いまだ勝利なしで最下位のエルチェがロドリゲス監督を解任… 就任から1年経たず

2022.10.04 16:42 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エルチェは4日、フランシスコ・ロドリゲス監督(44)の解任を発表した。後任については現時点で発表されていない。

スペイン人のロドリゲス氏は31歳で現役引退後、アルメリアの下部組織から指導者キャリアをスタート。これまでコルドバやウエスカ、ジローナなどを率いた経験を持ち、2021年11月にエルチェの指揮官に就任した。

その昨季は途中就任からラ・リーガ13位の成績を収め、残留に導いたものの、今季は7試合を消化して未勝利で最下位。ここまでわずか3ゴールと深刻な得点力不足にも悩んでおり、首脳陣らが決断を下した格好だ。


関連ニュース
thumb

最下位エルチェ、新監督に国内実績豊富なパブロ・マチン氏を招へい

エルチェは17日、パブロ・マチン氏(47)を監督に招へいしたことを発表した。契約期間は今季終了までとなる。 10月にも成績不振でフランシスコ・ロドリゲス前監督を解任したエルチェ。その後任としてホルヘ・アルミロン監督を迎えたが、ラ・リーガ5試合で2分け3敗と最下位に沈むチームの立て直しに失敗すると、今月8日に解任を発表していた。 今季2度目となる監督交代で後任に指名されたのは、スペイン国内での実績が豊富なパブロ・マチン氏。同氏はこれまで現役時代の古巣ヌマンシアや、セビージャ、エスパニョール、アラベスなど母国スペインクラブの監督を歴任。 2021年2月からサウジアラビアリーグで最下位に低迷していたアル・アインの監督に就任したが、チームを立て直すことができずに最下位で2部に降格し、半年で退任。同年7月からは1部リーグのアル・ライードで監督を務めたが、公式戦19試合で7勝3分け9敗と期待外れの成績に終わり、今年1月に解任。その後はフリーの状態が続いていた。 2022.11.18 07:20 Fri
twitterfacebook
thumb

低迷続くエルチェが2度目の監督交代…わずか5試合でアルミロン監督を解任

エルチェは7日、ホルヘ・アルミロン監督(51)を解任したことを発表した。 アルミロン監督は、10月4日に成績不振で解任されたフランシスコ・ロドリゲス監督の後任として、同12日に1年8カ月ぶりにエルチェ指揮官に復帰。初戦のバレンシア戦は2-2の引き分けに終えたが、リーグ戦5試合で2分け3敗と最下位に沈むチームの立て直しに失敗。直近の試合では昇格組のバジャドリーにも敗れており、首脳陣らが決断を下した格好だ。 なお、現時点で後任は決まっておらず、9日に行われるラ・リーガ第14節のジローナ戦は、技術委員のセルヒオ・マンテコン氏が暫定指揮官を務めるとのことだ。 2022.11.08 01:45 Tue
twitterfacebook
thumb

盤石の強さ見せた首位マドリー、アンチェロッティ監督は若手GK称賛「自分の役割を全うした」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、格下相手の完勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは19日に行われたラ・リーガ第10節で、最下位エルチェと対戦した。 前節バルセロナとのエル・クラシコを制して単独首位に浮上したチームは、この日も11分にMFフェデリコ・バルベルデのゴールで先制。後半は75分にこの日2度オフサイドでゴールを取り消されていたFWカリム・ベンゼマがようやくゴールを挙げると、終了間際にはMFマルコ・アセンシオにも得点が生まれ3-0で勝利した。 万全の強さを示して首位キープに成功した試合後、アンチェロッティ監督はチームへの満足感を露わに。ビッグマッチの後でも集中力を切らさなかったチームを称えた。 「今日は大きな試合だった。クラシコの後で、少しレベルが落ちる懸念もあった。ローテーションを言い訳にはしたくなかった。チームはとても集中していて、前線の機動力も健在だった。試合自体は70分までオープンな展開で、難しかったかもしれない」 「チームが良いプレーをしているからこそ、今シーズンの重要な段階になるだろう。選手たちはピッチの上で強さを示しており、問題はない。(ティボー・)クルトワは土曜日に復帰し、(ダニ・)セバージョスもすぐ戻ってくるだろう。この状況を最大限に生かす必要がある。多くの試合をこなすのだから、先発だけでなく複数の選択肢を用意しなければならない」 また、アンチェロッティ監督は負傷のクルトワに代わってゴールを守ってきたGKアンドリー・ルニンを称賛。経験以外のすべてを備えている選手だと、これからの成長にも期待を示した。 「彼は自分の役割を全うした。クルトワがここにいないときにステップアップできると示した。準備を怠らないトップGKだ。彼は毎試合良くなっていて、欠けている経験についても今こうして積んでいる。彼はとても若く、クオリティも高い。ただ経験が足りないだけだ」 2022.10.20 12:24 Thu
twitterfacebook
thumb

首位レアル・マドリー、再三のゴール取り消しも最下位エルチェに3発快勝《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは19日、ラ・リーガ第10節でエルチェとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 3日前に行われた前節バルセロナとのエル・クラシコを制して単独首位に浮上したレアル・マドリー(勝ち点25)は、バルセロナ戦のスタメンから2選手を変更。チュアメニとメンディに代えてロドリゴとリュディガーを起用した。 最下位エルチェ(勝ち点3)に対し、中盤アンカーにクロース、3トップにベンゼマ、ヴィニシウス、ロドリゴと並べたレアル・マドリーが6分に先制しかける。ボックス左に抜け出したヴィニシウスのクロスからベンゼマがネットを揺らしたが、ヴィニシウスのポジションがオフサイドでノーゴールに。 それでも11分に先制する。ヴィニシウスのクロスに合わせたベンゼマの放ったシュートはゴールライン前に戻ったDFにカットされるも、二次攻撃を仕掛けた流れからルーズボールを拾ったペナルティアーク中央のバルベルデが左足ミドルでゴールに叩き込んだ。 先制後も敵陣でボールを保持したレアル・マドリーは26分に追加点を挙げかける。ベンゼマとのワンツーからアラバがネットを揺らすも、ここもオフサイドに阻まれた。 29分にはニコ・フェルナンデスのミドルシュートでゴールを脅かされたがわずかに枠を外れて助かり、レアル・マドリーが1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半、立ち上がりにピンチのあったレアル・マドリーだったが、これを凌ぐと61分に追加点を挙げかける。しかし、ベンゼマがカルバハルのクロスからネットを揺らすも、この場面でもVARの末にオフサイドを取られノーゴールに。 それでも75分、ベンゼマが3度目の正直でゴールを挙げる。ロドリゴとのワンツーからボックス中央に侵入してシュートを決めきった。 勝負を決定付けたレアル・マドリーはヴィニシウスとクロースをお役御免とした中、89分に途中出場のアセンシオにもゴールが生まれて3-0で快勝。首位を堅守している。 2022.10.20 05:58 Thu
twitterfacebook
thumb

リーガ5連勝のバルサ、チャビが“チームの心臓”ペドリを絶賛「最上級のフットボーラー」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督はスペイン代表MFペドリのパフォーマンスを称えた。スペイン『マルカ』が伝えている。 17日に行われたラ・リーガ第6節でエルチェをホームに迎えたバルセロナ。14分に相手選手がレッドカードを受けて退場となり、序盤から数的優位になると、34分にポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのリーグ5試合連発となるゴールで先制する。勢いを完全に掴むと、41分にオランダ代表FWメンフィス・デパイが追加点を奪取。試合を折り返して48分にはレヴァンドフスキが再びゴールを決め、3-0で勝利した。 相手のシュートも1本に封じる完璧な内容でリーグ5連勝を達成するとともに、暫定首位に浮上したバルセロナ。チャビ監督は試合後、シーズン序盤戦で良い結果を残すことができていると喜んだ。 「重要な勝利だ。この試合へのアプローチは[5-4-1]という守備的なものだった。しかし、序盤は大きく劣勢になることもあった。結果的には予想以上にリラックスした試合になったがね」 「退場者が出たことで、全ての要素がよりポジションに影響を受けるようになった。後半は楽しめた」 「結果は非常にポジティブなものだ。バイエルン戦とラージョ戦は残念だったが、目覚ましいスタートといえるだろう」 また、この試合でも攻守にわたって大きな存在感を示し続け、先制点の起点にもなったペドリについても言及。攻撃の組み立てに欠かせないチームの司令塔を絶賛した。 「彼は試合というものを理解している。パスで違いを作り、ボールを失わない。最上級のフットボーラーだ。決断力があるし、バルセロナでプレーした中でも最高の選手の一人だ」 「彼の成功は約束されているが、我々は彼のことをケアしなければならない。我々はチームをうまく管理している。彼は誰とプレーしても、ほとんど違和感がない。彼は超一流のフットボーラーだ」 2022.09.18 17:03 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly