猛批判浴びるマグワイアは「癒しを求めるべき段階に来ている」 OBネビル氏はメンタル面を心配

2022.10.04 15:43 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるギャリー・ネビル氏が、イングランド代表DFハリー・マグワイアの状態を懸念した。

昨季から不安定なパフォーマンスが続き、ユナイテッドではベンチスタートの機会が増えつつあるマグワイア。代表でも9月に行われたUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦で、スタメン発表でマグワイアの名が呼ばれた途端にファンからブーイングが生じる事態に。その試合では失点に直結するミスを犯してさらに批判が苛烈化するなど、まさに悪循環に陥っている。

イギリス『スカイ・スポーツ』に出演したネビル氏も、マグワイアの状況を憂慮。このままでは代表で先発から外される可能性が高いとしつつ、チームに有力なセンターバックが少ない事情も指摘した。
「ハリーが負ったケガや現在のフォームはポイントになると思う。サウスゲイトは彼を守るためにも、彼をチームから外すことを真剣に考えるだろうね。彼はミスを犯しており、何もかもが思い通りになっていない」

「W杯を自分のフォーム探しにはできない。ウォームアップのための試合も準備期間もないのだ。ユナイテッドで11月にフルアムと試合をした1週間後には、W杯に向けた良い準備が期待される。しかし、彼はユナイテッドで数週間プレーせず、今後3、4週間もそうかもしれない。サウスゲイトは他のセンターバックを選ぶ必要性を考えるだろう」

「ハリーが良い状態にないのは確かだ。1週間前のイングランド代表での試合を見てもわかるように、彼はタフな状態に置かれているね。それでも、サウスゲイト監督は彼を信頼し、代表にいることを望んでいる。トレント・アレクサンダー=アーノルドがほかのサイドバックと競争するように、チームにもう3、4人トップクラスのセンターバックがいれば、彼がチームに入ることはなかっただろう。ただ、現時点ではそうではない」

また、ネビル氏は批判を浴び続けるマグワイアの精神状態を懸念。自身の経験を踏まえ、然るべき機関で診察を受けることを勧めた。

「3冠を達成した次のシーズン、私はある臨床心理士の前にいたんだ。ブラジルでのクラブ・ワールドカップ(CWC)、ヴァスコ・ダ・ガマ戦で2つのミスをしてしまい、大騒ぎになった。私はクラブで頂点に到達したが大きなプレッシャーがあり、その4、5カ月後にはショックを受けることになった」

「試合でボールが欲しくなくなり、チャンピオンズリーグ準々決勝のレアル・マドリー戦では試合中に隠れてしまうこともあった。代表でも酷い目に遭い、ユナイテッドのドクターから『誰かに診てもらう必要がある』と言われたのを覚えているよ」

「キャリアを終えるまでこのことは話さなかったが、6、7回の診察を受けて純粋に人と話し合い、対処法を探ったことも覚えている。フットボーラーにとって、広い視野は本当に大切だ。どんな選手にも悪い瞬間はあり、そこで求められるのが視野と対処法になる」

「私にその診察は効果があった。もちろん、すべての人に効果があるとは言えないが、ハリーもフットボールの関係者から離れて癒しを求めるべき段階に来ていると思う。チームメイトやコーチにこうしたことを話すのは、簡単ではないからね」



関連ニュース
thumb

W杯GS突破を目指すイングランド代表にルーニー提案「ケインはウェールズ戦で外すべき」

元イングランド代表のウェイン・ルーニー氏が、ウェールズ戦で主力を温存すべきとの見解を示している。 初戦でイラン代表に6-2の大勝を収めたイングランドだったが、25日に行われたアメリカ代表戦は再三の決定機を迎えながらも0-0のドローとなり、グループ突破は最終節のウェールズ代表戦に持ち越されることになった。 ただ、イングランド代表歴代トップの53ゴールを記録しているルーニー氏は、その重要な一戦でエースのハリー・ケインを先発から外すべきと主張。決勝トーナメントを見越して休ませておくべきだと、イギリス『タイムズ』のコラムで提案した。 「ウェールズ戦ではハリー・ケインを休ませるべきだ。アメリカ戦では、イラン戦で受けたケガが影響しているように見えた」 「イラン戦では後半のタックルで負傷してしまったが、私が思うに、ガレスはハーフタイムでの交代を検討すべきだった」 「イングランドは3-0でリードしており、すでに勝ったも同然だった。ハリーは最も重要な選手なのだ」 「だから彼を守り、フィットネスを保っておくために休ませる機会があるのなら、ガレスはそうすべきだと私は考えている。それが、私がハリーをウェールズ戦でベンチスタートにさせるべきという提案の根拠だ」 2022.11.27 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

W杯のおかげでマウントが家族と3年ぶりに再会! 3歳の姪っ子とはじめまして

イングランド代表のMFメイソン・マウントが、今回のカタール・ワールドカップを通じて家族と久々の再会を果たしていたようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 21日に行われた初戦のイラン戦で6-2のド派手な勝利を収めたイングランド代表。マウントも先発出場したその一戦を観戦していた一人が、姉のステイシーさんだった。 ステイシーさんは現在オーストラリアに住んでいるが、オーストラリアは新型コロナウイルス感染対策において世界で最も厳しい制限を設けており、メイソンもサッカー漬けの日々で忙しく、なかなか会うことができなかったそう。 だが、4年に一度の祭典を利用して、2人はカタールの地で3年ぶりに再会。ステイシーさんには3歳になる娘のポピーちゃんがおり、メイソンにとってはその姪っ子とも嬉しいはじめましてとなった。 ステイシーさんはインスタグラムで弟との再会を綴っており、輝かしい活躍を見せる姿に姉として誇り高いと喜びを表している。 「可愛い弟に3年半ぶりに会ってきたわ。ポピーも叔父さんと初めて会えて最高の日ね!」 「この数年間と努力と献身を見ていると、姉としてこの誇らしい気持ちを表現することはなかなかできないわ」 「ワールドカップで何年かぶりにあなたのプレーを見ることができるなんて、すごい幸運なことね!」 ステイシーさんはまた、「今ならガレージでボールを蹴っててもパパは怒らないでしょうね」と、世界的選手となった弟に子供の頃エピソードを醸しつつジョークも交えた。 <span class="paragraph-title">【写真】姪っ子を抱っこするメイソンおじさん</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClO7up3hHf1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClO7up3hHf1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClO7up3hHf1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Stacey Mount Muchmore(@staceymount_muchmore)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.27 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

イングランド代表、ケインの状態が気がかりに? 次戦ドロー以上で決勝T進出決定も

イングランド代表FWハリー・ケインはカタール・ワールドカップ(W杯)のグループB第3戦への出場が不透明のようだ。イギリス『サン』が伝えている。 初戦のイラン代表戦でゴールこそ挙げられなかったものの、2アシストの活躍で6-2の大勝に貢献したケイン。しかし、後半途中に右足首を痛めて途中交代しており、続く26日のアメリカ代表戦でフル出場も、チームを勝利に導く活躍は披露できず、0-0のドローに終わった。 第3戦のウェールズ代表戦は決勝トーナメント進出がかかる大事な一戦だが、初戦のケガを押して第2戦に臨んだエースの状態は気がかりに。試合後にスパイクを脱いだ際には、腫れ上がった右足首をテーピングでグルグル巻きにしてゆっくりと歩く様子が確認されている。 イングランド代表が入るグループBは全4チームが2試合を消化し、1位が勝ち点4のイングランド、2位が勝ち点3のイラン、3位が勝ち点2のアメリカ、4位が勝ち点1のウェールズという順位に。 イングランド代表は30日のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まる状況だが、大差で敗れれば敗退の可能性も。ガレス・サウスゲイト監督の判断にも注目が集まっている。 2022.11.26 16:11 Sat
twitterfacebook
thumb

大勝から一転のゴールレスにイングランド代表監督「今夜は最後で少しピリッとしなかった」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が振り返っている。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループB第1戦のイラン代表を6-2で大勝したイングランド。25日に行われた第2戦のアメリカ代表戦にその勢いを持ち込みたいところだったが、0-0のドローに終わった。 勝てば突破が決まったアメリカ戦に初戦と同じイレブンをぶつけたが、勝ち点1止まり。サウスゲイト監督は試合後、「あれだけ快勝した後にまたあのレベルに持っていくのは非常に難しいもの」と語った。 「選手たちは少し落ち込んでいるようだったが、私はそうでもない。2人のセンターバックはボールを持ったときが素晴らしかったが、今夜はファイナルサードのところで少しピリッとしなかった」 「苛立ちなどない。今夜は自分たちの違う一面を見せる必要があったが、チームのメンタリティに関しては満足だ。目標は常にグループ突破。過去2大会では2試合達成したが、常とはいかない」 そんなイングランド代表指揮官だが、この試合後には観客席の一部からブーイングが…。フィル・フォーデンというとっておきのカードを使わずの采配にも疑問符がつくが、結果論に過ぎないと話した。 「(今日の)攻撃陣は火種となるものを見いだせなかった。フィルがスーパーな選手であるのはわかっているが、ゴールを決められなければ、『どうして使わなかった?』と問いただされる」 2022.11.26 10:40 Sat
twitterfacebook
thumb

イングランドvsアメリカはゴールレス! 苦戦スリーライオンズは突破一番乗りならず《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループB第2節、イングランド代表vsアメリカ代表が25日に行われ、0-0のドローに終わった。 攻撃陣の爆発によってイラン代表との初戦を6-2の圧勝で飾った優勝候補のイングランド。この試合の勝利で決勝トーナメント進出一番乗りとなるスリーライオンズは、コンディションが懸念されたケイン、マグワイアが共にスタメンに名を連ねて初戦と全く同じメンバーを採用した。 一方、ウェールズ代表との初戦を1-1のドローで終えたアメリカは今節先に試合を行って勝利したイランとの最終節を控える中、グループ本命相手に勝ち点3奪取を狙った。初戦からはサージェントに代えてライトを起用した以外、同じメンバーを継続した。 立ち上がりから主導権争いが続く中、徐々にボールの主導権を握ったイングランドが優勢にゲームを進めていく。そして、10分には序盤から攻撃の起点としていたサカの右サイドからの折り返しをボックス中央のケインがダイレクトシュート。だが、これはDFジマーマンのブロックに遭い、枠の右へ外れる。 以降もボールを握るイングランドはケインのキープ力を生かしながら両ウイング、中盤の攻撃参加を促しながらゴールを目指すが、徐々に球際の勝負、切り替えの部分でアジャストしてきたアメリカに苦戦。なかなかフィニッシュまで持ち込むことができなくなる。 一方、守備でリズムを掴み始めたアメリカはカウンターを軸に押し返す。攻撃の回数自体は多くないものの、クロスやシュートで終える効率の良さが光る。 その中で26分には右サイドのウェアのクロスに反応したゴール前のマッケニーのダイレクトシュート、33分にはボックス左に侵入したプリシッチがクロスバーを叩く際どい左足のシュートと続けて決定機を創出した。 その後も一進一退の攻防が続く中、前半アディショナルタイムにはイングランドが盛り返し、ショーの見事な抜け出しからの折り返しにサカ、スターリングのワンタッチパスでフリーとなったマウントがエリア外からの鋭いミドルシュートでゴールに迫ったが、GKターナーのファインセーブなど、アメリカの好守に阻まれた。 互いに選手交代なしで臨んだ後半も拮抗した展開は変わらず。ただ、互いにビルドアップやプレスの部分で修正を施した中、アメリカのボールの循環がスムーズとなり、バーホルターのチームがより優勢に試合を進めていく。 再三深い位置まで侵攻を許してセットプレーを与えながらも最後の局面では身体を張って失点を凌ぐイングランド。ただ、後半はボール保持率を含めて攻撃がうまくいかない。これを受け、69分にはベリンガムとスターリングを下げてヘンダーソン、グリーリッシュを同時投入。選手交代で戦い方に変化を加える。 アメリカの運動量低下、時間を作れるグリーリッシュ投入の影響などもあり、ここから試合は膠着。中盤での攻防が続く。 その後、両ベンチが新たに交代カードを切って最後の勝負に出る。フレッシュな選手の投入で再びプレー強度が高まるが、互いにゴールが遠い。後半アディショナルタイムにはショーのFKをゴール前のケインが頭で合わすが、これは枠の左に外れた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、白熱の一戦はゴールレスドローに終わった。 この結果、今節での突破を逃すも首位をキープしたイングランドは最下位ウェールズと、2戦連続ドローのアメリカは2位のイランと29日に行われる最終節に臨むことになった。 イングランド代表 0-0 アメリカ代表 2022.11.26 06:01 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly