逆転に次ぐ逆転劇…札幌がラストプレー弾で川崎との102分の激闘制す! 興梠と小林が快記録達成 【明治安田J1第31節】

2022.10.01 18:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第31節、北海道コンサドーレ札幌vs川崎フロンターレが1日に札幌厚別公園競技場で行われ、4-3で札幌が勝利した。

残留が目標の札幌と、逆転優勝を目指す川崎の一戦。直近の札幌は好調で、9月は横浜FM相手の引き分けを含めて2勝1分け無敗だった。一方の川崎は、9月は延期されていた名古屋戦を含めて1勝2分け1敗といまいちな戦績に。今節は3試合ぶりの白星を狙う。

序盤から主導権の激しい奪い合いが展開された中、先にチャンスを迎えたのはアウェイの川崎。11分、速攻でマルシーニョが右サイドから侵攻し、その折り返しを家長がシュート。左足アウトサイドで合わせた巧みなシュートだったが、惜しくもクロスバーに嫌われた。
札幌も負けじと攻撃に出る中、25分に荒野が負傷し、興梠を緊急投入する事態に。そんな札幌を尻目に川崎は30分、ボックス手前でボールをキープしていた登里からヒールパスが橘田に繋がると、ゴール前にへ飛び込むその橘田が岡村に倒されPKを獲得。これを家長が決めて先制に成功した。

しかし、川崎相手に勇敢に攻める札幌は33分に同点に追いつく。自陣右サイドで金子がパスカットし中央のルーカス・フェルナンデスへ供給。さらにボックス左の興梠へ展開し、そこからゴール前に走り込むルーカス・フェルナンデスへ折り返し。相手に当たって上手く繋がらなかったものの、こぼれ球をルーカス・フェルナンデスが蹴り込んでネットを揺らした。

札幌はさらに畳みかけていく。まずは38分、速攻の流れからガブリエル・シャビエルが放ったミドルシュートがネットを揺らすが、シュートコースにいた青木がオフサイドと判断され、ゴールは認められず。それでも41分、味方のパスに反応したルーカス・フェルナンデスが遅れてチャージに入った佐々木に倒されPKを獲得。これを興梠が決めて逆転した。

なお、興梠はこれでJリーグ通算162点目。佐藤寿人氏を抜いて191得点の大久保嘉人氏に次ぐ単独2位に浮上した。

珍しく逆転を許してしまった川崎。45分に脇坂のシュートが左ポストに阻まれるなど、運にも見放されてしまう。後半からは佐々木を下げて代表帰りの山根を投入し、まずは同点を目指す。

57分にはシミッチとジェジエウを下げて小林と谷口を送り込む。小林は2017年以降、札幌戦は10試合連続得点を挙げ、合計12得点を記録している。

するとその3分後、小林が早速ゴールに絡む。60分、脇坂の浮き球のパスを小林がヘディングシュート。これはGK菅野に止められるが、こぼれ球を巡って混戦となったところで知念が押し込んでゴールイン。ネットは揺れなかったものの、リプレイで確認した結果、ラインを割っていたとしてゴールが認められた。

これで勢いを取り戻したアウェイチームは、69分に小林にもゴールが生まれる。カウンターからその小林がボールを持ち運び、左のマルシーニョに展開。ボックス手前で再び受け直し、右足一閃。これがDFの間を抜けてゴール左下に決まった。

小林はこれで札幌戦11試合連続ゴール。興梠に続いてまた一つ快記録が生まれたが、試合はここから混沌さを増していく。

83分、札幌は左サイドで青木がドリブルで仕掛け、右サイドへ展開。ルーカス・フェルナンデスがライン際から右足でクロスを上げると、シャビエルが頭で合わせて三度同点に。

さらにその直後、川崎のキックオフで始まるやいなや、ボールを奪った札幌が敵陣中央のキム・ゴンヒを経由してシャビエルに供給。ゴール前に飛び出そうとしたところ、背後から橘田のファウルを受けて転倒。橘田は決定機阻止で一発退場が言い渡された。

ここでFKかPKかの判断で時間がかかった上、シャビエルと交錯したGKチョン・ソンリョンの治療のため試合が止まっていたため、後半のアディショナルタイムは12分に設定された。

白熱の試合がこのまま終わるはずがなく、同点で波に乗る札幌は98分に最後尾からのロングパスに反応したキム・ゴンヒが、競り合う山根のトラップミスを奪ってシャビエルのゴールをアシスト。これで逆転かに思われたが、味方のパスの時点でキム・ゴンヒがオフサイドポジションにいたため、ノーゴールに。

それでもドラマは最後に待っていた。102分、札幌は田中駿汰が自陣右サイドから一気に前線へロングボールを送り、受けたキム・ゴンヒがドリブルを開始。ボックス手前左でゴール前に走る小柏にパスを出すと、小柏は相手を背負った状態で前を向いて左足一閃。これがゴール右下に決まり、土壇場で勝ち越しゴールを挙げた。

両チームによる逆転に次ぐ逆転劇はホームの札幌に軍配。一方、逆転優勝を目指す川崎にとっては痛恨の敗戦となった。

北海道コンサドーレ札幌 4-3 川崎フロンターレ
【札幌】
ルーカス・フェルナンデス(前33)
興梠慎三(前41)
ガブリエル・シャビエル(後38)
小柏剛(後45+12)
【川崎F】
家長昭博(前30)
知念慶(後15)
小林悠(後24)

関連ニュース
thumb

元豪州代表スピラノビッチが34歳で現役引退…かつて浦和所属のセンターバック

Aリーグ・メンのメルボルン・ビクトリーでプレーする元オーストラリア代表DFマシュー・スピラノビッチ(34)が現役を引退した。 代表として2014年のワールドカップ(W杯)に出場するなど、通算36キャップのスピラノビッチはメルボルン・ビクトリーでのプロ入りから、ドイツ、日本、カタール、中国でもプレー。日本では2010年から2012年途中まで浦和レッズに所属して、通算48試合で1得点5アシストの数字をマークした。 その浦和を退団してからはカタール、オーストラリア、中国ときて、2018年夏からパース・グローリーで改めて母国復帰。2021年夏から古巣のメルボルン・ビクトリーに戻り、今季はここまでAリーグ・メン4試合の出場にどどまっていた。 17年間のプロキャリアに終止符を打つセンターバックはメルボルン・ビクトリーの公式サイトで「この場を借りて、プロ選手としての引退を発表させてもらう」と表明。そして、感謝の言葉を送っている。 「この4カ月は足のケガに悩まされ続け、ついに現役を退くときが来た。今季を戦い抜いて、メルボルン・ビクトリーの上位進出を手助けしたかっただけに、複雑な心境だ。チームメイト、コーチングスタッフ、トニー・ポポヴィッチ、そしてクラブ全体に感謝したい。キャリアを通じて、僕は恵まれ、誇りを感じる。過去にいたクラブ、チームメイト、コーチ、ファンにも楽しい思い出と特別な時間をありがとうと言う」 また、現役時代のいち時期をサンフレッチェ広島で過ごしたトニー・ポポヴィッチ監督は「マティは私が何年も指導し、一緒に仕事をしてきた選手。非常に才能のある守備者で、ピッチ内外ですべてが完璧なプロだ」などと労った。 2023.02.03 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

連覇経験の北澤豪氏が「FUJIFILM SUPER CUP 2023」のアンバサダー就任、見所は「マリノスは勝たなければいけない状況、甲府がどう試合に入るか」

Jリーグは3日、「FUJIFILM SUPER CUP 2023」の開催概要を発表した。 新シーズンの幕開けを告げる大会。2022シーズンの明治安田生命J1リーグ王者の横浜F・マリノスと天皇杯王者のヴァンフォーレ甲府が対戦する。 3年ぶり6度目の出場となる横浜FMと初出場となる甲府の一戦。甲府はJ2勢として2チーム目の出場となる。 今大会は30回目のスーパーカップとなり、2月11日(土・祝)の13時35分から国立競技場で開催。2014年以来9大会ぶりに国立競技場で開催される。なお、日本テレビ系で全国生中継。優勝チームには3000万円、準優勝チームには2000万円の賞金が贈られる。 3日には記者会見が行われ、大会アンバサダーにはヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)のOBで3大会出場し2度優勝を果たしている元日本代表MFの北澤豪氏が就任した。 北澤氏は大会の見所に関して「カテゴリ違いでマリノスは勝たなければいけない状況。試合を面白くするのはヴァンフォーレがどうやって試合に入るか」とコメント。甲府については「キャンプではカテゴリの差を感じないぐらい個々のクオリティがありました。練習を見ていてもイージーなミスがない選手が多い。また、ピーター・ウタカを獲って、ゴール前で時間が作れるということもある。監督が代わってシステムが変わる中で、どう落とし込んでいくのかが注目」と分析した。 また、横浜FMに関しては「マリノスは強度が高いです。インテンシティが維持されているのでトレンドになるサッカーをしてくれるのは、世界を見させてくれて楽しみです」と、J1王者としての戦いぶりにも注目した。 また、今大会ではシャレン!(Jリーグ社会連携)活動であるサステナブルアクションを実施。各家庭で使いきれない未使用食品を持ち寄り、まとめて地域の福祉施設や団体へ寄贈するフードドライブ、小型家電回収、衣類回収などを実施。その他にも、障害者就労体験プロジェクト、センサリールームの設置などが実施される。 2023.02.03 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

柏が元U-21オランダ代表FWフロートを完全移籍で獲得、今季はデンマーク1部で9ゴール3アシスト…背番号は「17」

柏レイソルは2日、デンマークのヴィボーFFに所属するオランダ人FWジェイ・ロイ・ジョーネル・フロート(24)が完全移籍で加入することを発表した。 背番号は「17」。登録名はフロートとなり、手続きが完了次第出場登録されるという。 フロートは、NECナイメーヘンのアカデミー出身。2015年7月にファーストチームに昇格すると、2017年8月にはリーズ・ユナイテッドへと完全移籍する。 その後、レンタル移籍でVVVフェンロ、フィテッセに加入。2021年2月にドイツのオスナブリュックへと完全移籍。同年7月にヴィボーへと完全移籍で加入した。 今シーズンのスーペルリーガ(デンマーク1部)では17試合に出場し9ゴール3アシストを記録。4試合連続ゴールで中断期間に入っており、好調を維持している。 また、これまでエールディビジで85試合13ゴール4アシスト、スーペルリーガで33試合11ゴール3ゴールを記録しているストライカーだ。 なお、U-17からU-21まではオランダ代表としてもプレーしている。 フロートはクラブを通じてコメントしている。 「この日本に来ることができて嬉しく思っていますし、新しいチャレンジに向けて興奮しています。私のストロングポイントはスピードと体の使い方です」 「常にベストを尽くし、多くのチャンスに絡んで、得点を重ねていきたいです。ニックネームの『ジェイ』と呼んでください。これから応援よろしくお願いします」 2023.02.02 18:14 Thu
twitterfacebook
thumb

連覇目指す横浜FMのキャプテンは今季も喜田拓也! エドゥアルド、小池龍太、水沼宏太が副キャプテン

横浜F・マリノスは2日、2023シーズンのキャプテンを発表した。 2022シーズンは明治安田生命J1リーグで優勝を果たした横浜FM。今シーズンは連覇を目指すシーズンとなる。 その大事なシーズンのキャプテンは、引き続きMF喜田拓也が務めることに決定した。 また、副キャプテンには3選手が就任。DFエドゥアルド、DF小池龍太、MF水沼宏太が務めることとなる。 まずはFUJIFILM SUPER CUP 2023のヴァンフォーレ甲府戦を控える横浜FM。4選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆キャプテン 喜田拓也 「何度任命されてもこのクラブでキャプテンを務める責任、重み、光栄さ、色々なものを感じます。そして横浜F・マリノスに関わるすべての人のために自分のすべてを懸けたい。そう思える仲間がいることに感謝をして、覚悟を持って務めます。行こうぜ、トリコロールの勇者たち!!」 ◆副キャプテン エドゥアルド 「信頼を得て、副キャプテンに選ばれたことをうれしく思います。横浜F・マリノスがトップにいつ続けるために全力を尽くしていきます。そのために、チームの目標を達成するために常にチームでハードワークをして龍太と宏太とともに喜田キャプテンをサポートし、チーム全体を盛り上げます。Keep fighting Marinos family!」 小池龍太 「今シーズン副キャプテンに就任しました。常に戦う姿勢でキャプテンを支え、どんな時もマリノスフットボール、その楽しさを体現できるよう、全力で努めていきます。今年もマリノスファミリー全員で戦いましょう!応援よろしくお願いします!」 水沼宏太 「今シーズンも昨シーズンに引き続き、副キャプテンを務めさせていただくことになりました!キャプテンを支え、昨シーズンの自分達を超えられるよう、全力を尽くします」 「今シーズンは連覇への挑戦です!マリノスファミリーみんなの気持ちを一つに、チャレンジャーとしてともに戦いましょう!よろしくお願いします!」 2023.02.02 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

柏への移籍が噂されるオランダ人FW、クラブ幹部が言及「長期契約を望んでいたがそうはならなかった」…退団に備えFW2人を補強

柏レイソルが獲得に近づいているとされる元U-21オランダ代表FWジェイ=ロイ・フロート(24)について、クラブ幹部が状況を語った。 フロートは、NECナイメーヘンのアカデミー出身。2015年7月にファーストチームに昇格すると、2017年8月にはリーズ・ユナイテッドへと完全移籍する。 その後、レンタル移籍でVVVフェンロ、フィテッセに加入。2021年2月にドイツのオスナブリュックへと完全移籍。同年7月にビボーへと完全移籍で加入した。 今シーズンのスーペルリーガ(デンマーク1部)では17試合に出場し9ゴール3アシストを記録。4試合連続ゴールで中断期間に入っており、好調を維持していた。 また、これまでエールディビジで85試合13ゴール4アシスト、スーペルリーガで33試合11ゴール3ゴールを記録しているストライカーだ。 今冬の柏への移籍が取り沙汰されるフロートに関して、ディレクターを務めるモルテン・イェンセン氏がデンマーク『Tipsbladet』でコメントした。 「彼には幾つかのオプションがある。それについては明確だ。もちろん、すぐに説明が必要であり、明確になるだろう」 「基本的には長期契約を望んでいた。残念ながら、我々はそうはならなかった。本当に彼と一緒に続けていきたいと思っていたが、選手の仕事には様々なプローチもあり、ここの選手のために計画を立てて育てているクラブだと理解している」 「彼らはここで我々と共に成長するという考えであり、彼はそれを行い、幾つかのチャンスを切り拓いた」 「彼に関してはとても嬉しく思っている。従って、より大きな文脈で取り上げなければいけない評価がいくつかある」 フロートの移籍に備え、ビボーは移籍期限の1月31日にポルトガル人FWパウリーニョ、ブラジル人FWヘナト・ジュニオールを獲得。フロートの退団は迫っているようだ。 2023.02.02 10:53 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly