ネイマールが不快感? ムバッペの名前が出た途端に明らかに表情が曇る…今季はPKを巡る騒動も

2022.09.24 19:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
やはり2人の間には何かが起こっているのかもしれない。

現在はインターナショナル・マッチデーでそれぞれの選手たちが代表チームでプレー。カタール・ワールドカップ(W杯)前の大事な時間を過ごしている。

本大会での組み合わせも決定し、それぞれの国が対戦国を想定した相手と対戦している中、ブラジル代表はガーナ代表と対戦し勝利を収めていた。
その試合後、ミックスゾーンでの取材に対応したのがパリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマール。ガーナ戦では2アシストを記録していた中、最後に記者が質問したことが話題になっている。

記者はネイマールに対し、PSGのチームメイトであるフランス代表FWキリアン・ムバッペとの関係について質問。すると、ネイマールは表情を曇らせ、特に何も答えずにその場を去って行った。

ムバッペとネイマールは、今夏の移籍市場でも度々その関係性が報じられ、2025年までPSGと契約を延長したムバッペが発言権を持つようになり、ピッチ内外で力になれていないネイマールを売却するようにクラブへ求めたとされている。

また、2人はモンペリエ戦でPKを巡って争いに。あまり良い関係ではないことは、多くの人が目撃していた。

今回の対応もその関係性の表れと見られており、良く思っていないとの憶測も。チームメイトである以上、ピッチ上ではチームのために協力するものの、それ以外ではイマイチなのかもしれない。



1 2

関連ニュース
thumb

「戻ってくるチャンスがある」、負傷のネイマールが大会中の復帰誓う

右足首の負傷が確認されたブラジル代表FWネイマールだが、今大会中の復帰を誓った。 大会前にカタール・ワールドカップ(W杯)が自身最後のW杯となる可能性を語っていたセレソンのエースは、自身3度目の出場となる今大会での優勝に向けて並々ならぬ想いを示す。 その初陣となった24日のグループG第1節のセルビア代表戦ではチームが2-0の勝利を飾ったが、自身は再三のハードチャージを受け、後半終盤に右足首を痛めて無念の負傷交代を強いられた。 その後、25日に行われた精密検査では右足首の外側じん帯損傷と共に小さな骨の腫れが確認され、離脱期間は不明も少なくともグループリーグ残り2試合の欠場が決定した。 これによって母国開催となった2014年大会に続き、2度目の大会期間中の負傷を経験することになったパリ・サンジェルマンFWは、公式インスタグラムを通じて現在の心境を吐露。失望を認めながらも、大会期間中の復帰に向けた決意を口にしている。 「このシャツを着て感じるプライドと愛は、説明のつかないものだ。神が自分に生まれ育つ国を選ぶ機会を与えてくださったとしたら、それはブラジルだ」 「僕の人生には、与えられたものや簡単なものは何もなかった。僕は常に自分の夢と目標を追いかけなければならなかった。誰かに危害を加えることを決して望んでいないし、困っている人を助けてきた」 「今日は僕のキャリアの中で最も困難な瞬間のひとつになった…。またワールドカップでケガをした。それは自分自身をいら立たせるものだよ。そして傷ついているけど、戻ってくるチャンスがあると確信しているよ。自分の国、仲間、そして自分自身を助けるためにベストを尽くすよ」 「そんなふうに敵に倒されるのを長く待つかって? 決してそんなことはないよ!」 「僕は不可能はない神の息子であり、僕の信念は無限だ」 今大会中の復帰への強い想いを語ったネイマールは、最速での復帰に向けて最善を尽くしつつ、頼れるセレソンの仲間の活躍をピッチの外から祈る。 2022.11.26 06:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表に痛恨の痛手…ネイマール&ダニーロがグループ残り2試合を欠場…

ブラジル代表のエースFWネイマールと、DFダニーロの2選手がグループリーグの2試合を欠場することになった。ブラジル『グローボ』が伝えている。 ブラジルは24日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループG第1節でセルビア代表と対戦し、FWリシャルリソンの2ゴールの活躍で快勝スタートを切った。 しかし、同試合では再三セルビア守備陣の徹底マークに遭っていたネイマールがDFニコラ・ミレンコビッチからのハードタックルを受けた結果、右足首を負傷。80分にFWアントニーとの交代でピッチを去った際、ベンチに戻ったネイマールはユニフォームで顔覆い涙を流していた。 その試合翌日に行われた精密検査の結果、ネイマールは右足首の外側じん帯損傷と共に小さな骨の腫れが確認されたという。 また、セルビア戦で先発フル出場したダニーロは試合後に足を引きずっており、ミックスゾーンでの取材対応の際には深刻なものではないことを語っていたが、今回の検査では左足首の内側じん帯損傷とより深刻な状態であることが判明した。 現時点での両選手の状態に関してセレソンのチームドクターを務めるロドリゴ・ラスマー医師は、少なくともグループリーグ2試合の欠場を明言した。 「プレーヤーはまだ治療中だ。落ち着いて平穏であることが重要だ。この評価は毎日実施されるため、我々は最新の情報を入手し、それに基づいて最善の決定を下すことができる」 「次の試合に2人のプレーヤーがいないことはすでに言えるが、この大会期間中に間に合うように回復することを目的として、治療を受け続ける」 現時点で離脱期間は不明だが、ブラジルはネイマールとダニーロ2選手不在の中で28日のスイス代表戦、12月2日のカメルーン代表戦を勝ち抜き、決勝トーナメント進出を決めて両者の戦列復帰を待つことになる。 2022.11.26 00:37 Sat
twitterfacebook
thumb

「数週間前、僕は泣いていた」豪快バイシクルのリシャルリソン、ケガを乗り越えW杯で2ゴールデビュー「神様は僕の努力を見ていた」

ブラジル代表のFWリシャルリソン(トッテナム)が、セルビア代表戦を振り返った。ブラジルサッカー連盟(CBF)が伝えた。 24日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループG第1節でブラジルはセルビアと対戦した。 史上最多5度の優勝を誇り、今大会は20年ぶりに6度目の優勝を目指すブラジル。試合は前半こそ互いに譲らず、スコアも動かなかったが、62分にリシャルリソンのゴールで先制。73分にもリシャルリソンが豪快なバイシクルシュートを決めて、2-0でそのまま勝利。快調なスタートを切った。 この試合で2ゴールを決めたリシャルリソンだが、W杯に出場することすら危うい時期もあった。当時の心境を改めて語った。 「数週間前、僕は泣いていた。ここに来られるのかどうか、確信が持てなかった。検査の日は、僕の人生で最も長い日の1つだった。その日は休みだったことを覚えている」 「僕は検査に行った。結果が出るのを待つのにストレッチャーに座っていた。医者は行ったり来たりして緊張して時間が経たなかったんだ」 「神様は僕の努力を見て、どれだけW杯に行きたかったかを見てくれていた。それだけだ。そして今はここにいる」 「主な目的は初戦で勝利することだった。これはとても重要だ。今は第2戦のことを考えて、よく休む。これが最初の試合であと6つ重要な試合がある」 ケガを乗り越え見事に初のW杯に出場。デビュー戦で2ゴールの活躍を見せたが、ブラジル代表として2ゴールを決めたのは2014年のネイマール以来。偉大な先輩に並んだ。 そのリシャルリソンは見事なバイシクルシュートも話題となっているが、さらなる意欲を示した。 「覚えているかどうか分からないけど、イタリアでのトレーニングでは似たようなゴールを決めたんだ。僕が言ったのは、トレーニングでやることを試合でやろうと」 「今日はボレーで美しいシュートを決めることができた。だから、このまま集中して続けていきたいと思う。僕たちは2ゴールを決めたけど、もっと多くのゴールを決めたいね」 <span class="paragraph-title">【動画】リシャルリソンが豪快バイシクルでW杯デビュー戦2ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Richarlison! What have you done?!<a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/richarlison97?ref_src=twsrc%5Etfw">@richarlison97</a> <a href="https://t.co/kCKFdlINXq">pic.twitter.com/kCKFdlINXq</a></p>&mdash; FIFA World Cup (@FIFAWorldCup) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/1595884664115412993?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.25 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「身体能力レベチ」ブラジル代表リシャルリソンが初戦からキャプテン翼級の鮮烈ジャンピングボレー「4時まで起きてて良かった」

ブラジル代表FWリシャルリソンがチームを勝利に導いた。 24日、ブラジルはカタール・ワールドカップ(W杯)グループG第1節でセルビア代表と対戦。今大会の初戦に挑んだ。 試合はブラジルペースで進むが中々ゴールは生まれず折り返し。それでも62分、ヴィニシウス・ジュニオールのシュートのこぼれを押し込んだリシャルリソンのゴールで先制に成功した。 突き放したいブラジルは73分、リシャルリソンのスーパーゴールでリードを広げる。ヴィニシウスの左からのクロスを受けたリシャルリソンのトラップが宙に浮くと、反転から豪快なバイシクルシュートを叩き込んだ。 グループステージ初戦の最後となったこの一戦。日本時間25日の4時から行われた試合でのスーパーゴールにはファンも大興奮。「身体能力レベチ」、「ヤバすぎる」、「4時まで起きてて良かった」と大きな反響が生まれている。 セルビアの攻撃をシャットアウトしたブラジルはそのまま2-0で完勝。ネイマールの負傷交代は心配だが、順当に白星スタートを切った。 <span class="paragraph-title">【動画】ブラジル代表リシャルリソンが圧巻のジャンピングボレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Richarlison! What have you done?! <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/richarlison97?ref_src=twsrc%5Etfw">@richarlison97</a> <a href="https://t.co/kCKFdlINXq">pic.twitter.com/kCKFdlINXq</a></p>&mdash; FIFA World Cup (@FIFAWorldCup) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/1595884664115412993?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.25 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「戦術的なことではない」W杯で初指揮のストイコビッチ監督、ブラジル相手の敗戦は「フィジカル的な問題」

セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督が、ブラジル代表との一戦を振り返った。セルビア『Arena sport』が伝えた。 24日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループG第1節でセルビアはブラジルと対戦。かつてJリーグでもプレーしたセルビアの英雄は、監督として初めてのW杯に臨んだ。 前半は非常に堅い試合を展開していたセルビアだったが、後半に負傷者が出るなどしてパフォーマンスが落ちると、リシャルリソンに2つのゴールを許して2-0で敗戦となった。 監督としてのW杯初陣で王国・ブラジルに敗れたセルビア。ストイコビッチ監督は、フィジカルが後半に落ちたことを指摘。ブラジルがそこを上手く利用してきたとした。 「カギとなったのは後半、フィジカル的な意味で、壊滅的だったとまでは言わないが、それは私にとっては驚くべきことだった。ブラジルがあまりにも優れていて、それを利用しないてはなかっただろう」 「我々が最も得意とするパスワークも、後半は全く通用しなかった。前半は堅く、タイトだったのだが…悪天候によりキープレーヤーがケガをしてしまった。これは我々に多く起きすぎている」 「ヴラホビッチ、ミトロビッチ、コスティッチと3人の回復時期にいる選手がいた。文字通り、嵐の中で起きたことだった…そんな状態でここに来ている。そしてそれが真実だ」 「ただ、ブラジルは後半完全に支配していた。彼らは当然の勝利を収めた」 ケガ人に悩まされ、攻撃の軸であるフィリップ・コスティッチは欠場。ストライカーのドゥシャン・ヴラホビッチ、アレクサンダル・ミトロビッチも負傷していると明かした。 ただ、問題はフィジカル面であり、戦術的ではないと語るストイコビッチ監督。次戦のカメルーン戦では回復していることを期待した。 「これは戦術的なことではない。フィジカルが落ちてしまい、元気な選手がいなかったことを残念に思う。これが真実だ」 「回復のため、決定的な試合を行うための数日間の期間がある。コスティッチを頼りにすることができっると心から願っている。さてどうなるのか。誰にも分からない」 「唯一残るのはそこだ。まだ完全ではない。そうでなければ、ブラジル戦でも同じようにプレーできたはずだ。ただ、それが現実だ」 2022.11.25 11:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly