新宿は認定されず、青森、三重、FC大阪、奈良、高知、V大分の6クラブにJ3クラブライセンス交付…JFL4位以内を熾烈に争う

2022.09.27 19:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
J1クラブライセンスが46クラブに交付! J2岩手が新たに取得

Jリーグは27日、2023シーズンのJ3クラブライセンスについて発表した。

今回発表されたのは、J3に入会を希望するクラブのうち、J3クラブライセンス申請があったクラブが対象となっている。
今回J3クラブライセンスが交付されたのは、Jリーグ百年構想クラブのラインメール青森、ヴィアティン三重、FC大阪、奈良クラブ、高知ユナイテッドSC、ヴェルスパ大分の6クラブとなる。

また、クリアソン新宿も申請していたが、施設基準が未充足であると判断されたため、認定されなかった。

なお、11月の理事会にて、Jリーグ入会が審議。さらに、JFLで4位以内に入り、百年構想クラブのうちの上位2クラブで、平均入場者数が2000人を超えるクラブという入会条件がある。

◆JFL順位表
※9/27現在
順位/チーム名/勝ち点(試合数/得失点)

1.Honda FC 45(22/+21)
2.FC大阪 45(22/+14)★
3.奈良クラブ 49(22/+11)★
4.ライメール青森 37(22/+9)★
ーーーJ3昇格条件ライン
5.ヴェルスパ大分 37(22/+8)★
6.東京武蔵野ユナイテッドFC 36(23/+10)
7.FCマルヤス岡崎 36(23/+7)
8.高知ユナイテッドSC 33(23/+1)★
9.ヴィアティン三重 32(22/+6)★
10.鈴鹿ポイントゲッターズ 31(23/-7)
11.FC神楽しまね 26(23/-8)
12.ホンダロックSC 25(23/-1)
13.FCティアモ枚方 22(23/-8)
14.ソニー仙台FC 22(23/-13)
15.クリアソン新宿 16(23/-19)
16.MIOびわこsiga 15(23/-19)

★J3クラブライセンス交付クラブ

◆Jリーグ百年構想クラブ (2022年9月27日現在)

・ ラインメール青森(JFL)
・ コバルトーレ女川(東北社会人サッカーリーグ1部)
・ 栃木シティフットボールクラブ(関東サッカーリーグ1部)
・ VONDS市原FC(関東サッカーリーグ1部)
・ 南葛SC(関東サッカーリーグ1部)
・ クリアソン新宿(JFL)
・ 東京23FC(関東サッカーリーグ1部)
・ ヴィアティン三重(JFL)
・ FC大阪(JFL)
・ 奈良クラブ(JFL)
・ 高知ユナイテッドSC(JFL)
・ ヴェルスパ大分(JFL)
・ 沖縄SV(九州サッカーリーグ)

関連ニュース
thumb

八戸、アカデミー卒の大卒ルーキー武部洸佑と契約更新

ヴァンラーレ八戸は6日、FW武部洸佑(22)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 青森県生まれの武部は八戸のアカデミー卒で、一度は仙台大学に進学して離れるが、今年から入団。明治安田生命J3リーグ6試合でプレーした。契約更新を受け、来季の抱負を語っている。 「2023シーズンもヴァンラーレ八戸でプレーさせていただけることになりとても感謝しています。2年目となる来シーズンはサッカー人生の全てを賭けて闘います。J2昇格のために共に闘いましょう!」 2022.12.06 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

宮崎が加入1年目の北村知也と契約更新 「宮崎のサッカー界に伝説を作りましょう!」

テゲバジャーロ宮崎は6日、FW北村知也(26)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 北村は宮崎県生まれで、宮崎産業経営大学の出身。ロアッソ熊本でプロ入り後、トライアウトで宮崎に今季入団し、明治安田生命J3リーグの28試合に出場して3得点だった。クラブを通じて決意を新たにしている。 「リリースの通り来季もテゲバジャーロ宮崎でプレーさせていただくことになりました。今季はなかなか思うような結果が出ず、それでもテゲバジャーロ宮崎に関わる全ての方々に支えられて苦難を乗り越えられました。個人としても組織としても成長できた年だと感じています」 「苦楽を共にしてくださった皆様に恩返しできるよう、背番号得点以上を目標にJ3優勝目指して精一杯闘い抜きたいと思います。共に宮崎のサッカー界に伝説を作りましょう! 来季も変わらぬ熱い応援よろしくお願いします!!」 2022.12.06 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ACL戦う甲府、J3讃岐FWを完全移籍で獲得「J2優勝ならびにJ1昇格に貢献するために全力でプレー」

ヴァンフォーレ甲府は6日、カマタマーレ讃岐のFW松本孝平(28)が完全移籍で加入することを発表した。 松本は神奈川県出身で、国士舘大学から2017年に名古屋グランパスへと入団。SC相模原、FCマルヤス岡崎、FCティアモ枚方でプレー。今シーズンから讃岐に完全遺跡で加入した。 松本は讃岐では明治安田生命J3リーグで31試合に出場し9得点を記録していた。 松本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ヴァンフォーレ甲府 「この度、カマタマーレ讃岐より加入させていただきます、松本孝平です。この歴史あるクラブ、ヴァンフォーレ甲府でプレーできることにとても感謝しています」 「天皇杯での活気ある甲府サポーターの熱い応援。そして、優勝という素晴らしい功績、とても震えました」 「来シーズンのJ2優勝ならびにJ1昇格に貢献するために全力でプレーしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆カマタマーレ讃岐 「この度、ヴァンフォーレ甲府に移籍になりました。まず今シーズン通して応援してくださったファン、サポーターの皆さま、チームがどんな状況でも支えていただきありがとうございました」 「正直みなさんが思うような結果ではなかったと思います。僕自身ももっともっとチームに貢献できたと思います。JFLで、もがき苦しんでいた僕に再びJリーグの舞台で闘う機会を与えてくれたこのクラブ。そしてチームを支えていただいているスポンサーの皆様には本当に感謝しています」 「Jリーグで1番若いチームとしてシーズンが始まり。経験が浅い選手が多い中、僕がみんなにできることは常に結果を求め、その姿勢を見せること。常に自分に何が足りなくてどうすれば良くなるのかを考え行動すること。それも全て今シーズン共に闘ってくれた仲間たちに学ばせてもらったことです」 2022.12.06 17:33 Tue
twitterfacebook
thumb

岐阜、鳥取FW田口裕也が完全移籍で加入「一緒にJ3優勝、J2昇格しましょう!」

FC岐阜は6日、ガイナーレ鳥取のFW田口裕也(21)が完全移籍で加入すると発表した。 三重県出身の田口は2020年に四日市中央工業高校から鳥取へと加入。3年間コンスタントに出場を重ね、明治安田生命J3リーグで通算84試合21得点の記録を残している。 移籍に際し、田口は両クラブへ通じて以下のようにコメントしている。 ◆FC岐阜 「この度、ガイナーレ鳥取から加入することになりました、田口裕也です。FC岐阜の一員になれる事を心から嬉しく思います」 「地元が三重県ということもあり小さい頃からFC岐阜というクラブは身近な存在でした。その素晴らしいクラブでプレー出来ることに感謝して全力で闘います!一緒にJ3優勝、J2昇格しましょう!よろしくお願いします!」 ◆ガイナーレ鳥取 「この度、FC岐阜に移籍することになりました。まず初めに、平素より多大なるサポート、ご支援いただいているパートナー企業様、どんな時も共に闘ってくれたファン、サポーターの皆様、そしてガイナーレ鳥取で出会った全ての選手、スタッフの皆さんに本当に感謝しています。ありがとうございました」 「高校でサッカーを辞めるつもりでいた僕に、プロになるチャンスを与えてくれた岡野(雅行)GM、そして吉野(智行)強化部長には感謝しかありません。本当にありがとうございます」 「僕がガイナーレ鳥取に来た時は、周りに全くついていけなくて、これからやっていけるのかと不安になる毎日でした。そこからすぐにコロナウイルスにより活動が出来なくなり、シーズンが遅れてスタートすることになりました。少し活動出来るようになってからシーズンが始まるまでの期間は、僕にとって本当に大きく成長出来た期間だと思っています」 「ボール回しは、2回に1回は鬼になって、アップなのに1人だけ汗をかいて体力の半分以上持っていかれるくらい回されて、練習の最後には足がつる日もありました。でも、毎日が本当に楽しかったです。そして、開幕戦セレッソ大阪U-23との試合でプロ初ゴールを決めて勝ったことは一生忘れないくらい嬉しかったです!そこからは勢いで1年目、2年目はやって来ました」 「しかし、今年3年目はなかなか結果が出せずに皆さんの期待に答えられなかったこと、本当に申し訳ないと思っています。でも、この経験は必ず今後に活かせると思っています!チームの目標であるJ3優勝、J2昇格という目標の力になれずにチームを離れることを許してください。すみません」 「いまの僕があるのは、間違いなくガイナーレ鳥取のおかげです。いつか、田口裕也はガイナーレ鳥取が育てたって言ってもらえるくらいすごい選手になることを約束します!」 「ガイナーレ鳥取という素晴らしいクラブで3年間プレー出来たこと、最高のサポーターの皆さんと一緒に戦えたことを本当に誇りに思います。次会う時は相手チームの選手としてですが、心のどこかで少しでも応援してくださると嬉しいです。本当にありがとうございました!」 2022.12.06 17:05 Tue
twitterfacebook
thumb

J2へ挑むいわきが嵯峨理久との契約更新、遠藤凌の期限付き移籍延長を発表

いわきFCは6日、MF嵯峨理久(24)との契約更新ならびにDF遠藤凌(24)の期限付き移籍期間延長を発表した。 嵯峨は青森山田高校から仙台大学を経て2021年からいわきでプレー。今季は開幕戦でゴールを決め、クラブのJ初ゴールをマークするなど、右サイドバックを主戦場に全34試合で先発出場し、5得点を記録した。 遠藤は今年6月にアルビレックス新潟から育成型期限付き移籍で加入。加入直後からセンターバックの一角して存在感を示し、20試合出場2得点という数字を残した。 延長した移籍期間は2024年1月31日まで。契約により、期限付き移籍期間中は新潟との公式戦に出場できない。 2選手はクラブを通じて以下のようにコメントしている。 ◆嵯峨理久 「2023年シーズンもいわきFCでプレーさせていただくことになりました。謙虚に貪欲に、そして自分らしく全力でいわきFCのためにプレーします。いわきFCに関わるすべての皆様、来シーズンもよろしくお願いします!」 ◆遠藤凌 ▽いわきFC 「来シーズン、期限付き移籍延長という形ですが、いわきFCで闘うことを決めました。シーズン途中からの加入でしたが、チームメイト、チームスタッフ、ファン・サポーターの皆さん、いわきFCに関わるすべての方々が温かく迎え入れてくれたことにとても感謝しています」 「来シーズンは更に鍛え上げ、J2の舞台でも魂の息吹くフットボールを体現し、一人でも多くの方々に勇気や元気を与えていきたいです!来シーズンも熱い応援よろしくお願いします!」 ▽アルビレックス新潟 「来シーズンも期限付き移籍を延長し、いわきFCで闘うことを決めました。アルビレックス新潟に関わるすべての皆さん、J2優勝、J1昇格おめでとうございます!」 「嬉しい気持ちの反面、正直なところ自分が貢献できなかった悔しさもあります。この悔しさを絶対に忘れず、成長した姿をビッグスワンスタジアムで見せられるように頑張ってきます!」 2022.12.06 16:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly