日本代表を電撃訪問の長谷部誠、4大会ぶり外から見るW杯に「代表が躍動している姿を見たい」

2022.09.27 22:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠が27日公開のJFATVに登場。指導者として時間や、現代表への期待感を述べた。

今シーズンもフランクフルトで重要な役割を務めながら、一方で、指導者としてのキャリアに向けても準備を進めている長谷部。チームのオフ期間を利用してドイツ遠征中の日本代表を電撃訪問した。

これまでともに日の丸を背負ってきたGK川島永嗣(ストラスブール)やDF長友佑都(FC東京)をはじめ、大歓迎を受けた元キャプテン。22日からの3日間限定帯同ながら、長谷部自身も濃密な時間を過ごせたと感じているようだ。
「(この3日間は)すごい充実していましたね。個人的にも多くの選手、監督、コーチングスタッフとコミュニケーションを取らせていただいて、すごく自分にとっても大きな時間になりましたし、日本代表チームがワールドカップ(W杯)で結果を出してくれるというものを強く感じることができました」

長谷部にとっても、初めて指導者目線で参加する日本代表活動。メンバー選考が頭をよぎる選手心理も踏まえつつ、チームとしても高い集中力を持ってトレーニングに臨めていると分析した。

「もちろん、選手それぞれこの時期はW杯メンバーに入りたいというアピールの場でもある中で、チームとしては今回のワールドカップは準備期間がほとんどないので、その中でこの9月最後の代表ウイークというのは非常に大切な時間なので、そこのバランスは難しいと思いますけど、ただ、選手もみんな、(試合に)出ている選手だけでなく、出ていない選手もしっかりとチームのために集中してトレーニングもしているし、サポートもしているし、そういうのはトレーニングを見ていればわかるもので、そういう意味では素晴らしい人間性を持った選手たちが揃っているなと感じました」

2010年の南アフリカ大会以降、3大会に出場した長谷部にとって、今回のカタールW杯は十数年ぶりに外から見つめる大会となる。本大会では「日本代表チームが躍動している姿を見たいですね」とはじめ、「期待したいと思います」と力強く締め括った。

「結果というものが一番大事ではありますけど、ただ自分たちがこれまで積み上げてきたものを勇気を持って、受け身になるんじゃなくて、そういうものが出せれば間違いなくいい戦いができると思いますし、相手は強いチームがたくさんいますけど、彼らだったらできると思う。期待したいと思います」

1 2

関連ニュース
thumb

日本代表の選手らが首相官邸を訪問、岸田首相はノートつながりの森保監督とノートトーク「ノートにサインを入れて交換をしました」

日本代表の面々は8日に首相官邸を訪れ、岸田文雄首相と対面を果たした。 カタール・ワールドカップ(W杯)で新しい景色を目指して戦った日本。グループステージでは優勝国であるドイツ代表、スペイン代表を撃破しグループ首位通過。しかし、クロアチア代表とのラウンド16でPK戦の末に敗戦。ベスト16で戦いを終えていた。 その日本代表は7日に帰国。川島永嗣、シュミット・ダニエル、冨安健洋、守田英正、鎌田大地、柴崎岳、遠藤航、上田綺世、浅野拓磨の9選手を除いて日本に戻ってきた。 そんな中、帰国した選手と森保一監督、そして日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が首相官邸を訪れた。 岸田首相は日本代表の試合を日本で観戦しており、試合後にはツイッターを更新。クロアチア戦後にも労いの言葉を綴っていた。 選手たちからはユニフォームとW杯公式球がプレゼントされたほか、何かと話題になる森保監督とはノートトークが弾んだとのこと。岸田首相は父の岸田文武氏が広島出身であり、選挙区も広島ということで、サンフレッチェ広島で選手と監督としてプレーした森保監督とは共通項が多い。また、「岸田ノート」というものを政治家になってから持ち歩き、さまざまなことをメモしているため、森保監督のそれと全く同じだ。 岸田首相はツイッターを更新し、日本代表の選手たちを労うと共に、森保監督とのノートの交換も披露した。 「先ほど田嶋会長、森保監督、サッカー日本代表選手の皆さんが官邸にお越し頂きました。私もテレビで全試合を観ましたが、改めてW杯での活躍と日本に勇気と感動を与えて頂いたことに感謝を伝えました。しっかりと心も身体も休めて英気を養っていただき、今後の一層のご活躍を期待したいと思います」 「また、森保監督のノートが話題になっており、私のノートも以前話題になったこともあって、ノートトークもしました。森保監督とは広島での繋がりがあり、長年親しくさせていただいていることもあり、お互いのノートにサインを入れて交換をしました」 <span class="paragraph-title">【写真&動画】日本代表の選手たちが首相を訪問、森保監督と岸田首相はノートを交換</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">また、森保監督のノートが話題になっており、私のノートも以前話題になったこともあって、ノートトークもしました。森保監督とは広島での繋がりがあり、長年親しくさせていただいていることもあり、お互いのノートにサインを入れて交換をしました。 <a href="https://t.co/IpjQsCMV5E">pic.twitter.com/IpjQsCMV5E</a></p>&mdash; 岸田文雄 (@kishida230) <a href="https://twitter.com/kishida230/status/1600723816204087296?ref_src=twsrc%5Etfw">December 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.08 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「並外れた才能を持っている」南野拓実を元同僚のクロアチア代表DFが称賛、PK失敗には「最高の選手でさえそうなってしまう」

クロアチア代表のDFデヤン・ロブレンが、リバプール時代の同僚である日本代表MF南野拓実について言及した。 カタール・ワールドカップ(W杯)もベスト8が出揃い、現在は束の間の中断中。日本代表は一足先に帰国することとなり、7日に日本へ到着。一部の選手は日本に戻らずにそれぞれがクラブに戻った。 一方で、ベスト8の戦いは9日から再開。日本に勝利したクロアチアは、6度目の優勝を目指すブラジル代表との戦いを控えている。 そんな中、ロブレンが記者会見に出席。ラウンド16の日本代表との戦いにも触れ、リバプール時代に半年間一緒にプレーした南野について言及した。 「南野は素晴らしい選手だし、友人だ。試合の最後に会えなかったと言ったが、彼は後で僕を祝福し、最初にメッセージをくれた」 「彼は僕たちのこの先の戦いで勝っていくという幸運を祈っていた。それで十分だ」 敗れた南野は、ロブレンに対してこの先の戦いに向けてエールを送ったとのこと。また、ロブレンは南野が1番手のキッカーとしてPKを失敗した点に触れ、その事実に関わらず、素晴らしい選手であると称えた、 「彼がPKを失敗したという事実だが、最高の選手でさえそうなってしまったんだ」 「彼は自分のフットボールを続けなければいけない。並外れた才能を持っているし、僕は彼の幸運を祈っている」 2022.12.08 21:05 Thu
twitterfacebook
thumb

カタールW杯ラウンド16PK戦での課題/六川亨の日本サッカーの歩み

カタールW杯は大会17日目を終えてベスト8が出揃った。日本に敗れてグループステージで敗退したドイツに続き、ラウンド16では日本に続いてスペインもPK戦で3人連続して止められてモロッコに敗れた。 これでグループEを勝ち抜いた2チームはラウンド16で敗退。ベスト8に進めなかったのは唯一グループEの勝者だけで、さらにグループステージで2勝しながら敗退したのも日本だけだった。 ドイツとスペインに逆転勝ちを収めたことは評価できる。しかし「世紀の大番狂わせ」と自画自賛する前に、JFA(日本サッカー協会)の技術委員会は改めてドイツとスペインの実力を過大評価することなく冷静に分析するべきだろう。 さて日本とスペインは、いずれもPK戦で敗退した。PKは「キッカーが有利」だと言われる。さらにPK戦になると「ロシアンルーレットのようなもの。運次第だ」といった意見もある。いずれも一面を言い当てているに違いない。 しかしスペインのルイス・エンリケ監督はPK戦への備えをしていたにもかかわらず、敗軍の将となった。延長後半13分、エンリケ監督はPKキッカーのパブロ・サラビアを6人目の交代選手としてピッチに送り出した。終了間際にはフリーとなったサラビアのボレーシュートが左ポストをかすめた。決まっていれば、指揮官の采配がズバリ的中したことになる。 ところがである。PK戦に突入すると、スペインの選手からは“闘志"がまったく感じられなかった。延長戦ではモロッコの鋭い攻撃に遭い、決定的な場面を作られたからなのか“怯えている"ようにすら感じられた。そして3人目のキャプテンであるセルヒオ・ブスケッツまで止められ敗退が決まった。 正直に「ワン、ツー、スリー」のタイミングで蹴りに行ったため、GKもセービングのタイミングが合わせやすかったのではないか。そしてそれは、まるで日本対クロアチア戦の再現を見ているかのようだった。 日本はPK戦を迎えて、誰が蹴るのかは選手の自主性に任せたと後から知った。用意周到な森保監督にしては意外だった。なぜならPK戦は想定できただろうから、キッカーの人選と順番、さらには相手GKがどちらに飛ぶのかもリサーチして備えていたと思ったからだ。GK権田修一に対しても、相手キッカーの癖を伝えていると思っていた。 なぜなら過去の代表コーチやGKコーチは、そうした細かな分析とタブレットを使ったレクチャーで事前に選手に伝えることを「日本のストロングポイント」と話していたからだ。ところが残念ながら、今回はそこまでの準備をしていなかったようだ。 過去のW杯やアジアカップで積み上げた経験値は、技術委員長の交代により技術委員会のメンバーも代わるとリセットされて次世代には受け継がれない。紙媒体やデジタル化した資料も残されていないようで、これもまたJFAの悪しき伝統と言える。 そして森保監督には、ウソでもいいからPK戦の人選は「私が決めました」と言って欲しかった。 今回のラウンド16における日本とスペインのPK戦を見て、改めて正確でパワフルなシュートを打つことの重要性が指摘されることだろう。技術の向上はいつの時代も必要だからだ。しかし、PK戦は技術だけの問題ではない。メンタルの強さや相手を欺く狡猾さも必要になる。 10年南アW杯のパラグアイとのPK戦では、3人目のキッカー駒野友一がシュートをバーに当てたシーンが今回も紹介された。覚えているファン・サポーターもいるだろう。しかし、4人目のキッカーのシュートを覚えているだろうか。 当時24歳の本田圭佑は、GKのタイミングをずらした“ころころシュート"を中央に決めた。 こうした駆け引きも含め、重圧のかかる状況でのPKは練習環境がないのが現実でもある。シュート練習を繰り返せば技術の向上と同時に自信にもつながるだろうが、それとプレッシャーとの戦いは別だ。 かつて全国高校選手権で、広島県代表の常連高校がPK戦で何年か連続して敗退した。その高校の監督はPK戦の特別練習をするかと聞かれて、「いっさい練習はしません」とムキになって答えた。それもまた“真実"だろう。練習はしょせん練習に過ぎず、“修羅場"を経験するしかない。ただ、W杯は4年に1回しかなく経験を積めないのが恨めしい。 そういえば、クロアチア戦でPK戦に登場した4人のうち、シュートを決めた浅野拓磨は四中高出身で一発勝負の高校サッカー経験者だ。当然PK戦も経験したかもしれない。そして残りの3人は、小・中学生年代からいずれもJリーグの下部組織出身でリーグ戦での経験が多いのではないだろうか。ここで「負ければ終わり」の高校サッカーの“功罪"を問うつもりはない。今年もまた高校サッカー選手権の季節がやって来た。彼らがカタールW杯をどのように見たのか聞くのも楽しみでならない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.12.08 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「マジで最高だから!」キャプテンとして日本代表をまとめた吉田麻也、子供たちへエール「日本代表、ワールドカップを目指してほしい!」

カタール・ワールドカップ(W杯)で、3大会連続3度目の出場を果たした日本代表のキャプテンDF吉田麻也が、改めて心境を綴った。 日本代表は史上初のベスト8進出を目標に掲げてW杯での戦いを続けたが、5日のラウンド16でクロアチア代表に敗れ2大会連続のベスト16で敗退となった。 吉田は2014年のブラジル大会からW杯を経験。2018年のベルギー代表戦でも悔しさを味わった中、長谷部誠(フランクフルト)からキャプテンを引き継ぎ、今大会に臨んだ。 ブンデスリーガのシャルケに移籍したものの、チーム事情などもあり守備が崩れ、クラブでも批判を浴びるなど苦しい時期を過ごすことに。また、日本代表でもキャプテンという立場もあり、批判にさらされることも少なくなかった。 それでも、チームを1つにするため、そして森保一監督との架け橋にもなり、就任当初は不安も口にしていたキャプテンという大役を、自分らしく全う。今回の日本代表チームを作り上げる上で大きな役割を担ってきた。 グループステージの第2戦ではクリアの判断を誤り失点に絡んだ部分もあったが、4試合全てでキャプテンとして守備ラインを安定させ、ミスを除けば高いパフォーマンスを見せていた。 7日は帰国会見にも臨み、ファンサービスもしていた吉田は自身のインスタグラムを更新。大会を振り返り感謝を綴った。 「本当に一瞬で終わるワールドカップ。この一瞬のために死ぬほど頑張っても報われないこともある。でも勝った時の喜びとプレーしている時の楽しさは他のどんな試合とも比べられない」 「子どもたちに日本代表、ワールドカップを目指してほしい!マジで最高だから!」 「そして応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!」 「最高なチームでした!ブラボー!」 この投稿には、DF長友佑都(FC東京)が「ブラボーすぎるキャプテン」とコメント。MF久保建英(レアル・ソシエダ)も「さいこうです」とコメントし、ファンからも労いの言葉が。愛されるキャプテンということが改めて示されることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】キャプテンとして戦ったW杯を振り返る吉田麻也</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cl5j2qULg5b/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cl5j2qULg5b/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cl5j2qULg5b/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Maya Yoshida(@mayayoshida22)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.08 20:23 Thu
twitterfacebook
thumb

「公式がこれは泣けるよ」W杯を終えた日本代表、JFA公開の映像がイナズマイレブンの楽曲含め大反響「4年後も期待」

日本サッカー協会(JFA)の公開したショートムービーに注目が集まっている。 7大会連続7回目となるワールドカップ(W杯)に臨んだサッカー日本代表。カタールではグループステージでドイツ代表、スペイン代表を逆転で下す快挙を達成し、決勝トーナメント進出を決めた。 史上初のベスト8進出を目指した5日のラウンド16では難敵・クロアチア代表と対戦。1-1で120分を終了し、PK戦までもつれ込んだが、残念ながら涙をのむこととなった。 激闘を終えた日本代表。7日にはJFAの公式TikTokアカウントが改めてラウンド16のシーンを振り返る映像を公開すると、これに大きな反響が寄せられた。 「この大会で得た自信も、この大会で流した涙も、夢の力に変える。 たくさんの応援、本当にありがとうございました」 BGMにはイナズマイレブンで使用された楽曲、T-Pistonz+KMCの『GOODキター!』が採用されており、締めくくりの折り鶴と相まって琴線に触れるとの声が相次いだ。 「公式がイナズマイレブンは泣けるのよ」、「4年後もイナズマイレブンの曲使ってくださるの期待してます」、「世代すぎて泣ける」など、選曲への賛辞が送られるとともに、「こんなに熱くなれたのは日本代表のおかげ!感動をありがとう」、「まじ公式ありがとう。日本代表もありがとう!」日本代表への労いのメッセージが多数届いている。 目標としていたベスト8進出とはならなかったが、国内のみならず世界中に大きな感動を与えた日本。4年後こそは新しい景色を期待せずにはいられない。 <span class="paragraph-title">【動画】楽曲含め大きな反響を呼んでいるJFA公開のショートムービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@jfa_samuraiblue/video/7174331420096138498" data-video-id="7174331420096138498" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@jfa_samuraiblue" href="https://www.tiktok.com/@jfa_samuraiblue?refer=embed">@jfa_samuraiblue</a> この大会で得た自信も、この大会で流した涙も、夢の力に変える。 たくさんの応援、本当にありがとうございました。 <a title="サッカー日本代表" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?refer=embed">#サッカー日本代表</a> <a title="worldcup2022" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/worldcup2022?refer=embed">#worldcup2022</a> <a title="fifaworldcup" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/fifaworldcup?refer=embed">#fifaworldcup</a> <a target="_blank" title="♬ オリジナル楽曲 - サッカー日本代表&#47;JFA" href="https://www.tiktok.com/music/オリジナル楽曲-サッカー日本代表JFA-7174331431253379842?refer=embed">♬ オリジナル楽曲 - サッカー日本代表&#47;JFA</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2022.12.08 20:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly