吉田麻也、高級SUV「レンジローバー」の乗りこなしが「やはりかっこいい」「渋い~」と反響

2022.09.29 11:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シャルケの日本代表DF吉田麻也が新型レンジローバーを乗りこなしている。サウサンプトンに在籍していた2018年7月にランドローバーのブランド・アンバサダーに就任していた吉田は、29日に自身のSNSを更新。2021年末に刷新された5代目レンジローバーのハンドルを握る姿を披露した。

吉田が運転席に座ったのは、新型レンジローバーのオートバイオグラフィー P530だ。スーツに身を包んだ吉田とラグジュアリー感ある車の組み合わせは高級感に溢れている。
日本代表キャプテンと高級SUVの2ショットにはファンからも「渋い~」、「やはりRANGE ROVERかっこいい」、「かっこいい車がよくお似合いで」、「めちゃくちゃかっこいいです」と反響を呼んでいる。

1 2

関連ニュース
thumb

「新時代を見せてくれた」PK戦でクロアチアに惜敗、新しい景色は見られずも森保一監督「必ず未来は変わる」

日本代表の森保一監督が、クロアチア代表戦を振り返った。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 試合後のインタビューで森保監督は選手を讃え、新しい景色は見れなくとも、新時代を切り拓いたとした。 「まずは選手たちは本当によく頑張ってくれたと思います。我々をこの素晴らしい舞台につなげてくれた選手たち、そしてサッカーファミリー、国民の皆さんに感謝したいと思います」 「ベスト16の壁は今回も破れなかったですが、選手たちは新時代を見せてくれたと思います」 「これから先、日本のサッカーが最高の景色を願い続ければ、必ずこの壁を乗り越えられると強く思います」 「そのためにも、この素晴らしい選手たちを、国民の皆さんがまた後押ししてくださって、日本一丸となって世界に挑めれば、必ずこの壁は乗り越えられると思います」 「これまでの応援本当にありがとうございました。これからも一緒に戦ってください。後押ししてください」 また、今後の期待に対しては「選手たちは世界と戦うのと同じ目線で考えられます。日本サッカーの未来、新時代を見せてくれたと思います」とコメント。「新しい景色はドイツに勝ち、スペインに勝ち、W杯のチャンピオンに勝ったということを自信に持って、さらに追いつきではなく、追い越せを考えれば、必ず未来は変わると思います」と、このまま続けていくことが、新しい景色に繋がると語った。 2022.12.06 03:52 Tue
twitterfacebook
thumb

今大会初弾となる先制点を挙げた前田大然「本当に感謝」

日本代表は5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でクロアチア代表と対戦し、1-1で120分を終了。PK戦の末、1-3で敗れた。 この試合、最前線で先発して43分に今大会初ゴールとなる先制点を挙げたセルティックのFW前田大然が試合直後、インタビューに答えた。 「まずはこの舞台に立てたのはたくさんの人の支えがあったから、色んな人に感謝したいです」と開口一番、感謝の想いを述べた。 そして3試合に先発し、献身的な前線からの守備でベスト16進出に貢献した今大会を振り返ると「支えてくれた人たちに恩返しする大会だったが、次のステージに進めなくて本当に残念です」と無念の丈を語った。 最後に日本のサポーターに向けては「日本は夜中ですけど、たくさんの人が応援してくれたと思います。勝ち試合を見せられなかったが、本当に感謝しています」と最後まで感謝の気持ちを伝えた。 2022.12.06 03:48 Tue
twitterfacebook
thumb

選手採点&寸評:日本代表 1(1 PK 3)1 クロアチア代表《カタールW杯》

5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16の日本代表vsクロアチア代表が行われ、1-1で120分間を終了。PK戦の末に1-3で敗れた。 超WSの選手採点と寸評は以下の通り。 ▽日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/fom20221205jpn_cro_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains. LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 12 権田修一 6.0 早々に1つセーブ。落ち着いてビルドアップにも参加。この試合でもピンチを防いだ。 DF 3 谷口彰悟 6.0 早々に惜しいヘッド。守備では落ち着いて対応する。やられることはなかったが攻撃に出られなかった。 16 冨安健洋 6.0 ビルドアップでも落ち着いてプレー。守備でもしっかりと対応。一対一でも慌てない。 22 吉田麻也 6.0 激しい守備を見せる。集中して相手の1トップに対応。 MF 5 長友佑都 6.0 積極的に高い位置を取る。攻撃時のサポートも早く守備でもしっかりとカバー。 (→9 三笘薫 6.0) 完全に封じられボールがなかなか回ってこなかった中、カウンターで持ち出し強烈シュート。守備でもしっかりプレー。 6 遠藤航 6.5 気の利いた守備でピンチの芽を摘む。攻撃でもタイミングを見て前に出ていく姿勢。守備で効いていた。 8 堂安律 6.5 間にポジションを取り起点に。先制点に繋がるクロスを上げた。ボールキープと良いプレー。 (→10 南野拓実5.5) しっかりと前からプレスをかけていく。間でボールを受けて繋ぎ役に徹した。 13 守田英正 6.5 モドリッチ、ブロゾビッチを警戒。身体の強さをみせて全く競り負けない。素晴らしい対応を見せていた。 (→17 田中碧 5.5) 延長後半から出場。試合に入るのが難しい中でタイトな守備を見せていた。 14 伊東純也 6.5 いつも以上に攻撃にも出る。惜しいクロスも。守備でも何度も戻って守っていた大車輪の活躍。 15 鎌田大地 5.5 素晴らしい切り返しからのシュートは惜しくも外れる。ポジションを見て動いたが、寄せが甘くなったところから失点。 (→19 酒井宏樹 5.5) 高さを使って競り合いに勝つもファウルを多く取られる。高さでは勝り起点にもなっていた。 FW 25 前田大然 6.5 スピードあるハイプレスが効果的。前半終盤に貴重な先制ゴール。良さを一番出せた試合だった。 (→18 浅野拓磨 5.5) 何度か裏を取る動きを見せているが効果的な攻撃ができず。もう少し精度の高いプレーを見せたかった。 監督 森保一 6.0 今大会初めての先制ゴール。消耗戦を挑み戦えていた中、疲労が見えた選手の交代が遅れた印象。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 伊東純也(日本) ウイングバック、インサイドハーフとポジションを移してフル出場。攻撃でも鋭い突破を見せたほか、守備でもビッグプレーを連発。フル出場で走り続けてチームを助けた。 日本代表 1(1 PK 3)1 クロアチア代表 【日本】 前田大然(前43) 【クロアチア】 イバン・ペリシッチ(後10) 2022.12.06 03:08 Tue
twitterfacebook
thumb

またもPK戦に阻まれた日本代表、悲願のベスト8進出ならず《カタールW杯》

日本代表は5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でクロアチア代表と対戦し、1-1で120分を終了。PK戦の末、1-3で敗れた。 優勝候補のスペイン代表、ドイツ代表が同居したグループEを2勝1敗の首位で通過した日本は、ドイツ戦とスペイン戦で同点ゴールを挙げたラッキーボーイの堂安が今大会初スタメンに。3バックを継続し、[3-4-2-1]で臨んだ。 一方、ベルギー代表、モロッコ代表、カナダ代表が同居したグループFを1勝2分の2位で通貨したクロアチアは、モドリッチ、ブロゾビッチ、コバチッチの不動の中盤3枚がスタメンとなった。 立ち上がり、アグレッシブな入りを見せた日本は開始3分、CKのサインプレーから谷口が決定的なヘディングシュートを浴びせた。 良い入りを見せた日本だったが8分にピンチ。冨安のバックパスミスからペリシッチにボックス内に侵入されてシュートを打たれたが、GK権田が好セーブで凌いだ。 失点を逃れた日本は5バックで構えながら攻撃の時間も作り、前回準Vのクロアチア相手に対等に渡り合っていく。 互角以上の内容で試合を運んでいた日本だったが、前半半ば過ぎからロングボールとサイド攻撃に揺さぶられ始め、ペースを乱していく。 それでもハーフタイムにかけてしっかりと持ち直すと、41分に絶好機。ロングカウンターの流れから遠藤のスルーパスでボックス左に侵入した鎌田がシュートに持ち込むも枠を捉えきれなかった。 これは決めきれなかった日本だったが、43分に先制する。CKの流れから右サイド、堂安の鋭いクロスをファーサイドの吉田が折り返し、最後は前田が押し込んだ。 前田の今大会初シュートが先制ゴールとなった日本は迎えた後半、果敢に追加点を狙いに行く姿勢を見せていったが、55分に失点する。右サイドからのユラノビッチのアーリークロスをファーサイドのペリシッチにヘディングシュートで決められた。 追いつかれた日本は遠藤のミドルシュートですかさず応戦するも、63分に大ピンチ。モドリッチの正確無比なミドルシュートが枠を捉えたが、GK権田がファインセーブで凌いだ。 その後、三苫と浅野を投入して勝負に出た日本はクロアチア相手に一歩も引かない戦いを見せた中、1-1のまま後半終盤へ。結局、90分では決着が付かず、1-1で延長戦に突入した。 その延長戦も日本が優勢に試合を進めると、同前半9分にクロアチアは疲労困憊のモドリッチとコバチッチを交代させる。クロアチアの両主力がピッチを去った中、日本は同15分に勝ち越しのビッグチャンス。三苫が持ち上がってボックス手前から強烈なミドルシュート。枠を捉えていたが、GKリヴァコビッチの正面だった。 迎えた延長後半は互いに譲らず互角の攻防で推移。両チームが死力を尽くした中、120分を終了。迎えたPK戦では相手GKリヴァコビッチに3本のシュートを止められた日本は、1-3で敗戦。2010年南アフリカW杯に続き、PK戦に阻まれて初のベスト8進出はならなかった。 2022.12.06 02:47 Tue
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、コバチッチ、ブロゾビッチ勢揃い! 日本代表戦に臨むクロアチア代表スタメン発表

カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16に臨むクロアチア代表が日本代表戦に向けたスターティングメンバーを発表した。 2018年のロシアW杯では決勝に進んだクロアチア。その悔しさを晴らすべく臨んだ今大会は、グループFに入り、1勝2分けで2位通過となった。 2試合が0-0という結果、1試合は4ゴールを奪う快勝というクロアチア。試合巧者ぶりを見せる一方で、圧倒的な攻撃力がないことが危惧されている。 そのクロアチアだが、日本戦に向けてはベストメンバーを並べることに。中盤にはルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、マテオ・コバチッチ(チェルシー)、マルセロ・ブロゾビッチ(インテル)が並ぶこととなった。 またセンターバックにはデヤン・ロブレン(ゼニト)、ヨシュコ・グヴァルディオル(RBライプツィヒ)が並び、前線にはイバン・ペリシッチ(トッテナム)、アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)らが並んだ。 ◆クロアチア代表スタメン GK:ドミニク・リヴァコビッチ DF:ヨシプ・ユラノビッチ、デヤン・ロブレン、ヨシュコ・グヴァルディオル、ボルナ・バリシッチ MF:ルカ・モドリッチ、マルセロ・ブロゾビッチ、マテオ・コバチッチ FW:アンドレイ・クラマリッチ、ブルーノ・ペトコビッチ、イバン・ペリシッチ 2022.12.05 23:07 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly