上位の鹿児島と藤枝が揃って白星【明治安田J3第27節】

2022.10.01 21:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
1日、明治安田生命J3リーグ第27節の2試合が行われた。

J2昇格、ひいては逆転優勝を目指す3位の藤枝は、ホームに最下位のYS横浜を迎えた。YS横浜は前節に藤枝のライバルである松本を下している油断できない相手だが、今回は藤枝が力の差を見せつける一戦となった。

まずは16分、相手の最終ライン間の横パスを渡邊がカットし、そのままあっさり先制ゴールを決める。その後も押し気味に試合を進めたが、36分に落とし穴。神田にボックス手前からミドルシュートを決められ、同点とされる。
それでも後半は一方的な展開に。立ち上がりに渡邊がGKに倒されて得たPkを横山が決めて再び勝ち越すと、その後も渡邊や杉田がゴールに迫る。そして66分には、久保のアシストから横山がこの日2点目。

これで2点差とした藤枝は、その6分後に柄本がボックス左角から見事なコントロールショットを右上に突き刺し勝負あり。暫定で首位いわきとの差を2ポイントに縮めている。

一方、藤枝と同じ目標を持つ2位の鹿児島は、7位の長野をホームで迎え撃った。前節は鳥取相手にクラブワーストタイ記録となる6失点大敗を喫したが、今節は見事に快勝を収めることに。

序盤から攻勢に出ながらも相手GKの好プレーもあり、なかなかネットを揺らせない鹿児島。それでも迎えた44分、右サイドの木出の正確なクロスを米澤がダイビングヘッドで合わせて先制して試合を折り返した。

後半も鹿児島のペースでスタートしたが、長野が相手の猛攻をしのいでカウンターに出ると、味方のロングボールをボックス右で収めた藤森がカットインからゴールを射止めて同点に。ここからはアウェイチームがポゼッションで盛り返していく。

互いに選手交代を図る中、勝ち越し点を決めたのは鹿児島だった。75分のFKのシーン、木村が左サイドからインスイングのクロスを送ると、ファーに流れたボールを小野寺が押し込んだ。さらにその8分後、同じく左サイドのFKで木村が今度はニアへのクロスを選択。これを米澤が頭で合わせてリードを2点に広げた。

後半アディショナルタイムには薩川がダメ押しのゴールを決めた鹿児島が4-1で勝利。しっかりと2位をキープしている。

◆明治安田生命J3リーグ第27節
▽10/1(土)
藤枝4-1YS横浜
鹿児島4-1長野

▽10/2(日)
八戸vs愛媛
いわきvs讃岐
沼津vs松本
今治vs鳥取
富山vs相模原
岐阜vs福島
北九州vs宮崎



関連ニュース
thumb

鳥取、大卒6年目の石井光輝と契約更新 「強い覚悟と責任感を持って戦っていきます」

ガイナーレ鳥取は30日、DF石井光輝(27)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 常葉学園橘高校出身の石井は2017年に関西大学から鳥取に入団。6年目の今季は明治安田生命J3リーグ18試合に出場して2ゴールだった。クラブを通じて決意を新たにしている。 「来シーズンも鳥取でプレーできる事を大変嬉しく思います! 自分自身が大事にしている謙虚さひたむきさをもう一度しっかりと体現できるように全力で取り組んで行きます。選手第1号の更新の意味、鳥取への強い思いを胸に目標に向かって強い覚悟と責任感を持って戦っていきます。よろしくお願いします」 2022.11.30 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖がイスマエル・ドゥンガと契約満了 レンタル先の讃岐からも退団

サガン鳥栖は30日、FWイスマエル・ドゥンガ(29)の契約満了を発表した。 かつて母国ケニアや、ギリシャ、ザンビア、アルバニアでプレーしたドゥンガは2021年の鳥栖入りで初来日。今年からカマタマーレ讃岐に期限付き移籍したが、明治安田生命J3リーグ4試合の出場で無得点だった。 2021年11月にケニア代表から声がかかった経歴の持ち主だが、レンタル加入先の讃岐からも退団が発表されたドゥンガ。両クラブを通じて、それぞれ別れの挨拶をしている。 ◆サガン鳥栖 「愛するサガン鳥栖ファミリーの皆様、この度、鳥栖を離れることになりました。鳥栖では1年のみのプレーとなりましたが、まずは日本でプレーできる機会を与えてくださったすべての関係者、私を受け入れてくれたチームメイトやスタッフの皆さんに感謝申し上げます」 「私自身日本に来て最初のクラブがサガン鳥栖でとても良かったと思います。試合に出た際にはいつも力強いパワーをサポーターから感じていました。今でもその光景が忘れられません。また皆さんにお会いできるようにこれからも頑張りたいと思いますので、どうぞ今後もドゥンガをよろしくお願いします。DOMO ARIGATOGOZAIMASHITA.」 ◆カマタマーレ讃岐 「ファン、サポーター、関係者の皆様、このたびチームを離れることとなりとても残念です。日本に来た2年間は私にとっていい時も悪い時もありましたが、全ていい経験でした」 「試合に出れずチームも勝てない苦しい中、それでもスタジアムで声をかけてくれるファンの皆さん、私のフラッグを作ってくれて声出し応援の時に私の名前を呼んでくれたファンの皆さんのことは一生忘れません。今後のことはまだわかりませんがまた皆さんにお会いできる日を楽しみにしております! DOMO ARIGATOGOZAIMASHITA.」 2022.11.30 14:40 Wed
twitterfacebook
thumb

今治がMF村井清太と契約満了、ここ2年はJFLや関西1部に期限付き移籍「色々な人を見返したい」

FC今治は30日、MF村井清太(22)の契約満了を発表した。 村井は神奈川県出身で、東京ヴェルディユースから2019年に今治に加入。2021シーズンはJFLの奈良クラブへと期限付き移籍していた。 2022シーズンは関西サッカーリーグ1部のおこしやす京都へと期限付き移籍。リーグ戦14試合で7得点を記録していたが、京都も退団となっていた。 今治ではJ3で2試合、JFLで2試合に出場していた。 村井はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン限りでFC今治を退団することになりました。実際クラブにいたのは2年ちょっとでしたが、僕をこのクラブに誘ってくれた高司さん、岡田さんに本当に感謝しています。このクラブでプロキャリアをスタートできて本当に良かったと思っています」 「この4年間辛いことや苦しいこともたくさんありましたが、一緒に戦ってきたチームメイト、そして暖かいファン、サポーター、バックスタッフ、VOYAGEの方々に何度も救われました」 「また絶対に這い上がって、色々な人を見返したいです。そして自分に関わってくれた全ての人に恩返しがしたいです。これからも応援よろしくお願いします!4年間本当にありがとうございました!」 2022.11.30 10:55 Wed
twitterfacebook
thumb

岐阜、沼津MF北龍磨の獲得を発表! 「強い覚悟を持ってチームのために全力を」

FC岐阜は30日、アスルクラロ沼津からMF北龍磨(24)の完全移籍加入を発表した。 北は昨シーズンに関東学院大学から沼津に加入。初年度から出番を得ると、明治安田生命J3リーグで19試合に出場して1ゴールを記録した。 今シーズンはチームの主力としてリーグ戦28試合に出場。2ゴール2アシストの成績を残したほか、終盤にはストライカーのポジションで起用されるなど、下位に低迷するチームを支えた。 同じJ3のクラブに移籍する決断を下した北は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC岐阜 「アスルクラロ沼津から加入することになりました北龍磨です。FC岐阜という歴史ある素晴らしいクラブの一員になれることを大変嬉しく思います。勝利に貢献できるよう、強い覚悟を持ってチームのために全力を尽くしたいと思います。FC岐阜に関わる全ての方々と共に喜び合える日を楽しみにしています。応援よろしくお願いします!」 ◆アスルクラロ沼津 「この度、FC岐阜に移籍することになりました。ファン・サポーターの方々、そして沼津市、静岡県東部全体が温かく、すごく充実した2年間を過ごせました。辛い時も苦しい時も変わらず応援してくださったファン・サポーターの方々には感謝しています」 「そして何より苦楽を共にしたチームメイト、素晴らしい同期、そして支えてくださったスタッフの方々にも感謝の気持ちで一杯です。アスルクラロ沼津で皆さんと共に闘えて良かったです。2年間本当にありがとうございました!」 2022.11.30 10:36 Wed
twitterfacebook
thumb

秋田が北九州CB河野貴志を獲得 「日々挑戦して秋田と共に成長していけたら」

ブラウブリッツ秋田は29日、ギラヴァンツ北九州からDF河野貴志(26)の加入を発表した。 関西大学出身の河野は2019年に北九州でプロの世界に飛び込んだセンターバックで、J2リーグ通算22試合出場、J3リーグ48試合2得点、天皇杯1試合出場の数字を記録。今季はJ3リーグ30試合でプレーしたほか、天皇杯の1試合にも出場した。 北九州からは完全移籍が発表され、秋田の選手として2年ぶりにJ2リーグで勝負する河野。秋田を通じて、意気込みを語った。 「初めまして! ギラヴァンツ北九州から来ました河野貴志です。ブラウブリッツ秋田のチームの一員になれる事、心から嬉しく思います! 自分の特徴を最大限に活かしてくれるチームである事は間違いないですし、秋田の勝利の為に日々精進して参ります! 寒い地での生活も初めてで慣れない事が沢山待ち構えていると思いますが、日々挑戦して秋田と共に成長していけたらなと思います! 宜しくお願い致します!」 一方、北九州を通じては「この度挑戦を決意し、ギラヴァンツ北九州を去る事を決めました」と報告。感謝の言葉を綴った。 「北九州ではJ3優勝と昇格、J2での快進撃、降格と浮き沈みが激しい4年間でしたが本当に沢山の事を経験させて頂きました。自分をプロへ導いてくれたクラブには本当に感謝しかありません」 「お別れは本当に寂しいですが、身体的にも精神的にもまだまだ一回りも二回りも大きくなれるようチャレンジしてきます! 僕に関わって下さった沢山の皆様には本当に心から感謝申し上げます!」 「また必ずどこかで会えますし活躍した姿をお見せできるように自分らしくブレずに行ってきます! ありがとうギラヴァンツ北九州!」 2022.11.29 17:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly