横浜FCの守護神が接触で落下し意識不明、ピッチに救急車で緊急搬送も長崎下して首位に迫る…残留争う群馬は高井がハットの山口に大量6失点【明治安田J2第38節】

2022.09.24 22:23 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
24日、明治安田生命J2リーグ第38節の4試合が行われた。首位アルビレックス新潟を3ポイント差で追う2位横浜FCは、8位V・ファーレン長崎とアウェイで対戦した。

最初にゴールに迫ったのはホームの長崎。左サイドを突破したクレイソンがボックス内に切れ込み、中央へ折り返す。これを受けた奥田が右足のシュートを放つも、相手GKが好セーブ。
逆にこのこぼれ球を横浜FCのバックラインが繋ぎ、山根が自陣から左サイドの裏のスペースへとスルーパスを供給。抜け出したマルセロ・ヒアンが抜群のスピードで相手DFをちぎり、相手GKとの一対一を破って先制点を奪った。

横浜FCが1点をリードした状況のまま、ハーフタイムを迎えるかに思われた前半アディショナルタイムにアクシデント。相手のクロスボールを処理しようとした横浜FCの守護神・ブローダーセンと、長崎の米田が空中で激突し、両者がピッチに倒れ込んだ。

落下し、意識を失ったブローダーセンはその後も意識を取り戻す様子のないまま、ピッチ内に救急車が入ることに。そのまま病院へと救急搬送。米田はしばらくして立ち上がったが、ハーフタイムで交代となった。

治療のために15分にもわたった前半アディショナルタイムが終わり、ハーフタイムをはさんで試合は再開。後半に入って最初にゴールに迫ったのは横浜FCだった。49分、敵陣右サイドで速攻を仕掛けるも、相手DFがクリア。しかし、このボールを敵陣中央で拾った長谷川がボックス手前まで持ち込み、左足の強烈なミドルシュートを放つと、ゴール右に決まった。

2点ビハインドとなった長崎は57分、大竹の右サイドからのクロスをがエジガル・ジュニオが頭で落とし、最後はゴール前の奥田。至近距離から右足のシュートを放つも、相手GKのセーブによって阻まれる。

その後も攻勢を敷く長崎だが、横浜FCの堅い守備を相手にゴールは奪えず。0-2のまま試合終了を迎え、アウェイで3ポイントを積み上げた横浜FCが勝ち点で首位に並んだ。

また、14位のレノファ山口は20位ザスパクサツ群馬とアウェイで対戦。残留へ向けて負けられないホームチームを相手に攻撃力を見せつけた。

立ち上がり13分、山口にサイド攻撃からチャンスが訪れる。中盤での細かいパス回しから右サイド浅い位置の吉岡にボールが渡ると、アーリークロスを供給。これをボックス内の梅木が頭で落として、最後はゴール前の池上が押し込んだ。

先制に成功したアウェイチームには23分にも得点を奪う。敵陣中央の池上からのスルーパスでボックス右に抜け出した吉岡が右足でシュート。これが一度は相手GKに阻まれるも、こぼれ球を梅木が詰め、2点リードとする。

前半に2ゴールを奪った山口は試合を折り返しても止まらない。61分、敵陣左サイド浅い位置でパスを回し、前が右足で鋭いボールを供給。これに高井がバイシクルシュートで合わせてゴール右に決めた。

ビューティフルゴールで3点目を奪った高井はここから爆発する。73分に左サイドの橋本のクロスにオーバーヘッド気味に合わせて2点目を奪うと、78分にも再び橋本のグラウンダーの折り返しを右足で流しこんでで3点目を記録。後半だけでハットトリックを達成する離れ業をやってのけた。

5点をリードした山口は89分に群馬の平松に1点を返されるも、後半アディショナルタイムに岸田がダメ押しの6点目を決めて再び5点差に。試合は1-6のままタイムアップを迎え、アウェイで大勝を挙げた。

その他、13位東京ヴェルディは7位のモンテディオ山形をホームに迎え、天候不良による1時間半におよぶ試合中断がありながらも、1-0で勝利。6位大分トリニータは2-1で16位ヴァンフォーレ甲府を下して、昇格プレーオフ圏内をキープした。

◆明治安田生命J2リーグ第38節
▽9/24(土)
ザスパクサツ群馬 1-6 レノファ山口FC
東京ヴェルディ 1-0 モンテディオ山形
V・ファーレン長崎 0-2 横浜FC
大分トリニータ 2-1 ヴァンフォーレ甲府

▽9/25(日)
ファジアーノ岡山 vs ベガルタ仙台
いわてグルージャ盛岡 vs ツエーゲン金沢
ブラウブリッツ秋田 vs FC町田ゼルビア
アルビレックス新潟 vs 大宮アルディージャ
徳島ヴォルティス vs 水戸ホーリーホック

1 2

関連ニュース
thumb

J2ベスイレのヨルディ・バイスが岡山と契約更新! 39試合出場7ゴール

ファジアーノ岡山は30日、DFヨルディ・バイス(33)との契約更新を発表した。 母国オランダや、ルーマニア、オーストラリアでもプレーしたヨルディ・バイスは2018年7月のV・ファーレン長崎入りを機に日本を舞台に。徳島ヴォルティスや、京都サンガF.C.を渡り歩いた後、今季に岡山入りした。 その岡山でも攻守にパワフルなプレーを披露して、明治安田生命J2リーグ39試合に出場。得点数も守備者ながら7ゴールと持ち味を発揮して、残念ながら昇格とはならなかったが、チームを3位でJ1参入プレーオフに導いた。 なお、今季から新設されたJ2リーグアウォーズではベストイレブンに輝いている。 2022.11.30 17:35 Wed
twitterfacebook
thumb

徳島に4月加入のエウシーニョが契約更新 来季もプレー決定で「光栄に思います」

徳島ヴォルティスは30日、DFエウシーニョ(33)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 2015年の川崎フロンターレ入りから日本でプレーするエウシーニョ。川崎F時代にJ1リーグ優勝を経験したほか、ベストイレブンにも輝いた攻撃的サイドバックは今年4月に清水エスパルスから徳島に完全移籍加入した。 シーズン開幕からちょっとしての徳島行きだったが、主力としてプレー。自身にとってキャリア初のJ2リーグ挑戦にもなるなか、22試合に出場して2ゴールをマークした。クラブの公式サイトを通じて決意を新たにした。 「来シーズンも徳島ヴォルティスのユニフォームを着て、皆様と一緒に戦えることを光栄に思います。今シーズンは悔しい結果で終わってしまい、ファン・サポーターの皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。また来シーズン、チームの目標達成のために一緒に戦いましょう! よろしくお願いします!」 2022.11.30 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

千葉が法政大GK近藤壱成の来季加入を発表「ゴールマウスを安心して任せてもらえるように頑張ります」

ジェフユナイテッド千葉は30日、法政大学のGK近藤壱成(21)の来季加入を発表した。 奈良県出身の近藤は、ジュビロ磐田のU-18から法政大学へと進学していた。 近藤はクラブを通じてコメントしている。 「法政大学よりジェフユナイテッド市原・千葉に加入することになりました近藤壱成です。歴史ある偉大なクラブでプロのキャリアを始められることを大変嬉しく思います」 「多くの方々の支えがあり、思いが繋がり、プロサッカー選手のスタートラインに立つことが出来ました。感謝の思いを結果で表せるように日々積み重ねていきたいと思います」 「1日でも早くジェフユナイテッド市原・千葉のゴールマウスを安心して任せてもらえるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【写真】千葉に加入する法政大学GK近藤壱成</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【近藤壱成 選手の加入について】<br>法政大学より <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%BF%91%E8%97%A4%E5%A3%B1%E6%88%90?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#近藤壱成</a> 選手が加入することが決まりました<a href="https://t.co/CSbwznDNZw">https://t.co/CSbwznDNZw</a><a href="https://twitter.com/hashtag/jefunited?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jefunited</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%9D%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%95%E3%81%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ようこそジェフへ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/WINBYALL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WINBYALL</a> <a href="https://t.co/pSanYftUnC">pic.twitter.com/pSanYftUnC</a></p>&mdash; ジェフユナイテッド市原・千葉(公式) (@jef_united) <a href="https://twitter.com/jef_united/status/1597848251080015872?ref_src=twsrc%5Etfw">November 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.30 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋が甲府MF山田陸の完全移籍加入を発表!「J1の舞台でプレーできることを幸せに思います」

名古屋グランパスは30日、ヴァンフォーレ甲府からMF山田陸(24)の完全移籍加入を発表した。 山田は大宮アルディージャの下部組織出身で、トップチーム昇格後はグルージャ盛岡、AC長野パルセイロへの期限付き移籍を経て2020年から甲府でプレー。今シーズンは公式戦44試合に出場して、クラブ史上初となる天皇杯優勝にも貢献した。 来季からJ1でプレーする決断を下した山田。両クラブを通じて、これまでの感謝や新天地での意気込みを述べている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスの皆さま、初めまして。山田陸です。J1の舞台でプレーできることを幸せに思います。J3やJ2で得た貴重な経験を糧に、挑戦する姿勢を大事にして名古屋で頑張りたいと思います」 「名古屋の地でチームの目標に対して貢献することはもちろん、地域にも馴染み、自分自身の挑戦が成功できるように全力を尽くします。皆さま、熱いサポートをよろしくお願いします」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「ヴァンフォーレ甲府のファン、サポーターの皆様、そして、クラブに関わるスタッフ、選手の皆様、3年間本当にありがとうございました。プロになってからJ3リーグを転々とし、何もなかった僕に手を差し伸べてくれて、ここまでやってこれたのは、関わってくださった皆様のお陰です」 「この度、名古屋グランパスに移籍することになりましたが、僕の中で甲府の一員として戦えたことは一生の誇りです。僕は、甲府の街、人の温もり、チームの雰囲気、甲府の事が本当に大好きです」 「来年は、ヴァンフォーレ甲府の一員として皆様と共に戦えませんが、今後のクラブの活躍と躍進を心より祈っています。僕のサッカー人生に希望の光をもたらしてくれたクラブと甲府に関わる全ての皆様に本当に感謝しています。本当にありがとうございました」 2022.11.30 16:43 Wed
twitterfacebook
thumb

元コロンビア代表FWイバルボが長崎を退団…今季はヒザの手術「またどこかで会えることを祈っています」

V・ファーレン長崎は30日、元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ(32)との契約満了を発表した。 イバルボはコロンビア代表歴もあるストライカー。サガン鳥栖でもプレーし、期限付き移籍を経て、2019年に完全移籍で加入した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで7試合、天皇杯で2試合に出場。8月に左ヒザ内側半月板損傷と診断され、手術のためにコロンビアへ帰国していた。 イバルボはクラブを通じてコメントしている。 「V・ファーレン長崎サポーターのみなさん、これまで応援してくれてありがとうございました」 「膝の手術でチームから離れなければならないのは悔しかったですが、サッカーの世界は狭いです。またどこかで会えることを祈っています。そしてこれからもV・ファーレン長崎を応援しています」 2022.11.30 16:32 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly