下剋上! J2甲府が鹿島を1-0で下し、クラブ史上初の決勝戦進出!《天皇杯》

2022.10.05 19:37 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎JFA/PR
5日、天皇杯準決勝のヴァンフォーレ甲府vs鹿島アントラーズが県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で甲府が勝利。今月16日に日産スタジアムで行われる決勝戦への進出が決定した。J1で5位の鹿島は直近のリーグ戦からスタメン2人を変更。対してJ2で18位の甲府はここまで5連敗と苦戦中も、直近のリーグ戦から変更は1人のみ。クラブ史上初の決勝戦進出を目指して敵地での一戦に臨んだ。

開始早々にレフェリーの無線機器トラブルで一時的に試合が中断するアクシデントがあった中、戦前の予想通り、ボールを保持するのは鹿島。しかし、甲府もコンパクトな陣形を維持し、少ない手数でショートカウンターを狙う。
21分、甲府は敵陣深い位置でのパス回しから三平が最終ラインの背後に抜け出し、GKクォン・スンテとの1対1を制して冷静にネットへ流し込む。先制かと思われたが、三平がボールを受けた時点がオフサイドと判定され、ゴールは幻に。

その直後には鹿島に決定機。22分、ディエゴ・ピトゥカからのワンタッチパスをゴール前右寄りで受けた鈴木がダイレクトで右足を振り抜くも、ファーネットを狙った一撃はわずかにゴール左へと外れる。

鹿島は続く32分にもチャンス。土居が敵陣ボックス付近で甲府のパスミスを誘発し、こぼれ球を回収したアルトゥール・カイキがボックス左隅から右足でコントロールショットも、惜しくもゴール上へ。少なからずゴールを予感させる鹿島だったが、先制点は下剋上を狙う甲府の手に渡る。

37分、甲府は自陣からビルドアップを開始し、センターバックの浦上が前線へロングフィード。このボールに反応した宮崎が最終ラインの背後に抜け出し、GKと1対1に。距離を詰めてきたクォン・スンテをボックス内で冷静にかわすと、右足でネットへ流し込んだ。

雨脚が強まるなかで迎えた後半、1点リードの甲府は前半同様にコンパクトなブロックを敷いて鹿島のポゼッションに対応。対する鹿島はハーフタイムに土居と名古を下げ、エヴェラウドと仲間を投入。まずは同点ゴールを目指す。

鹿島は66分、最終ラインからのロングフィードを前線の鈴木がヘディングで落として仲間へ。仲間からパスを受けたピトゥカがペナルティアーク付近から左足シュートを放つも、ゴール上へと大きく外れる。

直後の67分には絶好機。ボックス右の鈴木がセンタリングを送ると、ゴール前で待ち構えたエヴェラウドが頭で合わせる。だが、甲府GK河田のファインセーブに遭い、ネットは揺らせず。後半は圧倒的に攻め込む鹿島だが、肝心のゴールが遠い。

83分には右サイドでFKを獲得し、キッカー樋口が中央へクロスを送る。関川がファーサイドで折り返し、ゴール前で受けた仲間が体勢を崩しながらも執念でネットへ押し込むが、このシーンは仲間のオフサイドと判定される。

なおも果敢に攻め込む鹿島だが、ピッチ全体で集中を切らすことのない甲府に手を焼き、ゴールが遠い。結局、後半アディショナルタイム4分も含めてネットを揺らすことはできず、試合終了のホイッスル。鹿島の猛攻を耐え抜いた甲府が1-0で勝利し、クラブ史上初となる決勝戦進出を勝ち取った。

なお、J2勢の天皇杯決勝戦進出は2014年度大会のモンテディオ山形以来8大会ぶりに。甲府は決勝戦で京都サンガF.C.vsサンフレッチェ広島の勝者と対戦する。

ヴァンフォーレ甲府 1-0 鹿島アントラーズ
【甲府】
宮崎純真(前37)

1 2

関連ニュース
thumb

甲府が飯島陸、林田滉也、小林岩魚と契約更新

ヴァンフォーレ甲府は6日にFW飯島陸(23)、MF林田滉也(23)、MF小林岩魚(26)の3選手と契約更新したと発表した。 飯島は法政大学在学中の特別指定選手を経験して今季から入団し、関東学院大学卒の林田もルーキー。甲府のアカデミーで育った小林は専修大学を挟み、2019年からプレーしている。 チームとして天皇杯で初タイトルも獲得した今季の明治安田生命J2リーグでは飯島が24試合2得点、林田が12試合出場、小林が21試合出場を記録。3選手はそれぞれ来季の抱負を語った。 ◆飯島陸 「今シーズンも熱い応援ありがとうございました! 2023年シーズンもヴァンフォーレ甲府でプレーをさせていただきます。今シーズン、プロサッカー選手として初めてピッチに立ち、それを応援して下さる、ファン、サポーターの皆さまの声援を間近で感じる事ができました」 「そして、思った事はその声援と期待にもっと答えれるような選手になりたいと強く思う事ができたシーズンです。2023シーズンはもっとヴァンフォーレ甲府に勝利をもたらせる選手になります! 引き続き、共に熱く闘いましょう!」 ◆林田滉也 「2023年もヴァンフォーレ甲府でプレーさせていただくこととなりました。ルーキーイヤーとなった今シーズンは、大きな怪我もあり、チームに貢献できなかったことは本当に悔しく思います。2023年シーズンは、プロサッカー選手としてプレーする機会を与えてくださったヴァンフォーレ甲府に恩返しができるよう、結果を求めてプレーします。来シーズン、元気な姿で皆様とスタジアムでお会いできる日を楽しみに、引き続きリハビリに励んで参ります!!」 ◆小林岩魚 「ヴァンフォーレ甲府に関わる全ての皆様、今シーズンも最後まで最高の応援、そして熱いサポートをありがとうございました。来シーズンも甲府で戦うことになりました! 愛するこのチーム、生まれ育ったこの街でプレーできることは自分にとって誇りです。来季はACLにチャレンジしつつJ1昇格に向けて戦っていくという未知のシーズンになります。自分の左足で1試合でも多くの勝利を届けられるように全力で努力します。 今シーズンも終盤で大怪我をしてしまいました。来シーズンは絶対に怪我をしたくはないですが、そんな保証はどこにもありません。毎試合、これが最後の試合になっても後悔しないと言えるくらいピッチで全てを出し切りたいです。来シーズンもよろしくお願い致します!」 2022.12.06 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京DF蓮川壮大、次は甲府にレンタル 「必ずJ1に昇格しましょう」

ヴァンフォーレ甲府は5日、FC東京からDF蓮川壮大(24)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2024年1月31日まで。同期間中、FC東京との全公式戦に出場できない。 蓮川はFC東京のアカデミー卒で、明治大学に進学。大学時代に2種登録も経験して、2021年に古巣のFC東京でプロ入りした。 今季もFC東京でスタートしたが、2022年5月からいわてグルージャ盛岡にレンタル。明治安田生命J2リーグ11試合に出場した。 来季からは天皇杯王者としてAFCチャンピオンズリーグも控える甲府へ。クラブの公式サイトで意気込みを語っている。 「この度、FC東京から加入することになりました、蓮川壮大です。身体能力を活かし、強度の高いプレーで対峙する相手に絶対に負けないというこだわりを持ちながら状況に応じてドリブルと走力で局面を打開し、チームの勝利に貢献したいです」 「ヴァンフォーレ甲府は、僕が小さな頃から凄く良い印象に残っており、青色のかっこいいユニフォームを含め、好きなチームです。また、山梨は自然が豊かな場所で、名物のほうとうも好きなので新たな生活にも期待が膨らみます。甲府の勝利の為に全力で戦います。そして必ずJ1に昇格しましょう。応援よろしくお願いします」 一方で、FC東京を通じては「このたび、ヴァンフォーレ甲府に期限付き移籍することになりました」と移籍を報告しつつ、成長を期した。 「FC東京と同じ青赤のユニフォームを着て、選手として一回りも二回りも大きくなり、成長してまた戻って来れるように頑張って来たいと思います。引き続きの応援よろしくお願いします」 なお、岩手の公式サイトでは「夏からの半年間という短い期間でしたが、ありがとうございました」と別れの挨拶をしている。 「絶対に残留させるという強い気持ちを持ってこのチームに来ましたが、結果的には降格することになってしまい、また、怪我でチームにも迷惑をかけてしまいました。本当に申し訳ありません」 「いわてグルージャ盛岡に何一つ貢献できず、自分の力不足を感じました。ただ、何度負けても、ファン、サポーターの方々の声援は、次の試合に向けてのパワーになりました」 「ここで得た物を次のステージに活かして頑張ります。いわてグルージャ盛岡ファミリーの皆さん、本当にありがとうございました」 2022.12.05 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府、35歳GK河田晃兵と契約更新! 歴史的Vの天皇杯では輝き放つ

ヴァンフォーレ甲府は2日、GK河田晃兵(35)との契約更新を発表した。 福岡大学出身の河田はガンバ大阪でポジションを掴めず、アビスパ福岡と甲府でレンタルを経験。一度は2014年にG大阪復帰を果たすが、チームが国内3冠を達成したなかでやはり出番が限られ、2015年から古巣の甲府に完全移籍加入した。 その甲府では出番を減らす時期もあったが、今季の明治安田生命J2リーグでは37試合に出場。天皇杯ではサンフレッチェ広島とのPK戦にもつれこむ決勝で輝きを放ち、クラブとして初タイトルで、J2勢としても11大会ぶりの優勝に貢献した。 このたびの契約更新を受け、クラブの公式サイトを通じて今季を振り返りつつ、来季に向けて決意を新たにしている。 「誰も契約更新しないのでまた第一号になってしまいました。リーグ戦ではなかなか結果に繋がらずブーイングなど叱咤激励をいただく事もありましたが、栃木戦で負けたにも関わらず、みなさんが声援をくれたことはすごくチームの力になり、天皇杯のタイトルにも繋がったと思います」 「来シーズンは、みなさんが待ち望んだエンブレムの上に星がつきます☆ とりあえずスタジアムで着るホーム用1枚、アウェイ用1枚、ACL用1枚(たぶん販売予定)、飾る用1枚、頑張ってご購入していただける方は、計4枚購入のご検討をよろしくお願いします!笑」 2022.12.02 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋が甲府MF山田陸の完全移籍加入を発表!「J1の舞台でプレーできることを幸せに思います」

名古屋グランパスは30日、ヴァンフォーレ甲府からMF山田陸(24)の完全移籍加入を発表した。 山田は大宮アルディージャの下部組織出身で、トップチーム昇格後はグルージャ盛岡、AC長野パルセイロへの期限付き移籍を経て2020年から甲府でプレー。今シーズンは公式戦44試合に出場して、クラブ史上初となる天皇杯優勝にも貢献した。 来季からJ1でプレーする決断を下した山田。両クラブを通じて、これまでの感謝や新天地での意気込みを述べている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスの皆さま、初めまして。山田陸です。J1の舞台でプレーできることを幸せに思います。J3やJ2で得た貴重な経験を糧に、挑戦する姿勢を大事にして名古屋で頑張りたいと思います」 「名古屋の地でチームの目標に対して貢献することはもちろん、地域にも馴染み、自分自身の挑戦が成功できるように全力を尽くします。皆さま、熱いサポートをよろしくお願いします」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「ヴァンフォーレ甲府のファン、サポーターの皆様、そして、クラブに関わるスタッフ、選手の皆様、3年間本当にありがとうございました。プロになってからJ3リーグを転々とし、何もなかった僕に手を差し伸べてくれて、ここまでやってこれたのは、関わってくださった皆様のお陰です」 「この度、名古屋グランパスに移籍することになりましたが、僕の中で甲府の一員として戦えたことは一生の誇りです。僕は、甲府の街、人の温もり、チームの雰囲気、甲府の事が本当に大好きです」 「来年は、ヴァンフォーレ甲府の一員として皆様と共に戦えませんが、今後のクラブの活躍と躍進を心より祈っています。僕のサッカー人生に希望の光をもたらしてくれたクラブと甲府に関わる全ての皆様に本当に感謝しています。本当にありがとうございました」 2022.11.30 16:43 Wed
twitterfacebook
thumb

来季はACLに臨む甲府が、地元出身の篠田善之氏を新監督に招へい「選手とボールが動く躍動感のあるサッカーを」

ヴァンフォーレ甲府は30日、新指揮官に篠田善之氏(51)が就任することを発表した。 地元・山梨県甲府市出身の篠田氏は、高校卒業後クラブの前身でもある甲府サッカークラブでもプレー。その後中京大学へと進学し、1995年にJFLの福岡ブルックス(現:アビスパ福岡)に入団した。 2年目からはJリーグでプレーし、福岡一筋でプレー。2004年に現役を引退すると、そのまま福岡でアンダーカテゴリーのコーチを務め、2008年7月からはトップチームで監督に就任した。 福岡ではチームをJ1に昇格させる手腕も見せると、2012年にはFC東京のコーチに就任。2016年7月からはトップチームの監督に就任。コーチ時代には、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も経験している。 2018年に清水エスパルスのコーチとなると、2019年5月から12月まで監督を務め、その後もトップチームでコーチやヘッドコーチを務めていた。 地元で監督を務めることとなる篠田氏はクラブを通じてコメントしている。 「この度、ヴァンフォーレ甲府の監督に就任致しました篠田善之です。生まれ故郷である山梨県に戻り、歴史あるヴァンフォーレ甲府の監督として指揮をとれることを大変嬉しく光栄に思います」 「攻守においてスピーディーでアグレッシブな姿勢を貫き、選手とボールが動く躍動感のあるサッカーを目指していきたいと思います」 「県民の皆様、ファン、サポーターの皆様、クラブを支えて下さる全ての皆様にたくさんの勝利と笑顔をお届けできる様に、選手、スタッフと共に前進して行きたいと思います。よろしくお願い致します」 また、佐久間悟社長もコメントしている。 「2022シーズンもヴァンフォーレ甲府に関わる全ての皆様方には、多大なるご支援・ご協力並びにご声援を賜り、誠にありがとうございました。また、リーグ戦では、成績不振が続きましたが、第102回天皇杯においては優勝という栄冠を勝ち取ることができました。これもひとえに山梨県に関わる多くの皆様方との協力と連帯の証であったと感謝するとともに誇らしい瞬間でもありました」 「さて、その様な状況下のもと、この度、ヴァンフォーレ甲府の2023シーズンの新たな監督に、篠田善之氏を招聘して監督として就任して頂くことになりましたので、ご報告させて頂きます」 「篠田善之監督は、アビスパ福岡で監督としてJ1昇格を果たされ、FC東京では、ヘッドコーチとしてACLを経験、また、複数のJ1クラブで監督を経験されました。更には、Jリーグで活躍された実績のある多くの外国人監督のもとでコーチとしても学ばれた経験は評価に値するものであります。そして、何よりも心強いことは、山梨県のご出身であり、郷土とクラブへの愛着は、クラブにとって大きな活力になると考えております」 「クラブと致しましては、ここ数年間で成長してきたチームをより積極的な攻撃力とアグレッシブな守備力を向上し、J1昇格に挑んで頂き、また同時に未開の地となるACLにも挑戦して頂くことを期待しております」 「ヴァンフォーレ甲府は、来シーズンも「人々を繋ぎ幸福をもたらす存在でありたい」という理念を掲げ、また「クラブが目指す共生の姿として、フットボールクラブを超えた存在になる」というヴィジョン創りにも貢献して頂ける人材として選手を成長させ、チームを大きく強くすることが出来る指導者であると大いに期待するものであります」 「ヴァンフォーレ甲府に関わる全ての皆様には、引き続き、変わらぬご支援とご声援並びにご協力をお願い申し上げます」 2022.11.30 11:13 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly