGKを冷静にかわしたフランス代表MFが左足の丁寧なシュートを無人のゴールへ流し込んだ。

ミスから先手を奪われたセルティックは、その失点に絡んだ場面で足を痛めたマクレガーがプレー続行不可能となり、37分にアビルドガールがスクランブル投入され、こちらもキャプテンを失う形に。

前半終盤にかけてもオープンな攻防が続く中、セルティックは42分に左サイド深くでジョタが上げたクロスをゴール前の古橋が頭で合わすが、このシュートはわずかに枠の上に外れる。

互いに決定機の数は同程度もホームチームの1点リードで折り返した試合は、後半いきなり動く。47分、ハーフウェイライン付近でのボール奪取から旗手の縦パスに抜け出した古橋がボックス右でDFを引き付けて左を並走するジョタへプレゼントパス。これをジョタが難なく流し込んだ。

旗手と古橋のお膳立てから後半開始早々に追いついたセルティックだが、以降はホームチームに押し込まれる時間帯が続く。

ライプツィヒはボールの主導権を握って深い位置へ攻め込む中、ショボスライに2度のビッグチャンス。だが、1本目は左ポストに、2本目はゴールネットを揺らしたものの、オフサイドポジションの味方のプレー関与によってゴールが取り消しとなる。

しかし、VARでゴールが取り消された直後の64分にはGKハートのパスミスを高い位置でカットしたショボスライからのラストパスに抜け出したアンドレ・シウバが冷静にGKとの一対一を制して3度目の正直での勝ち越しゴールとした。

これで完全に流れを掴んだホームチームは前がかるセルティックに対して、前半同様に得意のカウンターが嵌る展開になると、77分に決定的な3点目まで奪う。相手陣内左サイドでの繋ぎからエンクンクの浮き球のパスに反応したシマカンがボックス右から丁寧なダイレクトクロスを供給。これをファーでうまく足元に収めたアンドレ・シウバが至近距離からのシュートを冷静に流し込んだ。

後半立ち上がり以降はなかなかチャンスを作れずにいたセルティックは、75分に前田、82分には古橋と旗手をベンチに下げてフォーレストやギアクマキス、マッカーシーといった選手をピッチへ送り込んでいく。

しかし、同じく積極的に交代カードを切ってプレー強度を維持するライプツィヒを相手に4失点目を防ぐのが、精いっぱいという苦しい戦いを強いられた。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、今季グループリーグ初白星を挙げたライプツィヒがセルティックを抜き3位浮上で、来週のリターンレグを戦うことになった。

関連ニュース
thumb

チェルシーと紐づく去就に「いずれわかるはず」 渦中のグヴァルディオルが開口

RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(20)がチェルシー行きの噂に口を開いた。 グヴァルディオルは母国の名門ディナモ・ザグレブから昨夏にライプツィヒ入りしたセンターバック。初の海外移籍だったが、公式戦46試合でピッチに立って今季も主力を張り、現在はカタール・ワールドカップ(W杯)の戦いに身を投じる。 今夏にトッテナムらの関心が囁かれたなか、チェルシーの本腰報道も熱を帯び、プレミアリーグ勢の人気銘柄に。そんな矢先の今年9月にライプツィヒとの契約を2027年6月まで延長したが、チェルシーの継続的な関心が取り沙汰される。 クロアチアのベスト16進出に貢献して、不屈の戦いぶりで反響を呼ぶ5日の日本代表戦に向かうグヴァルディオルだが、イギリス『The Athletic』でチェルシーと紐づく去就を問われると、決まり事なしと返したようだ。 「わからないよ。ここ数カ月の出来事は把握している。でも、正直に言って、まったくわからないんだ。僕の代理人がこのことに対応してくれているし、いずれわかるはず。今はライプツィヒで幸せさ。どうなるかは誰にもわからないけどね」 「もちろん、(チェルシーは)ビッグクラブだし、いつの日か僕もそこにいるかもしれない。そうなれば本当に素晴らしいし、(代表でチームメイトのマテオ・)コバチッチがいるからなおさらね。わからないけど、彼とはよく話をするんだ」 「今の僕からは話せるのはライプツィヒで幸せで、ここにとどまって、彼らのためにプレーするということだけさ」 2022.12.03 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがドイツ代表FWエンクンク獲得を決定的なものに! 著名ジャーナリストが報道

チェルシーが、ライプツィヒのフランス代表FWクリストファー・エンクンク(25)の獲得を決定的なものにしたようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 すでにチェルシー行きが濃厚と言われていたエンクンク。8月末に同クラブ主導のメディカルチェックを受けたと伝えられており、続報が待たれているところだった。 そんな中、カタール・ワールドカップのドイツ代表メンバーにも選ばれたエンクンクだったが、開幕直前のトレーニングで左ヒザ外側側副じん帯断裂の大ケガ。全治最大2カ月半という診断が下され、無念にもW杯の欠場が余儀なくされた上に、チェルシー移籍にも影響が出る可能性も指摘されていた。 だが、それも杞憂だったようだ。ロマーノ氏によれば、9月の報道通りメディカルチェックはすでに完了し、クラブ間契約も大詰めを迎えているようだ。条件として、チェルシーは6000万ユーロ以上に設定されている契約解除金と、いくつかのボーナスを支払うことで合意に達しているという。 契約が有効となるのは来年6月。エンクンクとライプツィヒの契約は2026年まで残っていた。 同選手はパリ・サンジェルマンの下部組織出身で、2019年夏にライプツィヒに加入。昨季のブンデスリーガで全34試合に出場し20ゴール15アシストという圧巻の成績を残し、一躍注目の的になると、今季も中断前はリーグ戦15試合で12ゴール2アシストと変わらずゴールを量産。W杯での活躍も期待されるところだった。 2022.11.29 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア勢関心もライマーは来夏バイエルン入り一択か?

RBライプツィヒのオーストリア代表MFコンラート・ライマー(25)は来夏のバイエルン行きを強く望んでいるようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのクリスティアン・ファルク氏が報じている。 レッドブル・ザルツブルク、ライプツィヒとレッドブルグループの志向するスタイルを体現してきたライマー。 しかし、今シーズン限りで満了する契約を延長する意思を示しておらず、来夏のフリートランスファーが既定路線となっている。 ここ最近ではリバプールに加え、チェルシーが獲得に向けた動きを見せているが、あくまでバイエルン行きを望む職人系MFは話し合いに応じる意思はないという。 一方、ライプツィヒ時代に同選手を指導したユリアン・ナーゲルスマン監督は、今夏にも獲得に動いた教え子を未だに熱望しており、ライマーの意向を含めて相思相愛と言われる。 ただ、ファルク氏によると、現時点でライマーとバイエルンは口頭合意に至っているものの、公式な合意はないという。 卓越した運動量と戦術眼、闘争心、プレーの連続性を武器に、中盤のバトルで質的と量的優位性をもたらす重要なプレーヤーだが、希望通りに来季はミュンヘンでプレーすることになるのか…。 2022.11.24 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「誰しもがこの舞台に...」スペイン代表MFダニ・オルモ、自身初のW杯に意気込み

カタールW杯に臨むスペイン代表MFダニ・オルモが、自身初の大舞台へ向けて意気込みを語った。 日本代表がグループステージ第3戦で戦うスペイン代表。ダニ・オルモは所属するRBライプツィヒで今季序盤にケガを負い、今大会のメンバー入りが危ぶまれていたが、無事に回復し、自身初となる大舞台への挑戦権を手にした。 そんなダニ・オルモは、現地カタールでスペイン『ムンド・デポルティボ』のインタビューに応じ、ケガを負った当初は「W杯行きを逃すかも」という恐怖に苛まれたと明かし、メンバー発表時の心境も振り返った。 「最初の頃は怖かった。できるだけ早く回復するよう、全神経を注いだんだ。そのおかげで万全の状態を取り戻せたよ。僕は(メンバー発表で)最後から2番目に名前を呼ばれたよね! 緊張したけど、一瞬で幸せな気分になった」 また、自身を選出したルイス・エンリケ監督にも言及。指揮官への揺るがぬ信頼をうかがわせている。 「彼はとてもフレンドリーな人柄だけど、戦術面では緻密なアイデアを持っている。僕らに伝える言葉は的確かつシンプルで、個人的に助言もくれるよ。選手たちは監督やコーチの提案を遂行するべく、団結してゲームに臨む必要があるね」 そして、W杯は誰もが立てる舞台ではないと述べ、かけがえのない時間を大切にすると誓った。 「W杯は幼い頃からの壮大な夢。すべてのフットボーラーにとって最高の舞台さ。この舞台に立つ者は最大限にこの時間を楽しみ、大切にしなければならない。誰しもが立てるわけではないのだから」 2022.11.21 16:12 Mon
twitterfacebook
thumb

代表離脱のエンクンク、左ヒザ外側側副じん帯を断裂…所属先ライプツィヒが発表

フランス代表のカタール・ワールドカップ(W杯)メンバーから無念の離脱を余儀なくされたMFクリストファー・エンクンクについて、所属先のRBライプツィヒが負傷情報をアップデートした。 エンクンクは15日に代表の練習中に左ヒザを捻ったとの理由で離脱したが、ライプツィヒは新たに左ヒザ外側側副じん帯の断裂を明らかに。離脱期間については現時点で不明だという。 治療法に関しても様々なものがあるというエンクンク。当初こそ6〜8週間の全治を予想したフランス『レキップ』も「予想以上に深刻」とし、2カ月〜2カ月半を要すると修正している。 2022.11.20 11:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly