新ユニフォームはなし! カナダ代表のカタールW杯ユニフォームは、赤、白一色のシンプルなデザインに

2022.09.25 23:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
1986年のメキシコ大会以来、9大会ぶりにW杯に出場することとなるカナダだが、カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた新ユニフォームは存在しない。

世界各国のW杯に向けた新ユニフォームが発表され、9月のインターナショナル・マッチーウィークでは各地でお披露目。大きな話題となっている。

日本代表も「ORIGAMI」のコンセプトで作られた新ユニフォームが23日のアメリカ代表戦でお披露目となり、世界でも高く評価を受けている。
しかし、ナイキがサプライヤーを務めるカナダに関しては、これまでと同じデザインのものを着用することとなった。

ナイキは「2022年のカナダのキットは、カナダサッカーのキット開発サイクルが異なるため、過去1年間使用してきたものと同じものになる」と発表している。

カナダの国旗のカラーでもある赤と白の配色で作られており、ホームは赤、アウェイが白となっている。

特にデザイン性はなく、左胸にはカナダの象徴でもある楓を象ったサッカー協会のクレストが入っている。

今回の対応に対して、選手たちはかなり反発しており、カタール代表との親善試合では、ゴールを決めたジョナサン・デイビッドがゴールパフォーマンスで右胸に手を当て、ナイキのマークを意図的に隠すパフォーマンスを披露。これは抗議の意を示しているといわれている。



1 2

関連ニュース
thumb

クロアチア代表FWリヴァヤ、14歳年上妻との結婚で掴んだW杯初ゴール

クロアチア代表FWマルコ・リヴァヤは、カタールW杯で活躍するまでに前途多難なプロキャリアを歩んできたようだ。 リヴァヤは28日に行われたグループF第3節のカナダ戦にスタメン出場。クロアチア代表は開始早々に先制を許して苦しいスタートとなったが、44分にリヴァヤが逆転ゴールを決め、最終的には4-1で大勝を収めている。 殊勲の決勝ゴールを挙げたリヴァヤだが、イタリア『カルチョメルカート』は、29歳のストライカーがW杯初ゴールを決めるまでの道のりに注目。度重なる素行不良が目立った若き日にスポットライトを当てている。 若くして注目を浴びたリヴァヤは18歳でインテルに加入。ファーストチームでも数試合起用されたが、レンタル先でのプレーがほとんどで、2年後に共同保有という形でアタランタへ移籍することに。ここでキャリアが下降し始める。 アタランタではチームメイトの顔面を殴るという愚行に始まり、試合でブーイングを浴びた翌日、ファンらを「ろくでなしのイタリア人」と挑発。結局、1年後にチームを去ったが、以降は各国を転々とし、主審を押し倒して5試合の出場停止を喰らったり、相手選手の胸に飛び蹴りしたりと、落ち着きを見せる気配はなかったという。 転機となったのは14歳年上の妻との結婚。クロアチア人モデルの妻との間には2人の子供がおり、以前はナイトクラブ通いだったリヴァヤの私生活が、結婚を境に大きく改善されたとのことだ。 結婚後の昨年2月には母国のハイドゥク・スプリトへと移籍し、通算78試合で50ゴール。国内屈指の点取り屋となったが、2児のパパとなり、一家の長となったことで、W杯のメンバー入りという栄誉を掴んだようだ。 2022.11.28 20:06 Mon
twitterfacebook
thumb

「チームを祝福したい」今大会初勝利のダリッチ監督、ベルギー戦に向けては「引き分け狙いのプレーはしない」

クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督が、カナダ代表戦の勝利を喜んだ。 27日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループF第2節でクロアチアはカナダと対戦。前半開始早々にアルフォンソ・デイビスのゴールで失点を許したクロアチアだったが、36分にクラマリッチのゴールで追いつくと、前半終了間際にはリバヤのシュートがゴール左隅に決まり、試合をひっくり返す。 後半は膠着状態が続いたが、クロアチアは71分に左クロスをファーサイドで収めたクラマリッチがカットインからゴール左隅に流し込み、3点目。さらに試合終了間際にも相手DFのミスから途中出場のマイェルがゴールネットを揺らし、4-1で逆転勝利した。 今大会初勝利を飾ったクロアチアだが、チームを率いるダリッチ監督は勝利を喜んだものの、強豪ベルギー代表との最終節に向けて気を引き締めた。 「素晴らしい試合をしたチームを祝福したい。とても強いチームで、序盤に得点されましたが、なんとか試合をひっくり返すことができた。クロアチアの強さと質の高さを見せつけられたと、私は誇りに思っているよ」 「次戦が正念場となる。(決勝トーナメントへ)一歩前進したが、ベルギーは非常に良いチームだ。引き分け狙いのプレーはしない。今夜の勝利の喜びに浸ってはいけない。ワールドカップなんだから、簡単な試合はないんだよ。ベルギーは勝たなければならないが、我々も勝ちたい。リカバリーして、今夜と同じ質の高いサッカーをしなければならないだろう」 2022.11.28 06:28 Mon
twitterfacebook
thumb

前回準優勝のクロアチアが逆転勝利で今大会初白星!連敗のカナダはGS敗退が決定…《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループF第2節のクロアチア代表vsカナダ代表が27日に行われ、4-1でクロアチアが勝利した。 4日前に行われたグループリーグ初戦でモロッコ代表とゴールレスドローに終わったクロアチアは、その試合のスタメンからヴラシッチをリバヤに変更した以外は同じスタメンを起用。3トップにクラマリッチ、リバヤ、ペリシッチを並べた[4-1-2-3]の布陣で試合に臨んだ。 一方、初戦でベルギー代表に惜敗したカナダも、その試合のスタメンからホイレットをラリンに変更した以外は同じメンバーを採用。アルフォンソ・デイビスやデイビッド、ハッチンソンらがスタメンに名を連ねた。 試合は開始早々にスコアが動く。カナダは2分、GKボルヤンのロングフィードを最前線でラリンが収めると、右サイドへ展開。このパスを受けたブキャナンがバイタルエリア右からクロスを供給すると、ゴール前の走りこんだアルフォンソ・デイビスがヘディングシュートを叩き込んだ。 出鼻をくじかれたクロアチアだが、徐々に落ち着きを取り戻してパスサッカーを展開すると、26分にはブロゾビッチのパスを最前線のリバヤがワンタッチではたくと、DFの裏に抜け出したクラマリッチがボックス右からシュートを流し込んだが、これはオフサイドディレイによりゴールが認められず。 さらにクロアチアは、36分にも右CKのセカンドボールから二次攻撃を仕掛けると、ボックス左角のペリシッチが供給したパスからゴールエリア左横まで抜け出したクラマリッチがゴール右隅にへシュートを流し込んだ。 ハーフタイムにかけては、追いついたクロアチアが押し込む流れが続く。すると44分、モドリッチとのパス交換で右サイドを抜け出したユラノビッチが斜めのドリブルでバイタルエリアまで侵入。一度は相手DFのブロックに阻まれたが、粘り強くこぼれ球を繋ぐと、これを受けたリバヤがペナルティアーク内からゴール左隅にシュートに突き刺し、逆転に成功した。 迎えた後半、1点を追う展開のカナダはラリンとエウスタキオを下げてオソリオとコネを投入。すると49分、オソリオがボックス右手前からコントロールショットでゴールに迫ったが、これはわずかにゴール左に外れた。 対するクロアチアは、54分に味方のパスから右サイド深くまで抜け出したモドリッチの折り返しを中央のクラマリッチがダイレクトシュートで合わせたが、これはGKボルヤンの好セーブに防がれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す中、クロアチアは71分にペリシッチの左クロスをファーサイドで収めたクラマリッチがカットインから左足でゴール左隅に流し込んだ。 攻撃の手を緩めないクロアチアは、78分にもボックス左深くまで切り込んだペリシッチが角度のない位置からシュート。さらに相手GKの弾いたボールを拾ったコバチッチが落としからブロゾビッチに決定機が訪れたが、このシュートもGKボルヤンの好セーブに防がれた。 このまま試合終了かと思われたが、クロアチアは試合終了間際の94分にもロングパスに対応したミラーのクリアミスを奪ったオルシッチがドリブルでボックス内まで持ち上がると、ラストパスを並走したマイェルが流し込み、4-1で勝利。 今大会初勝利を飾ったクロアチアは、ベスト16進出を懸けて最終節でベルギーとの直接対決に臨むこととなった。一方、逆転負けを喫したカナダはグループステージ連敗で敗退が決定した。 クロアチア 4-1 カナダ 【クロアチア】 クラマリッチ(前36) リバヤ(前44) クラマリッチ(後25) マイェル(後49) 【カナダ】 アルフォンソ・デイビス(前2) 2022.11.28 03:10 Mon
twitterfacebook
thumb

薄氷勝利のベルギー、マルティネス監督も「カナダのプレーは我々より上だった」

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、内容に見合わぬ勝利だったと認めた。イギリス『BBC』が伝えている。 ベルギーは23日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループF第1節でカナダ代表と対戦した。 1986年大会以来2度目のW杯出場となる相手チームに立ち上がりから押し込まれると、8分にはPKを献上したがGKティボー・クルトワがストップ。難を逃れたチームはその後も主導権を握れなかったものの、44分にFWミッチー・バチュアイがワンチャンスを活かして先制に成功。後半は攻め込まれながら粘り強く守り切り、1-0で勝利した。 薄氷を踏む勝利を挙げたマルティネス監督は、試合後に内容では相手が上回っていたとコメント。そのうえで、チームはここから成長できるはずだと強調した。 「カナダのプレーが我々より上であったことは間違いない。そして我々は、もっと良いプレーをする必要があった。ここから成長する必要があるのは明らかだろう」 「この大会は、トーナメントが進むにつれて自分たちを成長させてくれるものだと思っている。こうした試合に勝つことでそれが実現していけば、チームにとって大きなアドバンテージになるはずだ」 「今日の我々は普段の才能を示すことができず、球際のクオリティでも勝てていなかった。ただ、このW杯という大会では、それ以外の部分でもクオリティを発揮しなければ勝てないのだ」 2022.11.24 13:14 Thu
twitterfacebook
thumb

守護神クルトワがPKストップのベルギー、バチュアイの一撃でカナダを撃破《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループF第1節、ベルギー代表vsカナダ代表が23日に行われ、1-0でベルギーが辛勝した。 クロアチア代表とモロッコ代表が同居しているグループF。 3大会連続14度目の出場となる前回大会3位のベルギー。今大会も優勝候補の一角であるベルギーは、デ・ブライネやGKクルトワ、アザールらがスタメンとなった。 一方、1986年大会以来2度目のW杯出場となるカナダは、アルフォンソ・デイビスやデイビッド、ハッチンソンらがスタメンとなった。 最前線にバチュアイ、2シャドーにデ・ブライネとアザールを配す[3-4-3]で臨んだベルギーに対し、カナダがハイプレスをかける入りとすると8分にPKを獲得。CKの流れでブキャナンがシュートを放つと、カラスコのハンドを誘った。しかし、キッカーのアルフォンソ・デイビスはシュートをGKクルトワに止められてしまう。 先制のチャンスを逸したカナダだったが、気落ちすることなくその後もアグレッシブな姿勢を貫いていく。 思うように攻撃の形を作れないベルギーは、デ・ブライネが低い位置まで下がってボールを受けにかかるも、悪い流れを打破するには至らない。 それでもハーフタイム間際の44分、ベルギーがワンチャンスで先制する。アルデルヴァイレルトのロングフィードに抜け出したバチュアイがボックス内に侵入。シュートを決めきった。 ベルギーが1点をリードして迎えた後半、慎重な姿勢を崩さない中、62分にアザールに代えてトロサールを投入。 しかし、リスクを冒すことなく無理に追加点を奪いに行く姿勢は見せない。80分にはピンチを迎えたが、ラリンのヘディングシュートはGKクルトワがセーブ。 ベルギーが低調な内容ながらも守護神クルトワのPKストップでシャットアウトし、白星スタートとした。 2022.11.24 05:57 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly