「この女神は誰だ」「完璧だ」ブラジル代表主将、チアゴ・シウバの妻が披露したユニフォームコーデが絶賛「ロンドンの女王だ」

2022.09.29 12:57 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバの妻であるイザベル・シウバさんのユニフォーム姿が大きな反響を得ている。先日38歳になったばかりのチアゴ・シウバ。チェルシーの守備の要として今シーズンもチームを支えている。

一方で、ブラジル代表としてもプレー。今回のインターナショナル・マッチウィークでも行われたガーナ代表戦、チュニジア代表戦の2試合でもしっかりとプレーした。
2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)は出番こそなかったが、今回のカタールW杯が自身4度目の出場となることは間違いない状況。妻のイザベルさんも夫を支えている。

スタジアムにも足を運び応援するイザベルさん。今回はユニフォームコーデを披露。これにファンが大きく反応した。

ブラジル代表の最新のユニフォームを見に纏い、胸にはもちろん夫の背番号「3」がついているわけだが、下は白いパンツを合わせ、インナーはユニフォームに合わせて黄色のものを着用している。

インスタグラムでその様子を投稿すると「この女神は誰だ」、「ロンドンの女王だ」、「美しい」、「なんて素晴らしいんだ」、「内面から素晴らしさが出ている」、「完璧だ」とコメント。笑顔のユニフォームコーデに称賛の声が集まった。


1 2

関連ニュース
thumb

ブラジル代表、重鎮D・アウベスが危機感強める「この先のステージでは…」

ブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、カタール・ワールドカップ(W杯)グループG最終節のカメルーン代表戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ブラジル代表は2日にカメルーン代表と対戦。すでに決勝トーナメント進出が決定済みとあってか、スタメンを9選手入れ替えるなど、フレッシュな選手らでグループステージ3連勝を狙ったが、最後までネットを揺らせなかった一方、後半アディショナルタイムの失点に沈み、0-1での敗戦となった。 グループ首位の座こそ維持するも、シュート21本を浴びせるなど、90分間を通して優位に試合を進めたなかでの敗戦に。自身もフル出場した39歳のD・アウベスは試合後のインタビューでチームへの警鐘と捉え、グループステージだったことが不幸中の幸いと口にした。 「これは僕たち自身への警鐘。弱いライバルなどいないという明確な警告、メッセージだ。この先のステージではミスを犯すのが許されない」 「これを教訓にし、より機能するチームにならなくてはならない。だから、このタイミングで敗北を喫したのは良かったとも言えるかもしれない。大会は少しずつ、少しずつ、激しさを増して行く。とにかく、これを教訓として受け止めるよ」 ブラジル代表は4日に行われる決勝トーナメント1回戦で、グループHを2位で通過した韓国代表と対戦する。 2022.12.03 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマールの韓国戦出場、ブラジル代表ドクターは確約せず

いよいよカタール・ワールドカップ(W杯)のノックアウトステージに向かうブラジル代表だが、エースのFWネイマールは出場不透明なようだ。ブラジル『Globo』が報じた。 ネイマールはセルビア代表とのグループG初戦で右足首を痛め、その後の2試合を欠場。5日に行われる韓国代表とのラウンド16から泣いても笑っても一発勝負の戦いに入り、戦力を整えていきたいところだ。 だが、ブラジル代表のチームドクターを務めるロドリゴ・ラスマール氏はカメルーン戦後にネイマールの次戦出場可否について、同じくケガのDFアレックス・サンドロとともに慎重な姿勢を期したという。 「2人に関しては次の試合まで72時間の猶予がある。その時間を有効活用していきたい。可能性もあり、どうなるかは待ってから。ボールを使ったトレーニングはまだだが、土曜日(3日)からやる見通し。新たな刺激にどんな反応があるかが大事になってくる。それ次第で、プレーできるかもしれないし、そうならないかもしれない」 一方で、ネイマールと同じく初戦で左足首を痛め、欠場が続くDFダニーロについては2日の練習をこなして、上述の2選手よりも復帰の可能性がある模様で、「順調にいけば、次の試合に出られる」と話した。 ブラジル代表では最終戦のカメルーン戦でもDFアレックス・テレスが右ヒザを負傷して交代したほか、FWガブリエウ・ジェズスも同箇所の痛みからピッチを後に。どこまで戦力を戻して韓国戦に臨めるか。 2022.12.03 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表に新たな不安のテレス負傷交代…ジェズスも検査へ

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループGを首位突破したブラジル代表だが、また新たな不安要素だ。 初戦から連勝で早々に突破を決めたブラジル。2日に行われたカメルーン代表との最終戦では第2戦の先発からMFフレッジとDFエデル・ミリトン以外を大幅変更して臨み、0-1の黒星を喫した。 後半アディショナルタイムの失点で全勝とならず、同じく勝ち点6のスイス代表を得失点差でわずかに上回っての首位通過となったが、新たな負傷者が出ての決勝トーナメント進出となっている。 最終戦で左サイドバックを務めたDFアレックス・テレスだが、後半早々にゴール前での競り合い時に右ヒザを痛め、ユニフォームで顔を覆いながらピッチを後に。代わってDFマルキーニョスが出場した。 ブラジル『globo.com』によると、テレスは3日にMRI検査を受ける見込み。64分にピッチを退いたFWガブリエウ・ジェズスも同じく右ヒザの問題があるようで、検査を受けるという。 優勝候補のブラジルだが、最終戦までにエースのFWネイマール、DFダニーロ、DFアレックス・サンドロが揃ってケガ。とりわけ、サイドバックに故障者が相次ぎ、苦しい台所事情に陥っている。 2022.12.03 10:50 Sat
twitterfacebook
thumb

主力温存ブラジルが土壇場被弾でカメルーンに金星献上…首位通過決定でR16では韓国と対戦《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループG最終節、カメルーン代表vsブラジル代表が2日に行われ、カメルーンが1-0で勝利した。 カメルーンは前節、セルビア代表との壮絶な打ち合いを3-3のドローで終えて前大会以前から続くW杯連敗をストップ。逆転突破へ勝利必須で臨んだ3位チームは、先発4人を変更。センターバックをカステレットとエンクルからウーとエボスに入れ替えたほか、ホングラとトコ・エカンビに代えてアブバカル、エンガマルを起用した。 一方、セルビア、スイス代表に競り勝って連勝のブラジルは、エースのネイマールら負傷者に悩まされながらもグループリーグ突破を決定。引き分け以上で首位通過を決められるこの最終戦ではミリトンとフレッジを除く先発9人を変更。GKにエデルソン、バックラインにダニエウ・アウベスやブレーメル、中盤から前線ではロドリゴを除きファビーニョやマルティネッリ、ガブリエウ・ジェズスとプレミアリーグで活躍する選手が並んだ。 勝ち点3が必要なカメルーンだが、ブラジルの強力な攻撃を警戒してか、序盤から後ろ重心の慎重な戦いを見せる。これに対して、大きくメンバーを入れ替えたものの、安定した後方からの繋ぎとアントニー、マルティネッリの両ウイングの個人技が機能するブラジルは攻勢を仕掛けていく。 14分にはボックス手前のフレッジが浮き球で入れたパスをゴール前にフリーで飛び込んだマルティネッリが頭で合わすが、これはGKエパシの好守に遭う。以降は決定機まで持ち込めないものの、アタッキングサードで多彩な仕掛けを見せるチッチのチームは相手守備陣にじわじわとダメージを与えるような攻撃を継続する。 カメルーンの粘りもあって0-0のまま迎えた前半アディショナルタイムには互いに見せ場が訪れる。まずはボックス中央で積極的にドリブルを仕掛けたマルティネッリが右への持ち出しから強烈な右足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKのファインセーブに阻まれる。 一方、幾度かカウンターを仕掛けたものの、決定機はおろかフィニッシュまで遠いカメルーンだったが、ボックス左で仕掛けたエンガマルのクロスがファーでドフリーのエンベウモに渡る。だが、ピッチに強く叩きつけたヘディングシュートはGKエデルソンに驚異的な反応ではじき出されてファーストシュートでの先制点奪取には至らず。 結局、均衡が保たれたまま折り返した試合は互いにメンバー交代なしでリスタート。後半立ち上がりはアブバカルの際どいシュートなどでカメルーンが良い入りを見せるが、ブラジルも時間の経過と共に押し返す。 後半も危なげなく試合を進めるブラジルだが、再び負傷者を出してしまう。競り合いの際の着地で足を痛めたテレスがプレー続行不可能となり、マルキーニョスを55分にスクランブル投入。さらに、このタイミングでフレッジ、ロドリゴも下げてギマランイス、エヴェルトン・リベイロをピッチに送り込む。この交代直後にはジェズスとマルティネッリのアーセナルコンビで最初の決定機を作り出すが、ボックス内での右足シュートは相手GKの好守に阻まれる。 以降は互いに積極的に交代カードを切って試合の流れに変化を加えていく中、ブラジルが攻勢を強めていく。だが、最後の局面で身体を張る相手の守備に手を焼き、ゴールまであと一歩という場面が目立つ。 すると、引き分け濃厚と思われた後半終盤にカメルーンが試合を通して狙っていた形の攻撃を完遂させる。92分、右サイドのスペースで縦にボールを運んだエンゴムが速いタイミングで完璧なクロスを供給すると、うまくセンターバック2枚の間に入り込んだアブバカルがこれまた完璧なヘディングシュートをゴール右隅へ流し込んだ。 この劇的ゴールに興奮したアブバカルがユニフォームを脱いで2枚目の警告を受けて退場となったが、ブラジルの猛攻を凌ぎ切ったカメルーンが優勝候補相手にジャイアントキリングを達成した。 なお、グループリーグ唯一の3連勝を逃すと共にW杯グループリーグでの無敗記録が「17」でストップしたブラジルだが、2位スイスの追撃を僅差で振り切ってノルマである首位通過を決定。5日に行われるラウンド16ではグループH2位の韓国代表との対戦が決まった。 カメルーン代表 1-0 ブラジル代表 【カメルーン】 アブバカル(後47) 2022.12.03 06:10 Sat
twitterfacebook
thumb

サッカーの王様・ペレがガン治療のため入院…娘が状況報告「緊急事態ではない」

サッカーの王様として知られるブラジルの英雄・ペレ氏(82)が入院したようだ。『ESPN』が伝えた。 ペレ氏は2021年9月に結腸からの腫瘍切除手術を受け、それ以降は定期的に入退院を繰り返していた。 そんな中、ペレ氏はガンの治療のために再び入院したとのこと。しかし、緊急性はないとのことだ。 娘のケリー・ナシメントさんもインスタグラムを更新。ペレ氏が入院したことを報告し、状況を説明している。 「皆さん。今日、メディアでは父の健康状態について多くの懸念が報じられています」 「父は病院で薬による治療をしています。兄弟の何人かはブラジルに戻りました。ただ、緊急事態や新しい悲惨な予測はありません」 「私は新年を迎えるためにブラジルへ行き、いくつかの写真を投稿することを約束します」 「本当に本当に、心配と心からの愛に感謝します」 また、入院したアルバート・アインシュタイン病院も声明を発表。危険な状態などではないと明かした。 「エドソン・アランテス・ド・ナシメント(ペレの本名)は、2021年9月に発見された結腸腫瘍の化学療法治療の再評価のために、昨日(11月29日)にイスラエルのアルバート・アインシュタイン病院に入院しました」 「医学的評価の後、患者は半集中治療室やICUに入院する必要なく、談話室に移されました。元選手は重要な機能と安定した臨床状態を完全に制御しています」 命に問題はないとのことだが、ペレ氏を励ますためにも、ブラジルが6度目の世界王者に輝けるだろうか。 2022.12.01 12:58 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly