チェルシーがフランス代表FWエンクンクの獲得に迫る…85億円の契約解除条項を支払う準備も金額交渉中

2022.10.03 22:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーがRBライプツィヒのフランス代表FWクリストファー・エンクンク(24)の獲得に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

予てから獲得の噂が浮上していたエンクンクだが、ここに来て獲得が現実味を帯びてきている状況だ。

エンクンクは今夏の移籍市場でも多くのクラブが興味を示していたが、今年初めにライプツィヒと2年契約を結び、2026年まで契約を延長していたこともあり、移籍は実現しなかった。
そんな中、チェルシーは来夏の獲得を真剣に検討。他クラブが動き出す前に、契約解除条項の6000万ユーロ(約85億円)以上のオファーを出す準備を整えているという。

一部では、既にチェルシーのメディカルチェックを受けているとのこと。ただ、クラブ間の金額交渉が行われており、チェルシーは契約解除条項を支払う前に、値下げを求める考えがあるようだ。

パリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織で育ったエンクンクは、2019年7月にライプツィヒへ完全移籍。ここまで公式戦148試合で55ゴール48アシストを記録。今シーズンもブンデスリーガで8試合6ゴールを記録している。

関連ニュース
thumb

チェルシー新加入のムドリク、TikTokの投稿が非難の的に…有名ラッパーの歌詞を暗唱して炎上

今冬にチェルシーに加入したウクライナ代表FWミハイロ・ムドリクが、TikTokに投稿したある動画のため謝罪に追い込まれることになった。イギリス『サン』が伝えている。 今冬の移籍市場における最大の目玉だったムドリク。一時アーセナル行きが確実視されながらも、先にチェルシーがシャフタールとの交渉をまとめ、最大1億ユーロに達する移籍金でプレミアリーグに上陸した。 デビュー戦となったリバプールとの一戦では、途中出場ながら最多のドリブル成功数を記録し、幾度かゴールに迫る場面も。早くもチェルシーファンの心を掴みつつある22歳だが、若気の至りを見せてしまったようだ。 『サン』によれば、友人と映ったTikTokの動画で、ムドリクは黒人を揶揄するNワードを使用した模様。21万回を超える再生回数を記録しており、多くの非難が向けられることになった。 本人はアメリカ人ラッバーのリル・ベイビーのヒット曲『フリースタイル』の歌詞を暗唱しただけだと主張したが、その後猛省し謝罪に至ることになった。 ムドリクの代理人が『サン』の取材で、本人は深く反省していることを伝えている。 「ミハイロは昨年7月にTikTokに投稿された動画で不快な思いをさせてしまったことを深く反省しています」 「彼は曲の歌詞を口ずさんだに過ぎなかったが、自分の行動を公開し、適切ではなかったと心から非難を受け入れています」 2023.01.31 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンフィカがエンソ・フェルナンデス流出に備えて南米からリストアップ

アルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスの流出危機にあるベンフィカが、最悪の事態に備えて南米からリストアップしているようだ。 チェルシーからフェルナンデスに対する猛烈なアプローチを受けているベンフィカ。契約解除金の1億2000万ユーロの満額支払いを求める姿勢を崩さず、一度はチェルシーを跳ね除けたに思われた。 しかし、移籍市場のタイムリミットに向けてチェルシーが一気に勝負を仕掛けてきた。今度は解除金を満額用意。ただし、6回の分割払いを条件としているようで、一括での支払いを要求するベンフィカはなおも首を縦に振らずにいる。 だが、当の本人はというとチェルシー行きを希望している模様。ここに来て流出の可能性が高まる中で、万が一に備えてボカ・ジュニアーズに所属するアルゼンチン人MFアラン・バレラ(21)に注目していると『ESPN』が報じている。 同選手は2020年12月にボカの下部組織からトップチームデビュー。徐々に出場機会を増やし、2022年シーズンには公式戦42試合に出場。スーペルリーガ優勝とコパ・デ・ラ・リーガ・プロフェッショナル優勝に貢献した。 守備能力はもちろんのこと、正確なキックと判断力で一気に局面を打開できる高い攻撃性能も持つ。 ボカとは2026年末まで契約を結んでいるが、『ESPN』によれば移籍金は1000万ユーロ程度とのこと。同メディアは他にサッスオーロのダビデ・フラッテージとフェイエノールトのオルクン・コクチュもイーグルスのレーダーに入っていると主張するが、推定移籍金がそれぞれ2200万ユーロと2700万ユーロと安価ではないとも指摘している。 なお、ボカはアカデミーへの投資でバルセロナと提携協定を結んでおり、バルセロナはその見返りとしてボカのユース選手を優先的に獲得できる権利を持っているようだ。 2023.01.31 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、昨夏インテルから加入の20歳カサデイがレディングへレンタル

チェルシーは30日、U-19イタリア代表MFチェーザレ・カサデイ(20)が、レディングにレンタル移籍したことを発表した。 昨年8月にインテルから加入したカサデイ。同クラブでのトップチームデビューも間近に迫り、他のビッグクラブからも注目されていた若手MFは、1500万ユーロ+アドオン500万ユーロという移籍金でチェルシーに完全移籍した。 加入後はU-21に参加し、プレミアリーグ2で9試合4ゴール1アシストを記録。また、パパ・ジョンズ・トロフィー(EFLトロフィー)のピーターバラ戦では、敵陣中央から圧巻のロングシュートを沈め、相手サポーターからも称賛されるパフォーマンスを披露。このゴールはクラブの11月度の最優秀ゴールにノミネートされた。 将来的なトップチームでの活躍も楽しみな20歳だが、今季残りのシーズンはチャンピオンシップのレディングで武者修行に励むことに。ババ・ラーマンもレンタル加入しているロイヤルズは、現在リーグでは降格圏まで5ポイント差の16位と苦戦している。 2023.01.31 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ツィエクがPSG移籍に迫る! 出場減見込まれるチェルシーからレンタル移籍へ

チェルシーに所属するモロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)のパリ・サンジェルマン移籍が迫っているようだ。 1月31日の締め切りが迫り、移籍が活発になる今冬の市場。間違いなくその主役を担ったのはここまで7選手もの新戦力を獲得しているチェルシーだが、一方で放出の噂もちらほらと出てきている。 その一人がツィエクだ。2020年夏にアヤックスから4000万ユーロの移籍金で加入するも、プレミアリーグの強度とスピードになかなか順応できず、準主力という立ち位置から脱却できずにいる。 常に移籍の噂がつきまとっていたが、今冬ではついにロンドンから旅立つことになるようだ。行き先はパリ。すでに現地に到着しているとの情報もあり、移籍完了はまもなくと見られている。 チェルシーとツィエクは2025年まで契約を結んでいるが、今回の移籍はレンタルになるとのこと。チェルシーは今冬に多くのウインガーを獲得しており、ここまでリーグ戦10試合出場のツィエクの出番はさらに限られる見込みだった。 2023.01.31 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがチェルシーMFジョルジーニョ獲得へ? その他の移籍も絡む事案に

アーセナルがチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)の獲得に関心を寄せているようだ。『The Athletic』が伝えた。 ジョルジーニョは、ブラジルにルーツを持つイタリア人。エラス・ヴェローナでキャリアをスタートさせると、ナポリで飛躍を遂げる。 マウリツィオ・サッリ監督の下で大きく羽ばたき、イタリア代表にも選出されるようになると、2018年7月にサッリ監督と共にチェルシーへと完全移籍していた。 アンカーとして長短のパスを使い分けてゲームメイクができる中盤の選手で、ポジショニング能力と戦術眼に長けており、PKキッカーとしても活躍している。 チェルシーでは公式戦213試合に出場し29ゴール9アシストを記録。プレミアリーグでも143試合で21ゴール5アシストの成績を残しており、経験は十分だ。 また、イタリア代表としてもユーロ2020で優勝を果たしており、能力は証明済み。ガーナ代表MFトーマス・パルティが負傷し離脱期間は不明だが、プレミアリーグ優勝に向けて今冬の移籍市場ではボランチの補強を目指しているアーセナルにとっては、大きな補強となりそうだ。 ただ、最優先はブライトン&ホーヴ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセド(22)と思われるが、ジョルジーニョに関しても獲得に動いているという。 チェルシーとジョルジーニョの契約は今シーズン終了後に満了を迎え、チェルシーとしては今冬に放出しなければフリーで移籍させることに。ただ、ベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)の獲得に向けて最後に粘りを見せており、獲得に成功した場合はジョルジーニョを手放すことが濃厚と見られている。 時間がない中でどのような結末を迎えるか。様々な移籍が絡んだ取引となりそうだ。 2023.01.31 11:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly