「ノリ良すぎ」広島の首脳陣たちが『ワンピース』の“海軍大将”になりきる!「いや3人の本気度よ」

2022.09.28 17:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サンフレッチェ広島の公式ツイッターがファンのイラストにリアクションを返している。ミヒャエル・スキッベ監督のもと今シーズンの明治安田生命J1リーグで3位と好位置につける広島。YBCルヴァンカップでも決勝進出を決めており、タイトル獲得に期待がかかっている。

そんな広島を巡っては1枚のイラストが話題に。ツイッター上でファンが作成した、スキッベ監督、セハット・ウマルコーチ、松尾喜文コーチの3人を漫画『ONE PIECE』に登場する3人の海軍大将に見立てたイラストが注目を集めていた。
『ONE PIECE』の主人公モンキー・D・ルフィに立ちはだかる海軍本部最高戦力の総督。「黄猿(ボルサリーノ)」「赤犬(サカズキ)」、「青雉(クザン)」の三大将に見立てたイラストには、松尾コーチ本人も反応していた。

そして28日、広島の公式ツイッターは「実物はいかが!? 海軍三大将ならぬ広島三大将」と実写で3人を並べてポーズを取った写真を投稿。3人とも海軍の制服に見立てたジャケットを肩に羽織り、表情も作り込んでいる。

そんな遊び心ある広島三大将の写真にはファンも反応。「サポーターが作ったものをほんとにやってくれるとかファンサ良すぎだろ」、「公式さんすごい」、「いや、3人の本気度よ めっちゃおもろいんやが」、「ドドン!」、「忠実に再現されてる」と大好評のようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

ルヴァン杯王者の広島、野上結貴が名古屋に完全移籍 「また新しい場所で期待と覚悟を持ってチャレンジ」

名古屋グランパスは2日、サンフレッチェ広島からDF野上結貴(31)の完全移籍加入を発表した。 野上は桐蔭横浜大学から横浜FCで入団後、4年半が経った2016年夏にサンフレッチェ広島に完全移籍。移籍2年目から毎シーズンの明治安田生命J1リーグで20試合以上の出場数を記録と主力センターバックに定着した。 今季はミヒャエル・スキッベ新監督の下、センターバックだけでなく、ウイングバックやボランチもこなしてみせ、チームのルヴァンカップ優勝などの躍進に貢献。J1リーグでは25試合に出場して1ゴールだった。 名古屋の公式ウェブサイトを通じて「サンフレッチェ広島から移籍してきました。野上結貴です」と挨拶とともに意気込みを語っている。 「早くチームに馴れ、名古屋グランパスに貢献したいですし、ファミリーの皆さんに"加入してくれて良かった"と思ってもらえるよう、日々のトレーニングから頑張ります。よろしくお願いします」 一方、広島の公式サイトでは「このたび、名古屋グランパスに移籍することを決断しました。皆さんの前で報告できず、申し訳ないです」と語り、思い出にふけながら、感謝の言葉を綴った。 「広島にきて6年半のことを振り返ると色々なことを思い出します。優勝カップを手にしたく、この広島を選び、期待と覚悟を持って来ました。見知らぬ土地、知り合いもいない最初の年に一気に白髪だらけになったこと」 「森﨑兄弟からのメッセージの入った手紙付きのパスに驚かされたこと。 残留争い、優勝争い。そして今年、ルヴァンカップを獲った10月22日(土)のことは一生忘れることはないです」 「書きたいこと、伝えたいことがあり過ぎて…。時間が経つにつれ、人見知りの僕が広島のチームの雰囲気の良さ、広島の人の優しさ、温かさに触れ、馴染むことができ、家族みんなが大好きな場所となりました」 「このチームはここ数年の苦しい時期を乗り越え、これから新スタジアムに向けて最高の監督、スタッフ、メディカル、尊敬するベテラン、期待の若手、そして素晴らしいファミリー達と共に飛躍していくと思います。そんなサンフレッチェを応援しています。不安は僕がいない柴﨑軍団くらいですね(笑)」 「僕はまた新しい場所で期待と覚悟を持ってチャレンジする決断をしました。変わらず応援していただけると嬉しいです。長くなりましたが、本当にありがとうございました。ガミ」 2022.12.02 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌が広島MF浅野雄也を完全移籍で獲得、W杯でプレーする日本代表FW浅野拓磨の実弟

北海道コンサドーレ札幌は2日、サンフレッチェ広島のMF浅野雄也(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 浅野は三重県出身で、カタール・ワールドカップ(W杯)に出場しているFW浅野拓磨(ボーフム)の実弟。大阪体育大学から2019年に水戸ホーリーホックへと入団。2020年に広島へ完全移籍した。 広島には3シーズン在籍。今シーズンは明治安田生命J1リーグで12試合に出場、YBCルヴァンカップで3試合に出場した。 広島での通算では81試合に出場し11得点、リーグカップで8試合で1得点、天皇杯で1試合に出場した。 浅野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「この度、サンフレッチェ広島から加入することになりました。自分のサッカーを思う存分ピッチで表現し、1日でも早くチームに貢献できるよう頑張っていきたいと思います。北海道コンサドーレ札幌のファン・サポーターの皆様、応援よろしくお願いします」 ◆サンフレッチェ広島 「このたび、北海道コンサドーレ札幌へ完全移籍することになりました。今シーズンなかなかチームに貢献することができませんでしたが、リーグ戦3位、天皇杯準優勝、ルヴァンカップ優勝という素晴らしい結果を残せたこと、そして3年間にわたり紫のユニフォームを着て最高のメンバーと共に戦うことができたことを心の底から誇りに思います」 「振り返ると、僕が広島に加入した年に新型コロナウイルスが流行したため、なかなかサンフレッチェ・ファミリーの皆さんにお会いする機会がありませんでしたが、最後にファン感謝祭で皆さんとお会いし、温かい言葉をかけていただく中で改めて広島に来て本当に良かったなと思いました。たくさんの思い出ができ、大好きになったこの広島だからこそ、最後の最後の最後の最後の最後まで悩みましたが、自分のサッカー人生のことを考え、このような決断をしました」 「最後になりましたが、ファン・サポーターの皆様、スポンサー企業の皆様、サンフレッチェ広島に関わってくださった全ての皆様、3年間という短い間でしたが、本当にありがとうございました」 2022.12.02 14:19 Fri
twitterfacebook
thumb

広島、森島司と荒木隼人と契約更新! 共に今季の躍進に大貢献

サンフレッチェ広島は1日、MF森島司(25)とDF荒木隼人(26)の契約を更新したことを発表した。 共にチームの中核を担う森島と荒木。森島は2017年にトップチームデビューし、2020シーズンには背番号10を背負い、J1全34試合に出場。広島の攻撃を牽引する存在となった。荒木はユースから一度関西大学に進学し、2019年からプレーしている。 チームがミヒャエル・スキッベ監督の下で大躍進を果たした今季は、森島はJ1では8ゴールと個人記録を更新。公式戦全体では47試合11ゴール2アシストで、10番に相応しい活躍を見せた。荒木もまた、公式戦47試合に出場し、ルヴァンカップ優勝などに大きく貢献。さらに日本代表デビューも果たす、躍進の1年となった。 2022.12.01 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島が広島のサイドアタッカーMF藤井智也を完全移籍で獲得「スタジアムでともに戦うことを楽しみにしてます!」

鹿島アントラーズは25日、サンフレッチェ広島MF藤井智也(23)が完全移籍で加入することを発表した。 藤井は立命館大学から2021年に広島に入団した。2020年には特別指定選手としてJ1デビューを果たすと、1年目に15試合、2年目の昨季は29試合1得点、今シーズンは27試合で1得点を記録していた。 J1通算71試合2得点、リーグカップ通算13試合、天皇杯通算3試合出場を記録していた。 広島では右のウイングバックが主戦場となっていた藤井。サイドアタッカーとしてプレーでき、スピードが持ち味のアタッカーだ。 藤井は両クラブを通じてコメントしている。 ◆鹿島アントラーズ 「このたび、サンフレッチェ広島から加入することになりました藤井智也です。鹿島アントラーズの一員になれることを大変嬉しく思います」 「自分の特徴であるスピードと仕掛けを存分に発揮して、チームの力になれるように日々精進します。皆さんとスタジアムでともに戦うことを楽しみにしてます!よろしくお願いします!」 ◆サンフレッチェ広島 「このたび、鹿島アントラーズに完全移籍することになりました。まず、特別指定の期間を含め約3年間ありがとうございました」 「大学生の頃、練習参加に来た日からこのチームが好きになり、楽しいことも苦しいこともたくさん味わいました。今年はなかなかチームの力になることができず、悔しい気持ちでいっぱいです」 「そんな状況でもサンフレッチェファミリーの皆さんは温かいメッセージで鼓舞してくれました。そのおかげで何度も立ち上がることができました。このチームの一員になれて良かったです。本当にありがとうございました!」 <span class="paragraph-title">【動画】サイドのスピードスター、藤井智也のプレー集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ma-rWhTwj9E";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.25 15:23 Fri
twitterfacebook
thumb

「こんなん泣いちゃうよ」ドイツ戦後にアツく抱き合った2人、浅野拓磨と森保監督の9年前の1コマにファンも感激「美しい師弟関係」

Jリーグの公式SNSがアップした1枚の写真が話題になっている。 日本代表は23日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE第1節でドイツ代表と対戦。下馬評ではW杯通算4度優勝のドイツが優勢とされるなか、後半の見事な逆転劇で2-1と勝利した。この試合の決勝点を決めたのがFW浅野拓磨(ボーフム)だった。 いきなり優勝候補ドイツと激突した日本だったが、前半は試合を支配される展開に。幾度もチャンスを作られるとPKから失点を許し0-1で試合を折り返した。それでも後半はシステムを変えて巻き返すと、ベンチスタートだった浅野は57分から途中出場した。 システム変更で流れを手にした日本は、75分に堂安律のゴールで同点に。さらにイケイケなムードとなる中、83分にFKの流れから一瞬の隙をついた浅野が抜け出し、最後はドイツの守護神マヌエル・ノイアーのニアサイドを抜く強烈な逆転ゴールを突き刺した。 試合後には森保一監督ともアツい抱擁を交わしていた浅野だが、Jリーグの公式SNSは2人の信頼関係を物語るような1枚を投稿した。 「9年前から続く2人の信頼関係」というコメントとともに添えられたのは、サンフレッチェ広島時代の浅野が、当時広島の指揮官だった森保監督から声を掛けられる場面だった。 この投稿には、「この写真は泣ける」、「試合後の2人の抱擁の瞬間はグッときた」、「こんなん広島サポ泣いちゃうよ」、「美しい師弟関係」といったファンからの反応が相次いでいる。 4年前のロシア大会で最終メンバーに入れず、バックアップメンバーとしてスタンドで見守った浅野は、9月に右ひざ内側側副じん帯を断裂。ケガで離脱している中での招集だっただけに批判の声もあったが、見事に結果で応えた。 <span class="paragraph-title">【写真】浅野拓磨と森保一監督の信頼関係が伝わる9年前の1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClVJKP7v-gM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClVJKP7v-gM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClVJKP7v-gM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)(@jleaguejp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.24 17:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly