4連勝の新潟がJ1昇格に王手! 徳島は珍記録を樹立【明治安田J2第38節】

2022.09.25 20:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
25日、明治安田生命J2リーグ第38節の7試合が各地で行われた。

首位の新潟はホームに残留争い中の大宮を迎えた。16分の小見のミドルシュート、24分の伊藤のボックス右から左ポストを掠める際どいシュートなど、序盤から相手を圧倒しながら試合を進めていく。

しかし、一方で44分には大宮にCKからポスト直撃のヘディングシュートを許すなど危ないシーンも。後半に入った63分にも柴山のミドルシュートがGK小島を強襲。なんとか好セーブで難を逃れたが、決定的な場面を作られてしまう。
それでも迎えた72分、ハーフウェイラインから連動しながらパスを繋ぎ、最後はボックス中央で鈴木が潰れたところを秋山が押し込んで先制。新潟が遂に均衡を破った。

そして、その後は危なげない試合運びで逃げ切りに成功。4連勝で6年ぶりのJ1昇格に王手をかけた。

3位の岡山は仙台に快勝を収めた。ミッチェル・デュークがオーストラリア代表で結果を残すなか、シティライトスタジアムではもう一人のオーストラリア人が活躍。40分、岡山がカウンターから攻勢に転じると、中央でボールを持ったステファン・ムークがドリブルで運び、ボックス中央の永井とのワンツーでボックス左に侵入。そのまま左足でシュートを流し込み、先制点を奪った。

後半に入ると、立ち上がりに岡山に追加点。右サイドを懸命に駆け上がる河野がスルーパスを受け、ゴール前にクロスを供給。逆サイドから走り込んだ佐野が左足インサイドステップで丁寧にハーフボレーで合わせ、ネットを揺らした。

後半アディショナルタイムにも途中出場の仙波がダメ押しゴールを挙げた岡山はこれで2連勝。2位横浜FCと5ポイント差をキープしつつ、昇格プレーオフ圏内をほぼ確実なものとした。

その他、4位の熊本は黒木の今季初ゴールで千葉を下して2連勝。また、ホームで水戸と対戦した徳島は1-1出引き分けに。この結果、今季のドロー数が23試合となり、2004年に横浜FCが記録した22試合というJリーグ記録を更新した。

◆明治安田生命J2リーグ第38節
▽9/25(日)
ファジアーノ岡山 3-0 ベガルタ仙台
いわてグルージャ盛岡 1-3 ツエーゲン金沢
ブラウブリッツ秋田 2-1 FC町田ゼルビア
ジェフユナイテッド千葉 0-1 ロアッソ熊本
アルビレックス新潟 1-0 大宮アルディージャ
徳島ヴォルティス 1-1 水戸ホーリーホック
栃木SC 0-0 FC琉球

▽9/24(土)
ザスパクサツ群馬 1-6 レノファ山口FC
東京ヴェルディ 1-0 モンテディオ山形
V・ファーレン長崎 0-2 横浜FC
大分トリニータ 2-1 ヴァンフォーレ甲府

関連ニュース
thumb

J2へ挑むいわきが嵯峨理久との契約更新、遠藤凌の期限付き移籍延長を発表

いわきFCは6日、MF嵯峨理久(24)との契約更新ならびにDF遠藤凌(24)の期限付き移籍期間延長を発表した。 嵯峨は青森山田高校から仙台大学を経て2021年からいわきでプレー。今季は開幕戦でゴールを決め、クラブのJ初ゴールをマークするなど、右サイドバックを主戦場に全34試合で先発出場し、5得点を記録した。 遠藤は今年6月にアルビレックス新潟から育成型期限付き移籍で加入。加入直後からセンターバックの一角して存在感を示し、20試合出場2得点という数字を残した。 延長した移籍期間は2024年1月31日まで。契約により、期限付き移籍期間中は新潟との公式戦に出場できない。 2選手はクラブを通じて以下のようにコメントしている。 ◆嵯峨理久 「2023年シーズンもいわきFCでプレーさせていただくことになりました。謙虚に貪欲に、そして自分らしく全力でいわきFCのためにプレーします。いわきFCに関わるすべての皆様、来シーズンもよろしくお願いします!」 ◆遠藤凌 ▽いわきFC 「来シーズン、期限付き移籍延長という形ですが、いわきFCで闘うことを決めました。シーズン途中からの加入でしたが、チームメイト、チームスタッフ、ファン・サポーターの皆さん、いわきFCに関わるすべての方々が温かく迎え入れてくれたことにとても感謝しています」 「来シーズンは更に鍛え上げ、J2の舞台でも魂の息吹くフットボールを体現し、一人でも多くの方々に勇気や元気を与えていきたいです!来シーズンも熱い応援よろしくお願いします!」 ▽アルビレックス新潟 「来シーズンも期限付き移籍を延長し、いわきFCで闘うことを決めました。アルビレックス新潟に関わるすべての皆さん、J2優勝、J1昇格おめでとうございます!」 「嬉しい気持ちの反面、正直なところ自分が貢献できなかった悔しさもあります。この悔しさを絶対に忘れず、成長した姿をビッグスワンスタジアムで見せられるように頑張ってきます!」 2022.12.06 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

来季J1の新潟が鈴木孝司と契約更新合意! 今季は8ゴール

アルビレックス新潟は6日、FW鈴木孝司(33)と2023シーズンの契約更新に合意した旨を発表した。 鈴木は横浜F・マリノスのアカデミーだが、桐光学園高校、法政大学を渡り歩き、2012年にFC町田ゼルビアでプロの世界に。FC琉球、セレッソ大阪でもプレーして、2021年に新潟入りした。 新潟では初年度から明治安田生命J2リーグで9ゴールと活躍。今季は21試合の出場とプレー数を減らしたが、8ゴールをマークして、チームのJ2優勝&J1昇格に貢献した。 契約更新を受けて、「来季もアルビレックス新潟でプレーできることを嬉しく思います。サッカーを楽しむ気持ちを忘れずに、自分自身のすべてを懸けて、全力で戦います。来年も熱い応援よろしくお願いいたします」とコメントしている。 2022.12.06 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

栃木GK藤田和輝がレンタル移籍期間延長、今季新潟からの武者修行中「来季はチームを勝たせられるように」

栃木SCとアルビレックス新潟は6日、新潟から栃木へ期限付き移籍中のGK藤田和輝(21)が、移籍期間を延長して来季も栃木でプレーをすると発表した。 なお、期限付き移籍期間は2023年2月1日から2024年1月31日までとなり、2023シーズンの公式戦における新潟との対戦には出場できないとしている。 藤田は新潟の育成組織出身で、2018年には2種登録選手としてトップチームに登録。翌年に正式加入した。2020年には明治安田J2で21試合に出場するも、2021年は2試合の出場に。今季は栃木への武者修行を決行し、リーグ戦7試合、天皇杯で2試合に出場した。 藤田は両クラブを通じ、以下のようにコメントしている。 ◆栃木SC 「栃木SCに関わる全ての皆様、日頃より多くのご支援、ご声援ありがとうございます」 「2023シーズンも栃木SCでプレーさせていただくことになりました。なかなかチームの力になることができなかった中、プレーさせていただく機会を与えていただき本当に感謝しています」 「来シーズンはチームを勝たせられるように全力で頑張ります。引き続き来シーズンもご支援、ご声援よろしくお願いします」 ◆アルビレックス新潟 「アルビレックス新潟に関わる皆様、J2リーグ優勝、J1昇格おめでとうございます。2023シーズン、新潟がJ1で躍進してくれることを祈っています」 「自分の愛するクラブが目標を達成したことに喜びの気持ちがある反面、自分がチームの力になれなかった悔しさを感じました」 「2022シーズンは、一度新潟を離れて成長する想いで、栃木SCでプレーさせていただきました。しかし、思うような結果が出せず、自分の力の足りなさを痛感させられました。まだまだ胸を張って新潟に戻ることはできません」 「ビッグスワンのピッチにもう一度立つために、2023シーズンも新潟を離れて努力したいと思います。いつまでも待っていてもらえると思わず、これまで以上に自分と闘い頑張ってきます」 「新潟の皆さんは、引き続きアルビレックス新潟にご支援とご声援をよろしくお願いします」 2022.12.06 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

来季J1の新潟が高宇洋と契約更新合意、39試合に出場した中盤の主力

アルビレックス新潟は6日、MF高宇洋(24)と2023シーズンの契約更新に合意した旨を発表した。 市立船橋高校出身の高はガンバ大阪でプロ入りしたが、ポジションを掴めず、2019年8月からレノファ山口FCに。2021年からは新潟に移り、初年度からボランチの主力に定着した。 移籍2年目の今季も立ち位置変わらず、明治安田生命J2リーグ39試合に出場して1ゴール。チームもJ2優勝でJ1昇格を決めた。クラブの公式サイトを通じて決意を新たにしている。 「今シーズンは、チームを支えてくださる皆さんの大きな力のおかげで、J2リーグ優勝とJ1昇格という目標を達成できたと思っています。本当にありがとうございます」 「来シーズンはJ1リーグでの挑戦となりますが、厳しい戦いの中でも、より高いレベルのプレーを表現するために、今まで以上に向上心を持ち、日々の練習から真摯にサッカーと向き合っていきます」 「これからも、熱い応援をよろしくお願いいたします」 2022.12.06 12:25 Tue
twitterfacebook
thumb

J1昇格の新潟がMF吉田陣平、FW小見洋太、MF星雄次と契約更新…小見は背番号が「23」から「16」に変更

アルビレックス新潟は5日、MF吉田陣平(19)、FW小見洋太(20)、MF星雄次(30)の契約更新を発表した。 吉田は地元の新潟県出身で、佐賀東高校から今季入団。明治安田生命J2リーグで3試合に出場した。 小見は、昌平高校から2021年に入団。プロ2年目の今シーズンはJ2で23試合に出場し4得点、天皇杯で1試合1得点を記録した。なお、背番号は今季の「23」から「16」に変更となる。 星は横浜F・マリノスの下部組織出身で、法政大学を経て、2015年に福島ユナイテッドFCへと入団。その後、レノファ山口FC、大分トリニータと渡り歩き、2021年に新潟に加入した。 今シーズンはJ2で21試合1得点を記録していた。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF吉田陣平 「来季もアルビレックス新潟の選手として戦えることを嬉しく思っています。J1リーグという日本最高峰の舞台で、自分の良さを最大限に発揮してチームの勝利に貢献したいと思います。また、新潟出身選手としての自覚を持ちながら日々を過ごし、プレーすることの喜びをかみしめて、全力で楽しみたいと思います」 「サポーターの皆さんをはじめ、クラブを支えてくださるすべての皆さん、来季も温かい応援をよろしくお願いいたします」 ◆FW小見洋太 「2023シーズンもアルビレックス新潟でプレーすることになりました。今シーズンはチームの目標達成とともに、個人の目標も達成します。“楽しいより正しい行動“を念頭に置き、サッカーにすべてを注ぎ込みます」 ◆MF星雄次 「来シーズンもアルビレックス新潟でプレーさせていただきます。最高のサポーターの皆さんの前で、またプレーすることを楽しみにしています。J1の舞台を楽しみ、そして、覚悟を持って、1年間を戦います。引き続き、日本一のサポートをよろしくお願いします」 2022.12.05 14:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly